1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 22:11:58.85 ID:00wF9HC4O
P「あのアホ毛で直腸越しに俺の前立腺を……」

P「きっと体験したことのない快感を得ることができるはずだ」

P「だがどうやって…どうやってそのシチュエーションに持ち込む……?」

P「考えろ…考えろ俺!」

P「まずは何が必要だ?」

P「そうだ、あずささんと二人きりになることだ!まずはそこからスタ→トスタ→だ!」



3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 22:17:57.68 ID:00wF9HC4O
………

……



道ばた

P「うっ、お腹が……」

あずさ「プ、プロデューサーさん、大丈夫ですか?」

P「急にお腹が……」

あずさ「あ、あら?。どうしましょう……事務所に電話して……」

P「いえ、少し休めば……」

あずさ「あらぁ?あんなところに漫画喫茶が」

P「フラットシートで横になれば……」

あずさ「ではそうしましょう。私、あそこの会員証持ってるんです。うふふ」

P「おお、それは助かります!では行きましょう!いてて!」



4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 22:24:37.80 ID:00wF9HC4O
………

……



P「完璧だ」

P「この流れならペアシートになるのは確実。個室に二人きりだ」

P「ああ、パーフェクコミュニケーション
だ」

P「二人きりになったあとの流れとして…そうだな……」

P「パンツを脱ぐ必要があるよな、うん」

P「パンツ穿いたままじゃあずささんも挿入(いれ)づらいだろうしな」

P「自然にパンツを脱ぐ方法……」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 22:27:44.13 ID:fCqUCIK4o
アホ毛とアホの話か!

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 22:31:01.94 ID:00wF9HC4O
………

……



漫画喫茶のフラットシート(ペア)

P「痒い!」

あずさ「ど、どうしました?」

P「おしりが痒い!」

あずさ「あらあら?」

P「すいません。最近ストレスでおしりが痒くて」

あずさ「お仕事大変ですものね、プロデューサーさん」

P「空気に当てれば少しは治まるんですが……」

あずさ「では…私はあちらを向いていますから、どうぞ脱いで下さい」

P「恥ずかしいから見ないで下さいね?」

あずさ「み、見ません!…もう」

P「では」ヌギッ

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 22:36:31.67 ID:00wF9HC4O
………

……



P「脱げた!ごく自然にパンツ脱げた!」

P「いやぁ、我ながら末恐ろしいな」

P「逸材、と言っても過言ではない気がする」

P「これであとはアホ毛を挿入(いれ)るだけだが……」

P「ここからが難しいな」

P「まずはどうやってあずささんの頭を俺の尻近付けるか……」

P「恥ずかしがりやだから、あずささん。ははは」

P「うーん…そうだなぁ……」

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 22:44:03.60 ID:00wF9HC4O
………

……



P「こっち見ないで下さいね?絶対ですよ?絶対見ちゃダメですよ?」

あずさ「うふふ…そう言われると見たくなっちゃいます」

P「ダ、ダメですよ!絶対ダメですよ!」

あずさ「ちょっとだけ見ちゃおうかな。なーんて」

P「見るのはダメです!顔を近付けるだけならかまいませんけど、見るのはダメです!」

あずさ「あらぁ。顔を近付けるのはかまわないんですか?」

P「仕方ないから許します。だけど下を向いてて下さい。そうですね……」

P「そのアホ毛が俺のお尻に向くような感じで!」

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 22:48:37.02 ID:00wF9HC4O
………

……



P「これだ!」

P「ぜんぜん恥ずかしがりやじゃないけど、見るなと言われると見たくなるのが人の性だから問題ない!」

P「よし。これであとは挿入(いれ)るだけ!」

P「…いや、まてよ?」

P「あれだけのアホ毛だ。形を整えるためにきっとムース的なもので固めているはずだ」

P「ムースの成分って直腸に優しいのか……?」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 22:53:43.61 ID:00wF9HC4O
2分後

P「気持ちよければ良いや!」

P「よし、挿入(いれ)るぞ!」

P「…いや、待てよ?」

P「挿入(いれ)たあと、俺が自分で動くのか?」


P「うーん……」

P「あずささんに激しく頭を動かしてもらうには……」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 23:01:23.07 ID:00wF9HC4O
………

……



P「う…はぅ……」

あずさ「どうしたんですか、プロデューサーさん?鳩の鳴き声みたいな声をだして?」

P「新しい発声練習を試しているのです」

あずさ「うふふ。こんなときにまで仕事熱心なんですね」

P「こんなときだからこそです。ん……」

あずさ「気のせいか、アホ毛の先が湿っているように感じるのですが……」

P「気のせいです。それよりあずささん」

あずさ「なんでしょう?」

P「首を前後に振る運動はダイエット効果があると雑誌で読みました」

あずさ「まあ」カクカクカクカク

P「んっふぅ……!」ビクン!

19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 23:12:36.17 ID:00wF9HC4O
………

……



P「…ハァハァ…想像しただけでドラ(ドライオーガズム)っちまいそうだ……」

P「あれだけのアホ毛だ。前立腺がバカになるほどの刺激を与えてくれることだろう……」

P「楽しみだ」

P「楽しみだ!」








20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 23:30:34.83 ID:00wF9HC4O
P「よし、もう一度シミュレーションだ」

P「お腹痛いからの漫画喫茶で、痒くてパンツを……」ブツブツ

P「首振りにはダイエット効果があって……」ブツブツ

あずさ「あらぁ?プロデューサーさん、なにをブツブツ言っているんですか?」

P「あ!あずささん!パンツ脱ぎます!」

あずさ「はい?」

P「違います!ダイエット!アホ毛が!」

あずさ「」

これは一人のプロデューサーが魑魅魍魎の蠢く芸能界を変えていく、その戦いの記録と記憶である。

お し ま い


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 23:31:24.62 ID:00wF9HC4O
終わり
前立腺マッサージって気持ち良いみたいですね
さようならー

22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/22(日) 23:33:24.15 ID:bwywDETZ0
妄想かよ!!

乙!

18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 23:07:33.39 ID:u7/qrgII0
あずささんのアホ毛には神経と血管と筋肉が通ってるよ

元スレ: http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1403442718/