あんかけ速報-アイマスSSまとめサイト

あんかけ速報(あん速)は、アイドルマスターのSSをまとめています。ここでしか読めないSS、厳選されたSSを紹介しています。また独自の企画も行っております。

11月23日は星井美希さんの誕生日です

★実施中企画!
Dram@s(ドラマス)> / <♪愛しの765学園

編集
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 19:53:24.90 ID:eROB17h/0
  サッカーはミスのスポーツ。
  プレーヤーが完璧なプレーをしたら点は入らない。
  永遠に0対0です。

  ――欧州サッカー連盟会長(元フランス代表) ミシェル・プラティニ

続きを読む

編集
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/02(土) 09:51:12.28 ID:UEcSETQho
スレ立て代行です

2: ◆VHvaOH2b6w 2017/09/02(土) 09:52:20.77 ID:MG4M0xPG0
柏手の安「新人寿司コンクール、次の課題は『アイドルの弱み』です」 

将太「アイドルの弱み……」 

柏手の安「みなさんがどのようなアイドルの弱みを、どう握るのか。審査員一同、楽しみにしています!」

続きを読む

編集
1: ◆dzX3.Do/lI 2017/09/02(土) 00:02:28.35 ID:P7hPzUVZo

<ミーンミーンミーン

<カタカタカタ カタカタ

<ジジジジジ……

<ブィィィィィィン

美希「…………ねー、プロデューサーさん」

P「どした?」

美希「あつい」

P「そうだな」

続きを読む

編集
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/31(木) 22:47:48.93 ID:ZDwZ0+tR0


 『メダロット』

 『それはテクノロジーが産み出した全く新しいロボットである』

 『ティンペットと呼ばれる基本フレームに人工知能メダルを搭載』

 『更に様々なパーツを合体させる事によって無限の能力を引き出すことが出来るのだ!』

続きを読む

編集
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/24(木) 18:11:58.76 ID:ofsQ2kfQ0



パチパチパチパチパチパチパチパチ



伊織「えー空席以外は見事! 満員御礼と言う事で、心から御礼申し上げます」

伊織「どうか1万字程の落語、御辛抱頂きお聞き下さいませ」

伊織「偽りのある世なりけり神無月 貧乏神は身をも離れず、と言う狂歌がございまして」

伊織「だからなんだと言うわけではないですが、こうして唄なぞ並べると落語も少し恰好もつくってな物です」

伊織「この一説が流れますと落語に精通されている方ですと「お、死神だね?」とお思いでしょうが」

伊織「まだまだマクラでございます、枕元の死神は縁起が悪うございますから、どうか本題まではもう暫く御辛抱をお願い申し上げます」


伊織「いやいや、寝てくださいと言っているわけじゃあありませんよ?」

伊織「釈迦に説法になるかもしれませんが、落語で言うマクラと言うのは落語本題に入るまでの導入の事をさしまして」

伊織「落語本題に負けず様々なマクラが存在しております、中には寄席にはマクラが楽しみで来てるんだよ、なんて方もいるようです」

伊織「寄席に枕持ち出して寝るなんて方はいらっしゃらないですが、寄席の座椅子は実に堅くてそりたってございます」

伊織「それはそれは、マクラ高くして眠れる事でしょう」


伊織「…………」


伊織「まぁまぁ、無駄話はこのへんにしまして、出来れば起きているうちに落語なんてものは聞いて頂きたいものですな」


伊織「さて、日本には八百万の神といいまして、実に様々な神様がいらっしゃいます」

伊織「最近ですと、何か偉業を達成した物事に対し「神」と呼ぶ風潮があるようでして」

伊織「いやぁ、今日のあの人のパフォーマンスは神ってたよ~」

伊織「などと、どこを見ても神様だらけ、最早ありがたがるようなものではないのかもしれませんな」

伊織「方々にある神社仏閣と言うのの有名所だけ知られるようになり」

伊織「若い方々、特に上京し、故郷を遠くに残してきた方々にとっては「お参り」なんて言う行事は行わなくなって久しいのかもしれません」

伊織「ですので、もしかしたらですが、祈る対象を自分の近くに作っているのかもしれませんな」
続きを読む

編集
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/21(月) 23:48:40.39 ID:IILv3cIc0



パチパチパチパチパチパチ



伊織「ますますのお運び、まことに有難う存じ上げます」

伊織「どうか一席、ほんの1万とちょっとの字数お付き合い願いたいと存じます」

伊織「えー、落語の世界には良く食べ物が出てまいります」

伊織「それこそ今のように食に関して裕福な時代じゃあございません」

伊織「今の人たちには驚かれると思いますがね?」

伊織「昔、それも私共の言う古典落語の時代なんて言うのは江戸から新しいのだと大正、そこいら時分ですよ」

伊織「その時食べていたもの」

伊織「お客様驚きますよ」

伊織「なんとですね、ほっっっっとんどがですね」


伊織「和食」


伊織「…………」

伊織「あまり、驚かれている方がいらっしゃらないようなんですが」

伊織「と、まぁ、当然のように、ハンバーグ、スパゲティ、グラタンなんてぇのは…………」

伊織「え~~、シャリアピンステーキ、子羊のグリル、バーニャカウダなんてもんは」

伊織「すみません、会場のお客様のレベルに合わせておしゃべりさせて頂かないとですな」

伊織「まぁ、無かったわけで、米、味噌汁、野菜、まぁ漬物ですな、それこそ白い米なんて食べられたら上等だったようです」

伊織「明治大正なんてのは少し豪勢になったようですが」

伊織「それでも今と比べたらずいぶんと慎ましい食事だったようです」

続きを読む

編集
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/18(金) 19:35:35.65 ID:5S/7EDfH0



伊織「えーー、お暑い中、沢山のお運び誠に有難う存じ上げます」

伊織「まぁ暑い暑いと申しましても、もうこの時分になりますと、晩には秋の虫がリンリンと」

伊織「朝には露風がひゅーと言った具合に鳥膚を作りますな」

伊織「わたくし共の商売、所謂アイドル何てのは、季節限らず肌をさらす事も多く」

伊織「仲間の千早なんかは、さながら蒼い鳥の面目躍如といった具合です」


伊織「商売と言いましても様々でして、特に私共の商売はちょっと、変わっておりまして」

伊織「こうしてお客様の前で『パフォーマンス』をさせて頂く商売をさせて頂いておりますが」

伊織「その中に、こう言ったお客様の前でお喋りをする、なんてのもありまして」

伊織「つたないながらも、こうして落語なんてのもやらせていただいているわけですな」

伊織「ですが、まぁ、一般で言う「商売」と言うのは、もっぱら、物の売り買いでして」

伊織「それこそ1円の差で一喜一憂の世界でございます」

伊織「決まった値段で半券なんて売らせて頂いております私共の商売は大分気楽な物ですが」

伊織「一般のスーパーと言うんですかね? ああいう所は、まぁ競争社会で大変らしいですな」


伊織「聞きました? 奥さん、あのスーパー○では茄子が一個15円でしたのよ?」

伊織「ええ!? それなら私の近くのスーパー△ではひき肉が100gで98円だったのよ!?」

伊織「私の家の近くのスーパー□では麻婆茄子の素が88円でしたわ!!」


伊織「じゃあ参りましょう、なんて言ってね、3件梯子なんてのもあるらしいですな、コレは中々に大変な事ですな」
続きを読む

編集
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/26(土) 20:43:29.55 ID:Jph1TFjIO
~事務所(クーラーはまた壊れている)にて~

春香「プロデューサーさん、おかえりなさい!」

P「おう、春香。お疲れ」

真「おかえりなさい、プロデューサー」

P「ただいま。真もお疲れさん。いやぁ、今日も暑いな」

伊織「そう思うならさっさとクーラー直しなさいよね」

P「律子」

律子「ノーコメントです」

春香「あはは…でも、今日は風が気持ち良いですよ」

P「雨雲を呼んで来なきゃいいけどな。あ、そうそう」ガサゴソ

真「どうしたんです?」

P「みんな暑がってるだろうと思ってアイス買ってきたんだよ」
続きを読む

編集

関連SS:千早「お鍋が食べたいわ」
    響「焼肉が食べたいぞ」


1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/14(水) 23:47:40.02 ID:fCguc1zKo

響「こないださ」

千早「え?」

響「こないだ、うちの事務所からあの番組出てたでしょ? ポセイドンさんの、クイズ番組。ポセリーグ」

千早「そういえば出てたみたいね」

響「自分、家で見てたんだけどさ。春香と貴音と雪歩と真とあずささん出てたんだけどね」

千早「ええ」

響「番組の中で、5人が順番にクイズに答えるっていうのあって、その時の問題が『【し】で始まる四字熟語』だったんだけど、ラストの雪歩がさ‥‥うーん」

千早「どうしたの?」

響「これ、話してもちょっと伝わらないかも。多分、録画したDVDが資料として‥‥」ゴソゴソ

千早「‥‥‥‥」

響「‥‥あ、あった。ちょっと待ってね」

千早「ええ」

響「えーと‥‥早送りで‥‥あ、この辺かな」ピッ


天の声『それでは、765プロチームのファイブボンバー、スタートです』

春香『えーと、えーと‥‥七転八倒!』ピンポン

あずさ『し、し‥‥新進気鋭?』ピンポン

貴音『秋風落莫』ピンポン

真『七転八倒は出たから‥‥えー、えー、し‥‥し‥‥あ! 疾風怒濤!」ピンポン

雪歩『しゅちにくりぃん !』ピンポン テレレテッテテー


千早「ふふっ!」

響「しゅちにくりぃぃいん!」

千早「よ、よりによって何故そんな言葉を‥‥それも萩原さんが」

響「この後、散々いじられてたぞ。世界で一番大きな声で酒池肉林って叫んだアイドルとか言われて」

千早「物凄いギャップね。というか、萩原さんのあんなに大きな声、久々に聞いたわ」

響「あはは! それが、よりにもよって、酒池肉林なんだ」

千早「ふふっ」

響「‥‥さて」

千早「‥‥‥‥」

響「暇だね」

千早「‥‥帰れば?」



続きを読む

編集

出囃子:都鳥


小鳥「えー、齢を重ねるというのが楽しみなのは10代まで、1年どころか1日1日、老化を感じる音無小鳥でございます」

小鳥「だからって、例えば遠距離恋愛してる、なんて話になると、会えない長い期間のうちに女を磨かなきゃ、いけません。それがこの世でも、あの世でも」

続きを読む
アクセスランキング