1: Lumberjack 2014/07/14(月) 19:43:22.10 ID:H6Il9Zeb0
2: Lumberjack 2014/07/14(月) 19:47:28.15 ID:H6Il9Zeb0
ダン?「ゲーン!!逃げるな→!!逃げるんじゃな→い!!」

ゲン「隊長ー!!やめてください隊長!!」

レオ「うああああ!!…ん?」

亜美「んっふっふ~♪いたずら大成功!」

真美「たいちょ→!!たいちょ→!!」

レオ「お、お前ら~…こらー!!」

亜美真美「逃げろー!!きゃはははは♪」

3: Lumberjack 2014/07/14(月) 19:56:38.12 ID:H6Il9Zeb0
レオ「逃げられたか…あの悪ガキどもめ」

アストラ「兄さんも大変だね」

レオ「的確に俺のトラウマを掘り起こしてきやがる…あんな昔の事をどこで知ったんだ?」

アストラ「さあ?」

レオ「仕事で疲れてるって言うのに、堪ったもんじゃない…」

アストラ「そんな事言いながら、兄さん楽しそうだよね」

レオ「楽しい?冗談はよせよ」

アストラ「あの二人をプロデュースするようになって、兄さん笑顔が増えたように感じるんだけど…兄さんが違うって言うなら違うんだろうね」

4: Lumberjack 2014/07/14(月) 19:57:20.11 ID:H6Il9Zeb0
レオ「……」

アストラ「そんな顔しないでよ……亜美、そろそろ時間だよ」

亜美「え~もっと遊んでたいよ→」

アストラ「我儘言わない!さ、行くよ」

亜美「はいはい…真美、行ってくるね→!」

真美「行ってらっしゃ→い!」

レオ「…笑顔、か」

真美「どうしたの兄ちゃん?そんなしみじみとして」

レオ「なんでもない」

5: Lumberjack 2014/07/14(月) 19:58:39.72 ID:H6Il9Zeb0
真美「ふ~ん…ねえ、兄ちゃんの話聞かせてYO→」

レオ「どうした急に?」

真美「真美をプロデュースしてくれてる、兄ちゃんについて色々知っておきたくてねぇ~」

レオ「…聞いてもつまらないぞ」

真美「つまらなくても、真美は聞きたいの!」

レオ「…なにが聞きたい?」

真美「ん~…じゃあ家族の話!」

レオ「家族か…」

真美「あれ…兄ちゃんどうしたしたの?」

レオ「…すまん」

真美「あ、謝んないでよ…」

6: Lumberjack 2014/07/14(月) 20:02:18.54 ID:H6Il9Zeb0
レオ「…俺とアストラ以外、死んじまったよ」

真美「え?」

レオ「星ごと滅ぼされたんだ。なんとか生き延びたのは俺とアストラだけだった…そのアストラとも、逃げる時に離ればなれになっちまって…なんとか逃げ延びて、この地球までやって来たんだ」

真美「……」

レオ「この地球は、俺にとって第二の…いや、本当のふるさとなんだ」

真美「兄ちゃん…ごめん…」

レオ「…お前が泣く事はないだろ」

真美「そんな事も知らないで…兄ちゃんに、いたずらばっかりして…」

レオ「馬鹿、お前らはあれで良いんだよ。お前らは喧しいくらいが丁度良いんだ。それにな、お前が泣いてる所なんて見たくない。笑ってくれ、真美」


7: Lumberjack 2014/07/14(月) 20:05:57.27 ID:H6Il9Zeb0
真美「兄ちゃん…うん!」

レオ「そうだ、それで良いんだ」

真美「んっふっふ~♪これからは、真美が兄ちゃんを笑顔にしてあげるね!」

レオ「ああ、頼む」

真美「じゃあ早速…モノマネクイズ~!」

レオ「随分と唐突だな」

真美「これからモノマネするから、誰だか当ててみてよ」

レオ「わかった」

真美「それじゃあ…イヤー!!タアー!!」


8: Lumberjack 2014/07/14(月) 20:08:01.13 ID:H6Il9Zeb0
レオ「これは簡単だ。タロウ兄さんだろ」

真美「ブッブ~!正解は、カンフースターの○ャッキー・チェ○だよ→」

レオ「タロウ兄さんにしか聞こえないんだが…」

真美「全然違うよ→!確かに似てるけど細かいところが…」

レオ「なるほど、確かにここが…」

真美「でしょ~」

レオ「真美には敵わんな」

真美「んっふっふ~もっと言って良いんだよ!」

レオ「ははは」

真美「あははは♪」


9: Lumberjack 2014/07/14(月) 20:09:44.52 ID:H6Il9Zeb0
~次の日~


アストラ?「助けて→レオ兄さ~ん!!苦しいよ~!!レオ兄さ~ん!!」

レオ「アストラー!!…ん?」

真美「んっふっふ~♪またまた大成功!」

亜美「助けて→レオ兄さ~ん!!」

レオ「お前ら…こらー!!」

亜美真美「逃げろ→きゃははは♪」

アストラ「兄さん、やっぱり凄い楽しそうだな」

レオ「あの悪ガキども…」

レオ(だが、こんな日常も悪くない)


10: Lumberjack 2014/07/14(月) 20:11:59.91 ID:H6Il9Zeb0


『決闘!双海姉妹対ウルトラ兄弟』


11: Lumberjack 2014/07/14(月) 20:14:02.20 ID:H6Il9Zeb0
伊織「や、やよい…ちょっと良いかしら?」

やよい「なに伊織ちゃん?」

伊織「さ、さっき買ってきたゴージャスセレブプリン、一緒に食べましょう…」

やよい「良いの!?うわー!ありがとう伊織ちゃん!」

伊織「か、勘違いしないでよね!べ、別にやよいと一緒に食べたくて買ってきた訳じゃ…」

マン「……」

セブン「……」

マン「やっぱやよいおりは最高だな、セブン」

セブン「ああ、最高だな…だが、いおみきも悪くないとおも…」

伊織「ええぇ!!」

12: Lumberjack 2014/07/14(月) 20:15:14.41 ID:H6Il9Zeb0
マン「!?」

セブン「ど、どうしたんだ伊織!」

伊織「無い…無いのよ…」

マン「72が無いんだ?」

セブン「もしかして、ウルトラアイ?」

伊織「違う!ウルトラマンの言ったのは元から無いし、あんたと違って私はすぐに無くしたりしないわよ!」

千早「くっ!」

ジャック「ん?どうしたんだ千早」

千早「どこかでいじめを受けたような気がして…」

ジャック「千早をいじめた奴が居るだと!?許せん!犯人を捜し出してとっちめてやる!」


13: Lumberjack 2014/07/14(月) 20:16:46.03 ID:H6Il9Zeb0
セブン「で、なにが無くなってるんだ?」

伊織「私がやよいと一緒にいちゃいちゃしながら食べようと思って買ってきた…ゴージャスセレブプリンが無くなってるのよ!!」

セブン「なにー!?」

マン「なんだってー!!」

やよい「あうう…せっかく伊織ちゃんと一緒に食べれると思ったのに…」

伊織「許さない…勝手に食べた奴は絶対に許さない!!」

?「……」

マン「むっ!」

?「んっふっふ~」

セブン「あれは、まさか…!」


14: Lumberjack 2014/07/14(月) 20:17:43.06 ID:H6Il9Zeb0
~876プロ~


夢子「あ~ん」

涼「あ~ん…美味しい!」

夢子「涼の為に頑張って作って来たのよ」

涼「嬉しいなぁ…夢子ちゃんみたいなかわいい子に食べさせてもらうなんて、僕は幸せ者だよ」

夢子「もう!涼ったら、褒め上手なんだから!」

涼「へへへ」

夢子「うふふ」

A(うぐぐ…ヤプールの一件以来毎日こんな調子だ…糖尿になっちまう前に、早く元に戻りてぇよ…)

15: Lumberjack 2014/07/14(月) 20:18:37.92 ID:H6Il9Zeb0
16: Lumberjack 2014/07/14(月) 20:20:23.66 ID:H6Il9Zeb0
夢子「あ~ん」

涼「あ~…!?」

涼「危ない!」

夢子「きゃっ!?」


ガッシャーン!


A「うおっ!?な、なんだ!」

涼「誰かが事務所に石を…」

夢子「どこの誰がこんな事を!」

A「ん?あれは!」


17: Lumberjack 2014/07/14(月) 20:21:01.87 ID:H6Il9Zeb0
?「リア充爆発しろ~!」

涼「あの声と人影から察するに…犯人は765プロの!」

夢子「許せない…涼!エース!765プロに殴り込むわよ!」

A「よーし、いっちょやってやるかぁ!」

涼「ちょ、ちょっとさすがにそれは…」

夢子「ウルトラタッチ!!」

涼「うわっ!?」


18: Lumberjack 2014/07/14(月) 20:24:28.69 ID:H6Il9Zeb0
春香「はいプロデューサーさん、クッキーですよ!クッキー!」

ゾフィー「春香のクッキーは相変わらず美味しいな!」

春香「もうプロデューサーさんったら!」

ゾフィー「はははは!」

春香「うふふふ」

ゾフィー「よし、お礼にお茶でも淹れよう」

春香「だ、大丈夫ですよ!」

ゾフィー「良いんだ、春香はそこに座っててくれ」

春香「じゃあ、お言葉に甘えて」

ゾフィー「コンロは…あったあった」


19: Lumberjack 2014/07/14(月) 20:25:12.43 ID:H6Il9Zeb0
カチャカチャ…


ゾフィー「おかしいな、つかない…」


ボワッ!


ゾフィー「うおああっ!?あっちぃー!!」

春香「どうしたんですプロデュ…あ、頭に火が!?」

ゾフィー「水!水!」

春香「は、はい!」


バッチャーン!


20: Lumberjack 2014/07/14(月) 20:25:48.05 ID:H6Il9Zeb0
春香「大丈夫ですか!?」

ゾフィー「はぁ、はぁ…死ぬかと思った…一体誰が…」

?「やーいファイアーヘッド~!」

ゾフィー「むっ!あれは…」

春香「ま、まさか!?」


21: Lumberjack 2014/07/14(月) 20:27:07.90 ID:H6Il9Zeb0
真美「たっだいま→!…あれ?」

レオ「ん?どうしたんですか兄さん達」

マン「どうもこうもない!」

セブン「レオ、亜美ちゃんとアストラはどこに居るんだ?」

ジャック「正直に答えてもらおう」

A「正直に言わねえなら、こっちにも考えが…」

レオ「待ってください。俺には事の経緯が見えてこないんですが…なにがあったんですか?」


22: Lumberjack 2014/07/14(月) 20:28:56.90 ID:H6Il9Zeb0
伊織「亜美が、私がやよいとラブラブする為に買ってきた、ゴージャスセレブプリンを盗み食いしたのよ!」

千早「私は…くっ!」

やよい「久しぶりに伊織ちゃんとお話しできると思ったのに…」

夢子「こちとら貴重な涼との時間を邪魔されたのよ!絶対に許さないからね!」

涼「お、落ち着いて夢子ちゃん…」

ゾフィー「私は頭を燃やされて、あのトラウマを思い出すはめになったんだ!今回はいたずらでは済まされんぞ!」

春香「亜美にはキツイお仕置きが必要だよ!」


23: Lumberjack 2014/07/14(月) 20:29:40.95 ID:H6Il9Zeb0
真美「た、確かに亜美も真美もいたずらは良くするけど、今日亜美はお仕事が…」

レオ「それにアストラも居るんだ。そんな事するとは…」

?「んっふっふ~…」

ゾフィー「あれは!」

マン「捕まえるんだ!」

セブン「逃がすな!」

真美「ま、待ってみんな!」

レオ「ここは俺達に任せてくれ!」


24: Lumberjack 2014/07/14(月) 20:30:48.59 ID:H6Il9Zeb0
真美「亜美!」

亜美「……真美」

レオ「亜美、何でこんな事をしたんだ?それにアストラはどうした」

亜美「……」

真美「なんでなにも言わないの!答えてよ!」

伊織「真美!そこをどきなさい!」

千早「なにも言わないって事は、これまでの犯行は自分がやったと認めた事になる」

やよい「さすがに今回は、いたずらじゃ済まされないよ」

夢子「こんの悪ガキめ!思い知らせてやるわ!」

春香「折檻ですよ!折檻!」

25: Lumberjack 2014/07/14(月) 20:31:48.93 ID:H6Il9Zeb0
伊織「真美!私達は、亜美を殺す!!」

真美「ま、待ってみんな!待ってよ!」

「「「駄目だ!」」」

真美「真美は…真美は命に代えても、亜美を守る!」

レオ(おかしい…いくら亜美でも、こんな事をするとは思えない…それにアストラはどこに居るんだ…)

レオ「真美、ここは逃げるぞ!」

真美「うん!」


26: Lumberjack 2014/07/14(月) 20:34:26.74 ID:H6Il9Zeb0
ゾフィー「逃がさん!」

マン「大人しくしなさい!」

亜美「!?」

亜美「助けてー真美ー!助けてー!痛いよー!」

真美「亜美!亜美を離せえ!」

レオ「イヤアァア!!」

ゾフィー「ぐぅ!?」

マン「さすがレオ…だが!」

ジャック「逃げ道は塞いだ!」

A「観念しろぃ!」

レオ「多勢に無勢か…逃げられそうもない…」

伊織「さあ覚悟して…」



「待ちたまえ!!」



27: Lumberjack 2014/07/14(月) 20:35:19.41 ID:H6Il9Zeb0
レオ「この声は…」

春香「高木会長!?」

ゾフィー「どうしてここに?」

高木順一郎「私がどこに居ようと、そんな事は問題ではない。君達の目には、あの子が亜美君に見えるのか?」

マン「そ、それはどういう事なんですか!」

高木会長「良く見ていなさい…はあっ!!」

亜美「ぐあぁああ!?」


28: Lumberjack 2014/07/14(月) 20:36:18.54 ID:H6Il9Zeb0
ババルウ星人「うあああぁあぁあ!?く、くそ…」

レオ「ババルウ星人!!やはり貴様か!!」

ババルウ「ば、ばれちゃあ仕方がねえ…だが、こっちには人質が居るんだ!」

亜美「……」

真美「亜美!」

ババルウ「少しでも動いたら、この亜美ちゃんの恥ずかしい写真をそこらじゅうにばら撒いて、そのあとに週刊誌に売りつけてやるぜ!」

ジャック「な、なんて卑劣な…」

A「このロリコン野郎!!」


29: Lumberjack 2014/07/14(月) 20:37:05.36 ID:H6Il9Zeb0
ババルウ「うるせえ!!こんなかわいい子のあんな姿やこんな姿の写真を売りつけりゃあ、大儲け間違いなしだぜ!そのあとは…うひゃひゃひゃひゃ!!堪らねえな!!」

伊織「許せない…この変態宇宙人!」

ババルウ「も、もっと言ってください!」

ババルウ「や、やっぱり最高だ…伊織ちゃんに罵倒され、やよいちゃんと千早ちゃんに汚物を見るような目で睨みつけられ…うおー!!漲ってきたぜー!!ひゃーはっはっはっは!!」

レオ「この屑が…兄さん達、ここは俺と真美に任せてくれ」

マン「大丈夫なのか?」

レオ「兄さん達はアストラを…」

マン「わかった。行くぞ!」


30: Lumberjack 2014/07/14(月) 20:38:15.12 ID:H6Il9Zeb0
ババルウ「ぐふふふ…二人だけでなにが出来るというのだ!」

レオ「真美、後ろに下がってろ」

真美「うん…」

ババルウ「あ、亜美ちゃんの次は真美ちゃんを…違法だろうが合法だろうが関係ねえ!俺は亜美ちゃんと真美ちゃんをぺろぺろするぞー!!」

アストラ?「レオ兄さ→ん!!」

ババルウ「!?」

ババルウ「ア、アストラだと!?あいつは小惑星に閉じ込めておいたはずなのに…ど、どこに居る!」

レオ「かかったな!」

レオ「イヤアァアァアアア!!」

ババルウ「ウギャアア!?」

31: Lumberjack 2014/07/14(月) 20:40:19.21 ID:H6Il9Zeb0
レオ「亜美、大丈夫か?」

亜美「に、兄ちゃん…」

レオ「ここでじっとしていろ…よくやった真美」

真美「レオ兄さ→ん!!なんてね」

ババルウ「し、しまった!双海兄弟はモノマネが大得意だという事を、すっかり忘れていた…!」

レオ「こうなればこっちのものだ…真美、いくぞ!!」

真美「レオ兄ちゃん…いくよ!!」

真美「ふん!はぁぁ…」



「「レオオオオオオ!!!」」



32: Lumberjack 2014/07/14(月) 20:42:58.33 ID:H6Il9Zeb0
「「エイヤアァアァアア!!!」」



ババルウ「うおお!?ま、まずい…逃げ」

レオ「逃がすか!!」

真美「えい!!ていやあぁあ!!」

ババルウ「うぎゃっ!ぐへぇ!」

真美「うりゃああ!!」

ババルウ「うぐおぉ…」


33: Lumberjack 2014/07/14(月) 20:43:44.22 ID:H6Il9Zeb0
レオ「とどめだ!!」

真美「うん!!」


「「レオキック!!!」」


「「いやああぁああぁあ!!!」」


ババルウ「ぐぎゃああああ!!」



34: Lumberjack 2014/07/14(月) 20:45:32.63 ID:H6Il9Zeb0
真美「はぁ、はぁ…や、やったねレオ兄ちゃん!」

レオ「ああ、俺達の勝利だ」

会長「良くやったなレオ、真美君!」

真美「んっふっふ~♪真美と兄ちゃんにかかれば、こんな事朝飯前だよ→!」

レオ「会長、ありがとうございました」

会長「礼を言われるようなことはしていないよ。それにアストラも無事のようだ。最後に…ふん!」

真美「うわあ!?」

レオ「これは…」

会長「私からのささやかなプレゼントだ…では、さらばだ!」

会長「ははははは!」


35: Lumberjack 2014/07/14(月) 20:47:08.33 ID:H6Il9Zeb0
春香「な、なんですかこの料理!?」

真美「会長が用意してくれたんだよ→」

レオ「遠慮なく食べて良いそうですよ」

ゾフィー「ババルウ星人に踊らされた手前、祝う気にもなれんが…」

やよい「良いじゃないですか!!こんな豪華な料理、食べないと勿体ないですよ!!」

マン「やよいの言う通りだ」

伊織「それに、あの変態に酷い目にあわされたんだから、パーッとやりましょうよ」

セブン「いおりんに罵ってもらえたんだ、あいつも本望だろう…羨ましい…」


36: Lumberjack 2014/07/14(月) 20:48:03.13 ID:H6Il9Zeb0
ジャック「そうだね、レオと真美ちゃんへのお詫びも兼ねてパーッとやろうか!」

千早「じゃあ、お言葉に甘えて…」

夢子「せっかくだし、私達も参加していきましょう」

涼「い、良いのかな…」

A「良いの良いの!参加しないほうが野暮ってもんよ!でも、ウルトラリングの俺はなにも食べれねえんだけども…」

アストラ「レオ兄さん、ごめん…」

レオ「油断するのは、日頃のお前の鍛錬が足りないせいだ…だが、今日は忘れてやる。楽しんで来い」

アストラ「はい!」

亜美「真美、ごめんね…亜美が捕まったせいで…」

真美「無事に帰ってきてくれただけで、真美は嬉しいよ…また一緒に遊ぼうね!」

亜美「うん!」


37: Lumberjack 2014/07/14(月) 20:48:57.54 ID:H6Il9Zeb0
レオ「ふぅ…長い一日だったな」

真美「そうだね~」

レオ「……」

真美「……」

真美「に、兄ちゃん!」

レオ「なんだ?」

真美「今日、真美頑張ってよね」

レオ「ああ」

真美「だ、だからさ…ご、御褒美がほしいな~って…」

レオ「……」 なでなで

真美「あ…」

レオ「これで良いか?」

真美「うん…レオ兄ちゃん…」

38: Lumberjack 2014/07/14(月) 20:49:43.00 ID:H6Il9Zeb0
レオ「暑いからくっつくなよ」

真美「む~!このせくちーでめちゃんこかわいい真美がハグしてんのに、そのリアクションはないんじゃないの→!」

レオ「もう少し大人になってから出直してこい」

真美「大人になれば、レオ兄ちゃんと…」

レオ「ん?」

真美「なんでもない!!」

レオ「…かわいい奴だな」

真美「ふぇ?」

レオ「なんでもない」


39: Lumberjack 2014/07/14(月) 20:50:27.89 ID:H6Il9Zeb0
真美「な、なんて言ったの?教えてよ!」

レオ「大人になったら教えてやる」

真美「いじわる!」

レオ「なんとでも言え」

真美「もう…レオ兄ちゃんのバカ…これからも、よろしくお願いします…」

レオ「こちらこそよろしくな…真美」

40: Lumberjack 2014/07/14(月) 20:53:20.93 ID:H6Il9Zeb0
終わりです。特訓シーンは入れようか迷ったんですが、あのえげつない特訓を真美にはさせられません

レオPはなんだかんだ結構甘やかしてますので

拙い物ですが、読んで下さった皆様、ありがとうございました

元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1405334601/




次作:ウルトラマン80「絵理!!」 絵理「ひぅっ!?」