やよい「うっ

    うっ

    うっ

    うっうー!ブーブーエスラジオと高槻やよいが午後3時をおしらせしま~す!」


♪~<OP:おはよう!!朝ご飯>


やよい「みなさんこんにちわ。高槻やよいです」

律子 「アシスタントの秋月律子です」

やよい「今回の放送から番組前の時報を私が担当することになりました~!」

律子 「放送枠拡大の代わりに番組プロデューサーがやってくれました、良かったわねやよい」

やよい「うっうー!すっごく嬉しいです~!」

律子 「そして今回もゲストが来ています」

春香 「みなさんこんにちわ!ゲ・ス・ト!の天海春香です!」

やよい「はわっ。春香さん最初から元気いっぱいですね~」

春香 「もっちろん!前回は色々あったから……」

律子 「春香がやよい泣かせたりね」

春香 「だからそれは!」

律子 「やよい、タイトルコールよろしく」

やよい「あ、はい!高槻やよいのおしゃべりアワー!はじまります~!」

春香 「もー!だからー!」




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




やよい「改めましてこんにちわ、高槻やよいです!」

律子 「改めましてこんにちわ、秋月律子です」

春香 「みなさ~ん!ゲストですよ!ゲスト!天海春香です!」

律子 「前回はごたごたで春香にコーナーやって貰えなかったので、プロデューサー権限で2回続けてのゲストです」

春香 「ディレクターさん笑ってましたからね!」

律子 「ちゃんと番組サイドとは後日打ち合わせてますから大丈夫です」

やよい「律子さんかっこいいです~」

律子 「プロデューサー殿がね」

やよい「う?」

春香 「……今度クッキー焼いて持っていきます」

やよい「春香さんのクッキーって、すっごく美味しいんですよ~」

律子 「そうなのよ、もうパティシエ目指したら?」

春香 「嫌ですよ!何急に突拍子もない事言い出してるんですか!

    私はトップアイドルになりたいんです!」

やよい「お店出したら教えてくださいね!」

春香 「やよいぃぃ!!!???どうしちゃったのやよい!」

やよい「あ、えっと……ブースの外に……」

春香 「ブース外……おぉ~い!!カンペでやよいに何言わせてんの!!?」

律子 「よくやったわ、やよい」

春香 「そこ褒める所じゃないですよ!!ってまたフリートークに尺持っていかれ過ぎ!

    コーナー行きましょコーナー!」

やよい「はわっ。そうでした!おしゃべりが楽しくてつい……」

律子 「はい、春香が勝手に進行しだしたのでコーナー行きましょう」

やよい「は~い!お話のタネ!です!」

春香 「勝手にってなんですか!」

律子 「このコーナーはリスナーからお話のタネをもらってトークに花を咲かせようというコーナーです」

やよい「今日のお話のタネは春香さんからもらいます~」

春香 「はーい。いや、前回の放送に向けて色々考えてきたんですけどね、

    やっぱりこういうのって鮮度が大事じゃないですか」

やよい「お野菜と一緒ですね!」

春香 「……うん、そう、だね。それで、他のネタ無いかな~って探したんですよ。そしたら!

    真と雪歩の番組聞きました!?」

律子 「あぁ……まぁ」

やよい「遅い時間にやってるんですよね?私はいっつも寝ちゃうから聞けないんです~」

律子 「やよいは絶対に聞かないで!!お願いだから!!!!!!」

やよい「う?」

春香 「必死だなぁ……」

律子 「それで?」

春香 「あぁ、皆ブーブーエスラジオさんに番組持ってるじゃないですか“私以外”」

律子 「私以外を強調したわね」

春香 「その皆の番組にニックネームつけようって流れになって、この番組のニックネームどうなったと思います!?」

律子 「……うん」

やよい「どうなったんですか?」

春香 「塾帰り」

やよい「え?」

春香 「塾帰りだよ、やよい」

律子 「春香」

春香 「はい?」

律子 「それ以上いけない」

春香 「いやでm」

律子 「二度言わせないで」

春香 「……はい」

やよい「う~?」

春香 「まぁ、この番組のニックネームは番組側で昇華していただくとして、いっちばん腑に落ちないのが

    真の出した案ですよ!何『春香殺し』って!!?」

やよい「あぅ~。物騒かも~」

春香 「殺されてないから!!存在感ありまくりだから!!!」

律子 「はいはいそこまで。他番組のノリを午後3時から垂れ流されたらこの番組が潰れんのよ」

やよい「え!?この番組終わっちゃうんですか!?嫌です~!」

春香 「い、いや大丈夫だからやよい。ね?」

やよい「本当ですか……?」

春香 「うん、大丈夫大丈夫」

やよい「えへへ、良かったです」

律子 「アンタそういうところが…」

春香 「死んでないし!!!」

やよい「え?あ、はい。ここで一曲お届けします、3/26発売の雪歩さんの曲で『ハミングロード』です、どうぞ!」

春香 「ちょっ。ディレk」



♪~<BGM:ハミングロード>



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





律子 「やよい~」

やよい「はい、なんですか律子さん」

律子 「一息つきたいからお茶飲みながら話し相手になってくれない?」

やよい「私でよければ付き合いますよ~!」

二人 「高槻やよいのおしゃべりアワー!」




<ジングル明け>



春香 「もー!なんでこうなるんだろう?」

律子 「話広げるまでもなく春香が喋ってたわね」

やよい「うぅ、すいません……」

春香 「いや、あの、こっちこそすいません……。何かテンション上がっちゃって」

やよい「私ももっとも~っとおしゃべり出来るように頑張ります!」

律子 「その意気よ、やよい!」

春香 「本当は2人のニックネームとか聞きたかったんだけどなぁ~」

やよい「ニックネームですか?」

律子 「意外とまともなタネ用意してきたのね」

春香 「ちょっと!意外とは余計ですよ!」

やよい「私はニックネームってないかも~。クラスのみんなは高槻とかやよいちゃんとか呼んでくれます。

    あ、亜美と真美はやよいっちって呼んでるからありました!」

律子 「そうねぇ、私も亜美真美からのりっちゃんくらいかしらね?学生時代は大体秋月さんとかだったわ」

春香 「そうなんですか、何か意外。私は亜美真美以外だと長電話しすぎて

    友達からおしゃべリボンってあだ名を一時期つけられてました!」

律子 「おしゃべリボンって……ふふっ」

やよい「リボンがしゃべったら楽しいかも~!いつでもおしゃべりできますね!」

春香 「あ、うん。やばい、笑顔が眩しい」

律子 「番組ではリスナーの皆さんからのお便りを募集しています」

やよい「番組ホームページの応募フォームからどしどしご応募ください!」

律子 「お便りが採用された方には番組特製ステッカーをプレゼント!」

春香 「これで私もこのステッカーもらっていいんですよね?」

律子 「そうね、しっかり話のタネ用意してきてくれたし」

やよい「はい、春香さんどうぞ~」

春香 「ありがとう、やよい!う~ん、どこに貼ろうかな」

やよい「えへへ、何だか照れくさいですね~」

春香 「キャリーバッグとかに貼ろうかな~?」

やよい「春香さん、二回も続けて出てくれてありがとうございました!」

春香 「ううん、楽しかったよ!」

やよい「また遊びに来てくださいね~」

春香 「うんうん!また呼んでね!」

律子 「それでは次回も是非是非聞いてくださいね~!お相手は!」

春香 「死んでません!生きてます!天海春香と!」

律子 「まだ引っ張るの?秋月律子と」

やよい「塾には行ったことありません~、高槻やよいがお送りしました~」

三人 「ばいば~い!!!」



ζ*'ヮ')ζ<おしまい!



関連SS次作:やよい「高槻やよいのおしゃべりアワー!」律子「第四回放送!」やよい「誕生日です~!」