BBSラジオが、午後8時をお知らせいたします。
ピッ、ピッ、ピッ、ポーン



あずさ「春ねぇ、貴音ちゃん。お花見は行った?」

貴音「ええ……月の見える綺麗な夜に」

あずさ「そう、夜桜。良いわねぇ、月と桜がどっちも見えるなんて」

貴音「あずさは行かれたのですか?」

あずさ「ええ、この前千早ちゃんと小鳥さんと。本当は事務所の皆で行きたかったのだけれど」


貴音「そうですね……皆、仕事が忙しいということは、私達アイドルにとってはとても良い事ですが」

あずさ「ちょっと寂しいわね……なんて、そんな事言ってちゃ駄目ね」

貴音「ふふっ、ファンの皆様の為にも、まだまだ頑張らなくては」

あずさ「そうね、うふふっ。それじゃあタイトルコール、行っちゃいましょう」

貴音「はい」


「三浦あずさと~」

「四条貴音の」

「「迷走RADIOラビリンス~!!」」



あずさ「はい、という訳で迷走RADIOラビリンス、2年目に入りました~」

貴音「AN7、TMNに後れを取る事1週間。ようやくあの二番組と並び立つ存在として…並び立つ?」

あずさ「まあ、細かい事は気にしちゃ駄目よ~、とにかく、今年度も私達のラジオにお付き合いくださいね~」

貴音「そうですね…それでは早速ふつおたのコーナーに参りましょうか」

あずさ「そうねぇ、それでは最初のお便り、新潟県にお住いの吉乃川さんからです、ありがとうございます」

貴音「ありがとうございます」

あずさ「あずささん貴音さんこんばんは。4月から社会人になって、1人暮らしも始めました。まだまだ右も左も分からない状況で先輩たちにご迷惑をおかけしてばかりですけど、少しずつ仕事を覚えていきたいです、それと、料理も…お二人は料理とか自分でされるんですか?」

貴音「春、新たな生活の始まりの季節ですね」

あずさ「私は結構料理もするのだけれど、貴音ちゃんは?」

貴音「私はあまり」

あずさ「あら…まさかラーメンばかり?」

貴音「ふふっ、私もらぁめんのみで生きるにあらず。ちゃんとしたご飯も食べますよ」

あずさ「ごめんなさい、貴音ちゃんが他の物を食べている印象があまりなくて」

貴音「あずさ、私だってご飯もパンも食べますよ…」

あずさ「あ、あら……」

貴音「という訳で、今晩の夕餉はどこかあずさのオススメのお店を紹介してください」

あずさ「いいわよ~、この前ね、オシャレな和食レストランを見つけたの~」

貴音「楽しみにしておきます。しかし、自炊も少しは覚えようと思っているのですよ?」

あずさ「貴音ちゃんが料理をしている所ってあまり想像がつかないわ」

貴音「そうですね…今度、春香に教えてもらおうかと思います」

あずさ「やよいちゃんも上手よ~、やよいちゃんの煮物はね、お母さんが作るみたいな優しい味がするの」

貴音「ほぅ、それはまた美味しそうですね、是非頂きたいものです」

あずさ「あら、貴音ちゃん料理の練習をするんじゃ無かったの?」

貴音「…そうでした、私としたことが」

あずさ「もうっ、貴音ちゃんったら食いしん坊なんだから…えーっと、という訳で、今からは貴音ちゃんも頑張っていくと言う事なので、吉乃川さんも、初めての一人暮らしで大変だとは思いますが、頑張ってくださ~い」

貴音「続いてのお便りです。鹿児島県にお住いの薩摩隼人さんありがとうございます。そう言えば、まよららのCDの公開録音は何時なのでしょうか?」

あずさ「うふふっ…その質問を、待ってました~!」

貴音「えっ?」

あずさ「本日、この放送が終わってから、BBSラジオの公式HPに公開録音の日程と、初のラジオCDの収録曲と詳細が掲載されます~」

貴音「わ、私も今初めて聞きました」

あずさ「あら?収録の時に聞かなかった?」

貴音「…冗談かと思っていました」

あずさ「あらあら~、とにかく、本日20時30分に詳細は発表されるんですけれど、その前に、皆さんにちょこっとその内容をご紹介いたします~」

貴音「ど、どうなっているのでしょう」

あずさ「まず、このCDの為に撮り下ろした特別ラジオを収録しています、ゲストも読んでいますから、楽しいラジオに仕上がっていると思いますよ~」

貴音「ああ、あの時収録したものですか」

あずさ「それと、この番組にも遂にEDテーマが出来ましたので、それを収録しています~、本日のEDより流れますので、皆さん楽しみにしていてくださいね~」

貴音「まこと、良き歌に仕上がっていると思います」

あずさ「そ、れ、と。このCDの為に、何と私達のソロ曲を作って貰いました~!」

貴音「なんと…!」

あずさ「…貴音ちゃんは、もう収録したでしょ?」

貴音「そうでした」

あずさ「私らしい、貴音ちゃんらしい、とてもいい曲ですから、皆さん楽しみにしていてくださいね」

貴音「あと、特典にDVDが付くのではなかったのですか?」

あずさ「そうそう、この前の温泉放送の前に、貴音ちゃんと千早ちゃんと一緒に温泉街に出かけたので、その様子を収録したDVD、三浦あずさのあず散歩~まよらら出張版~もセットになっていま~す」

貴音「ほぅ、これはまさに、お買い得ですね」

あずさ「うふふっ、そしてなんと、このCDアルバムの販売を記念して…日付、行っても大丈夫ですか?…はい、分かりました。来月5月26日に発売記念の公開録音を行います~」

貴音「まこと、めでたき事ですね」

あずさ「詳しいイベントの詳細は、番組終了後、HPをチェックしてくださ~い、それではCMに入る前に、さっそく聞いていただきます、迷走RADIOラビリンス1stアルバム~月花美人~より、三浦あずさで、『Silent LOVE』です、どうぞ~」

――――――――――

CM

――――――――――

貴音「あずさのソロ曲、皆様どうでしたか?とても良い曲ですね」

あずさ「うふふっ、ありがとう、貴音ちゃん。さて、何時もならここでお悩み相談室なんですけれど…」

貴音「新年度、新たな事を始めるのに相応椎この時に、新コーナーを決めようと言っていましたね」

あずさ「はい。そこで今日は春からの新コーナーを考えたいと思いま~す、まずは、今までに届いている新コーナー案を纏めてみました…えー、私達が皆さんから行って欲しい言葉を募集して喋ってみる『あずたか言葉の魔法堂』、貴音ちゃんが猫に扮して皆さんからのお悩みを解決する『たかにゃんのお悩み相談室』、そして他のラジオのパーソナリティも含めた765プロアイドルのお家にお邪魔して近況報告を行う『突撃!隣のパーソナリティ』です」

貴音「お待ちください!ななぜ私のコーナーになっているのですか?!あれは」

あずさ「はーい、それじゃあ新しく届いているお手紙を紹介しまーす、ラジオネーム2Pカラーさんより、あずささんと貴音さんに、皆さんからのお題に従って料理を作ってもらう『あずたか3分クッキング』、だそうよ」

貴音「しかし、スタジオでは場所も設備も限りがありますね…」

あずさ「うーん、そうねぇ、でも他のラジオではお鍋とかもやっていた気がするの」

貴音「まことですか…?」

あずさ「ええ~、ガスコンロを運び込めば行けるのかしら~」

貴音「らぁめんに致しましょう!」

あずさ「貴音ちゃん?」

貴音「…申し訳ありませんでした、取り乱しました」

あずさ「うふふっ、貴音ちゃんらしいわね。さて、次のアイデアはこちら、タイラント2000さんより、あずささんと貴音さんが、リスナーからのリクエストに答えて歌うと言うのはどうでしょう」

貴音「ほぅ。今までのどれよりも良い案ではありませんか?」

あずさ「そうねぇ、貴音ちゃん、どんな歌が良い?」

貴音「これは皆様からのリクエストで」

あずさ「そうねぇ、私は石川さゆりさんの津軽海峡冬景色とか、天城越えとか、ああ、そうねぇ、都はるみさんの好きになった人とか」

貴音「あずさ」

あずさ「…あ、あらやだ、私ったら、うふふっ、忘れてください」

貴音「あずさの趣味が良く分かりません…さて、そろそろCMですが、続いては、私のソロ曲をご紹介したいと思います「桜散る夜に」です、どうぞ」

――――――――――

CM

――――――――――


あずさ「はい、という訳で貴音ちゃんの曲、いかがでしたか?しっとりとした、私とはまた違って意味で恋の歌でしたね」

貴音「はい…聞いて戴いた方の心にとどく様に、歌わせて頂きました…大変良い仕上がりだと自負しております、期待していてください」

あずさ「うふふっ、そして今流れてるのがEDテーマの「月花美人」です、いかがですか?この番組のイメージにそって、とっても柔らかい、ロマンティックな歌ですね」

貴音「はい。皆様に気に入ってもらえると幸いです」

あずさ「それじゃあ、この曲をバックにお別れですね、来週、どんな新コーナーが始まるのか楽しみです」

貴音「…にゃーん」

あずさ「あらあら、貴音ちゃん、それがお気にいり?」

貴音「ち、違います!」

あずさ「うふふっ、それじゃあ皆さんお楽しみに、三浦あずさとー」

貴音「四条貴音でお送りしました」


「「ばいばーい!!」」


「この番組は、change of The future 水瀬重工業と、新しいけど変わらぬ味、博多壱風堂と、餃子の玉将の提供でお送りしました」


あずさ「それでは、今日はBBSラジオの公式HP、チェックを忘れないでくださいね~」




関連SS次作:真「オールナイト766!!」 春香「よう!やってる?」 雪歩「また来たよ……」