1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/05(土) 14:16:45.74 ID:7o5w+49n0

「そういえば、そろそろ春香は誕生日ですね」

朝食を取りながら、妻がそんなことを言うので、新聞の日付を改めて見直す。
3月31日。春香の誕生日は4月3日、今週の木曜日に迫っていた。
年度末の忙しさにかまけて、娘の誕生日を忘れかけるとは不覚だった。

「そうだな…もうそんな時期か…」
「ええ、春香。いつの間にかあんなに立派になって」

テレビ欄を見てみれば、いつも765プロのアイドルが、どこかの番組に出ている。
言っている傍から、春香がテレビに出ている。
朝のニュース番組で、喫茶店のリポーターとして春香がテレビに映っている。
自分が病院で抱っこしていたあの赤ん坊が、今テレビで、全国の人達に見られている。
そんな実感の湧かない気持ちを、最初は少し、気味が悪かったと言うか、心配だった。

「ふふっ、どうしたんですか、あなた」
「いや。本当に、俺の娘なのかなぁ、と思って」
「え?」
「こんな立派になって…」
「あら、そうですか?」
「えっ?」
「春香は、間違いなく貴方の娘ですよ」
「そりゃあ、まあ、そうだけど」

こんな出来のいい娘に育つとは、正直…いや、それは言い過ぎだ。
でも、まさかアイドルになるなんて思っても見なかった。
そう妻に言うと、意外そうな顔をされてしまった。

「春香、昔からアイドルにあこがれていた気がしますけど」
「そうなのか?」
「あら、あなた、忘れてるだけでしょ」
「…かなぁ?」

2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/05(土) 14:20:06.54 ID:7o5w+49n0


確かに、春香は昔からテレビでアイドルが出るたびに、テレビの前で踊っていたような気がする。
記憶があやふやで、情けなくなる。

「いってきまーっすととととっ!」

廊下で滑った春香が、派手な音を立てて転ぶ。

「大丈夫?春香」
「えへへっ、お母さん、大丈夫大丈夫。行ってきます」
「春香、朝飯は?」
「もう食べたよ!お父さんも仕事頑張ってね!」

慌ただしく出て行った春香。
今日は何なのだろう。春休みももうすぐ終わりだと言うのに、春香が家に居ることはあまりない。

「今日は、映画の撮影ですって」
「映画かぁ…春香がねぇ…」

テレビにドラマに舞台に映画。
本当に我が娘ながら凄い事になっていると実感する。
初めて765プロの高木社長が家まで挨拶に来るまで…来た後も、まさか本当に春香がアイドルになるなんて思ってもみなかった。
それは、春香では無理とかそう言う物ではなく、アイドルと言う存在自体が、俺にはとても遠い存在だったからだろう。

「最近、いつもレッスンで遅くまで出かけてて」
「大丈夫かなあ、最近物騒だからなあ」
「そうねえ…」

これだけアイドル活動をしていても、学業に響いていないから厳しく言う必要もないのかもしれない。
しかし、父親としては不安で仕方ない。
変な男に捕まるかもしれないし、悪質なファンから嫌がらせを受けるかもしれない。
幸い今のところそういうことがないが。

「それよりも、あなた今日、会議だから早めに出るんじゃなかったの?」
「あっ!しまったもうこんな時間か!いってきまぁぁっと?!」

足がもつれて派手に転ぶ。
お隣さんまで聞こえたという音に、妻は半ば呆れたように笑っていた。


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/05(土) 14:21:23.93 ID:7o5w+49n0


「今年の新人、なかなか見込みの有りそうな奴が多いそうですね」
「どうかな、まずは3年、だな」

デスクワークをこなしつつ、隣の席の同期と話す。
いつもと変わらない、日常業務だ。

「天海さん、部長がお呼びです」
「えっ?」



「お、俺が課長ですか?!」
「中村君が総務に異動してから空席の2課の課長、君に任せようと思う。社内でも君を推す人が多いのでね」
「は、はぁ」
「辞令は追って出す、期待しているよ。早速今日から引継ぎに入って貰う、15時から会議だからね、君も出席するように」

俺が…課長?
異例の大抜擢ともいえる。
まさかこの歳でここまで行けるなんて夢にも思わなかった。

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/05(土) 14:22:18.45 ID:7o5w+49n0
「かーちょう」

既に噂が流れていたのか、俺が席へ戻ると、隣の席の同期が肩を叩いてくる。

「昇進祝いに飲みに連れてけ」
「ええっ?逆じゃないのか?」
「天海かちょーう、頼みますよーぅ」

そんな同期の冗談を受け流しながら、暗澹たる気分にもなる。
課長、中間管理職、書類の決裁、上役との会議。
家内のとりまとめもしなければならないし、今までの様に成績を上げることではなく、上げさせることがメインになるから事務的な事も多くなる。

「…手放しで喜ぶわけにもいかないか」
「どうしたんだ?」
「別に」

案の定、午後からは大量の決裁書類と何個ものミーティングが重なりてんやわんや。
外回りの客先も全て他の同僚たちに任せることになった。
給料は、もちろん上がると言う事だったが。

翌日も、その翌日も、引継ぎの為の作業でバタバタしていて、春香の為の誕生日プレゼントを選ぶ余裕がなくなってしまって、結局4月3日。春香の誕生日を迎えてしまった。

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/05(土) 14:25:15.37 ID:7o5w+49n0

「だからさ、この案件にこれだけの時間を掛けたって、採算合わないじゃない」
「でも、貴重な固定客だし、安定して収益は望める筈で」
「だとしてもだな」
「ま、まあ、とりあえず新規顧客を増やす為にはどうしたら」
「天海、新規客はそう簡単に増えないんだぞ、営業やってたお前なら分かるだろう」
「それは…」

何時もと同じメンバーの何時もと同じ内容の会議。
この時期、営業と企画を交えた会議は何時も紛糾しているとは聞いていたが、これ程とは。

「ったくいつまでも同じ事ばっかりべらべらべらべら…!」

俺のすぐ横に座っていた企画部の下山さんがイライラし始めた。
この人は苦手だ…普通の人が言えない事を、平気で言ってくる。
しかし概ね正論なので、ぐさりとくる。

「今重要なのは新規顧客の獲得だろう?既存顧客はそのまま従来通りのお付き合いで良いじゃないか、
 何か問題があるのか?」
「いや、それは」
「ないんなら今はそれに時間を割かずに、重要課題の話をしようよ。そう言う場なんじゃないのか?」
「はい…」
「それと、天海」
「はい…」
「お前も初の会議進行だし、まあ、それは良い。だが、関係ない内容が続くならそれを止めるのもお前
 の役割だろう?課長なんだから、今までと違うぞ」
「はい…」




6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/05(土) 14:25:44.66 ID:7o5w+49n0
「俺にはまとめ役なんか、向いてないんだけどな…」

ようやく会議を終えるころには、すっかり暗くなっていた。
このご時世、そうすぐに業績の上がる案件がある訳でもなく、製品の原価も人権費は上がる一方だ。
紛糾する会議をまとめ切れなかったのは、やっぱり進行役の俺のせいなのだろう。

「…課長かぁ」

給料が上がれば、妻や春香にだってもっと贅沢をさせてあげる事が出来る。
家のローンだって、もっと楽に返せる。
だから、俺は仕事をする。
春香と妻が居るから、俺は仕事を続けてこられた。

「…春香」

机の引き出しに入れてある一枚の写真。
春香と妻と、俺の3人で撮った七五三の時の写真だ。
この頃から、よく転んでいた春香。
今では立派にアイドルをしているけれど、家でも度々転んでいる春香。
この写真を見るたびに、どんなに腹が立つことだって耐えてきた。
春香の笑顔を守るために。

「しまった…後は明日でも良いな…!」

気がつくと、時計の針は10時を指そうとしていた。
慌てて帰り支度を始めて、時間外手口から駅まで駆け出した。



7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/05(土) 14:26:16.54 ID:7o5w+49n0
「ただいま」
「おかえりなさい、あなた」
「まだ起きてたのか…」

家に帰ると、まだ妻が起きていた。

「メール見てびっくりしちゃった、昇進、おめでとうございます」
「ありがとう…」

もう日付が変わろうとしているのにもかかわらず、妻は嫌な顔せず俺の夕飯を用意してくれた。

「…そういえば、春香は」
「もう寝てるわ…ケーキあるけど、後で食べる?」
「明日の朝にするよ…何もしてやれなかったなぁ」
「えっ?」
「いや、春香に誕生日プレゼント」

最近、会話も減っているし、これをきっかけにしようとも思っていた。
でも、結局何もできなかった。

「ふふっ…そんなことないわ。春香も分かってる、あなたがどれだけ頑張ってるか…」
「…」
「ほら、ご飯食べちゃってください、冷めちゃいますよ」

ご飯を食べて、風呂を済ませて寝室へ上がる。
ふと、春香の部屋の前で立ち止まってみる。
少しあいているドアの隙間から、部屋の中をのぞいてみる。
年頃の娘の部屋に勝手に入るのはどうかとも思ったが、ちらりと見えた春香の寝顔に、思わず足を踏み入れていた。

「…」

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/05(土) 14:26:57.55 ID:7o5w+49n0


すやすやと寝息を立てて眠る春香の寝顔は、小さなころと変わらない。
少し布団を肌蹴ていたので掛け直してやりながら、寝顔を見つめていた。

「…大きくなったなぁ、春香」

大人びた表情やアイドルらしい笑顔を浮かべる春香、ダンスやお芝居もこなす春香。
でも、寝顔はあの頃、まだ俺が抱っこしていた時と変わらない。
頭を撫でてやろうとして、思わず手が止まる。
起こしてしまっては可愛そうだ。

「…誕生日おめでとう、春香」

小声でそう言うと、俺は部屋を出た。

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/05(土) 14:30:19.99 ID:7o5w+49n0

「何してたんですか?」
「春香の寝顔を見てた」
「ふふっ…春香はね、きっとあなたが思っているよりも、変わってないのよ?」

さきにベッドに入っていた妻には、多分俺が寝顔を見ていたことはバレていたと思う。

「えっ?」
「だから、何も気にせず、普段通りに接してあげればいいのよ」
「…」
「…女の子だもの、昔と同じようには行かないわ」
「でも、やっぱり寂しいな…」

昔、まだ仕事も忙しくなかった頃は帰ってきた後で、春香と遊んであげたものだ。
布団に潜り込むと、先程までは感じなかった強烈な眠気が襲ってくる。
明日も朝から会議だ、寝てしまおう。

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/05(土) 14:32:00.00 ID:7o5w+49n0
「おっはよ!お父さん!」
「ああ、春香、おはよう。今日も撮影かい?」
「うんっ、もうすごく面白いんだよ、宙吊りになったりそれから」
「ほら春香、朝ごはん食べちゃって。あなた、今日も朝から会議でしょう?時間いいの?」
「へっ?もうこんな時間か、行ってくるよ」
「あっ、お父さん」

ネクタイを絞めながら玄関へ向かおうとすると、春香に呼び止められた。

「?」
「課長さん、ファイトーっ!」

いつの間にか出世の話を聞いていたようだ。
拳を振りあげて笑顔を浮かべる春香。
その姿を見て、俺はこの笑顔を見るために働いてるんだと実感した。

「おーっ!」

真似して拳を振り上げ、春香の頭を撫でてやる。
擽ったそうに目を細める春香に、行ってきますと告げ、妻から弁当を受け取り出勤する。
いつもと変わらない道。
いつもと変わらない仕事。
それでもいい。
俺は、いつもと変わらない家庭が幸せなんだ。
それを守るために、今日も働く。





11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/05(土) 14:33:32.21 ID:7o5w+49n0
春香、お誕生日おめでとう(遅

元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1396675005/