765アイドル出演ラジオ番組表:SS一覧



 ……このあとは「我那覇響と双海真美のTOKYO MIDNIGHT」でお楽しみください。
 ブーブーエスラジオが、22時をお知らせ致します。

 ぺっぽっ ぺっぽっ ぺっぽっ ぺーーーん♪





響「……はい、ラジオネーム【電気仕掛けのマッサージ器】」

真美「だいたいそうだろw」

響「ひびきん、まみまみ、はいさいだよー!」

真美「はいさいだよー」

響「先日の『天海春香のSweet Chiffon Cake』聴きました!」

真美「あー………www」

響「お二人がゲスト出演されると言うので、土曜の午後の昼下がりにどんなぶっちゃけ
  トークをするのか、それとも全国FMと言う無形のプレッシャーに負けておとなしく
  なっているのか、どちらにしても大変楽しみでした!」

真美「プレッシャーなんかねぇよ別にw」

響「そうしたらいきなり開幕早々『うんこちんこ』の大洗礼。あの春香さんがガチ泣き
  するほどの激怒っぷりは、TMNではお目にかかれない光景ですごく面白かったです。
  もう一度聴きたいですが、お二人はもうCHIYODA FMは出禁なのでしょうね。
  ……だってよ」

真美「まぁね、今回のアレについてはだよ、一方的に我々が悪いんだw」

響「もう本番前ぴりっぴりしてたからな、春香w」

真美「おとなしくしろ、おかしなこと言うな、ウェーイ感出すなと、口酸っぱく何度も
   言われてだw お前は普段この番組で、何を発言してきたのかとwww」

響「まぁ、でもオンエア始まったら、カフが上がったらこっちのもんだからw」

真美「だいたいさぁ、あそこの製作スタッフだって知ってるわけだよ。天海春香と言う
   女がだ、他番組で何をしてきたのかなんてこたぁだよ?w」

響「自分の看板だけは汚されたくないと言う思いは、そりゃあ人一倍だろうさ」

真美「知ったことかぁ! とねwww」

響「やらかしましたねぇ、我々www」

真美「でもまぁ、今回のアレは一応製作スタッフ公認だからね」

響「春香のいないところで打ち合わせしたもんな。TMNのノリでやってくれとw」

真美「にもかかわらずですよ。にもかかわらず、我々はCHIYODA FM出禁ですよwww」

響「スタッフは始末書で、我々は出禁だぞ?w おかしくねぇこの処分の差!?w」

真美「だから言ったろぉ、二人まとめてゲストに呼んだらそうなるんだってw」

響「いやぁ、すごかったらしいぞ」

真美「なにが」

響「クレームの数w 前代未聞だってwww」

真美「wwwww だろーな、真っ昼間からちんことか言われりゃなw」

響「局に届いたクレームの電話が300本、うちの事務所へのクレーム2,500本www」

真美「ぴよちゃん、ごめーんね♪wwwww」

響「あと『我那覇と双海姉は必ず殺す』と書いた脅迫状とかな」

真美「マジかwwwww 『我那覇と双海姉』って表現にマジ具合を感じるけどw」

響「丁重に警察のほうに回しておいたから、覚悟しとけよwww」

真美「他にもなぁ、ふざけんなとかクビにしろとか書いて送ってきたヤツなぁ」

響「まぁ、そのくらいのレターは我々しょっちゅうだけどもw」

真美「覚えとけよぉ、全員の住所調べて玄関先に毎朝うんこしてやっからなぁ」

響「そんなに出ねぇよwwwww」

真美「うんこの量の問題が解決されたら、お前はすんのかwww」

響「www ああ、もうちょっとこの話したいんだけどなw」

真美「先にタイトルコールをしろ、とw はいはい、んじゃ行くよー」

響「我那覇響と!」

真美「双海真美の!」

ひびまみ「「TOKYO MIDNIGHTぉ!!」」


 (OP曲)


響「改めまして、はいさい! 我那覇響だぞ!」

真美「双海真美だよー!」

響「そういうわけで、我々もかつてないほどのクレーム量に笑いが止まらないがw」

真美「こんなメールが来ている。ラジオネーム【一番搾り乳汁】」

響「濃ゆそうだなw」

真美「ひびきん、まみまみ、はいさいだよー!」

響「はいさいだよー!」

真美「北千住イベントからそろそろ1ヶ月経ちますが、未だに放送される雰囲気にない
   ステキ番組『TOKYO MIDNIGHT!』の、全国FM上陸即叩き出されをお祝いします」

響「即叩き出されwww 間違ってねぇけどw」

真美「と言うわけで、北千住現地に行けなかったリスナーのためにも、いち早く放送を
   お願いしたいと思っています。きっと編集は大変なのだろうと思いますが、何卒
   番組制作スタッフの皆様、よろしくお願いいたします。
   ……だって」

響「うん、我々は一つも大変ではないと言うことは、バレているわけだなw」

真美「ねぇ、北千住イベント。まぁいろいろとね、いままでになかった試みなんかも、
   やってみたりしてはいるんだけども、権利問題でちょっとまだゴタっててねw」

響「再来週くらいには、部分的に先行公開できるはず、とディレクターが申してたので
  カリ首を長ぁくして待っていてくれれば良いと思うぞ!」

真美「伸びねぇよそこの首はよw まぁね、今日は初手からはるるんネタで盛り上がる
   我々だったりするわけだが、今日はゲストも居ないので、たっぷりと!」

響「件の顛末を釈明する放送、と言うことになるわけだなw」

真美「言い訳をすればするほど我々が不利になるのは、明確なんだけどねw」

響「まぁでも、もしかしたら! もしかしたら、新橋みたいにCDオンリーかも知れない
  と言うことだけは、みんなも覚悟しておけよw」

真美「だってねぇ、TMNリスナーはそのへん慣れてるものw 『なんだよ、まーたCDだけ
   かよクソが!』とか言いながら、予約しに行くものwww」

響「返す返すもひどい番組だなホントにな!w」

真美「なんかでもねぇ、世間的に言われるほどひどい番組ではないんじゃないかと、
   最近真美は思い始めてるよ。これはなんだろうね、慣れ? 麻痺?w」

響「完全に麻痺だろw」

真美「はい、そういうわけで。7/14にCD発売が決定したよーん!」

響「『TOKYO MIDNIGHT!』新OPテーマ、我那覇響と双海真美で『I'm your sunshine』」

真美「どうぞーん♪」


…… ※ ……


(CM明けジングル)

真美「はい、と言うわけで『SCCうんこちんこ事件』を引き起こしてきました我々w」

響「事務所にも局にもクレームが殺到したと言う、あの椿事をですね。今日は我々も、
  改めてね。振り返って行こうじゃないかと。反省をしようじゃないかとw」

真美「まぁ、反省なんてしないんだけどね。いつも通り」

響「だがな。我々は言いたい。これだけは、はっきり言いたいことが有る!」

真美「なんだよw」

響「スタッフが『やめろ』と言ったら、我々は素直に応じたんだ!」

真美「wwwwwww」

響「それをだよ、スタッフはむしろやったれやったれの態度でだね、春香だけ一人だけ
  お願いだからやめてくれ、いつものTMNのノリは出すなと言ってたよな?」

真美「まぁそうだったけどさw いや確かにスタッフは乗り気だった。はるるんだけが
   そうはさせまいと息巻いてたから、これはぶっ飛ばして良いんだよなとねw」

響「完璧にフラグだろ、フリだろあいつの言動は」

真美「まぁ、したらね。あの女、いきなり泣き出しやがってさwww」

響「冷静に考えたらだ。春香なんて、3秒有れば泣けるんだぞ!!」

真美「wwwww ね、まぁはるるんは、ドラマとかお芝居のお仕事も多いですしw」

響「な、そうだろ!? それは我々も気付いてるんだ! でもな、あの空気の中でな!
 『おい春香、何そんな小芝居打ってんだよw ふざけんなよwww』とか言えるな!
  そういう空気、分子1つも存在しなかったからな!?www」

真美「いやぁ、すごかったね。はるるんある意味、体張って止めたんだもんw」

響「あれがトップアイドルの貫禄だよ、自分はそう思ったねw」

真美「じゃあさ。我々なんなんだ?w」

響「ウチはほら、なんだろう、まったく制約がないと言うよりは、この番組の雰囲気が
  持つ独特のモノ自体が、ゲストに対するプレッシャーだからw」

真美「我々はラクだけどねw」

響「そう言った意味でもだ、我々と真っ向対極に有ったよ、SCCはw」

真美「ね。ちょっと我々浄化された気がしたもんw ムカつくぐらい」

響「そこでだ。SCCの春香こそが本当の春香だと、信じて疑わない諸君も多かろうと」

真美「待って待ってw むしろSCCのはるるんは、本物のはるるんだからね?w」

響「じゃあウチに来たときの春香はなんなんだよ!w」

真美「ウチ用のはるるんだからw それこそ3秒有れば降りてくるからwww」

響「TMN用の天海春香と言う別人格がかw」

真美「そういう事だよ、どっちが本物と言うことはないけれど、どちらかと言うならば
   むしろSCCのはるるんこそが本物で、TMNのはるるんはブースト掛かってるw」

響「じゃあその『本物の』天海春香が、オンエア終了後にブーストが掛かる瞬間をw」

真美「CHIYODA FMアーススタジオで録音した、天海春香の生の声をw」

ひびまみ「「お聴きくださいwww」」


--------

春香「……乱入はしないでよ!! ……来週もまた聞いてくださいねっ♪
   それでは、See you next week!」

響「またなー!」



AD「……はい、終了でーす! お疲れ様でしたー!」

ひびまみ「「お疲れ様でしたー!!」」

春香「お疲れ様でしたじゃねぇよ!!」

響「wwwww」

真美「ちょwww なに急にwww どったのはるるんwwwww」

春香「どったのじゃねぇ! やめろっつったろ! うんこちんこ言うなっつったろ!?
   お前らの番組のノリ持ち込むのやめろって、アレほど言ったよなあ私なぁ!?」

響「そりゃイヤになるほど聴いたがなw」

真美「だってフリだべ?w TMNでアレだけ暴れるはるるんが言うなら、フリだべ?w」

春香「フリでもフラグでもなんでもねぇよ!!w」

響「だって、スタッフがいつものノリでお願いしますって言うんだもんw」

春香「この番組は私よりスタッフが偉いとでも思ってんのか! お前の脳味噌ゴーヤの
   ワタでもかっ詰まってんのかってんだよ!!」

真美「普通スタッフのほうが偉いべよ……ウチだってDのほうが偉いしw」

春香「ったくもおおおおお!! あのなぁ! この番組は、私が長年掛けて作り上げて
   きた城なんだよ! 私の! 絶対領域なんだよ!! お前らにわかるか!?
   その絶対領域にいきなり野糞されたような、この気持ちがさぁ!!www」

響「お前だってウチの番組でクソも小便もするじゃねぇかよwww」

真美「むしろゲロまで吐いて行くだろうがよ!w 普段のお返しだ馬鹿野郎www」

春香「そりゃお前らの番組が、そもそも便所みたいな番組だからだよ!w」

響「だいたいなんなんだよ、いきなりガチ泣きするとかさぁ!w 泣かれたらこっちも
  なんにもできなくなんだろーがぁ!w 商売上がったりなんだよこっちゃあ!w」

春香「あのままお前らに、全部のペース握らせるわけにはいかないんだよ!w」

真美「いやー、この音声聴かせてあげたいよね、SCCリスナーにさw」

響「髪を振り乱し、口角泡を飛ばして我々を罵倒する天海春香をなwww」

春香「SCCリスナーは善良なんだよ! 心豊かなんだよ! 便所でタバコ吸ってるような
   連中と同じ扱い方しないでホントに! 別世界の住人なんだから彼らは!」

真美「TMNリスナーだって、そんなへたれヤンキーばっかじゃねぇよwww」

響「覚えてろよ、お前のスケジュール6月から、毎週TMN入れてやるからなw」

春香「上等だよ、やれるもんならやってみろってんだぁ!w」

真美「あとさぁ。いまのこのやりとり、別に録ってるからね?」

春香「……なに?www」

真美「ねぇ、はるるん…………これをなんと言う!?」

春香「ボイスwwwww レコーダーwwwwwwwww」

響「お前がオンエア終わってブチ切れ出したの、全部録ってるからw」

春香「ADぃ!! 真美の持ってるレコーダー没収して! はやくっ!!www」

--------


真美「……なーんつうことが有ってですねw」

響「まぁ、実は真美の持ってたボイスレコーダーはダミーでなw ホントはスタジオの
  机の裏に隠しマイクが仕込んで有って、全部サブで録ってたんだけども」

真美「まぁ、しかし。我々の罵倒合戦はひどいね、聞くに堪えないねw」

響「ホントだなw もう顔の表情完全に変わってたもんな、春香に至ってはw」

真美「あのお寺の入り口にさ、阿吽の像ってあんじゃん。アレの『阿』のほうの顔w」

響「公録イベントのとき、あんな顔しないもんなw」

真美「まだほら、お客さんいるところだとね。あの人もうそりゃあキャラ作るからw」

響「もうね、自由自在だからw 天海春香さんはwww」


春香「作ってねえよ!!!!」バターン


響「wwwwwww」

真美「なにwwwww なんでwwwww」

春香「このパターン、この間もやらされた気がするんだけど、私の気のせい?」

真美「気のせいもクソも、温泉でやらされたろお前w なに忘れてんだwww」

響「ああ、びっくりしたwww 何の前置きも無く出てくんなお前もさぁw」

春香「前置きが有ったら、お前らが驚かねぇからだよ!」

真美「それだけのためにかwwwww」

響「どこに居たんだよw サブには居なかったしさぁwww」

春香「ううん、サブに居たんだよ私。ずっと調整卓の下に隠れてたw」

真美「ああ、じゃあ今日は頭っから聴いてたのねw」

春香「そらもう、聴かせていただきましたよ。もうね、私はいまSCCスタッフに対する
   疑心暗鬼がものすごいからね。長年築き上げた信頼関係にヒビが入ったからね」

響「それはわかるwww」

真美「亜美も前にそんなこと言ってたなぁw」

春香「その点TMNはさ、スタッフがどんなやんちゃしても許されるところあるよね」

真美「むしろスタッフの無茶に耐える我々を褒めていただきたいw」

響「最初から信頼関係ゼロだからねw お互い疑って掛かってちょうどいいw」

春香「いやでも、やけにすんなりボイスレコーダー奪われたなぁ、とは思ってたけど、
   録ってたんだぁ、別マイクで……もう、CHIYODAさんは信頼してたのになぁw」

真美「そっちのほうのショックがデカいとw」

春香「もう一つね、ショックな事があるんだよ」

響「まだあんのかw」

春香「6月のスケジュールに、マジでTMN毎週入ってんだよ!www」

真美「マジで!?www」

響「www でもそれはプロデューサーが良いと言ったから、そうなってるんだろw」

春香「もうさぁ、プロデューサーさんも信頼できなくなってきたんだよ私さぁ……」

真美「こうやってTMNに絡んだ人間は、どんどん不幸になっていくんだね……w」

響「シャレにならないからやめろwww」

真美「でもさぁ、我々が行ったときのSCC、いつもより数字良かったんだろ?w」

春香「それがまたシャレにならないわけよw 倍違ってたらしいよwww」

響「それなのに我々は出入り禁止なのか! 割に合わなすぎるぞ!w」

真美「いやぁ、真美が局の偉い人だったら、間違いなくそうするわw」

春香「と言うことで、二人共反省したのかしてないのかよくわかりませんが」

響「ちっ、うっせーな。反省してまーすwww」

春香「古いなぁw もう許してやれよって感じのネタだけどw」

真美「曲とCMのあと、今日はコーナー無しで行くよーん♪」

響「えーと、新OP/EDが収まるCDに収録されるカバー曲だぞ!」

真美「我那覇響と双海真美で『銀の琴の糸のように』、ひびきん三線バージョンだぞ!」


…… ※ ……


(CM明けジングル)

響「はい、つーわけで」

真美「今日はちょっとね、告知がいろいろ有ったりするわけなんで」

春香「最近攻めてるよねぇ、TMN。業界から散々叩かれてる割に人気有るもの」

響「攻めてるっつーか、調子に乗ってんだろこいつらw」

真美「それでいつかボロが出て泣きを見るのは、我々だからねw」

春香「そういう意味では、スタッフと常に背中合わせで番組やってるわけだからねw
   それもまた、一つの信頼関係なんじゃないの?」

真美「キレイ事言ってんじゃねぇよちくしょうw」

響「はい、まず一つ目。なんと、『TOKYO MIDNIGHT!』の本が出るぞ!」

春香「本! 良いのそれ!? R-18とかじゃないの!?」

真美「買おうと思えば真美だって普通に買える健全内容でいw」

響「えー、タイトルは『我那覇響と双海真美の東京深夜主義宣言!』と題してだな。
  我々やスタッフへのの個別インタビュー、収録中や公開イベントの様子を撮った
  写真、もちろん録り下ろしのグラビアなんかも収録だ!」

真美「そして過去番組に送られたコーナー宛てのボツメールの救済企画に、本邦初公開
   我々メインMC2名によるエッセイなども収録しちゃうよーん!」

春香「でも、お高いんでしょう?」

響「これがなんと、カラー56ページを含んだ総ページ数216でお値段なんと2,800円!」

春香「安いっ!!」

真美「安かねーよwwwww」

響「6/23に全国書店で一斉発売なので、予約して待ってろよー!」

真美「なお、6/23当日は東京は新宿の毛伊國屋書店にて、出版記念サイン会を実施!
   詳細は番組のホームページに、いずれ掲載される告知をちぇけらー!」

春香「いずれ掲載ってのが相変わらずだよね、この番組はw」

響「たいがいいい加減だからなw」

真美「そんでもってー! さっきも言ったけど、我々『我那覇響と双海真美』による、
   初めてのCDが発売になっちゃうんだなこれがまたー!」

春香「よっ! なぜユニット名がないっ!w」

響「タイトルは『I'm your sunshine』。TMNの新OPである表題曲に新EDテーマ『ボクラ
  ハトモダチ』、これらのインストゥルメンタルバージョンに加えて、さっき掛けた
  カバー曲『銀の琴の糸のように』と『ハイサイおじさん』を収録!」

春香「まぁ、豪華! でも、お高いんでしょう?」

真美「これがなんと、聴いて驚け1,200円っ!!」

春香「安いっ!!」

響「『東京深夜主義宣言』と合わせて買っても4,000円!!」

春香「お買い得っ!!」

真美「どっち向いてお買い得って言ってんだよお前はw」

響「こちらは7/14、全国CDショップ並びにブーブーエス・ラジオWEBショップで発売!」

真美「初回限定盤仕様とかないのは、いつもの通りだよーん!」

春香「番組のCDはこれまで出てるけど、番組テーマまでついにねぇ」

響「まぁでも、考えてみたらこれ、ただの自給自足とも言えなくないからなw」

春香「自給自足w 地産地消的なwww」

真美「こうやってねぇ、番組発のコンテンツが増えるたびに真美は思うことが有る」

響「なにさ?」

真美「もう真美もひびきんも、この番組が有ったことはこの先ずーっと否定できなく
   なるってことだよぉ……『TOKYO MIDNIGHT!』と言う問題番組をやってたと言う
   明確な証拠として残るんだよ、CDも本もさぁ……w」

響「まぁ、しょうがないw それはもう否定のしようがないものw」

真美「ね、我々インタビューでもそんなこと言ってましたよ。別々に録ったのにね!」

響「こんな馬鹿番組をな、続けてやっていくと言うことの意味みたいなのも、我々思う
  ところはいっぱい有ったから。是非とも『東京深夜主義宣言』買ってくれ!」

春香「しょうがないなー、春香さん優しいから5冊くらい買っちゃおうかな~!」

真美「そう言ってお前、事務所に来る献本かっぱらうなよ?w」

春香「そんなセコいことしないよ!w 私のイメージそういう形で損ねるのやめて!」

響「ほかのやり口は良いのかよwww」


…… ※ ……


(EDテーマ・Fade In)

真美「時代の最先端を肌で感じる、エッジなヤングピープルのための情報感性番組、
   『我那覇響と双海真美のTOKYO MIDNIGHT』! 今日も今日とて反省会でした」

響「反省したのかホントにw」

真美「そしてもう、先が読めつつあるはるるんの乱入もあり」

春香「先が読めるってのやめてくんない?w もうさ、なんかこうなったら私がどーん
   と出てきて、って言う展開が当たり前なのはさ。私なにも得しないからね?」

真美「つってもだって2回目だよ、はるるん突然入ってくんのw」

響「温泉のときはまだしも、今日は何となく読めてたぞw 読めててもビビるがw」

春香「まぁ、だったら良いよ別に。来月私、毎週出るしね!」

真美「ホントに毎週入ってたの?w 断って良いんだよ別にさぁ?」

春香「だってアレでしょ? 来月から『天海春香と愉快な仲間のTOKYO MIDNIGHT!』に
   番組名変更するんでしょ?」

ひびまみ「「するわけねぇだろ馬鹿www」」

真美「なにが愉快な仲間だw お前が一番愉快だろうがwww」

響「つーか春香はどんだけラジオ出たいんだ、っつー話しだよwww」

春香「そう言えばさぁ、お宅のD未だに私のこと『すぱがー』に呼ばないんだけど」

真美「と、春香様がおっしゃってるけど、どーなのよD?w」

響「あー、黙って首を横に振りましたねw その予定はありません、とw」

真美「そもそも先に、我々のどっちかが呼ばれるべきだろw」

響「ホントだよ。春香の橋頭堡確保のためにゲストに呼ばれてもなwww」

真美「そんでて自分の番組にゲストで呼んだら、あーでもねぇこーでもねぇと因縁付け
   やがってこの野郎w こっちはおかげでFM局が出禁になりましたよ!w」

春香「お前らの場合は自業自得だかんな!?」

響「まぁでも今日は反省会だったからな、普段より下品さは割引きだっただろうw」

春香「いやいやいやw あのね、あの音声流してる時点で、下手すれば下ネタなんかは
   問題にならない程度に下品だからね?w あの罵倒合戦流しちゃダメだろw」

真美「もうね、最近そういう線引き苦手になってきちゃってさ。どうでも良いだろそう
   いう細かいことはさぁ、みたいな感情が優先するねw」

響「どうでも良かねぇよw」

春香「ホントにさぁ。君ら脅迫状まで届いてんだから、もうちょっと気を付けな?」

真美「よぉし、今度お前の家にこの番組のエアチェック入れたCD送ってやるぞぉw」

響「なんなら春香のお父さんの会社に送ってやっても良いんだぞぉwww」

春香「やめろ馬鹿www なんでそんなえげつないこと思い付くんだよ!?w」

真美「真美だってこの番組で成長した、ってところ見て貰わないとね!」

春香「おおそうか、やってみろ、訴えるよ私は。出るとこ出るよ!」

真美「誰を訴えるんだよwww はい、今晩のお相手は!」

響「『これから毎日、お前らの家に延びたうどん送ってやる』我那覇響と!」

真美「『これから毎日、お前らの家に髪の伸びる日本人形送ってやる』双海真美と!」

春香「『これから毎日、お前らの家に架空請求の書留送ってやる』天海春香でした!」

真美「一番えげつねーの、やっぱお前じゃねぇかwww」

響「はーい、それじゃラジオの前のリスナーのみんな!」


  「「「 GOOD NIGHT ! 」」」


春香「あー、来月から毎週かぁ……」

真美「だからなんで断らないのw」

響「仕事の選び方は下手なんだよなぁ……w」






関連SS次作:亜美「双海亜美の”深夜にMY進”!!」美希「ほんっと怖がりなの……」