あんかけ速報-アイマスSSまとめサイト

あんかけ速報(あん速)は、アイドルマスターのSSをまとめています。ここでしか読めないSS、厳選されたSSを紹介しています。また独自の企画も行っております。

3月25日は高槻やよいさんの誕生日です

★実施中企画!
Dram@s(ドラマス)> / <♪愛しの765学園

編集
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/11(土) 11:38:17.89 ID:9cUm6bg0O
真「え?いきなりなんだよ雪歩」

雪歩「真ちゃんは私の親友…だよね?」

真「まぁ…そのつもりだけど……」

雪歩「えへへー。嬉しい」

真「それ、スコップの話と関係あるの?」

雪歩「あるよ!大ありだよ!」

真「そ、そうなの?」

雪歩「大切な親友がスコップとシャベルの違いも知らないなんて、私には耐えられないもん!」

真「いや、あの、えっと……」

雪歩「今日は真ちゃんに教えるから!そのためにいろいろ持ってきたから!」

真「ボク、ダンスレッスンが……」

雪歩「まずは地域による呼び方の違いからだよ!」

真「あう……」
続きを読む

編集
パチパチパチパチパチパチパチパチ



春香「どうも~! ベッキーです~~!」
伊織「本気でやめろ! いきなり本当に」

春香「いやはやどうもどうも~」
伊織「本当、ありがとうございます、どうも~」

春香「と言う訳でね、ハルカなるイオリな訳ですけどもはい~」
伊織「頑張っていきますよ~今回も~」

春香「私らもね、こんな漫才なんてやらせて頂いていますけどもはい」
伊織「はい」

続きを読む

編集
パチパチパチパチパチパチパチパチ



春香「どうも~~! 島村卯月です~!!」
伊織「いや、天海春香なんですけどねアナタは」

春香「いや~~~~いやいやいやいや」
伊織「どうもどうも」

春香「と言う訳でね~~本当、1回ちゃんとしよっ!? 伊織!!」
伊織「完全に私のセリフなんだけどね~はい、それは」

春香「まぁまぁ、そんな訳でね、ハルカなるイオリな訳ですけどもはい」
伊織「どうも、本当にありがとうございます」

春香「頑張っていきましょう、ええ、本当に」
伊織「それはもう本当に頑張りましょうね」

続きを読む

編集
パチパチパチパチパチパチパチパチ



春香「いやはやいやはやいやはや」
伊織「どうもどうも、本当ありがとうございます」

春香「ハルカなるイオリですよ、ハルカなるイーオーリーっ!!」
伊織「結構忘れ去られていますけどね、こうやって二回続けて言うのがね、春香の特徴でしてね、ええ」

春香「いやーもう頑張っていかないとですね」
伊織「いや、本当にもう頑張りましょう」

春香「伊織なんてね、もう、オデコツヤッツヤですから、今日の日のために」
伊織「私のオデコはまぁ、常にツヤッツヤな所はありますけどもね、はい」

春香「こうすると、キュッってなりますから」ググググ
伊織「痛い痛い痛い痛い!!!! ならないわよ!!」

春香「そんな訳でね~頑張っていきましょう本当に」
伊織「そうですね~」

続きを読む

編集
出囃子:都鳥


小鳥「えー、お足元の悪い中お運びいただきまして、御礼申し上げます」

小鳥「梅雨は嫌だね、なんていう方も多いですが私はこの時期、
いつもドキドキワクワクとしております。この夏のコミケの当落発表直前というのは、
そりゃもう不安なんですがそれと同時に、当選したらああしてこうして、と、
取らぬ狸を皮算用するのも楽しいものでございます」

小鳥「アイドル活動、というと華やかで楽しそうなものですが、
その裏ではたくさんのレッスンを積んでおりまして、それはなかなか楽しい、と言える代物ではない、
むしろトレーナーによってはくぎゅ、いや苦行でしかない場合も、しばしばございます」

小鳥「さて、そんなアイドルでもトップアイドルを目指す、はずがイマイチ気が乗らず、
レッスンをさぼってばかりの美希ちゃんと、その姉菜緒さんが2人で暮らしておりました」

続きを読む

編集


あずさ「ブーゲンビリアです、よろしくどうぞ~」

真「って言うかなんでこのコンビ名なんです?」

あずさ「ブーゲンビリアの花言葉は「情熱」と「魅力」なんです~」

真「あー、なるほどね。まぁ花言葉って諸説ありますけどね」

あずさ「私の「魅力」と私の「情熱」を込めて命名しました~」

真「あー、ボクのことノータッチですか、そーですか」

続きを読む

編集

美希「あのね、ミキやってみたいことがあるの」

貴音「マクラなしですか。して、そのやってみたいこととは?」

美希「悪代官」

貴音「……もう一度お願いできますか」

美希「あくだいかん!」

貴音「大きい声で言って欲しかったわけではありません。そうですか、悪代官ですか」

美希「だから、ミキが悪代官の人になるから、貴音は越後屋さんやって」

貴音「お待ちなさい、美希」

美希「ダメ?」

貴音「ダメです。そもそも悪代官と越後屋だけでは話が終わりません」

美希「そっかぁ。やっぱり正義のお侍さんが出てきて、ズバーッてやらないとね」

貴音「そうです、制裁なき勧善懲悪に盛り上がりはございません」

美希「じゃあしょうがないから、貴音は越後屋とお侍さんやって」

貴音「私の負担高すぎませんか?」



続きを読む
アクセスランキング