765アイドル出演ラジオ番組表:SS一覧


 このあとは、「ミッドナイトBOX」、「双海亜美の"深夜にMY進"!!」をお送りいたします。
 ブーブーエスラジオが、1時を、おしらせします。


 ぺっぽっ ぺっぽっ ぺっぽっ ぺーーーん♪


真美「ほーい。ラジオネーム【無毛戦隊パイパンジャー】」

響「久しぶりだなw」

真美「ひびきん、まみまみ、はいさいだよー!」

響「ういうい、はいさーい」

真美「シンマイを電波ジャック! というひびきんのツイートを見て、急いでメールしました!
   765アイドルのラジオ番組を散々オモチャにして怒られてきたお二方ですが、反省の色も見えないですね!」

響「ったりめーだろ、何を反省しろっつーんだw」

真美「今日は違う時間帯でさらにディープなTMNが聴けることを楽しみにしています! ……と」

響「いや、あのな? 一応言っておくけど、これは『双海亜美の"深夜にMY進"!!』だから」

真美「そうねー、まぁDが含み笑いしてるからコイツなんか考えてやがるなとは思ったけどさw」

響「そんで? まあ、亜美とコイツが誕生日だから祝ってやろうと思ったんだ、我々は」

真美「ひびきんは真美の名前くらい言え! あと自分で祝うなんざ悲しいことやりたかねーわ!ww」

響「で、だ」

真美「聞けぇ!www」

響「うるせぇんだよお前一々ww そんで! 自分らは意気揚々とシンマイのブースに乗り込んできたわけだw」

真美「そしたらウチの馬鹿な妹がだよ! スタッフ振りきって!?」

ひびまみ「「逃げやがった!wwww」」

響「自分らどんだけ嫌われてんだよ、本当にw」

真美「何にそこまでキレてんのか分かんないよね、マジで」

響「いや、お前がそれを言う権利はねぇから!」

真美「ん?」

響「ん、じゃねえよww」

真美「普通だよ普通! 真美は亜美と世間一般の双子並のリレーション形成してんの!w」

響「リアルの関係までいまんところ障害ありまくりじゃねぇかw」

真美「あっちが気にしすぎてんの!ww こっちはもうクソ番組とか言われても気にしてないから!」

響「クソ番組なwww と、いうわけでいまDに全力で亜美を連れ戻してもらってるんだがw」

真美「それで収録延期しないで『あ、先に録ってて』とか言うあたり、ウチに企画持ちかけた悪人だよねw」

響「ほんとにその通りだわなw えー、時代の最先端を肌で感じる、エッジなヤングピープルのための情報感性番組、
  『我那覇響と双海真美のTOKYO MIDNIGHT』! そろそろ始めていきましょうっ」

真美「ちげーーわ!ww シンマイっつってんだろ沖縄!w」

響「地名で呼ぶなお前は!w 逃げたのあっちだからテキトーに進めてやろうぜ!」

真美「ひびきんマジで性格悪いわー」

響「うるせぇなお前! はい、双海亜美の"深夜にMY進"!」

♪~(OP曲/YOU往MY進! インスト)

響「改めまして、はいさい! 我那覇響だぞー」

真美「双海真美だよ!」

響「違和感ハンパ無いなこれ!w」

真美「ね。いつものOP曲じゃないってだけでw」

響「うわー、TMNが恋しい」

真美「メンツは同じだからww」

響「スタジオ違うし、スタッフもなんか微妙に違うし……気持ち悪い」

真美「気持ち悪い言うな!www えっと? ブーブーエスをキーステーションにチェケラー!」

響「適当すぎんだろw 最後まで聞いてって欲しいぞー」

真美「なんかまともなラジオって感じがするね」

響「なw 人もテイストも変わってねぇのにw」

真美「TMNと違ってめっちゃやりにくいから曲かけちゃお! L'arc~en~cielで『DIVE TO BLUE』」

響「逃げんなw」

♪~


『いつも楽しく聞いてくれてありがとっ!』

『双海亜美の"深夜にMY進"!』

-------

ワハハハハ

真美「wwwwwwwwww」

響「やめろwwwジングルに笑うなwww」

真美「だってさww今の表情と真逆なんだもんwww」ワハハハ

響「やめろってwwww」

亜美「帰っていい?」

響「お前の番組だろww」

亜美「埼玉県『ザーサイラーメン』」

真美「ついに『兄ちゃん』とか『姉ちゃん』とか言わなくなってるw」

亜美「そっちのはそっちで処理してくんないかな、本当に……はぁ」

響「まあまあ、後でもらえるだろ? これが」クイッ

真美「ひびきん、うちの妹にお金の話とかしないでくんないかなw」

響「双子だろてめぇらw」

亜美「『ひびきん、まみまみ、はいさいだよー』」

響「あー、リスナーも完全にTMNだと思ってメールしてる感あるぞw」

亜美「亜美マジで帰りたいんだけど」

亜美「『まずはあみーご、うちのTMNがご迷惑をお掛けし申し訳ありません』ほんとね」

真美「うちのw」

亜美「『今日はいつもと逆に、TMNの馬鹿二人にあみーごのことを聞いてもらいたいと思いました』」

響「おい馬鹿二人言われたぞ! ザーサイラーメン!」

亜美「『というわけなので、あみーごに質問したいと思います。TMNはどれくらいの頻度で聞いていますか?』聞いてないよ」

真美「もうさ、死にそうなのがさ、なんかねw」

響「責任を感じるんだけども」

亜美「『また、一番面白いと思った回を教えてください』うん、ステッカーはいいや」

響「やれよ!w」

亜美「えーと、亜美はあの番組は聞いてないです。面白いと思ってないです」

真美「いや、あのね、亜美?」

亜美「なに」

響「パーソナリティーがダウナーすぎるww」

真美「真美たち、普段はさんざんなラジオやってるけどさ、今日は亜美の誕生日をお祝いしたいと思って来てるんだよ?」

亜美「ああ、どうもどうも」

真美「ダメだもうw」

響「ま、まあほら、めでたいって思ってるのは765プロの総意だから! ね?」

真美「ピヨっす!」

響「使うな!w」

亜美「えー、それはありがたいんだけどさ」

響「うん」

亜美「亜美あの番組だいっっっっっっっっっきらいだからね!!!!」

響「おうw」

亜美「そのフォーマットでやられても!! 困るのこっちだからっ!!!」

♪ そうやっていつでも笑ってるのを みんなは当たり前って思ってる~(微笑んだから、気づいたんだ。/双海亜美)

真美「なんか流れだした!」ワハハハ

亜美「疲れた……」

響「ごめん、ごめんってw」

亜美「亜美今日は黙ってるから、ふたりでテキトーに話してて」

真美「無茶振りすぎるって!?」

テレーン

響「い、いやぁ~! めでたいね!」

真美「めでたいっすなー! 誕生日!」

ひびまみ「「亜美ちゃん! お誕生日おめでとうっ!!」」

亜美「ありがとーん」

響「え、えーと……ど、どう? この間のTMNファン感の話でもする?」

真美「いいね! やろうやろう!」

響「TMNのお花茶屋イベントっていうのがあってね、そこで新曲とか歌ってまいりましてね」

真美「大盛況でした!」

亜美「何人ぐらい来たの?」

真美「え……50人ぐらい……w」

響「盛況じゃねぇw」

真美「うるさいな沖縄!w」

響「沖縄じゃないっつってんだろww で、まぁうちのDが考えた謎のプレゼント渡し会とかがあってだw」

真美「あったねー」

響「まぁね、プレゼントボックスっていうのをほとんどのイベントでは設置してるから、そこに放り込んでくれたら自分らのとこに届くわけなんだけども」

真美「アレ都市伝説じゃないかんね!w」

響「オールスターライブの時とかはね、まぁそこそこいただけるわけなんだよな! ファンのみんなに」

真美「ね!」

響「それでさ、あの番組のイベントでは初めて、プレゼントボックスを設置したのなww」

真美「うんw」

響「で、自分のプレゼントはシャボン玉セットとか、カブトムシのポストカードとかそんなんだったんだけどw」

真美「チョイスが斬新だよねw」

響「真美はどんなんもらったんだ?」

真美「え? ……TENGAとか?」

響「wwwwww」

真美「いきなり『SENZURI POWER RAINBOW』からの小包をピヨちゃんに渡されてさww」

響「アイツww」

真美「そんでさ、何入ってんのかなーってピヨちゃんに聞いてみたらさ、すっげぇ笑ってんのww」

響「なんでw」

真美「住所とか書いてある紙のさ、中身の記入欄に『PCパーツ』って書いてあるのねw」

響「wwwwwwwww」

真美「普通PCパーツってもらわないしさ、『これエログッズだ!』って本能が」

響「相手の住所とか無いのか、それw」

真美「あったよ! センズリの住所!」

響「センズリ言うな馬鹿野郎www」

真美「だからこっちもirohaを送り返したわけですよwww」

響「お互いに使えねえじゃねぇかwwww」

真美「真美のムラっと来た気持ちを思い知れ! 的なさw」

響「なんだよそれぇww」

亜美「だから真美持ってたんだね、アレ」カチカチ

真美「そうそうwww って……あ」

響「あっ」

亜美「あ、お気になさらずー。ゲームしてるから」

響「いやいやいやいや!ww おいパーソナリティ! 自分の番組なんだからちゃんと参加しろ!」

亜美「いや、トーキョーミッドナイトに参加する気はないから」

真美「やろうよシンマイのコーナーとかさ!」ワハハハ

亜美「アンタらがマシンガントークやってるから入れないでしょお!!??」

響「キレたwww」

亜美「これTMNじゃん! シンマイじゃないじゃん! 乗っ取りか!!」

真美「そうだよ!」

亜美「開き直ってんじゃないよ馬鹿真美! たまに全裸にタオルで部屋戻ってくんのやめてくんないかなぁ!?」

真美「そ、それ電波に流していう事じゃないでしょ!!」

響「真美お前!?ww ちょっ、CM! CM!!」


-----------

真美「君のハートをジェミっちゃうゾ!」

響「なんだそれw混沌とする経済、情報、今世の中で何が正しいかを追い求める討論番組!」

真美「何もかも間違ってるんだけどww」

響「我那覇響とっ!」

真美「双海真美のー!」

ひびまみ「「TOKYO MIDNIGHT!!」」

響「毎週×曜10時は死ぬ気で聞け! たとえ法事でも!」

真美「聞かないでw」

-----------

亜美「……落ち着きました、ご迷惑おかけしました」

真美「同じく」

響「落ち着いてる感じしないけどなー……コーナー行こうコーナー!」

亜美「コーナー行こう……『ロックの帝国』っ!!!」

真美「ぶはっwwww」

響「お茶吹いた!?ww」

亜美「日常の中であなたが体験したロックな出来事を送ってもらうコーナー! シェケナベイベー!」

響「これウチの企画じゃねぇか!ww」

亜美「そうだよ」

響「やっぱTMN聞い」

亜美「聞いたこと無いけどね」

真美「あるよねぇww」

亜美「鳥取県『勃チアガレ!』姉ちゃん。ひとこと、TMNメール難民です、って」

真美「え、ウチの番組ってメール難民とかいるのw」

亜美「……『重役会議にセーラー服コスで出席』」(エコー)

♪ Rock in the Kingdom~

ワハハハ

響「すっごいロックなんだけどw」

亜美「入ってきた瞬間に全員のハートを奪うねぇー」

真美「アレでしょ、すっごいオーソドックスなヤツをさ、おじさんが着てるわけでしょw」

響「名門校が着るようなヤツな」

亜美「ロックな生き様っすなー、これ」ハハハ

真美「そんな会議で何を決めろって言うんだろねw」

響「クールビズみたいに、社内でコスプレを推奨するという」

真美「うわぁw」

亜美「つづいて、熊本県『変なダイヤル0120』兄ちゃん」

響「フィンガー5みてぇだなw」

亜美「……『日本家屋でエレキギター』」

♪ Rock in the Kingdom~

真美「場にそぐわないねw」

響「畳の間とかにさ、マーシャルのロゴが入った黒くてデカいアンプをなww」

亜美「そもそもコンセントとかってあるの、こういう場所って?」ハハハ

響「あるわ!ww」

亜美「マジで!? うちの畳の部屋ってコンセントあったっけ」

真美「あるじゃん!w ケータイの充電とかしてるって」

亜美「そうだっけ……あ、本当に思い出せない」

真美「www」

亜美「うわ、モヤモヤする……」

響「後で確認しろよw これがラスト? 東京都、ラジオネーム【サマンサ田端】」

真美「名前言いたかっただけじゃないのw」

響「ほい、亜美シクヨロだぞー!」

亜美「……『コーラのボトルに醤油』」

♪ Rock in the Kingdom~

真美「死ぬって! ダメだってば!」

亜美「こういうの一気飲みすると死んじゃうよ、サマンサ田端兄ちゃん!」

響「その名前言わないでwww」

亜美「おしゃれな名前で田端w」

真美「あっ、ついに亜美がクスッて笑ったww」

亜美「だってさ、このノリがさww」

響「やっぱ亜美TMN聞いてるでしょww」

亜美「……聞いてないよ?」

響「急に真顔になるのやめようなw」

亜美「聞いてないよ、うん」

真美「ではここで、亜美のスマホのポッドキャストを見てみましょう」サッ

亜美「あーっっ! ちょっ、それは、だっ」

響「亜美! 白状するんだ!ww」

真美「……ありますねぇ、『TOKYO MIDNIGHT』ポッドキャスト版www」

響「聞いてんじゃんww」

亜美「いや、でも登録したの昨日だし! マジでぇー!!」

♪ 敗北者は死ね~! (Rock in the Kingdom/聖飢魔Ⅱ)

真美「よし! 記念して亜美にはTMNオリジナルリーフレットをプレゼントだぁー!」

響「そんなんあんのw」

亜美「いらないってww」

-----------

真美「時代の最先端を肌で感じる、エッジなヤングピープルのための情報感性番組、
   『我那覇響と双海真美のTOKYO MIDNIGHT』! 今回は亜美の番組にお邪魔しました」

響「違うって、『双海亜美の"深夜にMY進"!!』だからなw」

亜美「あーい、誕生日記念あざしたー」

真美「えー、我々と亜美の和解! ということで、ね?」

亜美「和解?」

真美「ね! TMNリスナーの亜美と、ついに! ね?」

亜美「……いやいや」

響「あれ、コイツ逃げ出したぞw」

亜美「亜美はリスナーじゃないんで、まだこの間の放送のこと恨んでるんで」

響「結局あの回って聞いたのか?w」

亜美「うん、あれは聞かせてもらいました! ひっどいね!」

真美「wwww」

亜美「ひっっっっっっっどいね! ほんっっっっっとーーーに!!」

響「ごめんwwww」

亜美「まぁ、今回はささやかな仕返しということで、コーナーをやってやりました」

響「でも亜美にとっては逆に仕返しされた感じじゃないのw」

亜美「たまたまね、プロデューサーの兄ちゃんがね、ポッドキャストに登録してただけってことにしよう」

真美「兄ちゃんにスマホ触らせてんの、亜美w」

亜美「んなわけねぇべ!」

真美「じゃあ無理でしょ、その言い訳w」

亜美「……っ」

響「諦めろw 曲でも言ってただろ、『敗北者は死ね』~!ってw」

亜美「まだやられてないから!! マジで、マジでTMNと一緒にはして欲しくないから!」

真美「TMNがドイヒーな番組って風潮ね! いやぁー、心外ですね!」

響「いや、ドイヒーだろw」

真美「うわぁひびきん真美を売ったねw」

響「売ってねぇよ!」

♪~(ED曲/Rebellion インスト)

響「やめろ、こういう所で使うなw」

亜美「今日は変な放送だったけど次回から通常営業ー! 今日も東京、ブーブーエスラジオをキーステーションに全国44局、亜美のセクシーボイスをチェケラしてきた時間でしたっ! 全国の兄ちゃん、姉ちゃん、TMN難民のみなさんありがとうございましたー!」

真美「TMN難民言うなしww」

亜美「双海亜美、あとTMN2名でお送りしましたー!」

響「ちょっ、自己紹介ぐらいさせてw 『最近の悩みはTMNの”子供に聞かせたくないラジオ番組”受賞』我那覇響と!」

真美「そうなの!?ww 『最近の悩みは亜美との距離感』双海真美でしたー!」

亜美「それガチモンの悩みだよね!?」ワハハハ

真美「うん、ちょっとだけ溝が浅くなって良かった気がする!」

亜美「亜美的にはもっと深まったけどね、リーフレットなんかもらって」

響「そのグッズって自分も知らないんだけどw」

亜美「そんなモンなんで亜美がもらってんのさ、マジでw」

真美「ひびきんに内緒でこっそり北千住イベで売ってたんだけどね」

響「マジでか、初耳!」

真美「……3個しか売れなかったの」

響「wwwww」

亜美「売れ残りじゃん!!」

真美「はい、それじゃあラジオの前のリスナーのみんなぁー!」


  「「GOOD NIGHT ! 」」


亜美「勝手にシメるのやめようよ!」

真美「打ち上げ行こっか、打ち上げw」

響「自分焼肉は焼かないからな、食うだけだからなw」

亜美「やっぱTMNだいっっっっっっっっっきらい!!!」

ひびまみ「「なんでwwwww」」



関連SS次作:春香「天海春香のSweet Chiffon Cake♪ちょっと早めの夏!」