765アイドル出演ラジオ番組表:SS一覧




ピポッピポッピポッ ポーーーーン




雪歩「ゾウになりたい、ウォウウォウ♪」

真「……」

雪歩「ゾウになりたい、ZOO♪」

真「そんな歌じゃねぇしどうしたんだよ最初から!!」

雪歩「何なんですか?」

真「何なんですかじゃないよね? って言うか冒頭、雪歩がボケてそれに一突っ込みからの「何なんですか?」を定例化するのを辞めにするわけにはいかないか?」

雪歩「良い歌ですよね、ゾウになりたい」

真「間違った方が主役になっちゃってるんだよ、ゾウになりたいって曲じゃねぇから」

雪歩「そんなわけでね、3月も半ばを越し、そろそろ4月ですね」

真「……そうだね、4月と言えば我々にとってちょっと意味があるのが」

雪歩「改編期だね」

真「そうだね、聞くところによると765プロの他の番組はみんなクリアしてるみたいだけども」

雪歩「解らんね、終わってしまうやもしれんね、私達の番組」

真「まぁまぁ、それはね、ボクらが決める事では無いもんでね」


--------------------------------------------------


小鳥「あの」


雪歩「無駄にだらっと続いてきちゃった感はあるからね」

真「どんな方向になろうとも真摯に受け止める所存ではあるね」


小鳥「えっと、あの?」


雪歩「でもね、我々もタダで終わらせるわけにゃあ行かないってもんでね!!」

真「ここいらで一発、超、超々々々々々々々々豪華ゲストを招いてね!!」


小鳥「あの? 二人とも?」


雪歩「やはりAN7ここにあり!! って言うのを知らしめていかなアカンぞ!! って言う事でね!!」

真「本日のゲストは、我が765プロで事務員をやっておられます、音無小鳥さんに来ていただきました~!!」


パチパチパチパチパチパチ


--------------------------------------------------


小鳥「いやぁ…………正直に言っていい?」


雪歩「はい」

真「なんなりと」


小鳥「無いわ」


雪歩「wwwwwwww」

真「wwwwwwww」

小鳥「おかしいでしょ!? 誰がどう聴いても「誰?」って人紹介してんですよ!! いいともに一般人でるレベルの話なんですよ!!」

雪歩「いや、丁度私達がBBSに出る際に居たので」

真「連れてくよね」

小鳥「連れてかねぇよね? いや、今日はガチの残業で「あ~AN7を生聴きになるかも」とか思ってたらコレだよ!!」

雪歩「今日はね、音無さんがもう「培ってきました!!」的な爆笑トークをガンガンぶち込んで行くから」

小鳥「ヤメロって」

真「リスナー達は笑死にしないように、ちゃんと着いて来いよ!!」

小鳥「もーーーー!! ヤメてって~~!!」

雪歩「って言っても、やっぱり音無さんはトーシローじゃないですか?」

真「初めての経験でやっぱり喋りにくいって事、あるかもしれない」

小鳥「かも知れないじゃなくて、喋る事が無いよね? しかもテーマがまったくないこの番組だし」

雪歩「ご用意させていただきました!!」

真「下町のナポレオン、いいちこでございます25度の方、緑色の方ですよ~!!」

小鳥「コラコラコラコラコラコラwwwwwwwwww」


--------------------------------------------------


雪歩「水割りですか?ストレート?ロック?お湯はちょっと時間頂く感じになっちゃいますけど」

真「雪歩、こういうの割と上手だからね」

小鳥「いや、飲みませんよww飲むわけねぇだろww!! 常識的に考えてぇ!!」

雪歩「」カラカラカラカラカラ

真「上手ぇwwww」

雪歩「はい、どうぞ、最初なんで水割りにしときました」

小鳥「だからさ、こんなの前に出されてもさ」

真「あんまり重くならないように、おつまみは揚げ出汁豆腐でね」

小鳥「……だからね? キミ達ぃ」

雪歩「ショウガ多めが好みでしたよね?」

小鳥「視聴者にとってはだね? この人誰? って言う人がラジオに出ててだね?」パキッ

真「あ、しょうゆ、こっちです」

小鳥「あ、ありがと、ちょい濃いめが好きでね、じゃ、なくてね? そんな人が、放送中酒をかっくらってくっちゃべるだなんてね?」ターー

雪歩「千切りねぎ乗っけます?」

小鳥「あっては、あむっ……いけないわけ、んっぐっぐっぐ、ですよ、いやぁ、うめぇピヨーー!!!!」

真「はい、小鳥さんガソリン入りました~~!!」

小鳥「いや、正直、正直よ? この番組だからだよ? 本当に他の番組ではこんな粗相しないからね!?」

雪歩「他番組にも意欲的な音無パイセンぱねぇッス!!」

真「うっす!!」

小鳥「違ww それは言葉のあやってやつでね? あ、雪歩ちゃん、ロックで」

真「早ぇwwwwwww」

雪歩「うっす」カチャカラン,トクトクトクトク


--------------------------------------------------


雪歩「どうぞ」

小鳥「あざっす! うっす! いただきやす!!」

真「乾杯したい所だけど、ボク達ペットボトルだしねww」

小鳥「いや、でもさ……もう、良いのかな? こんなの放送しちゃってさ?」

真「Dも何も言わないですから、良いんだと思います」

雪歩「音無さんがブースに入る時も何も言われなかったもんね」

真「友達? 入って入ってくらいのね」

小鳥「まぁ、古参である? TMNもまよららも温泉で放送しちゃったわけだから、AN7も何かしらあると思ったけども」

雪歩「もはやAN7はスタジオと言う聖域から出たがりませんからね」

真「それなんだけどさぁ…………まぁ、この話は良いか」

小鳥「だいぶ最初から喋っちゃったけど、オープニングにこんなに時間取っちゃって良いの?」クピクピ

雪歩「それでは、今回は音無さんに、タイトルコールをば」

小鳥「え? 良いの!?」

真「どうぞどうぞ!!」

小鳥「じゃあ、失礼して、ごほんっっ!! あ、雪歩ちゃんまずはお代り、とりあえずロックで」


雪歩「雪歩と真のオールナイト765wwww!!」



《OP曲 天海春香 団結2010(天海春香オンリーver)》



--------------------------------------------------


『私は天海春香です!イエイ!! トレードマークは頭のリボン!! 明るく前向き遠距離通勤! 一日一回転びま~~す! イエイ!!』


小鳥「ちょっと、私に言わせてくれるんじゃないのww??」


『天海春香16歳です、男の人が大好きです!イエイ!! ふわっ! 今のはクッキーと言い間違い!! イエイ!! 穴を掘って埋まってまふぅぅううう!!』


真「流石のボク達も小鳥さんの【お代り待ち】には付き合ってられませんからねww」


『イエーイ!! 天海春香です!! 中流家庭だけど、がんばります!けど、とりあえず今日は帰ります! 地元のバーゲン行ってきますイエイ!!』


雪歩「この歌ウザ過ぎるwwwwいちいちイエイがウザいwwww」


『皆のアイドル春香ちゃん!! イエイ!! 明るく前向き器用貧乏! あ、何ですかその顔文句あるんですか!? ウェヒヒッ!! 跪き決定ですね☆ イエイ!!』


小鳥「春香ちゃんノリノリねぇ……」クピクピ


『え? 私がリーダーじゃないの? え? 私でしょ? あのぅ私もぉ…… 春香は黙ってて!! やっぱりドイヒーー!!』


真「もう、わけわかんねぇよww何で春香と春香がリーダー争いしてんだよwwww!!」

雪歩「ドイヒーなのは春香ちゃんだよって言うねww」

小鳥「最後まで聞きたい」

真「家の番組で出すCDで全部聞けますよ? 買ってください」

小鳥「くれるんじゃないんだ、じゃあいいかな」

雪歩「良いんだww」

真「ここで春香の歌を遮る一曲」

雪歩「レコーディング、完了しました、ちんPO子で【メディシン飲んで逝く】」

小鳥「完成したんだwwww」





オールナイト765ォッッ!!





小鳥「あ、雪歩ちゃん、お代り」

雪歩「音無さん、音、切れてませんよ」


--------------------------------------------------



オーーーーーーーールナイッッ!! 765ォゥ!!!!



雪歩「今夜のコーナーは危険な香り」

真「あなたに委ねる……」

小鳥「秘密の内訳~~~~!!!!」



雪歩「はい、と言う事で、このコーナーでは我々765プロアイドルのこんな秘密やあんな秘密をリスナーに発見、報告して頂くと言うコーナーですっが」

真「今回はね、765のキーパーソン音無小鳥大先生がいらっしゃっておりますから」

雪歩「いつもの嘘報告では無く、ガチの! ガチの我々の秘密を暴露して頂きたく思います!!」

小鳥「任せて」カランッ

雪歩「それでは、まず最初の秘密を音に乗せて、音無さん、お願いします!!」



あなたに委ねる秘密の内訳♪



小鳥『最近、響ちゃんが事務所入って来る時、普通に「おはようございま~す」って言う』



真「wwwwwwwwwwwwwwwww」

雪歩「どうしたwwwwwwwwどうした沖縄娘wwwwwwwww」

小鳥「この間、事務所で転んだのね? 響ちゃん」

真「はいwww」

小鳥「それで大丈夫? って聞いたら、普通に「うん、大丈夫」って言ってた」

雪歩「そこは「なんくるないさー」だろうよwwww「うん、大丈夫」じゃダメでしょwwwwwwwww」

真「しょうがない、響は湘南出身だからな!!」

雪歩「元からねwwww海には近いっちゃ近いんだけど、はいさーいの方が作ってたと言うかwwwww」


--------------------------------------------------


真「正直、たま~~に怪しい時あるからね」

雪歩「とうふようって知ってます?」

小鳥「何か、豆腐を腐らせたような? 沖縄の食べ物よね?」

雪歩「あれ、響ちゃん知らなかったんですよ」

真「聞いてた、それ、その話題、横で聞いてた」

雪歩「んで「え? 知らないの?」って言ったら」

真「そ、そんなわけないだろー!! もちろん知ってるさー!! よく泡盛と一緒に食べたもんだぞ!! ってね」

小鳥「大問題だわwwwwテンパリ過ぎでしょwwwwwww飲酒の疑いwwwwww」

雪歩「流石湘南生まれは話の合わせ方も上手いと言うか」

真「もう湘南生まれになっちゃったよww」

雪歩「それでは、次の秘密、お願いします」



あなたに委ねる秘密の内訳♪



小鳥『美希ちゃんはたまに白眼で寝る』



雪歩「それなっ!!」

真「すっげー怖いの!! アレ!!」

小鳥「死んだ? って思うわよね? アレ」

雪歩「いや、多分ね、リスナーの人達は、こう、なんて言うのかな? 薄目で隙間から白眼が見えるみたいのを想像していると思うんですけど」

真「ガチ、だからね、ホラー映画に出てくるような白眼だから、この前「ガラスの仮面か!!」ってツッコんだくらいだからね」

小鳥「あの時のどうして良いか解らない感は凄いわよねぇ……触れちゃいけない何かになってるもんね」


--------------------------------------------------


雪歩「その時に限って美希ちゃん、口閉じてて」

真「いつも見たいに「くかー」って寝ててくれるならまだしもね」

小鳥「憤怒の像、みたいなタイトル付けたくなるような顔で寝てるから怖くて怖くて……」

雪歩「普段の美希ちゃんとのギャップがまたねww」

真「眉もキリッってしててねwwあれは本当に無意識なんだろうけどもどうにかしてほしいww」

雪歩「はーーwwしかし、バラすなぁww」

小鳥「割と、許されるラインは狙ってるつもりなのよww?」

真「本人達聴いてたら怒るだろうなぁww」

雪歩「大丈夫、事務所内でのAN7聴取率は割と悪いからww」

真「やよいとか亜美とかちょっとリアルな顔で「?」って顔したからね、聴いてる? って聞いたら」

小鳥「それは割とショックねーww」

雪歩「事務所内で私達だけレイディオやってないって思っている人居るのがまたねww」

真「もう一個くらいバラす?」

雪歩「言って頂きましょう、3つ目の秘密です!」



あなたに委ねる秘密の内訳♪



小鳥『伊織ちゃん、クリリン事件』



雪歩「ん?」

真「クリリン事件?」

小鳥「いや、これは、伊織ちゃんからは「言うんじゃないわよ!」って釘を刺されている事なんだけど」

雪歩「言っちゃうんだwwwwww 全国ネットでwwwww」


--------------------------------------------------


小鳥「伊織ちゃん、子供との触れ合いみたいな仕事があってね?」

真「伊織、意外と子供の面倒見良いもんね」

小鳥「その後の仕事のため、荷物が多かったもんで、空いてた私が手伝いに行ってたの」

雪歩「たまにそう言う事ありますよね」

小鳥「で、幼稚園の年長さん辺り、まぁ、一番やんちゃな時期の子供達に工作を教えるって言うコーナーで」

真「あー、他局のアレだよね? 見た見た」

小鳥「もう、子供がローキックはするわ、髪引っ張るわ、カチューシャブーメランにするわで大変だったのよ」

雪歩「伊織ちゃん、子供に対しての沸点は割と高いけど、それはイライラしてたでしょうねぇ」

小鳥「んで途中で、おでこに目を付けた子供が「太陽拳やれよー!! 太陽拳~~!!」とか言い始めちゃってね?」

真「あぁ、クリリンってそう言う事か」

小鳥「で、伊織ちゃんも仕方なしに「ほら、太陽拳!!」とかなぁなぁでやってたんだけど」

雪歩「伊織ちゃんやさしいなぁww」

小鳥「途中数人の子がストローで伊織ちゃんのおでこを……ふふwwいや……うん、おでこをね?吸い始めちゃったのね?」

真「え? ストローをおでこにあてて、吸うって事ですか?」

小鳥「そうwwそれで……見事に6個のぽつぽつ付けられてねwwwwwwもう、物凄くクリリンになっちゃってwwwwww」

雪歩「wwwwwww」

小鳥「ふっきれたんでしょうねwwwもうww伊織ちゃん、座布団ぶん投げながら「気円斬!! 気円斬!!」って言っててもうwwwwwww」

真「見たかったwwwそれは見たかったなぁwwwwwww」

小鳥「みんなが謝るまで気円斬を投げた後にこっち見て「言うんじゃないわよ」って肩で息をしながらwwwwwwwwwww」

雪歩「wwwwwwwww」

真「wwwwwwwwww」


--------------------------------------------------


小鳥「まぁまぁ、そんなエピソードがありましたよって言う事でしたww」

雪歩「真ちゃん、今度伊織ちゃんに「クーリリン」って言ってみなよ」

真「殺される未来まで想像出来るよwwwあ、でも事務所の座布団で「気円斬!!」ってやる伊織はちょっと見てみたいなぁww」

小鳥「やめてwwwそれは私が伊織ちゃんに殺されちゃうからwwwww」

雪歩「いや、しかし、持ってますね、音無さん!!」

小鳥「喋って良いライン考えなくて良いならまだまだ引き出しはあります!!」

真「怖ぇ……今はこっち側だから良いけどもww」

雪歩「音無さん、他の番組出たら、本気で掘って埋めますからね?」

小鳥「アルコールも手伝ってのこのテンションだから大丈夫よぉwwwww」ケラケラケラケラ

真「回ってきた所で一曲」

雪歩「景山ヒロノブで、CHA-LA HEAD-CHA-LA」

小鳥「音を用意してあるスタッフも凄いわねぇwww」



オールナイト7・6・5



小鳥「ウィスキーとか無いの?」

真「マイクの音切ってくださいwwww」


--------------------------------------------------



雪歩『毎週毎週夜も遅くからダラリと喋らせて頂いています』

真『こんな時間に聴いていただきありがとうございますww』

雪歩『雪歩と真の』

雪歩・真『オールナイト765!!』



雪歩「レイディオネーム【お茶丸】」

真「久しぶりぃ!!」

雪歩「誰?」

小鳥「wwwwwwwwww」

真「凄いよね、FAXのすみーーーっこの方に1文字「誰?」ってだけ書いてあってさww」

雪歩「えーレイディオネーム【冠婚葬祭の割合が1:0:9:0】」

真「君も久しぶり!!」

雪歩「今回の放送、凄く楽しい、で、喋ってるおばさんは誰?」

小鳥「おい!! ……………………近藤栄治!! おばさん言ったか!? 今!!」

真「このラジオにはがき送る場合、本名さらされるの覚悟した方が良いねww」

小鳥「私は!! お・ね・え・さ・ん!! だから!! な!? そこんとこ、シクヨロ!!」

雪歩「シクヨロとか言っちゃうからおばさん言われるんですよww」

小鳥「糞!! チョベリバだぜ!!!!」

真「ワザとでしょww」

小鳥「これは私より一個上の世代の言葉ねww」


--------------------------------------------------


雪歩「えー、今くらいから聴いてる人もいるかもしれないんで改めまして紹介します」

真「本日AN7において、ボク達と一緒に喋ってくれてる、このおば 小鳥「お・ね・え・さ・ん」 wwは」

雪歩「私達765プロの事務員をやって頂いている、音無小鳥さんです」

小鳥「私ぃ、こういう所で喋るの初めてで……緊張してますけどぉ、がんばるぞ☆」

真「ちなみにいいちこのビンが底をつきそうです」

小鳥「あwwwそれはwwwダメwwバラさないでwww無料酒だからついついwwwww」

雪歩「酒飲んで素人が全国ネットのレイディオに声乗せるって前例、今まであったのかねぇww?」

真「良く解らないけど、何かの倫理協会とかから凄いお叱りを受けそうだよねww」

小鳥「でもね、二人とも」

雪歩「はい」

小鳥「こう、AN7から始まり、TMN、まよららと続いてね? もう殆どのアイドルが、あの律子さんまでもがラジオに出たわけじゃない?」

真「そうですね」

小鳥「正直ね、寂しかった、って言うの、ある、今回出れて良かった」ウルウル

雪歩「ちょwwww音無さんwwちょっとwwww泣いてるwwwwww」

真「ガチはヤメて下さいよwwwマジでwwwww」

小鳥「いや、ごめ、本当に、なんか、うん……」ポロポロ

雪歩「もーーーwwwwこう言うの要らないーーーーwwwwww」

真「雪歩も子供と泣く人には適わないよねwwww」


--------------------------------------------------


真「えっと、ラジオ番組って?」

雪歩「ちょっと整理してみようか?」

小鳥「生理中って酔いが回るのが早いのよ」

雪歩「真ちゃん、頸動脈辺り絞めちゃって」

真「うぃ」

小鳥「うそうそうそうそwwwごめんてwwごめんてwwwww」

真「小鳥さんボクらの番組全部言えます?」

小鳥「あのね、マジで舐めないで、私、何がって皆の番組一つも見逃してないから」

雪歩「お願いします」

小鳥「雪歩と真のオールナイト765、我那覇響と双海真美のTOKYO MIDNIGHT!!、あずさと貴音の迷走RADIOラビリンス、如月千早のラジオ幻想即興曲、星井美希と水瀬伊織のWe’re Super Girl!、双海亜美の”深夜にMY進”!!、高槻やよいのおしゃべりアワー!」

真「すげぇwwwwww」

雪歩「ガチ過ぎて割と引くレベルwwwww」

小鳥「普通知ってて当然なのww!!」

雪歩「たとえば我々の番組だったらAN7とか、略称ってあるじゃないですか?」

真「TMNとかまよららとかね」

小鳥「ふむふむ」

雪歩「でも例えば千早ちゃんの番組とかって略称付けにくいって言うか」

真「前にちょっと話たんですけど、結局略称は付けないって話になったよね」

雪歩「だからそんな皆の番組に、略称じゃなくて、ニックネームつけてあげればって、私思うんだよね」

小鳥「なーーるほどねーーーー!!」

真「妙に文字に拘る必要は無いって事だね」


--------------------------------------------------


雪歩「じゃあ、ここにフリップを用意したので、各番組の良いニックネームをそれぞれ書いて言って……」

真「3人の中で1番良いニックネームを採用って事にしようか」

小鳥「採用ってオフィシャルなのww?」

雪歩「ノンオフィシャルですけど、この番組が他番組に与える影響を舐めちゃいけません」

真「脅しだよwwww」

小鳥「じゃあ、まずオールナイト765、この番組はAN7って略称付いてるけども、ニックネームは」


…………


真「これ、放送事故になっちゃわないww?」

雪歩「はい、書けました」

小鳥「私も」

真「じゃあ、一斉に回答オープン、ドン」



雪歩『負の遺産』

真『ダウナー達の夜』

小鳥『深夜の股力』



真「ちょっとwwww小鳥さんwwwwww!!」

小鳥「いやwwwほらww女の子だしねwwww?」

雪歩「それを考慮してんだったらもっとダメだと思うんですけどwwww」

真「しかし、自分達もロクなニックネーム付けてないあたりがねww」

雪歩「でも、これ出されちゃ採用するしかないでしょwwww」

小鳥「ありがとうございます!!」

真「じゃあ、AN7のニックネームは【深夜の股力】に決定です」

雪歩「嫌過ぎるwwwwwww」


--------------------------------------------------


雪歩「えっと、それじゃあ次はTMNだね」

真「一応人様の番組だから、ほどほどにしないとね」

雪歩「うん、解ってる真ちゃん、私、敬う気持ちで書くよ」

小鳥「絶対、そんな事微塵も考えてないwwww」

雪歩「それじゃあ、各々、フリップに書きだして下さい」


…………


真「いや、この間さ、何か音楽とかさ?」

雪歩「出来ました?」

小鳥「うん……うん!! よし!!」

真「それじゃあ、各々フリップをオープン!!」



雪歩『KOD』

真『KOD』

小鳥『KOD』



三人「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」


真「いやwwあそこはwwwwねwwwww」

雪歩「キングオブドイヒーが当てはまり過ぎててねwwwwww」

小鳥「いやwwなるかな? って思ってたら本当に一致したねwwww」

真「では、TMNは引き続きキングオブドイヒー事、KODをニックネームとして使って頂くと言う事で」

雪歩「本人達ですら意義を言わない感じすらあるよね」

真「では、ここいらで一曲」

雪歩「我那覇響と双海真美でShinySmile」

真「綺麗な二人ですww」



オーールナーーイト765----♪



小鳥「こんな時間に酔っ払っちゃてるん私なんだけど、明日8時には事務所……」

雪歩「私達も学校ですよ」

真「音ww」


--------------------------------------------------



雪歩『未だに荻原と菊池ではがき送ってくる奴居るからな~』

真『萩原と菊地で、どうか!お願いします!!』

雪歩『雪歩と真の』

真・雪歩『オールナイト765っ!!』




雪歩「オールナイト765、この番組は」

真「961プロ、876プロ、765プロ、秋月電気店、萩原工務店、以上各社の提供で東京ブーブーエスラジオスタジオをキーステーションに全国36局ネットでお送りしました!!」

雪歩「さてさて、エンディングまでで他の番組のニックネームも付けてあげないとね」

真「あげるwwいや、他の番組にしては本当に大きなお世話だろうけどねww」

雪歩「次は、まよららだね」

小鳥「まよらら……よし」

真「それではフリップに書きますか」



『あおいーーとるぃーーーー♪ もしーーーしあわっせーーーー♪』



真「なんでやよいの蒼い鳥なのww」

雪歩「それじゃあ、出しましょう、ドン」



雪歩『三裏ジオ』

真『一番自由(ベストフリーダム)』

小鳥『貴ねぇね孤軍奮闘ラジオ』



雪歩「全員がある程度感じていたとwwww」

真「あのねwwまよららは、割とまともな部類のラジオだと思ってたけどねwwww」


三人「あずささんが自由過ぎwwwwww」


小鳥「酒飲むわ、来ないわで結構凄いよねww?」

雪歩「アレでレイディオ業界の良心名乗ろうってんだから怖い、面の皮の厚さが怖い」

真「貴音はがんばってると思うww心の底から貴音を称賛したいよwwボクはwwww」

小鳥「じゃあ……ベストフリーダムで!!」

二人「異議なーーし!!」


--------------------------------------------------


小鳥「次は……ラジオ幻想即興曲ね」

真「略称すら決まってないからね、素敵なのを付けてあげたいと思う」

雪歩「千早ちゃんが泣いて喜ぶようなのを付けてあげたいね!!」

小鳥「もう、フリにしか聞こえねぇwwww」

雪歩「では……シンキングタイム」



『なにもで~~き~~な~~ぃ♪それがぅ~~~~まりお!!ねっとぅ!!』



真「可愛いww」

雪歩「書けました」

小鳥「私も」

真「それじゃあ、いっせーに、ドン」



雪歩『マジメ鳥』

真『歌姫挽歌』

小鳥『そのままの君で居て』



真「小鳥さんのは要望でしょうよww!!」

雪歩「いや、真ちゃん、貴女のが一番ドイヒーだからね?」

真「え? そうかな? ボク結構マジでいったんだけど?」

小鳥「挽歌って葬式の時歌う歌だからね?」

真「うっそww!! ボク夕方に歌う歌だとばかり思ってた!!」

雪歩「出たwwww たまにでる真ちゃんの【リアルバカ】wwwww」

小鳥「晩歌って事かwwww字も違うしwwひっでぇwwwwwwwwww」

真「もういいでしょww!!!! じゃあ……えーーー……【マジメ鳥】?」

小鳥「可哀そうwwww千早ちゃん可哀そうwwww」

雪歩「いや、選ばれる思ってなかったからww」


--------------------------------------------------


小鳥「次は? スパガー?」

雪歩「ウィスパーですね」

真「放送時間が差し迫ってきたからまきの指示でてますよ!!」

雪歩「北斗さんの番組もらっちゃえば良いんだよ」

真「ダメだよwwww!!」

小鳥「それじゃあ、書きましょうか」



『み~~ら~~く~~る~~すたーとすたぁすたーとすたぁ!! はっぷぃにーなるのぜったーー♪』



雪歩「何でやよいちゃん押しなの?」

真「書けたよ」

小鳥「それじゃあ、一斉に、ドン」




雪歩『超瞬間吸着ガールズトーク』

真『二人で十分かしましい』

小鳥『犬猿バカップル』



真「雪歩はもう、その方面で弄るのヤメて差し上げろww!!」

雪歩「小鳥さん、上手いなぁ」

小鳥「昔から割と、コレに関しては思ってました」

真「うん、何かピッタリだね」

雪歩「私のも割とピッタリフィットだけど?」

小鳥「いいからwwwww漏らさないように的なそれはもういいからwwwww」

真「では、ウィスパーは【犬猿バカップル】で決定」

小鳥「スパガーって言ってやれってwwww」

雪歩「でも、これじゃあ、伊織ちゃんと美希ちゃんの関係ってだけだよねww」

小鳥「じゃあ【犬猿バカップルトーク】で」


--------------------------------------------------



雪歩「新規勢来たね」

真「亜美の”深夜にMY進”!!だね」

雪歩「なんだっけ? 番組内で自分で略称言ってたような…………あぁ、シュウマイだ、シュウマイ」

小鳥「多分、シンマイって言ってたと思うわよww?」

真「米なのかシュウマイなのかハッキリして欲しいよね」

小鳥「亜美ちゃんシュウマイって一言も言ってないのにww」

雪歩「割と、お姉ちゃんの悪影響を受け始めている番組だって言うのは解るよね」

2人「解る」

雪歩「さて、シンキングタイムスタート!!」



『こ~~れからの~~め~くで~~い~つもんとこにだしゅっごーー♪ くだらんなんいんとんくんでんもんゆるして~くれるきせつんでしょ~~♪』



真「これ?別途やよいに頼んで録ったの?」

雪歩「はい、それじゃあ出来ましたね? いっせーに、どん」



雪歩『夜遊び』

真『TMN予備軍』

小鳥『QOD』



小鳥「雪歩ちゃんwwwwwwwwwwww」

真「いやぁ、くそぉww割と良い名前付けたと思ったんだけどなぁ」

小鳥「クイーンオブドイヒーも良い感じかとは思ったんだけど適わないわね、確かに夜遊びって感じだわwwww」

雪歩「もう、聞いててそんな感じにしか聞こえなくてww」

真「じゃあ、満場一致で、シンマイは【夜遊び】でwwww」


--------------------------------------------------


真「さぁ、最後だよ!!」

雪歩「やよいちゃんの新番組、高槻やよいのおしゃべりアワー!

小鳥「律子さんも出てるんだけど、やよいちゃんの名前だけ出してるのよね」

真「雪歩、この番組、ひそかにタカベリって呼んでるよね」

雪歩「あわび、と迷ったんだけどね」

小鳥「あもびもねぇよwwww」

真「それじゃあ、フリップにどうぞ」



『ひゅる~~ら~~り~~ら~~も~~とつよ~~くなれ~~ひゅる~~ら~~り~~ら~~めざせあるかでーー♪』



真「はい、出来ました?」

雪歩「はい、じゃあ、一斉に、ドン!!」



雪歩『塾帰り』

真『春香殺し』

小鳥『スネオのママとしずかちゃん』



小鳥「あ~~……解る、解るわ、塾帰り」

真「迎えに来た律子さんとね、うん、なんか、解る」

雪歩「多分、小鳥さんと同じ絵が浮かんでいるんだとは思います」

小鳥「真ちゃんのはコレからどうなるか解らないからねww」

真「やっぱり、あの春香が!! って言うイメージが強すぎましたねww」

小鳥「と言うわけで、タカベリのニックネームは【塾帰り】に決定しました!!」


--------------------------------------------------


真「えっと?」


雪歩と真のオールナイト765【深夜の股力】

我那覇響と双海真美のTOKYO MIDNIGHT!!【KOD】

あずさと貴音の迷走RADIOラビリンス【ベストフリーダム】

如月千早のラジオ幻想即興曲【マジメ鳥】

星井美希と水瀬伊織のWe’re Super Girl!【犬猿バカップルトーク】

双海亜美の”深夜にMY進”!!【夜遊び】

高槻やよいのおしゃべりアワー!【塾帰り】


雪歩「酷いねぇwwww」

小鳥「私達はやれることはやったんだと思うわよww」

真「あ、番組が? やべ、CDの告知とか、あ、時間無い? えっと、そう言う訳で、この番組はボク、菊地真と!!」

雪歩「萩原雪歩と」

小鳥「こんなんだから結婚相手見つからねぇんだよ、やかましいわ!! の音無小鳥でお送りしました」

真「また来週!!」

雪歩「バイバイ!!」

小鳥「色々ごめんなさいwwww」





北斗「チャオ☆」

北斗「音無小鳥さん、ね」

北斗「凄く素敵な女性じゃないですか!!」

小鳥「本当に?」

北斗「お、おっとぉ、まだいらしたのですか……」

小鳥「タイトルコールだけ一緒にさせてほしくて、ダメですか?」

北斗「もちろんOKさマドモアゼル、それじゃあ、始めよう!!」

北斗「伊集院北斗の今夜もZUKKON!!小鳥「BAKOON!!」」

北斗「変なの足さないで!!」



関連SS次作:亜美「双海亜美の”深夜にMY進”」伊織「軽く放送事故な夜遊び」