P「てなわけで千早、パンツくれ」

千早「昼食中に何言ってるんですか」

P「そうすればその味噌汁はもっと美味くなるって」

千早「なるわけないです」

P「そうか?パンツで出汁取れば味噌汁は絶対美味しくなると思うんだが・・・」

千早「本気で言ってるプロデューサーが怖いですね」ズズ

P「まあ今千早が飲んでる味噌汁は俺のパンツで出汁取ったんだけどね」



千早「ブーーッ!!」

千早「ゲホッ!ゲホッ!!なんてもの飲ませるんですか!!」

P「美味しかった?」

千早「今すぐ吐き出しそうです」

P「まあ俺のパンツだしな・・・ちなみに使用済みのを使ったぞ」

千早「・・・気分悪くなってきたんで帰っていいですか?」

P「まあ待て」




P「お前を呼んだのには理由がある」

千早「なんですか?」

P「やよいのパンツで出汁取ったら最高の味噌汁が出来るんじゃないか?」

千早「やりましょう」

P「決断はやっ!」



P「そんなこんなでやよいのパンツが欲しい」

伊織「なんで私に言うのよ!」

P「隠せると思っているのか?やよいはお前の家に泊まったことがあるよな?」

伊織「流石・・・伊達に変態を名乗ってないわね」

P「名乗った覚えは無い」

伊織「アンタの言うとおり、一緒にお風呂まで入ったわ」

P「やはりな・・・」

伊織「そしてやよいのパンツは洗わずに金庫に厳重に保管しているわ」

P「そうか・・・で、貸してくれないか?」

伊織「パンツで出汁を取る、アンタそれがどういうことかわかってるんでしょうね」

P「当たり前だ、一度出汁を取ってしまうとパンツ自体の価値が激減する」

伊織「わかって言っているなら、覚悟はあるようね」

P「当たり前だ、最高の味噌汁を作る。俺の全てをかけて」

伊織「少し待ってなさい」



伊織「これがやよいのパンツよ」

P「おおっ・・・!!ボクサータイプとは予想外だった・・・!!」

伊織「鍋に入れるギリギリまで真空パックから出したら駄目よ」

P「ああ、わかってる」


P自宅

P「よし、投入するぞ」ボチャン

P「!!!!!こ、これは・・・縮れ毛!!」

パクッ

P「デリシャス・・・!!!!」

P「俺はわすれないからな、今日という日を・・・」


翌日

P「千早、完成したぞ・・・」

千早「これが・・・高槻さんの」

P「そうだ、正真正銘やよいのパンツで出汁を取った味噌汁だ」

千早「それでは早速・・・そういえば水瀬さんは来てないんですか?」

P「ああ、今日は休みだから後でお裾分けしに行こうと思う」

千早「そうですか、では・・・」

P「ああ、では・・・」

「「頂きます!!」」


P「ああ・・・生きててよかった」ズズ

千早「かつてこれほど美味しい味噌汁が存在したでしょうか・・」ズズズ

千早「ところでプロデューサー、高槻さんのパンツはどんなパンツでしたか?」

P「ん?黒のボクサー、以外だなーって思った」

千早「・・・前見たとき、高槻さんは普通の白パンだったのですが」

P「え?」

千早「え?」



伊織宅

伊織「バッカねぇ~私がそう簡単にやよいのパンツを手放すわけないじゃない」

新堂「伊織お嬢様、私の下着をご存知ではないでしょうか」

伊織「ああ、古くなってたから捨てといたわよ」

新堂「左様でございますか、お気遣い感謝致します」


終わり