P「無印良品のアレですか?」

小鳥「ええ。思い切って自腹で買ったんですけど、これがもう……」グデー

P「あなた十分ダメじゃないですか。これ以上ダメになりたいんですか」

小鳥「ぐっ……そんなにはっきり言われると……」ダラー

P「顔は困ってても、体が起きないじゃないですか。ちゃんと席についてください」

小鳥「……そんなこと言って、プロデューサーさんも座ってみたいんでしょ?」

P「うっ……」

小鳥「うふふふふ、さぁ、私と一緒にダメになりましょう……」

P「ちょっとだけ、ちょっとだけですよ!」


 【5分後】


P「あーもー仕事とか、どーでもいー」グデー

 prrrrr prrrrr

小鳥「プロデューサーさん、電話来てますよー」ダラー

P「そのうち諦めて切りますってー」ノビノビー

  がちゃっ

伊織「ちょっとアンタたち!? なに昼間っから、ダラダラしてんのよ!?」

P「あー。いおりんだー」ビローン

小鳥「いおりーん」デローン

伊織「いいかげんにしなさいっ!!」

  ドカッ バキッ グエー


 【5分後】


P「マジすんませんっした……」

小鳥「以後このようなことのないように、注意致します……」

伊織「当たり前よ! なにが『人をダメにするソファ』よ!」

P「いや、でも伊織……これさぁ、ほんっとヤバいんだって……」

小鳥「これはもう、悪魔の発明なのよ」

伊織「ないない! こんなものでダメになってるアンタたちはね!
   そもそもが、根っからのダメ人間なのよ! 完全にダメ人間なの!」

小鳥「……悔しい。言い返せない」

P「じゃあ伊織! そこまで言うなら、お前もこのソファに座ってみろよ!」

伊織「ええ良いわよ! こんなもので堕落するほど、私はダメな人間じゃないもの!」


 【5分後】


伊織「…………あー……営業行きたくないわー」グデー

P「……な? 言ったろ、伊織」

伊織「そーねぇ……これは確かに人をダメにするわぁ……」ダラー

小鳥「なんと言うことでしょう……伊織ちゃんの弛緩しきったあの顔……!」

P「完璧にダメソファと一体になって、完全にこれはダメな感じに……!」

伊織「ふぁあああ……眠くなってきちゃった…………」

P「お昼寝入りますかーーーー!?」

小鳥「ついに伊織ちゃんが、すべてを投げ出して、天使の寝顔を私たちにぃ!?」

  がちゃっ

やよい「おっはよーございまーっす!」ガルーン

P「おお、やよい。お疲れ様」

小鳥「おはよう、やよいちゃん」

伊織「むにゃむにゃ……もう食べられないわよ……」

やよい「あれ? 伊織ちゃん、寝てるの?」

伊織「ん……あ、あれ? ああ、やよい。おはよー」トローン

やよい「もー! これから二人で営業行くのに、寝たらダメでしょ! めっ!」

P「おーっとぉ! 年下のやよいに叱られる、年上の伊織と言うレア構図キター!」

小鳥「なにせ伊織ちゃんはもう、あのソファに骨抜き! この状態は修羅場です!」

伊織「んー……やよいもほら、座ってみなさいって……」

やよい「やですー! なんか怖いですー!」

P「まぁまぁ。ほんとに気持ち良いんだよ、このソファ」ニヤリ

小鳥「この体にフィットする感覚、病み付きになるわよぉ」ニッコリ

伊織「ほらぁ……やよいぃ……はやくぅ…………」

やよい「……ちょっとだけ……ちょっとだけですよっ!」


 【15分後】


  がちゃっ

律子「遅くなりましたー! 伊織とやよいは来てますか!?」

P「おー、律子。お帰り」

小鳥「お帰りなさい、律子さん。これから営業でしたっけ?」

律子「そうなんですけど、いくら電話しても伊織が出なくて……」

P「伊織とやよいなら、ほら。そこにいるよ」

やよい「うー…………むにゃむにゃ……おなかいっぱいですぅー……うー」

伊織「ちょっとぉ…………どこさわってんのぉ……むにゃむにゃ」


律子「仕事を前にして、二人共ダメになっているーーーーーーっ!?」ガビーン


P「いやぁ、和むなぁ。ダメになったやよいおり」

小鳥「百年たっても、ダメになっても、やよいおり。良いですねぇ」

律子「……このソファを買って来たのは、誰ですか?」

小鳥「ぴよ」

律子「そうですか。ちょっと屋上で『お・は・な・し』・し・ま・せ・ん・か?」

小鳥「…………ぴよ」


 ――――しかし、この夜。律子もまた、このソファの犠牲者となるのである。


律子「……あ゛ー、もう家に帰るのめんどくさーい…………」ビローン





<fin.>