765アイドル出演ラジオ番組表



千早「皆さんこんばんは。今日もラジオ幻想即興局のお時間が始まりました。この番組は、皆様からよせられた名曲の数々をご紹介し、心の安らぎを得ていただこうというものです、私と一緒に、音楽を感じませんか?…という訳で、今日は」

春香「千早ちゃんの誕生日だーーーーー!!!!!」

千早「は、春香?!まだこっちも収録中…」

あずさ「こんばんは~千早ちゃん」

千早「あ、あずささんまで?!」

貴音「私もおりますよ」

千早「ど、どういうつもりですか?!」

春香「千早ちゃん、誕生日だよ!誕生日!」

あずさ「折角なので皆でお祝いをしたいって即興局のディレクターさんに話したらすぐOKしてくれたわよ?」

千早「くっ…」

貴音「という訳で、宴の用意です」

あずさ「収録してるスタジオ自体はいつもと同じだものね?、はーい、スタッフの皆さーん、こっちです?」

千早「そういえば台本がいつもより薄いと思ったのよ…」

春香「えーと、今収録ブースになんだか色々運び込まれています」

千早「ディレクター!知ってたんですよねこれ!」

D「はい」

あずさ「だって…。貴音ちゃんの誕生日の時もバレンタインの時も、いつも私達お世話になりっぱなしで…」

貴音「そこで今回は、私達が千早の誕生日を祝おうという事で…」

あずさ「ごめんなさい…わ、悪気はなかったの…ヒック…グスッ…」

貴音「はい、本当に申し訳ないと…」オロオロ

春香「あー、千早ちゃんなーかしたー」

千早「そ、その、なんて言うか、嫌じゃないんです!だからその、泣かないで下さい…!」

あずさ「…引っかかった」

千早「だ、騙したんですか?!」

春香「はい、そう言ってる間に準備が整いました!」

あずさ「はーい、それじゃあ千早ちゃん、タイトルコール?」

千早「勝てる気がしないわ…如月千早と」

あずさ「三浦あずさと?」

貴音「四条貴音と」

春香「天海春香の!」

「「「「ラジオ幻想即興局~!」」」」



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



あずさ「はい、というわけでこの番組はたった今よりまよららが乗っ取りました~」

千早「いきなり?!」

あずさ「ちゃんと局には許可をもらってるわよ?」

千早「いえ、だから」

貴音「ところで春香、今回は…」

春香「はいっ!前回は若干残念な結果に終わりました誕生日ケーキです!」

千早「あ…」

春香「…」

貴音「…」

あずさ「大丈夫よ?今度は砂糖も分かりやすい位置においてあるし」

千早「そ、そうですね」

春香「もうっ、千早ちゃん表情が硬いよ?。リラックスリラックス!」

千早「なぜ自分の番組でここまで緊張するのかしら…」

あずさ「はーい、それじゃあ千早ちゃん、番組進めていって?」

千早「乗っとったんしゃないんですか?!」

あずさ「リスナーの皆さんに、千早ちゃんの声、届けてあげて…ね?」

千早「いい事言ったように見せかけて全然…」

あずさ「…」ジワッ

千早「わ、わかりました!わかりましたから!」

春香「女の涙って怖いですね…」

貴音「そうですね…」

千早「では最初のお便りです、ラジオネームマーメイさんからです、いつもありがとうございます。えーと…千早さんお誕生日おめでとうございます!千早さんの落ち着いた声はいつも仕事で疲れた心と体を癒してくれます、これからもその歌声でみんなの心を癒して下さい…ありがとうございます、私には、勿体無い言葉です」

あずさ「そんなことないわ、千早ちゃんの歌声…何だか眠く…」

千早「あ、あずささん!また収録中です」

あずさ「冗談よ?」

千早「…次、行きます」

あずさ「…怒ってる?」

千早「怒ってません」

あずさ「じゃあ、チュってして」

千早「ちゅっ…!まだ収録中です」

あずさ「じゃあ、収録終わってから」

春香「ずーるーいー!千早ちゃん、私も!」

千早「ちょっと二人共!」

貴音「ふふっ、皆に慕われ、本当に良いですね、千早」

千早「もうっ!誕生日放送とはいえ遊び過ぎだわ…!」

貴音「さて、次のお便りです。ラジオネームヴァイムマイムさんありがとうございます。千早さんお誕生日おめでとうございます。今後のご活躍を楽しみにしています。この前のライブの約束、すっごく感動しました。初めて聞いた時より、どんどん感動が増していくというか…!最後のみんなでの合唱、凄く楽しかったです!とのことです」

あずさ「あの演出、千早ちゃんのアドリブなのよね?」

千早「はい…。あの歌は、事務所の皆、そしてファンの皆さんのおかげで歌うことができたものですから…だから、皆さんの声を聞きたいと思って、驚かせてしまってすみませ」

あずさ「千早ちゃん!」

千早「むぐぅっ!」

あずさ「千早ちゃんの思いはきっと、ファンの皆さんに届いてるわよ~
!」ギュー!

春香「あずささんばっかりずるい!私も!千早ちゃーん!」ギュー!

貴音「あの、お二人共、そろそろ離さないと千早が」

千早「ーーー!!!…」

春香・あずさ「「千早ちゃん!」」

貴音「それではCMに入る前にリクエスト曲です、今日は如月千早生誕祭ということで、千早の曲を…ラジオネームパルサーさんより如月千早で「Snow White」です、どうぞ」


 

あずさ「ごめんなさいね、千早ちゃん」

春香「ごめん…」ガシャガシャガシャ

千早「ま、まあ…。2人とも私のことをお祝いしてくれるのは本当に嬉しいのだけれど…。一応まだ仕事中だから」

あずさ・春香「はい…」ガシャガシャガシャ

貴音「ところで、今日はケーキを作らないのですか?」

春香「そういうと思って、先程から一生懸命混ぜてます!」ガシャガシャガシャ

千早「何の音かと思ったわ…それにしても、なんで電動の泡立て器をつかわな」

春香「もーすこしだよー!」ガシャガシャガシャ

千早「しかも、BGMにハチャトゥリアンの『剣の舞』が掛かってる」

あずさ「妙にしっくり来るわねえ」

貴音「何とも形容しがたい光景ですね」

千早「面妖、ですか?」

貴音「ふふっ、そうとも言いますね」

春香「えええっ?!酷いなぁ…。よしっ、クリームかんせーい!」

あずさ「いちごやフルーツも切っておいたわよ?」

貴音「今回のクリームは大丈夫ですか?」

春香「それにしても、私出てくる度になんか作ってる気がする…」

あずさ「気にしない気にしない?、ほーら、綺麗なショートケーキのかんせーい」

千早「美味しそう…」

春香「すいませーん、ろうそくと火を…」

貴音「灯りを落としてください」

あずさ「うふふっ、それじゃあ、いくわよー、みなさんもご一緒に?」

春香「ハッピバースデートゥーユー♪」

貴音「ハッピバースデートゥーユー♪」

あずさ「ハッピバースデーディア千早ちゃーん♪」

あずたかはる「「「ハッピバースデートゥーユー!」」」

スタッフ一同「「「千早ちゃんお誕生日おめでとう!」」」

千早「ふーっ…」

春香「おめでとーーーー!!!!」

響「おめでとーー!!」

真美「おめでとーー!!!!」

真「おめでとーー!!!!」

雪歩「おめでとう、千早ちゃん」

千早「皆、ありがとう…。って、あら?何で我那覇さんと真美と雪歩と真まで?」

真美「そりゃああんだけ騒いでたら聞こえてくるよねえ」

雪歩「ちなみに、ウチもTMNも音録ってる」

千早「えええっ?!」

真「他の番組で収録続ける方もどうかと思うよ」

雪歩「私達が何もしなくても番組出来上がるとか楽ですね」

真美「いやいやゆきぴょん、それは言っちゃダメだって」

響「と、とにかく!はいこれ!TMNから!お花とプレゼント!ちゃんと中身も確かめたから問題ないぞ!」

千早「皆…!」

雪歩「はい、千早ちゃん、AN7からも」

千早「ありがとう、皆…!」

あずさ「うふふふふ、そして、はい、これが私と貴音ちゃんから~」

千早「ありがとうございます、あずささん、四条さん…!」

貴音「私は、ただあずさと買いに行くのに付き添っただけです。東急はんずに行きたいと言うあずさを連れていくのに苦労しました…途中幾度遭難しかけた事か…」

あずさ「楽しかったわよ~」

千早「お疲れ様でした…」

春香「ちーはーやーちゃん、何か忘れてない?」

千早「え?」

春香「私からの誕生日プレゼントだよ~!」

千早「春香まで…本当に…!」

真美「千早お姉ちゃん泣いちゃ駄目だよぉ~」

千早「な、泣いてないわ…!」

春香「はい、千早ちゃん、ハンカチ」

千早「…っ…本当に皆…スタッフの皆さんもありがとうございます…って何か凄い人がいっぱいいる?!」

春香「えー、見える範囲にまよらら、TMN、AN7、幻想即興局、そして騒ぎを聞きつけたラジオ局の偉い人まで来てまーす!」

真美「うわぁ、これは真美達は肩身が狭いですなぁ、ひびきん」

響「言い返せないのが辛いなぁ」

春香「あーっと、そしてなんとここでお時間が来てしまったとの事です!」

千早「え!?ま、まだ何もやってないのに」

春香「それでは最後に千早ちゃんから一言!」

千早「そ、そんな急に振られても…えーと…その、まだまだ未熟な身ですが、皆さんに歌を通じて私の想いを届けられるように精進してゆきます、他の765プロの皆と一緒に…応援、よろしくお願いします!」

春香「千早ちゃん!」

千早「なっ、春香、まだ収録中」

春香「頑張ろうね!私達も一緒に!」

響「ちーはーやー!」

真美「千早お姉ちゃーん!」

真「ああ、千早がもみくちゃに」

貴音「それではみなさん、今宵の幻想即興局はこれにて〆させていただきます、来週また同じ時間にお会いしましょう、それでは改めて…」

「「「「「「「「「「「千早ちゃん、お誕生日おめでとうございます!!!!!!」」」」」」」」」」」」

千早「あああ、もうなにがなんだかよく分からないけどとにかく皆さんありがとうございます!」