あんかけ速報-アイマスSSまとめサイト

あんかけ速報(あん速)は、アイドルマスターのSSをまとめています。ここでしか読めないSS、厳選されたSSを紹介しています。また独自の企画も行っております。

3月25日は高槻やよいさんの誕生日です

★実施中企画!
Dram@s(ドラマス)> / <♪愛しの765学園

編集
出囃子:二上がり羯鼓 
「チントンシャンテン チントンシャンテントン」

春香「たまの日曜日、こんなにお運びいただきまして、ありがとうございます」

春香「今年は私たちの新作ゲームが出ることが決まっていたので、事務所のみんなで初詣に行ったんですよ!
みなさんは初詣、行きました?私はおみくじ大吉だったんですよ!帰り道に転びましたけどね」

続きを読む

編集
小鳥「はいどうも、音無小鳥でーす」

愛「日高愛です!!!!!」

小鳥「あ、うん、マイク入ってるからね、そんなに大きな声出さなくてもね」

愛「素敵なアイドルになりたいです!!!!!」

小鳥「いや、あのね、これから漫才するからね」

続きを読む

編集

響「どーもー」

千早「超絶プリティーアイドル如月千早と」

響「......我那覇響です。いきなり予定にないこと言ったんでぶん殴りそうなのを必死にこらえてますけど」

千早「まぁ頑張っていきましょうよ」

響「そうだね。これからアイドルとしてどんどん売れていきたいよね」

千早「それで今日は我那覇さんに頼みがあるのよ」

響「なになに?」

続きを読む

編集
千早「早速なんだけど、今ガルパンのブルーレイが売れまくってるじゃない?」

春香「そうらしいね」

千早「そこで今日は、ガルパンで主人公役を務めた、萩原さんについて調べてきたわ」

春香「いや似てるけどあれ雪歩じゃないから!」

千早「あら、そうだったかしら」

春香「大丈夫かなあ。そういえば昨日、メカオンチな千早ちゃんが事務所のPCをポチポチやってるなあと思ったら、それを調べてたんだね」
続きを読む

編集
出囃子:一丁入り

春香「えー、みなさん、夢は御覧になりますか。ええ、その将来の夢、とかじゃなくって寝床で見る夢。
夢ってのはいいですね。いい夢を見た翌朝は目覚めもいいし朝飯も旨い。転んだって痛くないって。いや、そりゃちょっとは痛いんですけどね」

春香「とりわけ今と違ってテレビもラジオもパソコンもない昔は、夢っていうのは
まさしく新作ドラマなわけでして、他人の見た夢の話すら、娯楽になる時代でございます」

春香「まだEランクで稼ぎがなく、貧乏長屋に住んでる真さんとお雪さんの夫婦にゃ、
銭を払ってする娯楽なんてまさしく夢のまた夢でして、
寝起きの夢の話なんてのは、そりゃもう貴重な娯楽でございます」
続きを読む

編集
パチパチパチパチパチパチパチパチ


春香「はいはいはいはい!! はいはいはいーー!!」
伊織「テンション高いわねー」

春香「やってきましたよー! 私が!」
伊織「いや、どうも、本当ありがとうございます」

春香「いや~~~~~~梅雨だね」
伊織「ちょっと待って「この道を」のくだりは?」

春香「え?」
伊織「え?」

続きを読む

編集
真「はいどーーもーーーーーーーーー!!!!!」パチパチパチパチ

雪歩「どーもー」パチパチパチパチ

真「いやぁ~、ね!!!!!」

雪歩「のっけから騒がしいですけども、皆さんよろしくお願いしますね」

真「どーーもーーーーーーーーー!!!!」

雪歩「ね、それしか言ってませんけども」

真「いやぁ~、ね!!!!!!」

雪歩「やんややんや言ってますけども私達今日は歌いに来たんじゃないんですよ」

続きを読む

編集
テケテンテンテン テケテンテンテン テケテンテンテン コンチキチン♪

やよい「えー、本日は大勢の入りのようでありがとうございますー」
やよい「ぞくに『世の中に金のいらないものはあらねど、ケチとよばれたいものもなし』なんて申します。わたしも実家はそーとー貧乏なわけですが、ケチとか呼ばれるとおちこんじゃいますねー」

やよい「やっぱりですね、ケチとかよりも『しっかりしてる』とか『けんやくか』だねーって言われるとうれしいかなーって」

やよい「ところがですよ、まあみなさんもご存知かもしれませんがね。いるんですよ……ほら、わたしの友達に……まあ仮にIちゃんって人が」

やよい「これがまたね。財閥令嬢とかいう反則的なお金もちさんでしてね。まあやっぱり友達なんで、仲はいいですよ? 気も合いますし。ただねえ、話がかみあわねえってことがあるんですよ」

続きを読む

編集
やよい「高槻やよいでーっすぅ!」 

律子「秋月律子です」 

やよい「2人合わせて」 

やよい&律子「やよりつです!」 

やよい「律子さん!」

律子「なぁに、やよい?」

やよい「とつぜんですけど私、小学校の先生になりたいですー!」

律子「あら、いいんじゃない?やよいに似合いそう」

やよい「ホントですかぁ?」

律子「ええ。生徒の人気者になりそうね、やよい先生」

やよい「えへへー」

律子「じゃあ私が生徒の役やるから、先生の練習してみる?」

続きを読む
アクセスランキング