この後は、天海春香のSweet Chiffon Cake♪をお届け致します。
CHIYODA FMが午前11時をお知らせ致します。

CHIYODA FM♪CHIYODA FM♪11時です♪


春香「雨が続いてちょっと寒いですが、皆さん風邪を引かないでくださいね。ゴールデンウィークを風邪で寝込んだ、なんて事にならないように!」

春香「天海春香の!Sweet Chiffon Cake♪」


-OP曲・ストレートラブ!―


春香「CHIYODA FMをキー局に全国38局ネットでお送り致しますGAO Presents、天海春香のSweet Chiffon Cake。」

春香「本日もCHIYODA FMのアーススタジオからお送りしています。」

春香「パーソナリティは私、天海春香です!今週もよろしくお願いします!」

春香「今回はなんと、サプライズゲストがいらっしゃってます!」

春香「同じ765プロの仲間が来てくれました♪我那覇響さんと、双海真美さんです!」


響「いや~~~アイドルしてんな~春香wwww」

真美「我々のラジオに出てるときとは大違いだね!ww」

春香「え、いや、あの、これFMだから、そのノリ要らないから。」

響「自分らをゲストに呼んでるって事はそう言う事なんだろ?」

真美「普段あっちで好き勝手やられてる分我々も熨斗付けて返さないとねwwww」

春香「いやだからー!こっちFMのアイドルラジオなんだよ!?あっちのラジオのノリはほんと要らないからね!!」

春香「…こほん、えー、ゲストのお二人、自己紹介をお願いします♪」

響「顔が引きつってるwwwwwwはいさい!我那覇響だぞ!」

真美「双海真美だよー!」

響「今日は我々二人がゲストという事でね、真っ昼間から――」

春香「さて!まずはお便りのコーナーからいきましょう!」

真美「流しやがったwwww」

響「都合の悪い事は喋らせないwwwwwこれがFMで番組持ってる奴の本気かwwwwwww」


春香「ラジオネーム『ホッペイロ』さんから頂いたお便りです!ありがとうございます♪」

響「やべぇ、ラジオネームがハイカラすぎんぞw」

春香「『春香ちゃん、こんにちは!』こんにちは♪『先日海外サッカーで大きな大会の準決勝があり、ついつい夜更かししてしまいました。』」

春香「『結果は応援しているチームの勝ちで夜更かししたかいがあったなーと思いました。』勝ったんですね、おめでとうございます♪」

春香「『とても興奮してその日は全く寝付けないまま仕事に向かいましたが、さて、春香ちゃんはサッカー、好きですか?』」

春香「と、言うお便りでしたが、えーっと、サッカー、サッカーかあ…。響ちゃんはどう?」

響「自分はやっぱ卓球派だからなー、ああ、だけどこの前日本代表とニュージーランドだっけ?アレはちょろっと事務所のテレビで観たよ。」

春香「…あ、あー!そう言えばやってたね!プロデューサーさん達が事務作業無音だと寂しいから、ってテレビ付けてさ。」

真美「そんな事あったんだw」

春香「あったんですよー、でも私、そんなにスポーツ番組を観ていないので、好きかどうかはちょっと難しいですね。」

響「え、じゃあ普段何見てるんだ?w」

春香「そりゃ勿論、765プロのみんなが出てる番組を観てますよ?」

真美「めっちゃアイドルっぽい回答しよったwwwwww」

春香「いや、私たちアイドルだからね!?…ラジオネーム『ホッペイロ』さん、ありがとうございました♪」


春香「続いてのお便りは――」

響「春香ー、ブースの隅っこに置いてある紙の束はなんだ?」

春香「あ、ちょっとそれはダメ!!」

真美「ダメと言われると見たくなるのが人情って奴でなぁwww」

春香「ちょっとお!」

響「あれ、こっちもお便りだな?………なんでこれ律儀に一箇所にまとめてるんだよwwwwwww」

真美「うわ、このお便りはウチのリスナーだなwwwwwww」

春香「ちょ、ほんとやめてよぉ!!」

響「やっぱ聞いてるんだな、春香のラジオw」

真美「そりゃーそうですよ我那覇さぁん、ずっとうんこちんこ言ってる番組聞いてる訳にもいかんでしょwww」

春香「これ生放送なんだからそんな汚い単語言わないでよぉぉぉおおお!!…ひぐっ、ううううっ」

響「…あ、やべ、春香泣き始めたwwww」

真美「一旦CMです!w」


―――――


春香『天海春香の!Sweet Chiffon Cake♪』

春香『毎週土曜日、午前11時から生放送!お昼前のもう一がんばり、あま~いケーキと一緒にいかが?』


―CM明けジングル―


響「…えー、リスナーの皆さん、ほんと、すいませんでした!」

真美「まさかはるるんが泣きながらマジギレするとは思わなかったんだ…。」

春香「ほんと、勘弁してよ………じゃ、気を取り直してお便りを読みますね!」

春香「ラジオネーム『トンビに食べられた油揚げ』さん!」

響「悲しいなwwwwww」

真美「海辺で飯食うと襲われるんだよねwwwww」

春香「あの、読んでいい?」

ひびまみ「「はい。」」

春香「『春香さん、こんにちは。』はーい、こんにちは♪『先週の一面のタンポポ、凄く癒されました。』」

春香「先週のコーナーのですね!私、携帯の待ち受けにしちゃいましたよ♪」

響「どんなの?」

春香「これこれ、綺麗だよね~♪」

真美「うわ!これすっごいね!…これとはるるんの笑顔を見てると、如何にさっきまでの我々が非常にドイヒーだったかが分かるねw」

響「確かになwww」

春香「続けますね。『そこで自分も真似をしたいと通勤路をくまなく探していた所、なんと先日無くした筈の財布が草の陰に隠れているではありませんか!』」

春香「『しかもその隠れていた場所が色とりどりの花が咲いている場所、と言う素晴らしいスポット!皆さんも是非真似をしてみましょう!』」

春香「財布が見つかって、しかもそこに色とりどりの花!いいスポットを見つけられたんですね、『トンビに食べられた油揚げ』さんは♪」

響「顔色一つ変えずにそのラジオネームを読める春香が凄いよwww」

真美「確かにねwwwしかし、良く財布そのままで見つかったねえ。」

響「都会は普通に拾われてそのまま猫ばばされるもんな。その点地元は良かったぞ、見つけたら真っ先にウチに届くw」

真美「交番じゃないの?wwww」

響「ほら、実家が民宿だから、みんな来るんだよなw」

春香「へぇ、そうなんだぁ。えっと、『トンビに食べられた油揚げ』さん、お便りありがとうございます♪」

真美「あ、話ぶった切ったw」

春香「では、ここでリクエストの一曲。今日はラジオネーム『ホッペイロ』さんからのリクエストです。Nickelbackで、『Someday』。」

響「またハイカラなのリクエストしてんな~~~wwww」


―BGM―


『今日はお洗濯日和♪』

『でも外干しは花粉とか着いちゃって大変……。』

『そんな時は!GAOのスパイク!これで洗えば花粉や埃の付着を防げます!」

『すすぎ一回でオッケー、経済的な優しさ!』

『GAOの液体洗剤スパイク、好評販売中!』

『Good morning & Good night, GAO』


―CM明けジングル―


春香『天海春香の!Sweet Chiffon Cake♪』


春香「『ホッペイロ』さんリクエストの…Nickelbackさんで『Someday』でした!」

真美「すげぇ、英語の曲で何言ってるのかわかんないw」

春香「カナダのロックバンド、みたいですよ、Nickelback。和訳を見ながら聴いていたんですけども、別れそうなカップルがやり直しを決意している、みたいな歌、なんですかね。」

響「カップルじゃないけど、ウチの家族みたいだな。」

真美「拳握らないだろwwwwwww」


春香「では、続いてのコーナーです。『声高に主張したい事』!」

響「おー、まさに我々向けだなw」

春香「お便り貰ってるからね!?…ラジオネーム『保険金ザラキ』さん。」

真美「ザラキwwwwwwwwザキはないのwwwwww」

春香「先週はザキだったよ?」

真美「wwwwwwwwwwwww」

春香「『声高に主張したい事!メンズデーはないんですか!!』」

響「あー、レディースデーばっかり言われてるからかw」

春香「確かに、男の人だと安くなる日があっても良いと思うんですけどね~。」

真美「クラスの男子も言ってたよ、映画にメンズデーが欲しいって。」

春香「世の中の男性共通のお悩みなんですかね、では続いてのお便り。ラジオネーム『フルグラ王子』さん。」

春香「『何故みんなフルグラを食べない!?』」

響「しらねえよwwww勝手に食ってろwwww」

真美「え、フルグラおいしくない?w」

響「何、真美、お前、王子の手先なのかwwwww」

真美「いやwwご飯食べる時間があんまないときに牛乳さっとかけて食べるんだよw」

春香「あー、やるやる!私もそれでたまに食べたりしますね。フルグラ王子さんはどうやら常備しているみたいですよ。」

響「すげえwwwwwそこまでやるんだwwwww」

春香「続いてのお便りは、ラジオネーム『お金・欲しいもーん』さん。『声高に主張したい事は、なんで寝てる間にお金が振ってこないんですかね?ということです!』」

響「働けwwwwww…と言いたいんだけど、自分達はよく考えたら寝ててもお金振ってくるよな、ある意味w」

真美「印税って奴ですなw」

春香「露骨すぎるよぉ!…流石にお金が振ってくるのは難しいと思いますけど、努力すればきっと出来ます!」

響「曖昧だなあw」


―ED曲・世界でいちばん頑張ってる君に―


春香「さて、そろそろお別れの時間がやってきました、今週もパーソナリティ天海春香と、ゲスト二名でお届けしました、『天海春香のSweet Chiffon Cake♪』」

響「あ、もう終わりなんだなー。」

春香「ゲストが居るとトークで結構時間取っちゃうからね~。えー、次回のお題は『あったらいいな!こんな物』です!」

春香「このお題では、日常生活であったら便利だろうなーっていうアイデアを募集しています!もしかしたら実際にある物かもしれません?」

春香「勿論、普通のお便りも募集していますのでどんどんお便りくださいね!」

春香「採用された方には番組特製マグネットをプレゼントしちゃいます!」

春香「お便りに住所、氏名、電話番号をお書き添えの上、番組宛にお手紙を送るか、番組HPからメールで送ってくださいね!」

響「カンペも無しによく読めるな~w」

春香「そりゃもう、慣れてますから!」


春香「この後は『ミディヌーヴェル』、お昼のニュースをお伝えします!CHIYODA FMのアーススタジオからお届けしました『天海春香のSweet Chiffon Cake♪』」

春香「本日はゲストに我那覇響さん、双海真美さんをお迎えしてお送りしました!」

響「いや~久々にアイドルって感じがしたよww」

真美「ホントにねwwww」

春香「次回は同じく765プロのアイドル、竜宮小町のメンバー、そして本日のゲストの双海真美さんの双子の妹、双海亜美さんをゲストにお迎えしてお送りします!」

真美「え、亜美くんの?ww」

春香「うん、来てくれるんだよ。」

真美「乱入してえwwww」

春香「乱入はしないでよ!!……来週もまた聞いてくださいねっ♪それでは、See you next week!」

響「またなー!」


この番組は、株式会社GAOの提供でお送り致しました。
この後は、ミディヌーヴェルをお届け致します。