可奈「天海先輩!」

春香「ん?可奈ちゃん、どうしたの?」

可奈「あの、良かったら一緒におやつ休憩しませんか?」

春香「おやつ休憩!?うん!しようしよう!」

可奈「えへへ」

春香「今日もプチシュー?」

可奈「そ、そんないつもいつもプチシューばっかりじゃないですよ」

春香「ふふ、冗談だよぉ」

可奈「もう、せんぱぁ~い……」

春香「ごめんね。今日は何を持ってきたの?」

可奈「今日はクッキーです」

春香「わぁ、私クッキー大好き!」

可奈「本当ですか!えへへ、良かったぁ」

がさごそ

可奈「はい、たくさんどうぞ!」

春香「ふふ、ちょっとだけもらうね」

さくさく

春香「うん、美味しい」

可奈「いただきま~す」

ぱくぱく

可奈「美味しいですね」

春香「あはは、そうだね」

可奈「先輩と~食べるおや~つは~と~ってもおいし~い~♪」

春香「今日も絶好調だね」

可奈「はい!」



千早「春香と矢吹さん、すっかり仲良しね。」クスッ



春香「可~奈~ちゃんっ」

可奈「あ、天海先輩!」

春香「今帰り?」

可奈「はい、今日のレッスンも疲れましたぁ」

春香「あはは、でも頑張ってる成果出てきてるよ」

可奈「ホントですか!?」

春香「うん!最近は遅れる事も減ってきたしどんどんレベル上がってるよ」

可奈「えへへ、この調子で頑張れば天海先輩みたいになれますかね!?」

春香「ふふ、すぐに追い越されちゃうかもね」

可奈「そんな、私なんてまだまだです!」

春香「私も負けないように頑張らないと!」

可奈「一緒に頑張りましょう!」

春香「うん!」



千早「今日もあの二人は仲が良いわね」クスッ


可奈「天海せんぱ~い!」ぎゅっ

春香「うわぁ!って可奈ちゃん?」

可奈「えへへ、オフの日に会うなんて偶然ですね!」

春香「そうだね、ビックリしちゃった」

千早「お待たせ春k…矢吹さん?」

可奈「あ、こんにちは如月先輩!」

千早「こんにちわ矢吹さん、どうしたの?」

可奈「買い物に来たらたまたま天海先輩を見かけたので声かけたところなんです」

春香「こんな所で会うなんて奇遇だよね!」

千早「えぇ……そうね」

可奈「先輩達もお買い物ですか?」

春香「そうだよ、可奈ちゃんは一人?」

可奈「いえ、もうちょっとしたら志保ちゃんが来るはずなんですけど」

春香「そっかぁ、邪魔したら悪いから私たちは行こっか千早ちゃん」

千早「そう、ね。そうしましょう」

春香「それじゃあ可奈ちゃん、またね」ヒラヒラ

可奈「はい!また!」



千早「偶然…よね…」



千早「…」

春香「あ、見て千早ちゃん、このマグカップ可愛いね!」

千早「ええ、そうね」

春香「赤と青で色違いなんだって!」

千早「ええ、そうね」

春香「えっと…あ、ペアで買うと少しお得なんだって!」

千早「ええ、そうね」

春香「……千早ちゃん?」

千早「……最近、矢吹さんと仲が良いわね」

春香「え?可奈ちゃん?」

千早「…ッ!わ、私、何を言っているのかしら……」

春香「急に、どうしたの……?」

千早「ち、違うの……矢吹さんの事は別に、その、なんでも…なくて……」

春香「…場所、変えよっか…」


近くの公園のベンチ


春香「千早ちゃん、すごく身勝手なこと聞くんだけど許してね」

千早「……」

春香「もしかしてなんだけど千早ちゃんは嫉妬してるんじゃないかなって。…違うかな……?」

千早「そんな事……ないわよ……」

春香「そっ……か」

千早「そうよ、そんな事……ある訳…」

ぎゅっ

千早「は、春香……!?」

春香「ごめんね、千早ちゃん。千早ちゃんは苦しんでるのに、何でかな……

   私、すごく嬉しいんだ」

千早「え?」

春香「千早ちゃんが、可奈ちゃんに嫉妬してるって思ったら。何でだか、嬉しかったんだよね」

千早「春香……」

春香「えへへ、ダメだよね、こんなの。先輩失格だね。」

千早「いえ……。ごめんなさい、春香」

春香「え?」

千早「こんな私でも、春香は受け入れてくれるのね」

春香「うん、勿論だよ。だって私は―――――」







――――――天海春香だから!