やよい「うっ

    うっ

    うっ

    うっうー!ブーブーエスラジオと高槻やよいが午後3時をおしらせしま~す!」




やよい「みなさんこんにちわ!高槻やよいです!」

律子「皆さんこんにちは、秋月律子です」

やよい「今日はなんと!アシスタントの律子さんの誕生日です~!」

律子「ちょ、ちょっとやめてよ。恥ずかしいじゃない……」

やよい「律子さん、今日は私い~っぱい頑張っちゃいますよ!」

律子「やよいはいつも頑張ってるじゃない」

やよい「でもでも、今日はそのいつもよりも~っと頑張りたいかな~って」

律子「ふふっ、ありがとう」

やよい「えへへ」

律子「それじゃあ、張り切ってタイトルコールよろしくね!」

やよい「うっうー!高槻やよいのおしゃべりアワー!始まります~!」




~♪<OP:おはよう!!朝ごはん>




やよい「改めましてこんにちわ、高槻やよいです」

律子「改めましてこんにちは、アシスタントの秋月律子です」

やよい「律子さん、お誕生日おめでとうございます~!」

律子「ありがとう、やよい」

やよい「今日はですね、律子さんの為に私がいっぱいお菓子を買ってきました!」

律子「ホントにいっぱいね、え~とさくら大根にすもも漬け、梅ジャム、蜜アンズ、都こんぶ……駄菓子ばっかりじゃない!」

やよい「大人買いです!」

律子「しかも微妙に渋い所と言うか酸っぱい所突いてきてるし……」

やよい「それだけじゃないんですよ!」

律子「まだ何かあるの?」

やよい「これです!」

律子「ソースせんべい……?」

やよい「はい!梅ジャムとかつけて食べると美味しいですよ~!」

律子「……あ!そうか、やよいこれ自腹なのね!?だから駄菓子ばっかりに…」

やよい「え?いえ、スタッフさんからお金を頂いて買ってきましたよ?」

律子「えぇ~っと……。ちょ、ちょっとディレク…え?1万渡したのに半分以上返ってきた!?」

やよい「えへへ、安くお買い物するのは得意なんですよ!」

律子「そ、そうね~……」

やよい「律子さん……あんまり嬉しくなかったですか……?」

律子「え!?あ、いや、そ、そんな訳ないじゃない!とっても嬉しいわよありがとうやよい!」

やよい「うっうー!喜んでもらえて私も嬉しいです~!」

律子「あ、あはは……はぁ……」

やよい「それじゃあ早速コーナーにいきましょう!お話のタネ!です!」

律子「…」

やよい「律子さん?」

律子「え?あ、ごめんごめんコーナーよね。え~っとこのコーナーはリスナーの皆様から頂いたお話のタネでトークに花を咲かせようというコ-ナーです」

やよい「それじゃあ早速1通目!ラジオネーム【デコうさ】さんからいただきました~」

律子「ありがとうございます」

やよい「『やよいちゃん、律子さんしゅわしゅわ!』わっ、早速使ってくれてますよ!デコうささんしゅわしゅわ~。

    『最近雨が多くて嫌になってしまいますね、先日雨の中歩いていたら車がハネた水がかかってしまい、買ったばかりの服が濡れてショックでした』

    わ~、それはすっごく悲しいかも……。『お二人は最近何か悲しい事ってありましたか?』です」

律子「悲しいことねぇ」

やよい「私はありました」

律子「あら、スーパーの特売逃がしちゃった?」

やよい「いえ、それは大丈夫なんですけど。実はちょっと前に妹が出かけたっきり帰ってこない日があって」

律子「え!?だ、大事件じゃない!」

やよい「はい、どうしようかと思ってとりあえずプロデューサーに電話してお願いしたんです」

律子「いい判断……かどうかはわからないけど。それで」

やよい「妹が帰ってこないんです、一緒に探してもらえませんか?って言ったら『今小鳥さん家にいるぞ~』って」

律子「あっ……」

やよい「後から知ったんですけど、妹が小鳥さんのラジオに出演してて私ショックで……」

律子「やよい」

やよい「は、はい」

律子「聴いたの?」

やよい「え?」

律子「アレを聴いたのかって聞いてるの」

やよい「い、いえ。朝の4時には流石に起きれなくて聴けなかったんです。プロデューサーに言っても音源をくれな…」

律子「やよい。いい?あの番組に貴女は絶っっっ対に関わっちゃダメ。ね?」

やよい「え?で、でも小鳥さんのラジオなr」

律子「ね?」

やよい「わ、分かりました……」

律子「約束よ?」

やよい「は、はい……」

律子「はい、この話題はおしまい!一旦CMに行きましょう」




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




律子「お疲れ様、やよい」

やよい「あ、律子さん……」

律子「元気ないじゃない」

やよい「学校で先生に怒られちゃったんです……」

律子「そうだったの……。それじゃあ」

ぽちっ

律子「一緒にラジオを聴いて元気出しましょう?」

二人「高槻やよいのおしゃべりアワー!」



<ジングル明け>



律子「さぁ、次に行くわよ!」

やよい「あ、はい!えっと次のお便りは【迷宮の散歩道】さんからいただきました」

律子「すごい散歩道ね……」

やよい「『律子さん、やよいちゃんしゅわしゅわ~』しゅわしゅわ~。『この間お仕事で文字を沢山書かなければいけなかったのですが

    学生の頃に比べて漢字がパッと思い出せない事が多くなりました

    お二人は最近分からなかったり思い出せなかったりした事はありますか?』です!」

律子「あ~、でも私も仕事柄手書きの書類とかある訳よ」

やよい「はい」

律子「普段はパソコンで打ち込んで変換するだけなのに、いざ手書きでってなると

   どう書くんだっけ?って思い出せなくて、結局パソコンで変換してあぁこれかとなる事は多いですね」

やよい「私は漢字を読むのが苦手なので気持ちは良く分かります」

律子「ん~、それとはまた別だと思うんだけど……」

やよい「でも、学校ではそういう時に携帯とかパソコンじゃなくて辞書を引きなさいって教わりました!」

律子「あら、いい先生じゃない」

やよい「でも、読めない字を辞書のどのページで調べたらいいんでしょうか……?」

律子「……今度漢字の勉強が必要ね」

やよい「はわっ!?」

律子「さて、そろそろ時間ね。やよい、今日のタネは花開いたかしら?」

やよい「え~っと…」


がちゃっ


伊織「満開に決まってるじゃない!」

律子「えぇ!?い、伊織!?」

あずさ「うふふ~、来ちゃいました~」

律子「あずささん!」

亜美「はろはろ~、亜美もいるよん」

律子「亜美!あ、貴女達どうしてここに!?」

いおあずあみ「せ~のっ」

やよい「うっう~!だーい成功です~!」

律子「え?え?」

伊織「にひひっ。折角律子の誕生日なんだから普通に祝っても仕方ないじゃない?」

あずさ「プロデューサーさんに頼んでドッキリを仕掛けさせてもらいました~」

亜美「んっふっふ~。いやぁ、やよいっちもなかなかやりますなぁ」

やよい「えへへ、バレないか緊張しました~」

あずさ「うふふ、とってもよく出来てたわよ~」

亜美「うんうん、やよいっちも成長しましたなぁ。てな訳で、はいケーキだよ」

伊織「雑な出し方ね」

あずさ「でも、不思議よねぇ~。企画段階ではケーキは無かったはずなのに今日来てみたら急にケーキありの進行でって言われたのよねぇ」

やよい「あ、それなんですけど。本番始まる前に春香さんがやって来て『これ置いとくから!』って言って行っちゃったそうなんです」

伊織「何やってんのよ春香は!」

亜美「はるるんらしいといえばはるるんらしいね」

あずさ「じゃあこれは春香ちゃんの手作りなのかしら?楽しみね~」

亜美「うあうあ~あずさお姉ちゃん、気にするとこはそこじゃないっしょ~!」

伊織「まぁ何でもいいわ。ほらやよい、曲紹介してちょうだい」

やよい「はい!私と竜宮小町で、律子さんにハッピーバースデーの歌を贈ります!」

亜美「生歌のプレゼントだよ~ん!」

やよい「わんつーすりーほー」

四人「ハッピバースデートゥーユー ハッピバースデートゥーユー ハッピバースデーディーア」

亜美「律っちゃ~ん」

伊織「り~つこ~」

やよあず「律子さ~ん」

律子「バラバラじゃない!ふふっ」

四人「ハッピバースデートゥーユー」

やよい「律子さんおめでとうございます~!」

ぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱち

律子「もぅ……ずるいわよ……」

亜美「律っちゃ~ん、泣いてんの~?」

律子「な、泣いてないわよ!」

あずさ「あらあら」

伊織「ほら、泣いてる暇ないわよ?時間結構ギリなんだから」

やよい「はわっほんとうです!り、律子さんエンディングにいきましょう!」


~♪<ED:Slapp Happy>


律子 「ふふっはいはい。え~番組ではリスナーの皆さんからのお便りを募集しています」

やよい「番組ホームページの応募フォームからどしどしご応募ください!」

律子 「お便りが採用された方には番組特製ステッカーをプレゼント!」

やよい「亜美の番組『深夜にMY進』とのコラボステッカーです~!」

亜美「やよいっちの番組なのに配られるステッカーが亜美のって言うのが面白いよね!」

律子「っていうかこれもうちょっとマシな写真無かったの?あんた白目剥いてるじゃない……」

亜美「いやいや、やよいっちなんか半目だったし。目が合いてるだけマシっしょ→」

やよい「ちなみにですね、今日のお便り実は伊織ちゃんとあずささんのなんですよ~」

律子「え!?」

あずさ「うふふ、折角だからお便り出してみました~」

伊織「まぁ、トークの内容には触れないでおくとしてもなかなか盛り上がったんじゃないかしら?」

やよい「うっうー!伊織ちゃんもあずささんもありがとうございます!

    おかげでお話のタネは綺麗な花を咲かせました!」

あずさ「あら、それは良かったわ~」

伊織「にひひっ、この伊織ちゃんが出したんだから当然じゃない!」

やよい「二人には番組特製コラボステッカーをあげます!」

伊織「いらないわよ!亜美の白目剥いたステッカーなんて気味悪い物!」

亜美「うあうあ~!ひどいよいおりん!」

あずさ「あ、あらあら……」

やよい「でもぉ……」グスッ

伊織「うっ……」

亜美「あ~、いおりんがやよいっち泣かした~!いーけないんだいけないんだ~」

律子「はいはい、時間ないんだから後にしてちょうだい。もう〆るわよ!お相手は」

亜美「『シンマイ』もよろしくね!双海亜美と!あ!やよいっちちょっと……」ゴニョゴニョ

あずさ「は~い、『ま・よ・ら・ら』もよろしくお願いします~。ジューシーポーリーバーイ、三浦あずさと~」

伊織「『We're Super Girl!!』もちゃ~んと聞くのよ!?にひひっ水瀬伊織ちゃんと!」

律子「え~、今後共765プロをよろしくお願いします。お仕事の依頼は是非765プロダクションまで。秋月律子と」

やよい「え?それ言えばいいの?うん」



ζ*'ヮ')ζ『かっか~!』



やよい「ねぇ何これ?」

律子「ちょっと亜美、あんた自分とこのコーナー持ち込まないでよ!」

亜美「んっふっふ~、ふぁぼですな~。ほらほらやよいっち、締めて締めて」

やよい「あ、うん。駄菓子は本当に律子さんへのプレゼントです~!高槻やよいでした!」

五人「ばいば~い!」




ζ*'ヮ')ζ<おしまい!



関連SS次作:春香「天海春香のSweet Chiffon Cake♪秘密のゲスト」