765アイドル出演ラジオ番組表:SS一覧



あずさ「最近自由すぎると言われている迷走RADIOラビリンス、本日は久々に平常放送でお送りします」

貴音「まこと、最近はゲスト出演や他の番組への突入放送が多く、こうして二人でゆっくり放送する事はあまりありませんでしたね」

あずさ「うふふっ、何だか久し振りで恥ずかしいわ。貴音ちゃんと二人」

貴音「そうですね」

あずさ「ところで、先日は亜美ちゃんと響ちゃん、それに雪歩ちゃんと真ちゃんのラジオで大分盛り上がっていたそうですよ、色々な所で」

貴音「はい…聞いて居て眩暈がしました」

あずさ「貴音ちゃ…!それは言い過ぎ…っ…ふふっ…」

貴音「…いえ、あの4人が頑張っているのは重々承知なのですが…はい」

あずさ「ま、まあ、その、皆の番組が人気で、私も嬉しいです。さて、貴音ちゃん、それじゃあタイトルコール、いきましょうか」

貴音「ええ」


あずさ『三浦あずさと~』

貴音『四条貴音の~』

『『迷走RADIOラビリンス~!!』』



~~~~~

伊織『はぁい、ラジオの前の皆。私達』

美希『デコちゃんとミキの新しいラジオが始まったよ!』

伊織『デコちゃん言うな!』

美希『とにかく、ミキとデコちゃんの可愛いトコロとかキラキラしてるトコロ、皆に聞いてもらえたら良いって思うな。アハッ☆』

伊織『水瀬伊織と星井美希のWe're Super Girl!!、聞き逃したら承知しないわよ!』

美希『聞いてね~』


千早『音には不思議な力があります。気持ちを奮い立たせたり落ち着かせたり。私の歌や声で、皆さんの心を癒やせればいいなと思っています。如月千早のラジオ幻想即興曲、お楽しみに』


雪歩『ちんPO&ちん子、アルバム決定しました!』

真『……え?w』

雪歩『既存曲に加え新曲!』

真『ちょっ、ちょっとまっwwww』

雪歩『そして発売記念ライブが!』

真『あのさwww』

雪歩『サンシャ○ンシティ噴水広場にて!』

真『まっwww』

雪歩『決定でーす!!』

真『待ってよぉぉぉぉぉぉぉっ!』

雪歩『詳細はAN7内にて随時発表!待て!続報!』

真『止めろぉぉぉぉぉぉぉぉぉっ!』


~~~~~

あずさ「はい、という訳でまよらら、始まりました~」

貴音「真…強く生きるのですよ…」

あずさ「本当に久しぶりねぇ、この座席配置」

貴音「スタジオが広く感じますね」

あずさ「そうねぇ、しばらくの間、千早ちゃんと春香ちゃんがずっといたから」

貴音「…ふふっ、何だかこの距離感、改めて考えると、かなり近いのですね」

あずさ「あら、貴音ちゃん、照れてるの?」

貴音「べ、別に照れてなどおりません!」

あずさ「うふふっ、赤くなっちゃってかーわいい」

貴音「からかわないでください!」

あずさ「はーい、それじゃあふつおたのコーナー行きまーす」

貴音「はい、それではラジオネームベータマックスさんありがとうございます。そう言えば、このラジオは出張収録の予定はないのでしょうか?私が住む大分県には有名な温泉地である別府があります、地獄めぐり、楽しまれてはどうでしょうか?」

あずさ「良いわねぇ~温泉~」

貴音「そうですね…疲れた体を癒やすのに、温泉は非常に良いでしょうし」

あずさ「箱根とか鬼怒川とか~、あとは岐阜県の下呂温泉とか~」

貴音「げろっぱ?」

あずさ「げろっぱ」

貴音「そこにしましょう!」

あずさ「あらあら」

貴音「失礼しました、少々取り乱しました…」

あずさ「いいのよ~、ねえDさん、どうですか?」

ピンポンピンポンピンポーン

あずさ「まあ!」

貴音「それでは、近いうちに…」

あずさ「それは楽しみですね~」

貴音「温泉地でのロケ…ふふふ、料理などもさぞ美味しいでしょうし」

あずさ「そうねぇ~地元のお酒も美味しいのよねぇ」

貴音「あ、あの、あずさ?お酒は」

あずさ「うふふっ、冗談よぉ」

貴音「ならばいいのですが…続いてのお便りです」

あずさ「ラジオネームゆにっくすさん、ありがとうございます。遂に、あの!AN7のアルバムが発表ですね!そこで、そう言えばまよららのCDはどうなのでしょう、出るんですか?歌もとてもお上手な2人なので心待ちにしております…だって」

貴音「ふむ、そう言えばそんな話もあったような」

あずさ「…あら、やっぱりAN7とTMNが優先されてるようですね」

貴音「仕方がありませんね、あの2番組はとても人気がありますから」

あずさ「でも、私達も諦めてませんよ!」

貴音「うふふっ、きっと皆様に驚くような発表が近いうちに出来ると思っております」

あずさ「だからみんな、もう少しの間待っててね~…真ちゃん達のアルバムの……アルバムの発売イベントもあるみたいだし」

貴音「そうですね、楽しみですね」

あずさ「ゲストに呼ばれたらどういう顔をしていけばいいのかしら」

貴音「……笑うしかないと思いますが」

あずさ「それもそうね、深く考えるのは止しましょう。最悪春香ちゃんが行けば済む話ですからね」

貴音「あ、あの、あずさ、それは」

あずさ「あらやだ私ったら…忘れてください」

貴音「そ、それではCMの前に本日の一曲目、ラジオネームみゅーぜすさんより、加藤登紀子さんの『時には昔の話をしよう』です、どうぞ」

~~~~~

真美『だからさぁ、真美達のラジオとか聞いててお前ら大丈夫なのかって事ですよ』

響『のっけからそれかよ!』

真美『もっと有益な時間の使い方があるだろうお前達って』

響『一応皆我々のラジオの為に時間を割いてくれいる訳でなwwwそこに感謝とか』

真美『自己責任だよこんなもん!』

響『こんなもんとか言っちゃったwww』

真美『真美と響のTMN、聞くのは自己責任だよ~よろよろー』

響『我々は一切責任を取りません!』



雪歩『…』

真『雪歩、ほら、CMの音声撮りだよ』

雪歩『…めんどい』

真『は?』

雪歩『あとよろしく』

真『えー…えーと…AN7、聞いてね…いや、聞かなくても…いや、でも…』

雪歩『はっきりしろよー』

真『うるさい!』

~~~~~

あずさ「はい、という訳で、何時もならここでおなじみの『お悩み相談室』なのですが、そろそろ新年度も近いので、そろそろ新コーナーを考えようと言う事になりました」

貴音「なるほど…」

あずさ「という訳で、以前から少しずつ来ていたコーナー案をここで紹介しようと思います」

貴音「ほぅ…えーとこれは…音声担当の中川さま…身内ではありませんか!」

あずさ「あらあら、皆さん、コーナー案はリスナーの方からと言っていたじゃありませんか、めっ、ですよ」

オオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!

貴音「逆効果ですね…まあ、読んでみましょう…疲れた皆さんの心にしみる一言を募集してお二人に読んでもらう「あずたか言葉の魔法堂」…だそうです」

あずさ「んー、例えば?」

貴音「…どうやらコレの様ですが…読みます…「あなた様…今日も一日、お疲れ様でした…お風呂にする?ご飯にする…それとも…」ってこれではあまりにその…この痴れ者!」

あずさ「んー、悪くは無いですね」

貴音「まことですか!?」

あずさ「はーい、それじゃあ次ー」

貴音「えー、構成作家の石原…またBBSラジオのスタッフ!」

あずさ「えーと、猫に癒される方が多いと聞きます。そこで、お二人には猫になっていただき、リスナーの相談に乗って貰おうと…」

貴音「…たかにゃんだにゃん…りすにゃーのみにゃさんからいただいたお便りをごしょうかいするにゃん…にゃーーーーーーーーーーーーん!!!!!」

あずさ「あらあら」

貴音「そ、そそそその、これならばまだ貴音ぇねの方がやりやすいと言うか」

あずさ「にゃぁ~ん♡」

オオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!

貴音「…最近思うのです、TMNのスタッフも大概ですが、こちらも色々別な意味で、その…」

あずさ「はいはい、貴音ちゃん、どんどん行くわよー。えーと、これは乙女ったら乙女さんより、BBSラジオの765プロのラジオパーソナリティのお宅に訪問し、特に雪歩の態度を改める様にお父さんなりお母さんなりに力説するというかホントマジ何とかしてください」

貴音「まk…乙女さん、そんなに気に病まれているのですか」

あずさ「そう言えばね、貴音ちゃん。私一度、道に迷って雪歩ちゃんの家に行ったことがあるの」

貴音「ほぅ」

あずさ「お母様と談笑してたんだけど、その内雪歩ちゃんが来て、お茶を入れてくれたの」

貴音「それはようございましたね」

あずさ「そのお茶を飲んだ後の記憶が無くて、気づいたら私の家に居たの」

貴音「…」

あずさ「何だったのかしら~、雪歩ちゃんの家、畳が敷いてあるから気持ち良かったのかしら」

貴音「あ、あのあずさ、その話はまた今度」

あずさ「あら~?何か不味い事を」

貴音「次の案です!これは…また…」

あずさ「ディレクターさんじゃないですか~、もうっ、皆駄目ですよ~」

貴音「…当番組はBBS765ラジオ組の中でも健全で知られる唯一のオアシス、そこで、やはりお二人にはこれまでどおりお姉さん路線を突き通してもらい、我々に癒しを…我々に!ついにリスナーの意見を放り投げてしまいましたよあずさ!」

あずさ「そんなにお疲れなんですか…?やっぱり早く温泉ロケ、実現させた方が」

ソウダー!オレラモオンセンイキターイ!

貴音「あずさ…」

あずさ「貴音ちゃん…皆さん、もう一年近く私達と一緒に、このラジオを作ってきてくれたのよ?お身体を壊されたりしたら、心配だわ」

貴音「それは…そうですが…」

あずさ「でしょ?」

貴音「はい」

あずさ「TMNも温泉ロケが決定しているそうですし、羨ましいでしょう?」

貴音「ええ…まあ」

あずさ「じゃあ、決定ね」

貴音「はい?」

あずさ「来週のまよららは、温泉ロケでーす!」

ヤッターーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

貴音「えっ?」

あずさ「という事で、来週はどこかの町の温泉からお届けしま~す、お楽しみに~」

貴音「あっ、その、え?」

あずさ「うふふっ、楽しみねぇ、貴音ちゃん」

貴音「そ、それはそうなのですがその」

あずさ「という訳で、来週は私達と、それに誰かがゲストで来るのかしら~、楽しみですね。ここでまよららお時間となりました。三浦あずさと」

貴音「状況が良くつかめません四条貴音でお送りしました」

「「ばいばーい!!」」


「この番組は、壱風堂、餃子の玉将、水瀬重工業の提供でお送りしました」



貴音「本当に温泉ロケなのですか…?」

あずさ「うふふっ、ありまーくさつーあたみーべっぷーはこねーね?」

貴音「…はこねーね?」



続く


関連SS次作:伊織「We're Super Girl!」美希「何にでも掛けちゃう人の巻」