やよい「したら~~かすみがぁ~~~~」

伊織「や、やよい、どうしたの?」

やよい「お姉ちゃんは先に寝てて? 疲れてるでしょ~~? って言うんれぅすよぉ!?」

伊織「あ、うん」

やよい「天使か~~!!!! 天界の使いの者かぁ~~!!!!!!」

伊織「そ、そうねぇ」

やよい「ねれぅわけないらないれすかぁ~~!?」

伊織「そうねぇ」

やよい「したら~~~~」

伊織「たま~~に千原ジュニア入るのよねぇ」

やよい「じゃあ手伝うから一緒にねよぉ~~って!!!!!!!!」

伊織「うん」

やよい「神かと~~~~!!!! かすみの後ろから後光がさしてました~~~~!!!!!!」

伊織「うん、やよい、あの、聞こえるからもう少し小さな声で」

やよい「わたしだってね~~~~ナイスばでぃにあこがれるんですよぉ~~!!」

伊織「唐突に話が変わったわね」

やよい「伊織ちゃんはぁ~~~~まぁ~~小ぶり? かすみのお茶碗って感じ?」

伊織「何回か拝見はしてるけど大きさを覚えてないわ」

やよい「それに比べて私のは……浩司か浩三か~~!!!!!!」ペチッ

伊織「痛っ!!」

やよい「伊織ちゃんのおでこはぁ、おいくらですか?」

伊織「え?」

やよい「600円かなぁ~~? 600円超えたら少し考えるなぁ~~」

伊織「幾らでもお譲りしない所存だけど、意外とリーズナブルでショックが隠せない伊織ちゃんだわ」

やよい「あ、知ってれぅ? 伊織ちゃん」

伊織「えっと、知らないわ?」

やよい「知らないの~~~~~~~wwwwwww?????」

伊織「うん、やよい、何も言ってないから」

やよい「ふっふぇっふぇっふぇっふぇっふぇっふぇっふぇっふぇwwwwwwww」

伊織「……一応、何が? って聞いて良いかしら?」

やよい「オデコには、1円玉が5枚くっつけられるんですよぉ~~!!!!」

伊織「へぇ」

やよい「伊織らん、ひちえんだま?」

伊織「あいにくカードしか持ってないわ」

やよい「じゃあソレを、ドーーーーン!!!!!!」ペチンッ

伊織「ぎゃあ!!!!」

やよい「あーーーーwwwwwwくっついたーーーーwwwwwww!!」

伊織「…………」

やよい「うふっふぇっふぇっふぇっふぇっふぇっふぇっふぇっふぇwwwwwwww」

伊織「…………」

やよい「帰ったらwwかすみにwwおでこには100万円くっつくんだよって教えなきゃwwwww」

伊織「う、うん、教えなさい、そうしなさい」

やよい「はぁ~~~…………ぐぅ…………」

伊織「え~~~~~~~!!!!!!!!!!??????????」


小鳥「アレ? ココにあったウィスキーボンボンどこにいったのかしら?」

伊織「あ!! それだったのね!! ちょっと小鳥!? やよいがソレ食べちゃって大変だったのよ!?」

小鳥「え? でもコレ、お酒風味ではあるけど、お酒一滴も入ってないわよ?」

伊織「え~~~~~~~!!!!!!!!!!!??????????」


やよい「むにゃ……伊織ちゃ……おでこ……ひゃくまんえん……」


-