あずさ「だからぁ、そこで私が言ってやったわけですよぉ、そんなわがままを言うオッパイはこのオッパイかぁ~! って」

小鳥「あ~~言ってやるべきですよぉ、伊織ちゃんのわがままオッパイには一回言ってやった方が良い!!」

あずさ「そしたら何て言ったと思いますぅ?」

小鳥「皆目検討もつきませんねぇ」

あずさ「あんたの方がわがままでしょ~~!!!! ですってぇ!!!!」

小鳥「ぴよーーーーーっひょっひょっひょっひょ!!!! 言うねぇ、伊織ちゃ~~~~ん!!!!」

あずさ「はぁ~~~~……雪歩ちゃんのオッパイ揉みたい」

小鳥「解る!!」

あずさ「揉み頃ですよねぇ?」

小鳥「今揉まずしていつ揉むんだって話ですよ!!」

あずさ「こう、これから、もうワンランク上がるよ!? って言う果実」

小鳥「こうね、桃を包むアミアミの発砲スチロールで作られたみたいなアレ」

あずさ「解ります!!」

小鳥「あんな感じで包みたい、フワッて包んであげたい!!」

あずさ「そして出来る事ならば!!」


小鳥・あずさ「含みたい!!」


小鳥・あずさ「どわっはっはっはっはっはっはっは!!!!!!」


小鳥・あずさ「はぁ~~~~~~~~~~~……」


あずさ「律子さんってぇ、私に「もっと武器を意識した方が良いですよ」とか言うんですよぉ」

小鳥「そのミサイルを生かせと、持ち味を生かせと!!」

あずさ「そのくせ自分はあんなにピッチリ固めてるじゃないですかぁ? スーツなんて着ちゃってぇ」

小鳥「解る!!」

あずさ「自分だって大した武器持ってるくせにですよぉ!?」

小鳥「ズルイ、流石律子さんズルイ、小ズルイ!!」

あずさ「律子さんこそ生かせって言うんですよぉ! ほんとにぃ!!」

小鳥「もっとさらけ出せと!!」

あずさ「音無さんもですよぉ!!」

小鳥「おっとぉ?」

あずさ「何ですかその前の部分がギザギザになったベスト、どこで売ってんですかぁ!?」

小鳥「あずささん、これ、これは制服ですから!!」

あずさ「じゃあ普段着はもっと攻めてるんですかぁ!?」

小鳥「あ~~割とフェミニン系と言うかぁ」

あずさ「はっ!! がっかりです、あずさショックです!! あずックですよ!! ズゴックです!!」

小鳥「ほら、私くらいになるともう冒険も出来ないじゃないですかぁ?」

あずさ「まだまだ熟れ頃ですよぉ!! むしろ今がもぎ頃でしょ~~このぉ~~」モミモミモミモミ

小鳥「オーケーオーケー落ち着け落ち着けってブラザー」

あずさ「おっぱいおっぱいってねぇ……私だってねぇ、もっとねぇあるんですからぁ」

小鳥「大丈夫ですって、みんな気が付いてますってあずささんの魅力には」

あずさ「小鳥さんやさし~~~~」ダキーー

小鳥「なんなら嫁に来るかい? あずさ」

あずさ「さんをつけろよピヨ助やろ~~う☆」デコピーン

小鳥「たっは~~や~ら~れ~た~~」


小鳥・あずさ「はぁ~~~~~~~~~~~~~………………」


あずさ「運命の人~~~~~!!!!」
小鳥「誰でも良いから男子~~~~~!!!!」


小鳥・あずさ「た~~すけてくれ~~~~!!!!」


P「もうやだ、この酔っ払い達……」


-