P「どうかしたか?」

千早「この衣装なのですが、その…」

P「ああ、試着したのか。良く似合ってると思うが、何か不満か?」

千早「その、スカートが短くて… あの、下着が…」

P「え? ハーフパンツとかはいてないのか?」

千早「私が見た限りではありませんでした… 何とかなりませんか?」

P「わかった。何か用意してもらうようにする」

千早「よろしくお願いします」


亜美「千早お姉ちゃんのスカート姿… これはなかなか」

真美「でもタイトだからつまんないね」

亜美「普段からスカートと言えば…」

雪歩「おはようございます」ガチャ

真美「…いたね」

亜美「ゆきぴょんおはー」

雪歩「亜美ちゃんおはよう。何かあったの?」

亜美「ゆきぴょんっていつもワンピースだよね」ジー

雪歩「うん、もしかして変かな?」

亜美「いんや、ただそうやって毎日ひらひらしてるとこうバーっとめくってみたいなー…」ジー

雪歩「だ、ダメだよ!?」ギュッ

亜美「わかってるってー と見せかけて…」

真美「隙ありー!」バッ

雪歩「ひぅぅ!!?」

真美「ほほう… これはなかなか」

雪歩「ま、真美ちゃん!?」

亜美「んっふっふ~、バーっとやりたいのは亜美だけじゃないんだよ」

雪歩「……」ポロポロ

亜美「ゆ、ゆきぴょん!? ごめんね!」

真美「ご、ごめんねゆきぴょん!」

雪歩「う、ぐずっ…」ポロポロ

ガシッ

亜美・真美「」ビクッ

律子「何か言い残すことは?」