あんかけ速報-アイマスSSまとめサイト

あんかけ速報(あん速)は、アイドルマスターのSSをまとめています。ここでしか読めないSS、厳選されたSSを紹介しています。また独自の企画も行っております。

5月5日は水瀬伊織さんの誕生日です

★実施中企画!
Dram@s(ドラマス)> / <♪愛しの765学園

編集

765アイドル出演ラジオ番組表:SS一覧


北斗「チャオ☆」

北斗「ゴールデンウィークが近づいているけど、エンジェルちゃんとエンジェルくん達の予定はどうかな?」

北斗「さっき雪歩ちゃんと真ちゃんに予定を聞いたんだ、そしたらね」

北斗「それ、北斗さんが知る必要あります? だってさ」

北斗「あっはっはっはっは、適わないなぁ」

北斗「俺? もちろん、全日エンジェルちゃん達に会いに行く予定だよ!」

北斗「楽しみにしててくれたら、嬉しいな☆」

北斗「それでは始めよう!!」


北斗「伊集院北斗の!! 今夜もZUKKON!!!!」


続きを読む

編集
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/08(土) 18:35:54.40 ID:b+w9AMDj0


真美「……で、けーがいわくせーってなに?」

貴音「まあまあ、真美。まずは視聴者の皆様にご挨拶を」

真美「あっ、そうだった! 全国の兄ちゃんと姉ちゃんと以下略っ! 双海真美だよー!」

貴音「宇宙、それは以下略。四条貴音です」

※拙作
真美「JAXAでお仕事?」
真美「またJAXAでお仕事?」
真美「双海真美とー」貴音「四条貴音の」 「「生っすか航空宇宙開発局!」
真美「双海真美とー」貴音「四条貴音の」「「生っすか宇宙航空探求機構!」

の続き?です


続きを読む

編集
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 21:59:09.16 ID:e13Q7ds60

JAXA 宇宙航空研究開発機構
筑波宇宙センター

真美「ハロハロ~! まだまだ寒い日が続いてるけどみんな元気~? 真美は 双海真美だよー!」

貴音「宇宙、それは人類の知的好奇心を飲み込む大洋……今宵もまた、日本、そして世界の宇宙開発についての知識を深めてまいりましょう。四条貴音です」

真美「さてさてー! 先週は、えーと、ゴダードのおっちゃんとツィオルコフスキーのおじいちゃんのお話で終わってたね」

貴音「そうですね。お二人なくして、現在のロケットは……と、言いたいところですが、あと一人、触れておくべき方が。真美、覚えていますか?」

真美「そ の ま え に! テレビの前のにーちゃんねーちゃんにごめんなさいのお知らせだよー」

貴音「このコーナーのタイトル、前回は『宇宙航空開発局』だったのですが、ディレクター殿の手違いでして、実際は『宇宙航空探求機構』が正解だそうです」

真美「ごめんね!」


続きを読む

編集
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/05(日) 23:17:53.63 ID:uf0h9RZR0


JAXA 宇宙航空研究開発機構
筑波宇宙センター

真美「ハロハロ~! 全国のアストロノーツなにーちゃんとねーちゃんとばーちゃんとじーちゃんとおかーちゃんとおとーちゃん、駅前のお肉屋さんの西村のおばちゃーん! 双海真美だよー!」

貴音「宇宙、それは人類に残された最後のフロンティア……今宵もまた、日本、そして世界の宇宙開発についての知識を深めてまいりましょう。四条貴音です」

真美「な、な、な、ぬぁぁぁんと! 夏休みだけの臨時コーナーが、生っすかレボリューションのレギュラーコーナーに格上げだよぉ! ディレクターのにーちゃん泣いてたね!」

貴音「真美のおかげですね」

真美「いやいやぁ、それほどでもぉ、あるけど! んじゃまずはねー今日んところは、まず第一弾! ということでね、こんなお題だよ」

『指令その1! ロケットの違いを調査せよ!』


※前作、前前作
真美「JAXAでお仕事?」
真美「またJAXAでお仕事?」
の続き?です



続きを読む

編集
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 22:58:37.91 ID:8bW8AvR3o

千早「……ほんとに千早お姉ちゃんになった!」

雪歩「いやぁ、うまく行ったね亜美さんや」

千早「『入れ替わリング』、本物ですなぁ。真美さんや」

雪歩「ねえねえ、これでもっと遊べない?」

千早「誰かと誰かを入れ替えたり!」

雪歩「自分たちでまた入れ替わったりね!」

ちはゆき「「んっふっふ~」」


続きを読む

編集
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/17(木) 19:36:51.67 ID:ChTOAF+40



春香「どうしましょう?」

P「いやぁ~~……」

春香「不便ですよぉー常に中腰じゃないといけないし」

P「うん、まぁ、そうだろうな」

春香「あ!コレは、新たな発見なんですけど」

P「うん?」

春香「扉がある所? ああいう所って天井よりも低いんですよ」

P「あー、まぁ、そうだなよな~、間仕切りの所にあるもんな~」

春香「今まで生きてきて意識した事無かったけど、ああ、そうなんだなぁって」




P「下らねぇよ!! つーーかデケェよ!!!!!! どうしちゃったんだよっっ!!!!????」




春香「いや、言ったじゃないですか? 朝起きたら身長3m48cmになっちゃったって」

P「何か映画でこんなのみたけど俺の理解が全く追い付かねェよ!!!!」

春香「目の前に私が居るじゃないですか~」

P「俺は最早、春香の股間に話かけてる始末だよ!!!! 頭の上に春香の顔がある現実が受け入れられねぇよ!!!!」

春香「私は天井の高さ足りなくてお辞儀しながらプロデューサーさんの頭頂部に話しかけてる感じですね」

P「何で!? 何でそんなんなっちゃったの!?」

春香「いやぁ……????」

P「心当たりないわけねぇだろうよぉ!!!! そんなデカくなってぇ!!!!」




続きを読む

編集
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/20(金) 02:15:28.86 ID:NKOR2HtY0
あなたは今幸せ?
そう問われたとしたら、この私ーー水瀬伊織はこう答えるでしょうね。

「ええ、幸せよ」

世界にとって自分なんてなんてちっぽけだと教えられ、それでも捨てきれなかったプライドと支えてくれる仲間、時には引っ張られ、引っ張ったパートナーが私の周りにいてくれて、一つの夢が終わって、また新しい夢を追いかけ始めた私をあたたかく見守ってくれる、そんな人たちが私の周りにはたくさんいてくれた。
これを幸せじゃないだなんて、とても言えない。

あなたは今寂しい?
そう問われたとしたら、私の答えは真逆になるわね。

「ええ、寂しいわよ」と。

20も後半の、そろそろ曲がり角が気になるそんな女が年甲斐もなくセンチメンタルになるのは、今日のお昼に親友から貰った1本の電話がきっかけだったわ。

続きを読む

編集
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/20(金) 22:46:43.45 ID:3ZufQTr00



カチャ


バタン



P「うぃ~~ただいま~と言えど、返事する人は無しっとぉ」

P「うっはー、今日も歩き倒しで疲れたなぁ」

P「足もクタクタだよ」

P「よいしょっと……」ヌギッ

P「……ん? …………うわ、俺の靴、かかとの部分、結構削れてんなぁ」

P「こいつも買い替えかなぁ……」ヒョイッ

P「うわ、ソールも大分すり減ってんなぁ」


P「……」

P「……」クンクン


P「ほっ!!………………」ガクンッ




……

…………

………………



P「……………………」

P「………………っっぶはぁ!!!!」

P「は…………っはぁ!! ぜーはーぜーはーぜーはー!!!!」


P「くっさ………………」

P「え…………くっっさ!!!!」

P「くっせぇ!!!!!! 何だコレ!!!!!!!!」





続きを読む

編集

HjUlQPt


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 13:50:45.87 ID:0XGo8M8R0
 
カチ…     カチ…       カチ…      カチ…    カチ…
  カチ…  カチ…      カチ…   カチ…カチ…    カチ…
 カチ…       カチ…    カチ…    カチ…  カチ…    カチ…
   カチ… カチ…   カチ…    カチ…    カチ…   カチ…

 『……原子力安全委員会は昨日午後、作業中の原子力発電所における燃料紛失事件について盗難の可能性を否定しており……』

 
カチ…     カチ…       カチ…      カチ…    カチ…
  カチ…  カチ…      カチ…   カチ…カチ…    カチ…
 カチ…       カチ…    カチ…    カチ…  カチ…    カチ…
   カチ… カチ…   カチ…    カチ…    カチ…   カチ…


  『今後発電所付近でのより強い監視体制を整えるとのコメントを残しました。ニュースは以上です、続いては……』


コンコン

  「高木社長。います?」

ガチャ

  「鍵が開いてる……? もう、不用心なんだから……」

続きを読む

編集
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/16(日) 14:55:30.11 ID:3/ZPUch20
 
──12月1日──




律子「……はい。 ……はい、ではその時間からで……細かい調整は後日」

律子「……はい、よろしくお願いいたします! それでは! 失礼いたします」ピッ


 
律子「……ふぅ、とりあえずひと段落ね……」

小鳥「竜宮小町のクリスマスライブですか?」

律子「はい。ようやく固まりました……物販の準備も着々と進んでますし、後は本番に向けてレッスンあるのみです」

P「順調そうだな。イブの夕方から?」

律子「ええ! 中規模のライブハウスではありますけど、もう楽しみで楽しみで……」

小鳥「あと3週間ってところですか。頑張ってくださいね」

P「こっちもそこまでじゃないけど、色々やることがあるから大変だよ」

律子「そうですね。ただ、竜宮含めて肝心のアイドルたちが……」

続きを読む
アクセスランキング