■STORYM@STER






真「はい、ではそう言うことで」

雪歩「プロデューサーたっての願いなので、練習してきましたぁ」

春香「ウルフルズで『ええねん』です、聴いてください」

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



春香「ええねん♪」
真「何も言わんでも ええねん♪」
雪歩「ええねん♪」
真「何もせんでも ええねん♪」

………………………

P「……この度、あなたの担当プロデューサーになりました。よろしくお願いします」

あずさ「あ、あらあら……そうでしたか。こちらこそ、よろしくお願い致します~」

P(きれいな人だな……アイドル候補生って言うんだから、そりゃそうなんだろうけど)

P(彼女の人生を左右する大きな仕事だ、がんばらないと)

あずさ(……ちょっと頼りなさそうだけど、でもすごく優しい目をしているわね)

あずさ(この人となら、私もアイドルとして成功できるかしら……がんばらなくちゃ)

P「……え、えーっと……じゃあ、三浦さん。軽くミーティングしましょう」

あずさ「そんな、三浦さんだなんて堅苦しいのは、やめてください」

P「いや、でも……いきなり下の名前でお呼びするのも……」

あずさ「これから私たち二人三脚なんですよね? なら、もっと近しく呼んでください」

P「あー、うん……そうですね……じゃあ、あずささん?」

あずさ「はい、なんでしょうか? プロデューサーさん」



春香「ええねん♪」
真「笑いとばせば ええねん♪」
雪歩「ええねん♪」
真「好きにするのが ええねん♪」

………………………

あずさ「……きゃっ!」

P「あずささん! 大丈夫ですか!?」

あずさ「す、すみません……私、ダンスは苦手なものですから」

P「そうじゃなくて、足首捻ってませんでした? 捻挫、してませんか?」

あずさ「そ、それは大丈夫ですけど……ごめんなさい、せっかくのレッスンの時間を」

P「よかった。俺はまた、あなたに怪我でもさせたかと思って、ヒヤヒヤしましたよ」

あずさ「えっ……プロデューサーさん?」

P「苦手なんて、誰にでも有るんです。時間を掛けて、少しずつ変えていけば、それでいい」

あずさ「でも……」

P「失敗するたびにしょげていたら、前を向けなくなってしまいますよ。さぁ、もう一度」

あずさ「……はいっ!」



春香「ええねん♪」
真「感じるだけで ええねん♪」
雪歩「ええねん♪」
真「気持ちよければ ええねん♪」

………………………

P「そう、そう! 良くなって来ましたよ、あずささん!」

あずさ「ホントですか、プロデューサーさん?」

P「そうですそうです、まずは曲の雰囲気を感じ取ること、気持ちを乗せることです」

あずさ「まだぜんぜん、リズムにも振り付けにも合っていないんですけど……」

P「ははっ、そんなことはどうでも良いんです。思うがままに踊るのは、気持ち良かったでしょう」

あずさ「……確かにそうですね。こうしなきゃいけない、と思っていると窮屈で」

P「ダンスは確かに大切な要素ですが、ダンスに囚われちゃダメです。自由に音楽を感じればいい」

あずさ「音楽を……感じる?」

P「そうです。音を楽しむと書いて、音楽なんですから。楽しみましょう、体全体で!」

あずさ「……はい!」

………………………

真「それでええねん それで~~~~♪」
春香・雪歩「えーーえーーえーーーー♪」

真「ええねん♪」



春香「ええねん♪」
真「後悔しても ええねん♪」
雪歩「ええねん♪」
真「また始めたら ええねん♪」

………………………

あずさ「オーディションって、こんな雰囲気なんですね……」

P「ええ。生存競争の第一歩は、みんなここからスタートしていくんです。号砲は鳴ってしまった」

あずさ「レッスンで学んだこと、少しも出せなくて……緊張感に飲まれてしまって」

P「結果は出ていませんよ。それに焦れば焦るほど、緊張感は蟻地獄みたいにあなたを引き込む」

あずさ「…………」

P「オーディションですから、他の出場者に『勝つ』ことが目標です。でも、それだけじゃない」

あずさ「それは……どう言うことでしょう?」

P「負けることの悔しさも、ここで学ぶんです」

あずさ「……っ!」

P「ここで敗れても、それがすべての終わりではない。もう一度、俺達は立ち上がれるんです」

あずさ「プロデューサーさん……」

P「負けて悔しいのは、あずささん。あなただけじゃない。俺の力も、まだ足りないんです」

あずさ「そんなことは……」

P「俺に対する試練でもあるんです。悔しいと思わなくなったら、ゲームセットですから」

あずさ「…………」



春香「ええねん♪」
真「失敗しても ええねん♪」
雪歩「ええねん♪」
真「もう一回やったら ええねん♪」

………………………

『今回のオーディション合格者は、4番の方! おめでとうございます!』

あずさ「……やはり、ダメでしたね」

P「ええ。結果は結果として、厳粛に受け止めましょう」

あずさ「そうですね、次はがんばれば、良いんですから」

P「……がんばるのは、あなただけじゃない。俺もがんばりますよ」

あずさ「はい、プロデューサーさん」

P「なにせ俺らは、二人三脚なんですから。そうですよね、あずささん?」

あずさ「……はい!」



春香「ええねん♪」
真「前を向いたら ええねん♪」
雪歩「ええねん♪」
真「胸をはったら ええねん」

………………………

『かんぱーい!』

P「んぐっ、んぐっ……っぷはぁ~、仕事の後の一杯は染みますね~!」

あずさ「ふふっ、プロデューサーさんったら」

P「あずささん、次は祝杯にしましょう! 俺達の力で! ねっ!」

あずさ「もちろんです。今度は、美味しいお酒が飲めるようにしましょうね」

P「んぐっ、んぐっ……っかあああ、すぁーっすぇーん! 生おかーりー!!」

あずさ(……プロデューサーさん、本当は悔しくて仕方ないのね……それを隠して、こうして)

あずさ(この人といると、落ち込んでるヒマなんてないわね。ありがとうございます)

………………………

真「それでええねん それで~~~~♪」
春香・雪歩「えーーえーーえーーーー♪」

真「ええねん♪」



春香「ええねん♪」
真「僕はお前が ええねん♪」
雪歩「ええねん♪」
真「好きでいれたら ええねん♪」

………………………

あずさ「おはようございます、プロデューサーさん」

P「おはようございます、あずささん。今日も忙しいですが、よろしくお願いしますね」

あずさ「はい。今日も一日、よろしくお願い致します~」

P(あずささん、最近はずっと忙しくなってきたのに、すごく輝いて見える。疲れてるだろうに)

P(……なんだろうね。俺はあずささんに、無理ばかりさせているんじゃないだろうか)

あずさ「あの……プロデューサーさん?」

P「あ!? は、はい! なんですかあずささん!?」

あずさ「……ふふっ。大丈夫ですよ、私、いまとっても楽しいんです。充実しているんです」

P「あずささん……」

あずさ「疲れたなんて、一息つくヒマができてからで、良いじゃありませんか。ね?」

P「……そうですね。じゃ、行きますよ!」



春香「ええねん♪」
真「同じ夢を見れたら ええねん♪」
雪歩「ええねん♪」
真「そんなステキなふたりが ええねん♪」

………………………

P「……全国ネットの番組のオーディションが、決まりました」

あずさ「そうですか……大きな番組に出られるかも知れないんですね」

P「出られる『かも』、じゃなくて、出ます。絶対に」

あずさ「……そうですね。弱気になったら、いけませんよね」

P「それに、全国ネットとなれば、もしかしたらあずささんの『運命の人』も見ているかも?」

あずさ「!? ……もう、覚えていたんですか? そんなこと」

P「ははっ。良いなぁ、あずささんの『運命の人』。あずささんといつまでも一緒にいられたら……」

あずさ「……いられたら?」

P「俺ぁ、その『運命の人』とやらの横っ面を、張り倒してやりたいですよ。うらやましい」

あずさ「まぁ、プロデューサーさんったら」

P「でもね、いまこうして、二人三脚でやって来てるだけで、俺ぁ充分幸せですけどね」

あずさ「…………」



春香「ええねん♪」
真「心配せんで ええねん♪」
雪歩「ええねん♪」
真「僕を見てれば ええねん♪」

………………………

あずさ「…………っ」

P「どうしました? あずささん」

あずさ「あの……これから私、全国放送の番組で歌うんですよね?」

P「緊張するな、なんて言えません。これからお茶の間の視線は、あなたに釘付けになる」

あずさ「私……できるかしら」

P「不安になっても、心配になっても、大丈夫です。俺はずっと、あなたのことを見ていますよ」

あずさ「プロデューサーさん……?」

P「だから、怖くなったら、俺のことを見ていてください。俺のために歌うんだと思ってください」

あずさ「でも……」

P「今日は、それでも良いです。昔を思い出して、気持ち良く歌うことだけを、考えてください」

あずさ「……はい、プロデューサーさん」

『三浦さん、スタンバイお願いしまーす!』

あずさ「……じゃあ、行ってきますね」

P「ええ。今夜もまた、美味しいお酒を飲みましょう」

あずさ「はい!」

………………………

真「それでええねん それで~~~~♪」
春香・雪歩「えーーえーーえーーーー♪」

真「ええねん♪」



春香「ええねん♪」
真「アイディアなんか ええねん♪」
雪歩「ええねん♪」
真「別になくても ええねん♪」

………………………

あずさ「映画、ですか?」

P「ええ。先方が、どうしてもあずささんでお願いしたい、と言う話しでして」

あずさ「そうですか……でも、私、お芝居の経験なんてないですし……」

P「うーん、そんなに気負わなくても大丈夫なんかじゃないかな、と思いますよ」

あずさ「そんなこと言われても……」

P「あずささんはデビュー前、何千人ものお客さんの前で、歌ったことはなかったでしょう?」

あずさ「そ、それはそうですけど」

P「誰だって『初めて』はあるんです。小手先の技術より、気持ちでぶつかって行けばいい」

あずさ「そんなことで……大丈夫なんですか?」

P「大丈夫ですよ。何とかなるもんです、意外とね」

P(……ごめんなさい、あずささん。俺はあなたにいま、ウソをついています)

P(でもそれもこれも、みんなあずささんと一緒にトップに登りたい、ただ、それだけなんです)



春香「ええねん♪」
真「ハッタリだけで ええねん♪」
雪歩「ええねん♪」
真「背伸びしたって ええねん♪」

………………………

『……ふーん、三浦あずささん、ね』

あずさ「はい、どうぞよろしくお願い致します、監督さん」

『キミ、ちょっと良いかい?』

P「あ、俺ですか?」

『大丈夫なのかい、この子。時代劇の経験なんて、ないじゃないか』

P「大丈夫です。うちの三浦には、天性のカンがありますから」

『ホントかい? キミみたいなひよっ子に、そんなことわかるってぇのかい?』

P「……他の人のことはわかりません。でも、あずささんにはそれが有るんです。絶対に」

『ほぉ……ずいぶんカマすじゃねぇか。使えなかったその場で突っ返すぞ。それでも良いのか?』

P「もちろんです。俺の首を賭けても、構いません!」



春香「ええねん♪」
真「カッときたって ええねん♪」
雪歩「ええねん♪」
真「終わりよければ ええねん♪」

………………………

あずさ「……ウソ?」

P「ごめんなさいっ! 先方がどうしても、と言うのは俺の作り話で、俺が捩じ込んだんです!」

あずさ「そんな……もし私が失敗したら、どうなっていたと思ってるんですか!?」

P「確かにそのリスクは有りました。でも、もし俺が捩じ込んだと言ってたら?」

あずさ「…………」

P「監督も最初は渋ってましたよ。でも、クランクアップのあとで、こう言われたんです」

――――『あの子は確かに、お前さんが言う通り、天性のカンが有る。良い子だ』

あずさ「そうだったんですか……私、現場ではいつか怒られるんじゃないかって……不安で」

P「これからはお芝居の仕事も増えますよ。歌に芝居にビジュアルに。終わりよければすべてよしですよ」

あずさ「もう……でも、もうそんなウソをつくのは、やめてくださいね?」

P「……はい。今回は、本当にごめんなさい」

………………………

真「それでええねん それだけで~~~~♪」
春香・雪歩「えーーえーーえーーーー♪」

まこはるゆき「ええねん!♪」



真「つっぱってー! 突っぱしるぅー!♪」

春香「転んでー! 転げまわるぅー!♪」

雪歩「時々ぃー! ドキドキするぅー!♪」

まこはるゆき「そんな自分が好きなら ええねん♪」

まこはるゆき「そんな日々が好きなら ええねん♪」



真「情けなくても ええねん♪」

真「叫んでみれば ええねん♪」

………………………

あずさ「…………活動……終了?」

P「……はい。社長の方針で、俺があずささんの担当でいられるのは、一年までと」

あずさ「そんな……」

P「あずささん。あなたはもう、トップアイドルと言っても過言ではない」

あずさ「でも……」

P「俺の仕事は、アイドルを育てること。あなたの仕事は、日本中に夢を与えることです」

あずさ「でも……私たちは二人で、同じ夢を見てきたじゃありませんか……」

P「…………」

あずさ「確かにプロデューサーとアイドルは、立場も違います。でも、それでも……」

P「…………俺だって……俺だってこれで終わりなんて、イヤなんですよっ!!」

あずさ「……っ!?」



真「にがい涙も ええねん♪」

真「ポロリこぼれて ええねん♪」

………………………

P「俺だってもっと、あなたと一緒に夢を見たかった。二人三脚で駆けて行きたかった!」

あずさ「プロデューサーさん……」

P「会社の方針なんて知ったこっちゃねぇ、って言いたいんです! でも、それじゃダメなんだ!」

あずさ「…………」

P「俺たちがお互い、アイドルとして、プロデューサーとして、もっと高みに登るためには」

あずさ「……そこまでして、登らなきゃいけないんでしょうか?」

P「現状維持を是認するようなあずささんは、俺の知ってる、俺の育てたあずささんじゃない」

あずさ「…………(ぐすっ)」

P「その先の選択はあなたに委ねます。続けるのもマイクを置くのも。あなたの意思で決めて良い」

あずさ「……プロデューサーさん」

P「なんですか?」

あずさ「『運命の人』の話しの、続きなんですけれど」



真「ちょっと休めば ええねん♪」

真「フッと笑えば ええねん♪」

………………………

あずさ「私、『運命の人』が私を見付けてくれると思って、アイドルになろうと思ったんです」

P「それは……はい、俺も知ってます」

あずさ「その宛のない人探しのために、迷子になりそうな私をいつも引っ張ってくれた人」

P「…………」

あずさ「アイドルとして、ここまで手を引いてくれたプロデューサーさんに、お願いがあります」

P「……なんでしょうか?」

あずさ「私ね、見付けちゃったんです。『運命の人』」

P「えええっ!? マジですか! どこの誰なんですかそいつは!!」

あずさ「はい」

P「……鏡?」

あずさ「その中に映っている人が、私の『運命の人』だったんですよ?」

P「あずささん……」

あずさ「私、ここまで走ってこれたから、『運命の人』も見付かったんだと思ってます。だから」

P「だから?」

あずさ「……これからは、私の人生のプロデュース。お願いできませんか?」

P「……ふふっ。ふははっ、あはははははっ!!」

あずさ「プロデューサーさん……?」

………………………

真「それでええねん それで~~~~♪」
春香・雪歩「えーーえーーえーーーー♪」

真「ええねん♪」



春香「ええねん♪」
真「何もなくても ええねん♪」
雪歩「ええねん♪」
真「信じていれば ええねん♪」

………………………

あずさ「……本当に、良かったんですか?」

P「ははっ、何を言ってるんですか。俺は自分を信じて、あなたを信じているだけですよ」

あずさ「ふふっ……他には何もなくなっちゃいましたものね」

P「かまやしませんよ。俺はアイドルプロデューサーとして、また誰かをトップにする」

あずさ「私のときと同じように、転んで泥だらけになっても、あなたはアイドルを信じるんですね」
P「まぁ、風当たりは強いでしょうけどね。なにせ担当してたアイドルと結婚するってんだから」

あずさ「だから、本当に良かったんですか?」

P「良いんです。俺があなたを信じているように、あなたも俺を信じてください」



春香「ええねん♪」
真「意味がなくても ええねん♪」
雪歩「ええねん♪」
真「何かを感じていれば ええねん♪」

………………………

あずさ「ふふっ……そんな簡単なことで、良いんですか?」

P「そうですよ。俺たちはそんな、シンプルな間柄で良いと思うんです」

あずさ「なら、信じます。あなたのこと」

P「…………ありがとう、『あずさ』」

………………………

真「他に何もいらんねん♪」
真「他に何もいらんねん♪」
真「それでええねん それだけでぇ~~~~♪」
春香・雪歩「えーーえーーえーーーーー♪」


まこはるゆき「ええねん!♪」



真「……はい、と言うことで、プロデューサー、あずささん、おめでとうございます!」

雪歩「なんかプロデューサーさん、感極まって泣いちゃってますねぇ」

春香「あの、言っておきますけど、今回のコレ、ギャラきっちりいただきますからね?」



おしまい