1: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/27(月) 23:07:21.91 ID:zsFgerQl0

千早「……ん」

春香「っ……ごめん、起こしちゃったかな」

千早「ん……どうしたの?」

 手を握られる感触で、目が覚めた。

春香「ううん、なんでもない」

 ベッドの中、春香との距離……0メートル。
 普段は春香が同じベッドで寝ることを遠慮するけれど、今日は自分から提案してきた。

 その原因は、おそらく。

2: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/27(月) 23:16:47.90 ID:zsFgerQl0

『春香なんて知らないの!』

『わ、私は、みんなで……』

『美希っ、やめなさい!』

『どうして、どうしてそんな考えでいられるの!? このコンテストで負けたら、負けたら……!』

『美希さん、落ち着いて下さいっ』

『そ、その、美希……』

『みんな、アイドルができなくなるかもしれないのに!』


3: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/27(月) 23:26:36.05 ID:zsFgerQl0

千早「ねぇ、春香」

春香「ん?」

千早「春香は、間違ってないと思う」

春香「……え?」

千早「今日のこと」

春香「……」

千早「もし、アイドルトップフェスで私達が負けたら、961プロに引退に追い込まれる」

春香「……うん」

千早「だからこそ、出来れば最高の形が良いけれど、もし最悪の結果になるとしても、楽しく終わりたい」


4: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/27(月) 23:36:40.66 ID:zsFgerQl0

春香「そんなこと、言わないでよ」

千早「……ごめんなさい」

 そうだ。
 春香は言った。

 勝ち負け関係なく、楽しく踊ろう。
 961プロのことなんて考えず、楽しく歌おう。

 それが、私達のできることだよ……と。

春香「私、みんなで歌いたい。みんなで踊りたい」

千早「ええ」

春香「だから、だから……」

5: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/27(月) 23:54:45.58 ID:zsFgerQl0

 春香を撫でていると、次第に寝息が聞こえ始める。
 消えそうに小さい。

千早「……」

 春香は、真面目だと思う。
 そして誰よりも他人のことを考えられる。

 だから……背負いすぎてしまうんだ。
 一人で悩み込んで、少しずつ自分自身を壊していってしまう。

 守らなきゃいけない。
 0メートルの距離から、私が。

 春香の手をギュッと握って、目を瞑った。

6: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/27(月) 23:58:28.35 ID:zsFgerQl0

 変な時間に目が覚めた。
 春香の呼吸音がいつもより大きく聞こえる。

千早「……春香」

 今日は、アイドルトップフェスの日。
 ジュピターと対決して、私達が負ければ……全員、引退することになる。

 そんな約束を取り付けてしまったプロデューサーは責任を感じていた。
 絶対にそんなことはさせないと、プロデュースに力を注いでくれている。

 だから、私達は恩で返さなければいけない。
 それは「負けたくない」「引退したくない」という気持ちで、返せるものだろうか?

 ふと、考えてみる。

7: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/28(火) 00:04:21.32 ID:fpHXvZjZ0

 春香の言うとおりだと思う。
 最後のステージになっても、悔いのないように。
 楽しく歌って、踊る。

「♪」

千早「……?」

 機種変更したばかりの携帯電話が一瞬、鳴った。

千早「……美希」

 スマホでは必須らしいトークアプリの緑色の画面が、光る。
 『ミキ★』の名前。

8: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/28(火) 00:06:21.46 ID:fpHXvZjZ0

『こんな真夜中にごめんね。起きてる?』

 慣れないけれど、指をスライドさせて。

『ええ、大丈夫よ』

『いま、春香は千早さんの家にいるんだよね』

『いるわよ』

『ミキ、言い過ぎた』

 いつもと違って、絵文字もスタンプもない静かな会話画面。
 美希も、気にしていたんだ。春香にキツくあたったことを。

9: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/28(火) 00:12:45.25 ID:fpHXvZjZ0

『春香が気にしていたわよ』

『ごめん』

 美希のメッセージ、3文字はすぐに表示されて。
 それからしばらく経った後、

『明日、楽しもうね』

 と送られてきた。

『ええ、もちろん』

 既読はつかない。時間は、2時40分。
 こんなに遅くまで、悩んでいたのね。


10: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/28(火) 00:23:04.81 ID:fpHXvZjZ0

 スマホをベッドの横に置いて、目を閉じる。

 ――明日、すべて決まる。
 今後の生活が変わるかもしれないし、今のまま過ごせることになるかもしれない。

 それは私達次第。
 明日は今までで一番輝けるように……歌って、踊りましょう。

 春香の手を握って、呼吸を聞く。

 心が、とっても落ち着いた気がした。


11: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/28(火) 00:25:27.92 ID:fpHXvZjZ0

 ――――

「みなさん、私達は精一杯! 歌って踊ります!」

「だから、みんな! 応援してほしいのー!」

「聞いて下さい! 765PRO ALLSTARSで!」

 A r e

 Y o u...

『――READY!!』

 ――――


12: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/28(火) 00:29:28.87 ID:fpHXvZjZ0

 ベッドの中、春香との距離……0メートル。
 今日は私から、一緒に寝ないかと誘った。

 とても、嬉しいことがあったから。

春香「……おやすみ、千早ちゃん」

千早「ええ、おやすみ」

 また、きらめく舞台で歌うことが出来る。踊ることが出来る。
 春香の手のぬくもりと、静かな呼吸を感じる。

 暗闇の中、私はまたひとつ、優しいあたたかさに触れた。

13: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/28(火) 00:30:08.57 ID:fpHXvZjZ0

 夜のSSを書くと心地良い眠気がやって来ますね。短くなってしまい、すみません。
 お読みいただき、ありがとうございました。お疲れ様でした。

元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1369663641/