★シャッフルSS第3弾★





市ヶ谷駅を出て、橋を下った
それから外堀に沿って歩いてる

目的なんかない
向こうの方で水面に浮かぶボートが気持ちよさそうで、ただそれだけ
もちろん、乗るつもりなんてない

外堀の反対側には黄色い電車
空は晴れてる

テクテクテクテク、歩く
ほとんど散っちゃった桜を見ながら、歩く
ヘッドフォンからは、くるりの『東京』
いつか兄貴に借りたCDに入ってた曲
ときどき、ザラザラしたギターと黄色い電車の音が混ざる

 東京の街に 出てきました
 相変わらずワケの 分からないこと言ってます
 恥ずかしいこと 無いように見えますか?
 駅でたまに昔の 君が懐かしくなります

自分はまだ、この曲の歌詞をちゃんと分かるには子供なんだと思う
でも自分は、そのことが分かるくらいには大人な気がする
なんだかよく分からないけど、分かってる感じ

ボート乗り場と、なんとかって名前のオシャレなカフェを通りすぎた
左手には神楽坂
そういえば、なにかのドラマで見たかも、ここの景色

恥ずかしいことは、たぶんある
それも、けっこうたくさん
懐かしくなることもたくさん
別に駅だからとか関係なく、たくさんたくさん

もう一年もたつのに、気がつくと沖縄を探してる
看板とか、通りすぎる人の話し声とか、いろんなものに
だけど結局見つからなくて、泣きそうになる
いまもちょっと泣きそうになってる

だけどそれはきっと『ワケの分からないことこと』じゃないって、思う
『恥ずかしいこと』でもないって、思う

曲はまだ続いてる
頼りなさそうな声が続いてる

 君がいないこと 君と話せないこと
 君がステキだったこと 忘れてしまったこと

…誰のことだろ、自分にとっては
アイツかな?それともアイツかな?
何も考えないで出てこれたわけじゃない
後ろ髪引かれる、って言うのかな、ああいうの
なんか、そんな感じだったな……

曲が途切れて、街の音が大きくなった
歩いてきた道を振り返ると、さっきまでとは違う新しい景色

うん、もう少しだけ歩こう
たぶん、どこかに行き着くさ
たまにはこんなのも悪くないさ

見上げた空には、飛行機雲
たぶんあっちは沖縄の方角
ひょっとしたら違うかもしれない
だけどそう思うのは、きっと……
恥ずかしいことじゃないから

お し ま い