あずさ「デュオ、ですか?」

P「はい、今までとは違った売り出し方をしようと思いまして」

あずさ「今までと違う……?」

P「えぇ、今まではあずささんのビジュアルを全面に押し出したプロデュースをしてきましたが

  今後はその高い歌唱力を軸に、同じく高い歌唱力を持った相手とユニットで活動してもらいます」

あずさ「となると……千早ちゃんか貴音ちゃんと組むんでしょうか?」

P「小鳥さんです」

小鳥「ファッ!?」

P「小鳥さんです」

小鳥「何で2回言った」

あずさ「まぁ!とっても楽しみですね~♪」

小鳥「いや止めろよ!」

P「えぇ、俺も楽しみです」

あずさ「どんなユニットになるんでしょうか」

P「それは俺にも分かりません、これからの二人次第です」

小鳥「やるって言ってないから!」

あずさ「そうですね、私、頑張ります!」

小鳥「聞けよ!」

P「えぇ、3人でトップアイドル目指しましょう!」

あずさ「音無さんって、とっても歌がお上手ですもんね」

小鳥「……いやいや、そんな事無いですよ///」

P「えぇ、そこにあずささんの歌唱力と二人の高いビジュアルが合わされば敵なしですよ」

小鳥「や、あの、事務員だから私、ね?」

あずさ「そうですね、旅行の時とかに見ましたけど、本当にスタイル良いんですよ~」

小鳥「嫌味か」

P「俺がいうのもアレなんですが、平均以上だと思うんですよ」

あずさ「まぁ、プロデューサーさんったらそんな風に…」

P「えぇ!?そ、そうじゃないですよ!参ったなぁ……」

小鳥「参ったのはこっちだよ!」

あずさ「うふふ、冗談ですよ」

P「もぅ、勘弁して下さいよ~」

小鳥「こっちのセリフだっての!」

あずさ「でも、そうですね。音無さんとだったら、どこまでも飛んでいけそうな気がします」

P「鳥だけに?」

小鳥「帰れ!」

あずさ「まぁ、お上手ですね!」

P「ははは、自信はありました」

小鳥「帰れ!」

あずさ「プロデューサーさん、私、まだまだ未熟ですけど、これからもご指導よろしくお願いしますね?」

P「任せて下さい!あずささんも小鳥さんも!俺が必ずトップアイドルにしてみせます!」

小鳥「あー、これダメなやつだ。逃げられんやつだ」

あずさ「ふふっ、期待してますね~」

P「それじゃあ営業に行きましょう」

あずさ「はい!」

がちゃ、ばたん

小鳥「いやいやいや、2x歳でアイドルとかキッツいでしょ…ってやかましいわ!」

律子「仕事してください」

小鳥「できるかああああ!!」