小鳥「はぁ…プロデューサーさんも何であんな感じに…こう、男ならぐぁーって感じで、とーうって感じで…すぁーせーんっ!生ひとつー!あとたこわさとチャンジャ!」

ハーイ

小鳥「やっぱり、こう、ね。もっとガッツリ来てほしいんですよ、こう、ね」

オマタセシマシターナマデス

小鳥「あ、来た来た……っ…んっ…んっ…んっ…ぐはぁーーーーーーーーっ!これよこれぇ!仕事の後のビールはうんめえなぁぁぁぁってか!」

チャンジャトタコワサオマタセシマシター

小鳥「よしきた、ほいきた!」


小鳥「ビールと合うんだこれが」


小鳥「…っ…んっ…んっ…ぷはぁ…すぁーせーんっ、生ー!」

ハーイ

小鳥「事務所でね、あんなん見てたらですね、ビールも進むってもんですよ」


小鳥「…潰す。酔い潰そうそうしよう」

ナマオマタセシマシター

小鳥「…っ…んっ…くっはぁー!…」


小鳥「チェンジャのさ、ビールとの相性ってさ、何かもう、神々が与えたもうた何かしらのこう、ね」


小鳥「…たこわさも、これ、日本酒飲みたくなるのよね」


小鳥「…でも駄目よ小鳥、今日はまだ…!」


小鳥「明日なら…!」


小鳥「…………いいか」


小鳥「すぁーっせーんっ!白壁蔵二合ー!」

ハーイ

小鳥「やっぱりね、偶には日本酒ですよ、カルーアなんて甘っちょろい事言ってたら詰まらんですよ、はい」


ハイオマタセシマシター


小鳥「おっとっと……んっ…はぁ…やっぱり日本人に生まれて良かったわぁ!日本酒美味しいわぁ!」


小鳥「…日本酒…ふむ」


小鳥「プロデューサーさんに飲ませたらなんていうのかしら」



小鳥「だ、ダメですよ音無さん、ボク、日本酒なんて飲んだら」(P真似


小鳥「あら、どうしたんですかプロデューサーさん…」(精一杯の艶っぽい声


小鳥「そ、そんな…日本酒、だって、アルコールの匂いが」(P真似


小鳥「あら…これが良いんですよぉ…なんなら、飲ませてあげましょうか?」(精一杯の艶っぽい声

小鳥「や、やめっ」(Pマネ


小鳥「虚しい」


終われ