千早「みんな覚えててくれてるかしら……」


千早「おはようございます」(ガチャ


P「おう、おはよう千早!早速だが誕生日おめでとう!それでプレゼントだがな……」


千早「え///プレゼントですか?///ま、まぁ何でもいいですけれど……」


P「そういうと思ってな!亜美!真美!出番だ!」


亜美「千早おねえちゃんのために亜美たちで作った特製の~!」


真美「ナンだよ~!」


千早「……え?」


P「ほら、千早はさ、ことあるごとにナンが良いって言ってたじゃん?」


千早「え、はい。いやあの……」


P「ほら、お前らも誕生日プレゼント持って来たんだろ!」




雪步「千早ちゃん、誕生日おめでとう。特製のナンだよ、はいどうぞ」

真「千早!誕生日おめでとう!自転車漕いで遠くのカレー屋のナン買ってきたんだよ!はい!」

響「千早ー!誕生日おめでとうだぞー!自分もナン作ってみたんだ!ついでにサーターアンダギーも!」

伊織「このアタシがわざわざインドから取り寄せたナンなんだから美味しく食べなさいよねっ!……あ、あと誕生日おめでと///」

あずさ「千早ちゃんお誕生日おめでと~、私からは気づいたら目の前にあったカレー屋さんのナンよ~」

やよい「うっうー!千早さん誕生日おめでとうですー!私は買うお金がなかったので自分で作ってみましたー!弟や妹にも手伝って作ってもらった特製ナンですー!」

貴音「千早、誕生日おめでとうございます。私からメンを贈ります。とある店で修業して私自身で作った特製です。ご賞味ください。」

美希「千早さん!誕生日おめでとうなのー!ミキからはナンなのー!おにぎりにも合いそうなナンを選んでみたよ!」

律子「千早誕生日おめでとう。はいこれ、誕生日プレゼントのナンね、味見はしたから美味しいはずよ。」


千早「み、みんな……ありがとう……ッ!」


P「おいおい、嬉しいからってそんなに泣くなよな~、俺からは特製のカレーだ。ナンに合うように俺が研究を重ねて作った。最高にナンに合うカレーだぞ!」


千早「プロデューサー……」



千早「私嬉しいわ……!」


P「そうかそうかよかった!」





千早「それにしてもみんなナンばっかりくれたわね」


千早「ナンでも良いとは言ってたけどみんな他の人と被るかもとか考えなかったのかしら……あら?四条さんからのプレゼントは麺だわ……」


春香「……ゃん!……ちゃん!……千早ちゃん!!!」


千早「あら、春香?どうしたのそんなに走ってきて」


春香「どうもこうもないよ!千早ちゃんもう帰ったって聞いたから急いで追いかけて来たんだよ!」


千早「そうなの?」


春香「それはそうと……千早ちゃん!」


春香「誕生日おめでとう!これからもよろしくね!エヘヘ」


千早「ありがとう春香、春香に祝われるとすごく嬉しいわ」


春香「それで……エヘヘ、誕生日プレゼントなんだけど、最近千早ちゃん好きだって聞いたから」


千早「何かしら?」


春香「最新のデジタルカメラだよ!千早ちゃん!これでいろんなものを撮ってたのしんでね!」


千早「ありがとう!春香!すごく嬉しいわ!さっそく使っていい?」


春香「いいよー!説明書はここにあるから、どうぞ!」


千早「ありがとう……春香」


春香「なあに千早ちゃん?」


千早「電源がつかないわ」


春香「えぇ!?電源ボタンは?」


千早「あ、あったわ」


春香「なんだ、ボタンがわからなかっただけか……」


千早「春香」


春香「なあに千早ちゃん」


千早「使いにくいわ」


春香「」


千早「これならナンの方が……いやなんでもないわ、春香。カメラありがとう」


春香「」


千早「これ頑張って使うわね!」


春香「う、うん。たのしんでね……!」


千早「でも使いにくいわ」


春香「もうナンでもいいよー!」


千早「ふふ……!今の面白かったわ、春香!」


おしまい