ブーブーエスラジオが午後3時をお知らせします

ぽっぽっぽっぽーん





やよい「みなさんこんにちわ、高槻やよいです」

律子 「アシスタントの秋月律子です」

やよい「放送第二回目の今日はなんとゲストが来てくれてます~!」

律子 「誰が来るのかお楽しみに!」

やよい「うっうー!楽しみです~!」

律子 「まぁ目の前にいるんだけどね」

やよい「り、律子さんダメですよ~!」

律子 「あはは、ごめんごめん。それじゃあやよい、タイトルコールよろしく」

やよい「はい!高槻やよいのおしゃべりアワー!始まります~!」


<OP:おはよう!朝ごはん>~♪





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


やよい「改めましてこんにちわ、高槻やよいです!」

律子 「改めましてこんにちわ、秋月律子です」

やよい「律子さん!二回目の放送ですよ!」

律子 「えぇ。10分という短い番組だけどやよいは元気いっぱいね」

やよい「もちろんです!今回もぐわ~って感じに頑張っちゃいますよ!」

律子 「ふふっ、やよいのその元気をリスナーにも与えられる番組を目指しましょう」

やよい「はい!」

律子 「やよいの頑張り次第では番組枠も10分から延びるかもしれないわよ?」

やよい「本当ですか!?うっうー!目指せ30分番組!ですね!」

律子 「そうね、やよいの魅力は10分じゃなかなか全部は伝え切れないし

    そのくらいの枠は欲しいわ。ディレクターさん、よろしくお願いしますね?」

やよい「よろしくお願いします~!」

律子 「・・・・・・全力で苦笑いしてるわ」

やよい「う?」

春香 「あの~、ゲスト紹介まだですかね?」

やよい「あっ」

律子 「あっ」

春香 「あって何ですか!あって」

律子 「ゲストの春香で~す」

春香 「雑!紹介の仕方が雑ですよ!」

律子 「まぁまぁ、10分しかないから」

春香 「フリートークで時間持ってきすぎですよ!巻いて巻いて!」

やよい「あ、あの。春香さん、すいません。私がいっぱいしゃべっちゃったから。うぅぅ・・・・・・」

春香 「いや、あの、泣かないでやよい、ね?」

律子 「え~、リスナーの皆さん。今春香がやよいを泣かせました」

春香 「どぉい!待ってくださいよ律子さん!」

律子 「何よ、事実でしょ?」

春香 「そうですけども!」

律子 「ほら春香、やよいに謝りなさい」

春香 「うぇぇ!?」

やよい「わ、わたしは…ヒック…だいじょう…エグッ…ですから……グスッ」

律子 「あぁ可哀想に、こんなに泣いて……」

やよい「律子さぁ~ん」

春香 「えぇ~……」

律子 「ほら春香」

春香 「あ、あのやよい?その…ご、ごめんね?」

やよい「い、いえ。私の方こそ泣いちゃってすいませんでした……」

春香 「ほ、ほら!もうすぐやよいの誕生日でしょ!?私ケーキ焼いてきたんだよ!」

やよい「…えへへ。やっぱり春香さんはやさしいです~」

律子 「アンタ物で……」

春香 「ち、違いますよ!」

やよい「3時のおやつの時間にピッタリですね!」

春香 「でしょ!?もうあれだよ!毎回お菓子食べながら放送したらいいんじゃないかな?」

やよい「え?いいんですか?そんなことして」

律子 「ディレクターさ~ん……カンペにOKって書いてあるから問題ないわね」

春香 「やったねやよい!」

やよい「うっうー!嬉しいです~!」

春香 「それじゃあ…」ごそごそ

律子 「ん?はい、わかりました。え~ここで一曲お届けします。本日のゲスト、天海春香のアルバムから、relations(REM@STER-A)です、どうぞ!」

春香 「ちょちょ…!まだケーキ紹介してn」



<BGM:relations(REM@STER-A)>~♪



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



やよい「律子さん、お仕事ですか?」

律子 「えぇ、この書類を今日中にあげなきゃいけないんだけど中々ね…」

やよい「あう~、大変です……」

律子 「流石に疲れたから何か気分転換になるようなものはないかしら?」

やよい「それなら!」

ぽちっ

やよい「私のラジオで疲れた心を癒しましょう!」

律子 「あ~、癒される~」

二人 「高槻やよいのおしゃべりアワー!」



<ジングル明け>


春香 「う~わっほい☆」

やよい「あぅ~、自分のラジオの宣伝って何だか恥ずかしいです~」

律子 「私だってこういうの久々だから結構恥ずかしいのよ」

春香 「わぁ~、律子さんが照れてる~。何だか新鮮」

律子 「私だってそのくらいするわよ!はい、エンディング行くわよ!」


~♪<BGM:Slapp Happy>


やよい「あぅ~、今日はコーナーに行けませんでした……」

律子 「春香のせいね」

春香 「待ってくださいよ!元はといえばオープニングに尺取りすぎなんですって!」

やよい「あぅ……」じわっ

春香 「は~い!私がやよいを泣かせたせいです!すいません!」

律子 「まぁ次回もゲストで来たらいいんじゃない?」

やよい「え?」

春香 「いやそんな勝手に……」

律子 「私は竜宮小町のプロデューサーである前に765プロのプロデューサーなのよ?

    だから正直あんた達のスケジュールだって把握してるし765プロの子ならある程度こっちでゲスト選べるって気づいてね」

春香 「おぉう……。職権乱用ですよ!職権乱用!」

律子 「人聞き悪いわね~」

やよい「あ、あの!また来てくださいね!私、春香さんとおしゃべりいっぱいしたいです!」

春香 「やよい……」ジーン

律子 「スケジュールは押さえてあるから次回のゲストも春香です」

春香 「決まっちゃった!いいんですかディレクターさん!?」

律子 「笑ってるわね、いいんじゃないかしら」

春香 「寛大!」

律子 「番組ではリスナーの皆さんからのお便りを募集しています」

やよい「番組ホームページの応募フォームからどしどしご応募ください!」

律子 「お便りが採用された方には番組特製ステッカーをプレゼント!」

春香 「現物が目の前にあるけど、このステッカーすごく可愛いですね!」

やよい「えへへ、ありがとうございます~」

春香 「これ、ゲストはもらえないんですか?」

律子 「話のタネをくれたらあげるわよ」

春香 「よーし、次回頑張っちゃうぞ!」

やよい「うっうー!次回は春香さんのお話のタネ!楽しみにしてますね~!」

律子 「次回も是非聞いてくださいね~!お相手は~」

春香 「わ、私から!?えぇ~っと。

    何だかわからない内に次回もゲストに決まってしまった天海春香と!」

律子 「職権乱用じゃありません!秋月律子と」

やよい「春香さんのケーキはチーズケーキでとっても美味しかったです!

    な、高槻やよいがお送りしました~!」

3人 「ばいば~い!!!」 


ζ*'ヮ')ζ<おしまい!

 


関連SS次作:あずさ「か〜んぱ〜い〜」貴音「本日は温泉よりお送りします、迷走RADIOラビリンス」