P「日中の暑さもいくぶんか和らぎ、徐々に秋めいてまいりました。こんばんは、実況のPです」

小鳥「解説の音無です」

P「さて音無さん。ついに始まりますねぇ」

小鳥「ええ。765プロ秋場所、と言ったところでしょうか」

P「そうですねぇ。それではここで、本日のルールをご説明いたします」

1.中学生組(伊織、美希、やよい、真美、亜美)に保健体育の授業を受けさせる(講師役は雪歩)

2.別室からその様子を観て楽しむ

P「音無さん?」

小鳥「何でしょう?」

P「観て楽しむだけなんですね?」

小鳥「その通りです」

P「あとですね、講師役が萩原雪歩の理由は?」

小鳥「なんか面白そうだからです」

P「そんなので良いんですか!!!」

小鳥「良いんです!!!!!」

P「お、画面が切り替わるようですね」

小鳥「ちゃんと教室のセットを用意しました。5人にはもちろんセーラー服を着てもらってます」

P「ふむ…私はブレザーの方が好きなんですがねぇ」

小鳥「それは今度私が個人的に」

P「さぁ、講師役の雪歩が教室へと入って参りました!」

小鳥「授業開始ですね!」

伊織『きりーつ』

P「今回は音声も繋がっているんですね?」

小鳥「ええ。そうしないと面白くないですから」

伊織『気をつけー』

P「相変わらずダメな大人ですねぇ」

小鳥「ふふ…照れるからあまり誉めないで下さい」

伊織『礼』

5人『よろしくお願いしまーす(なの)』

雪歩『よ、よろしくお願いしますぅ……』

P「雪歩はすでに震えていますねぇ」

小鳥「予定通り、と言うべきですね」

雪歩『そ、それでは…えっと…保健体育の授業を……』

亜美『ねぇねぇ、ゆきぴょんゆきぴょん!』

雪歩『な、何かな亜美ちゃん?』

亜美『保健体育って、具体的にはどんなことやんのー?』

真美『ねぇねぇどんなことー?』

P「さっそく洗礼を受けていますねぇ」

小鳥「これも予定通りですね」

雪歩『そ、それは…その……せ……』

美希『せ?』

雪歩『せ、性教育…とか』

P「おおっとぉ!開始早々、雪歩の口から『性教育』が飛び出したぁ!」

小鳥「いきなりのご褒美ですね!」

やよい『性教育って、赤ちゃんが生まれる方法とかですよね?』

雪歩『えっ!?そ、それは……』

P「なんと!やよいからの追い討ちであります!」

小鳥「これは想定外ですね!」

やよい『私、ちゃんと知ってるんですよぉ!』

伊織『ちょ、ちょっとやよい!?』

P「おおっとぉ!!!何を言い出すつもりだ高槻やよい!!!」

小鳥「早くもクライマックスですか!!!」

雪歩『な、何を知ってるのかな、やよいちゃん?』

やよい『はい!まずは、男の人と一緒にお布団中に入るんですぅ!』

雪歩「そ、それから?」

やよい『そのあと仰向けになって天井のシミを数えてたら、赤ちゃんが出来るんですぅ!』

P「えっ!?」

小鳥「えっ!?」

やよい『うっうー!』ドドーン!

P「なんですがあのドヤ顔は……」

小鳥「まぁ…やよいちゃんですから……」

伊織『や、やよいは物知りね!』

美希『むー。でこちゃんってば、相変わらずやよいには甘いの』

伊織『うっさいわねぇ!あと、でこちゃんゆーな!』

雪歩『えっと…台本通りに進行しても…いいかな?』

P「おっと!予想外のやよいのパンチに、雪歩が早くもフラついております!」

小鳥「足にきてますね!ダメージ残りますよこれ!」

雪歩『えっと、まずは……せ、せ…きの部位の名称……』

亜美『せんせー、聞こえません!』

真美『おっきな声でお願いしまーす!』

P「我々の手元にも台本があるんですが……」

小鳥「ええ。これを読み上げるのは、アイドルとしても女の子としても厳しいですね」

P「特に雪歩はそちらの方面が苦手な、いわゆる清純派ですからね」

小鳥「ホントに似てるなぁ……」

P「どうしました、遠い眼をして?何が似ているんです?」

小鳥「雪歩ちゃんと、18歳の頃のわた」

P「さぁ、この難関を雪歩はどうやって乗り越えるのか!」

小鳥「最初の見どころですね!」

美希『せんせー、早くしないとミキ寝ちゃうよ?』

雪歩『えっと…じゃあ……美希ちゃんが読んで下さいぃ!』

美希『えっ!?』

P「おおっとぉ!ここで美希へのキラーパスを通してきたぁ!」

小鳥「狭いとこ通してきましたね!」

美希『な、何を読めばいいの?』

P「アイドルたちには台本は渡されていませんからねぇ」

小鳥「ええ。美希ちゃんならやってくれると信じましょう」

雪歩『この部分を……』

美希『……は、恥ずかしいから、や!』

雪歩『は、早くしないと時間無くなっちゃうよ?』

P「雪歩の逆襲が始まりましたねぇ」

小鳥「なかなか見ることができない場面ですねぇ。要録画です」

美希『え、えっと……』

亜美『ミキミキがんばー』

真美『できるできるー』

P「亜美と真美からはまったくやる気の無い声援が飛んでおります!」

美希『せ…せい……』

小鳥「言うのよ美希ちゃん!言いなさい!」

美希『性器の部位の名称、なの!』

小鳥「ナイスファイトよ美希ちゃん!」

美希『ば、ばかぁ!』

P「真っ赤です!顔を真っ赤にした星井美希!可愛い!」

小鳥「あっ!机に突っ伏しちゃいましたよ!」


雪歩『はい。ありがとう美希ちゃん』

P「そして何事もなかったかのように進行する雪歩!」

小鳥「なかなかの悪女ですね!将来有望です!」

雪歩『それでは…えっと…ま、まずは…だ、男性器から……』

亜美『なんで男の人の方からなのー?』

真美『んっふっふ~。ひょっとしてゆきぴょんの趣味ですかな?』

雪歩『ち、違うよぅ!台本に書いてあるんだもん!』

P「憎たらしいですねぇ、あの2人」

小鳥「ホントですねぇ」

雪歩『じゃ、じゃあ亜美ちゃん!』

亜美『な、なにさ?』

雪歩『男性器を表す言葉を、3つ言ってみて下さい!』

亜美『えっ!?』

P「また雪歩のキラーパスだぁ!!!」

小鳥「精度高いですね!!!」

亜美『み、3つ…えっと…ま、真美ぃ!』

真美『ま、真美子供だから分かんないよ!』

亜美『同い年じゃんかぁ!』

真美『し、知らないもん!』

P「いやはや…先ほどまでの連携が嘘のようにバタバタし始めましたねぇ」

小鳥「2人とも若いですからねぇ。勢いに乗っているときは自然に連携できるんですが……」

雪歩『ほ、ほらほら亜美ちゃん!時間が勿体ないよぅ!』

亜美『3つ…えっと…ペ……』

P「……捕まったりしませんよね、俺たち?」

小鳥「大丈夫です。失う物はありませんから」

伊織『ぶ、無難なところから始めたわね』

雪歩『ペ?そのあとは?』

P「意外に攻めますねぇ、雪歩は」

小鳥「ああ見えて、オフェンスに悦び見いだすタイプなんでしょうね」

亜美『ペ…ペニス……』

やよい『聞いたことありますぅ!』

伊織『やよいは物知りねぇ』

P「13歳のアイドルの口から『ペニス』!なんという罪悪感でありましょう!!!」

小鳥「たまりませんね!!!」

亜美『はぁ…はぁ……』

真美『あ、亜美ぃ……』

P「肩で息をしております双海亜美!しかしまだ前半戦を終えたばかり!」

雪歩『ふふ…よく言えました。じゃあ2つ目を言ってみよっか?』

P「どうした雪歩!?」

小鳥「まさか…覚醒!?」

亜美『えっと…お……おち……』

P「おち!どうやら亜美が2つ目に選択したのは『おち』で始まるワードのようであります!」

小鳥「ある意味無難なところを持ってきましたね!」

雪歩『ほらほら早くぅ』

P「だから、どうした雪歩!?」

小鳥「もはや『雪歩様』とお呼び奉るべきでしょう」


亜美『おち…おち…ん……』グスッ

真美『亜美…亜美ぃ……』グスッ

P「泣いております!美しき姉妹愛であります!!!」

小鳥「いいのよ2人とも…いまのうちに好きなだけ泣いておきなさい。大人になったら、笑うしかなくなるから」

P「過去に何かあったんですか?」

小鳥「むしろ、過去に何も無かったんです」

亜美『おちん…ちん……』

真美『あ、亜美ぃ!!!』

P「あぁっとぉ!ついに言ってしまったぁ!」

小鳥「歴史的瞬間ですね!」

やよい「お、女の子がそんなこと言っちゃいけないんだよぉ!」

P「ペニスは良いのでしょうか?」

小鳥「やよいちゃん的にはOKみたいですね」

雪歩『よく出来ました。だけどまだ、終わりじゃないんだよ?悲しいね、亜美ちゃん』

P「……雪歩はどこに向かっているのでしょう?」

小鳥「いい方向に」

雪歩『さぁ、クライマックスだよ亜美ちゃん』

美希『勝手にクライマックス迎えちゃったの』

亜美『あ、あと1つ…えっと……』

真美『もういい…もういいよ亜美ぃ……』グスッ

P「最後の1つには何を持ってきますかねぇ?」

小鳥「うーん…いまの流れだと『ちんちん』でしょうか?」

P「サラッと言わないで下さい……」

小鳥「あらっ!わ、私ったら…はわわ……」

P「もう遅いです」

小鳥「知ってます」

雪歩『ほら亜美ちゃん。もうラクになろう?』

亜美『えっと……最後の1つは……』

真美『……』ドキドキ

伊織『……』ドキドキ

P「なにやら、いまにも真美と伊織の鼓動が聞こえてきそうですねぇ」

小鳥「私の鼓動もダイレクトに聞いていただいても」

P「さぁ、双海亜美の口からどんな言葉が飛び出すのでしょうか!!!」

小鳥「見逃せませんね!!!」

亜美『だ……だん……』

雪歩『だ?』

P「どうやら最初の文字は『だん』のようであります!」

小鳥「うーん…ひょっとして……」

P「どうなさいました?」

小鳥「そのまま『男性器』と言うつもりなのではないでしょうか?」

P「ああ、なるほど…そうきますかねぇ?」
小鳥「ルール上は問題無いと思いますが…面白みはありませんねぇ」

亜美『男根!!!』

P「えっ!?」

小鳥「えっ!?」

雪歩『えっ!?』

やよい『だんこん?大根の仲間かなぁ?』

伊織『そ、そうそう!やよいは物知りねぇ!』

雪歩『え、えっと、亜美ちゃん?』

亜美『ゆ、ゆきぴょんも言ってみなよ!』

雪歩『ふぇっ!?』

亜美『男根って言ってみなよー!!!!!』

美希『ヤケになってるの……』

P「男根とはまた…ワイルドな言い回しですね」

小鳥「でも、チャイルドだろ~?」

P「……そうですね」

小鳥「ね」

雪歩『で、では次に…えっと……』

亜美『男根…男根……』ブツブツ…

P「壊れましたねぇ」

小鳥「傷は深そうですねぇ」

雪歩『男性器のしくみについて説明します!』

P「是非とも雪歩に教えていただきたいですねぇ」

小鳥「そうですねぇ」

雪歩『まずは、この部位。えっと…い、『いんのう』と読みますぅ!』

P「清純派アイドルの口から『陰嚢』ですか。素晴らしい」

小鳥「ふふ。雪歩ちゃんを講師役に抜擢した理由がお分かりいただけましたか?」

P「ええ。やはりあなたは恐ろしい人だ」

小鳥「ふふふ…このあとお食事でも」

P「さぁ、雪歩のゲームメイクに注目であります!!!」

小鳥「盛り上がってきましたね!!!」

雪歩『この中には何が入っているでしょう?はい、伊織ちゃん!』

伊織『えっ!?な、なんで私!?』

雪歩『ここまで出番が少ないからですぅ!』

やよい『良かったね伊織ちゃん!』

伊織『な、何がって言われても…その…睾丸よね?』

雪歩『…普通に言っちゃったら面白くないよね』ボソッ

伊織『そ、そんなこと言われても……』

P「おや?また雪歩様が登場しそうですよ?」

小鳥「楽しみですねぇ」

雪歩『じゃあねぇ…睾丸は何を作ってる部位でしょう』

伊織『それは…精子…だけど』

雪歩『英語で言うと!』

伊織『え?えっと…スペルマだっけ?』

雪歩『ふぇっ!?』

小鳥「ザーメンじゃないの!?」

P「ダメだコイツら…早くなんとかしないと……」

伊織『そ、それは精液のことじゃなかったかしら?』

やよい『ざーめん?お祈り?』

美希『それはアーメンだって思うな、ミキ』

雪歩『は、ハッキリしてもらわなきゃ困るよう!』

伊織『し、知らないわよそんなの!』

小鳥「なるほど…メモメモ……」

P「メモる意図が分かりません……」

雪歩『えっと…睾丸で作られた精液は射精管と尿道を通って……』

P「おやぁ?なにやら普通の保健体育になってきましたねぇ」

小鳥「膠着状態、と言うべきでしょうか」

P「しかしこのあと、大きな山場が待っているんですよねぇ」

小鳥「そうなんですよねぇ。なにしろ『射精』のメカニズムについて講義しているわけですから……」

P「射精する方法、ですね?」

小鳥「ええ。雪歩ちゃんのお手並み拝見と参りましょう」

雪歩『で、では、美希ちゃん!』

美希『な、なに?』

雪歩『男の人はどんなときに射精しますか?』

P「ダイレクトにいったぁ!!!」

小鳥「躊躇なしですね!!!爽快です!!!」

美希『そ、それは…気持ちよくなったら……』

雪歩『どうすれば気持ちよくなると思いますか?』

P「雪歩の波状攻撃だぁ!!!」

小鳥「一気に決めるつもりですよ!!!」

美希『どうすればって…エッチなことすれば……』

雪歩『例えばどんな?』

亜美『なんか…ゆきぴょん怖い……』ボソッ

真美『最近、ミキミキとまこちんが超仲良いから……』ボソッ

伊織『思いっきり私情じゃないのよ……』ボソッ

雪歩『何か言った?』

亜美『な、なんにも!』

P「いいですねぇ雪歩様。罵られたいですねぇ」

小鳥「ニューヒロインの誕生ですね」

雪歩『具体的に答えて下さい』

美希『えっと…手を使ったり…お口を使ったり……』

P「本当に具体的だぁ!!!」

小鳥「しかも前戯の段階の話ですよ!!!」

雪歩『お口を使うことを何と言いますか?』

美希『そ、そんなの言えないの!』

雪歩『じゃあ代わりに亜美ちゃん!』

亜美『えっ!しゃ、尺八!』

P「えっ!?」

小鳥「えっ!?」

雪歩「えっ!?」

伊織『なんで古臭い言い方なのよ……』

雪歩『え、えっと……』

P「困ってますねぇ」

小鳥「当然ですねぇ。まさか尺八が出てくるとは夢にも思わないでしょうから」

美希『しゃ、尺八って言うの?』

亜美『う、うん。ピヨちゃんに借りた本に書いてあった』

P「元凶はここか……」

小鳥「た、タメになる本なんですよ!」

雪歩『じゃあ…えっと…真美ちゃん!』

真美『な、なに?』

雪歩『ひ、1人で気持ちよくなることを何と言いますか?』

P「ついに真美にも飛び火したぁ!!!」

小鳥「大惨事ですね!!!」

真美『ひ、1人で…それは…えっと……』

P「様々な呼び方があると思いますが…真美はどれを選択するでしょう?」

小鳥「うーん…無難に自慰ではないでしょうか?」

真美『セ、セルフフェラ!』

P「えっ!?」

小鳥「えっ!?」

伊織『もう嫌この双子……』

小鳥「……プロデューサーさんはできますか?」

P「できるわけないでしょ……」

やよい『せるふふぇら?ねぇねぇ伊織ちゃん』

伊織『あんたにはまだ早いの!』

やよい『う?』

雪歩『な、何段階かすっ飛ばしちゃったみたいだね』

真美『お、男の人はみんなするんでしょ?』

P「できないから……どこで仕入れた知識だよ……」

真美『ピヨちゃんから借りた』

P「もう勘弁して下さい……」

小鳥「ごめんなさい……」

雪歩『えっと…話を戻すね?』

P「頑張れ雪歩……」

小鳥「ちゃ、ちゃんと実況して下さいよ!」

雪歩『だ、男性器に持続的に刺激を与えると性的興奮が高まり、やがて絶頂に達した際に射精しますぅ』

P「冷静に考えたらすごい絵ですよね……」

小鳥「射精のメカニズムについて語るアイドル…美しいじゃありませんか」

P「もう何も信じられない……」

雪歩『この一連の流れは見方を変えれば睾丸から精液を抜いているとも言えるのね?。だから『抜く』って言うんですぅ!』

やよい『うっうー!勉強になりますぅ!』

キーンコーンカーンコーン

雪歩『はわっ!授業の時間が終わっちゃいましたぁ!』

小鳥「残念!このあと女性器→性交の流れだったのに!!!」

P「それは俺のいないところでやって下さい……」

小鳥「では実況に律子さんを迎えて」

P「5時間くらい説教されて下さい……」

やよい『うっうー!いっぱい勉強になりましたぁ!』

伊織『うんうん。やよいは偉いわねぇ』

小鳥「では、このあと実践編ですね?もちろん私とプロデュー」

律子「説教されたいですか?それとも仕事しますか?」

小鳥「喜んで仕事させていただきます……」

お し ま い