1: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 12:27:29.60 ID:pdtPLpuE0
4: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 12:54:15.69 ID:pdtPLpuE0
スタンド使いDIOをプロデューサーに雇い、

トップへの道を歩み続ける765PROッ!

そして彼女達は念願の大型ライヴを控えていた!

時はその前日であるッ!

5: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 13:02:10.64 ID:pdtPLpuE0
DIO「全員集まったか」

小鳥「えーっと........全員です」

亜美「兄ちゃん、今回は何?」

真美「話があるって........もしかちて告白!?」

真「どぅえぇ!?」

雪歩「えぇ!?」

伊織「誰によ!?」

美希「どーゆーコトなのダニー!」

DIO「まだ何も言っとらんだろーが」ペシィ

真美「痛ァーッ!?」

6: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 13:05:00.04 ID:pdtPLpuE0
DIO「大事な話だ」

真美「やっぱ告」

DIO ブンッ!

真美 メメタァ

DIO「...............リーダーだ」

DIO「リーダーを決めようと思う」

7: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 13:07:15.23 ID:pdtPLpuE0
やよい「りーだーですか?」

貴音「りぃ......だぁ......?」

響「指揮官とか、代表みたいなもんさー」

貴音「なるほど、横文字とは難しいものですね」

あずさ「でもリーダーなんて、誰が......」

DIO「俺の中ではもう決めてある」

千早「誰なんですか......?」

8: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 13:09:32.38 ID:pdtPLpuE0
全員 ゴクリ...

DIO「リーダーは.........」

DIO「タルカス、貴様だ」

春香「えぇ!?私!?ってタルカスMUOOHHHーーー!!!!」

DIO「騒がしい奴め......。わかったか?」

春香「務まるかな......私に......」

DIO「貴様は一見、カスに見えて、人をまとめる力がある」

春香「...............」

10: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 13:15:12.23 ID:pdtPLpuE0
DIO「リーダーを貴様に決めても、誰も文句を言わんだろう?」

春香「!」

伊織「フン!リーダーならしっかりやりなさいよね!」

律子「そうよ!みんなを引っ張ってあげなくちゃ!」

千早「頑張って、春香」

春香「伊織......律子さん......千早ちゃん.........」

11: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 13:16:16.74 ID:pdtPLpuE0
真「頼りにしてるよ!タルカス!」

雪歩「私もだよタルカスちゃん!」

響「タルカスやってやるさー!」

美希「ガンバなの、タルカス」

亜美真美「「U・R・O・O・W?」」

春香「UROOWWWWWWWWWWーーッ!!!」

12: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 13:20:55.64 ID:pdtPLpuE0
ヤロォォォォブッコロシテヤァァァァ タルカスキレター! ムォォォォォ!

DIO「............」

DIO「.........もうひとつ、伝える事がある」

全員 ピタッ

真美「(さっきと雰囲気が違う......)」

DIO「....................」

DIO「................俺は」

DIO「....................」

13: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 13:22:51.21 ID:pdtPLpuE0
DIO「..........俺はこの大型ライヴが終わったら.......」

DIO「プロデューサーを.................やめる」

全員「「「えぇ!!?」」」

真「ど、どういう事ですか!?プロデューサー!」

DIO「............................」

伊織「何か言いなさいよ!」

14: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 13:27:16.39 ID:pdtPLpuE0
亜美「兄ちゃん......ホントなの?」

DIO「......あぁ」

あずさ「え.......」

貴音「............」

響「じ、自分.....嫌だぞ........嫌だぞ!」

美希「嘘......だよね?」

DIO「本当だ」

やよい「ふぇっ......」

律子「わ、私、そんな話......」

雪歩「そんな......」

春香「プロデューサー...さん......」

千早「いきなり......すぎるわ...」

16: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 13:40:02.23 ID:pdtPLpuE0
真美「ど、どーしてなのさ!!」

DIO「..........信じられんだろうが」

DIO「俺は.........このDIOは、この時代の者じゃあない」

小鳥「え......?」

DIO「信じられんだろう?別の時から来た.........異端者なのだ」

美希「............わかんない」

美希「ミキ......全然わかんないの......グスッ...」

亜美「兄ちゃんは別の人で、だからこっちは......わかんないよー!」

やよい「うぅ......グスッ......」

春香「..........」

17: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 13:50:17.85 ID:pdtPLpuE0
DIO「異なる時が重なるのは、決して許されん事.........」

DIO「......そうだろ?四条」

貴音「..........はい」

響「!」

響「貴音ッ!」

響「どうしてそんな素っ気ないんさ!!悲しくないのか!?」

貴音「ッ!!」

貴音 バチィ!

響「痛ッ......!な、何するさ!」

貴音「悲しくないと......悲しくないと思いますか!!」

18: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 13:52:39.38 ID:pdtPLpuE0
響「た、貴音......」

貴音「わたくしはっ......わたくしは、皆よりも早く気付いてしまったのですっ......!
それが........悲しくないと思いますか!......うぅっ...」

響「ごめん!貴音!自分......」

DIO「(...........)」

DIO「(.......愛されたものだな......このDIOも......)」

真「......昔から不思議な人だとは、思っていましたけど......」

雪歩「........」ポロポロ

19: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 13:55:03.19 ID:pdtPLpuE0
DIO「俺は能力で......この時代に来た」

DIO「何故、この時代なのかはわからん」

千早「能力........?」

DIO「あぁ、全てを破壊し、支配する.........力だ」

春香「も、もしかして........あのロードローラー爆破事件は......」

DIO「まぎれもなく、俺は爆破させた」

全員「「「ッ!!」」」

20: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 13:58:36.80 ID:pdtPLpuE0
春香「.........」

伊織「............どうして......」

伊織「......グスッ......どうしてよ....」

響「うっ.......うぅぅぅ.....」

あずさ「プロデューサーさん.......」

亜美「ライヴが終わったら、もう会えないの?」

DIO「..........だろうな」

真美「にいちゃっ.....えぐっ.....兄ちゃんっ........」

やよい「うぅぅ.....ヒック.....」

DIO「...........」

春香「..............み、みんなっ!」

21: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 14:01:11.40 ID:pdtPLpuE0
春香「な、泣いてる暇なんかないよっ!」

春香「明日はライヴだよ?そ、それに......」

春香「それに................」

全員「「「...............」」」

春香「プロデューサーさんを........笑顔で.....み、見送らなくっ.......ちゃっ.....」

春香「だ、だから......泣いて.......」

春香「......うぅ、うぅぅ.....グスッ.....何で......なんで......ヒック....]

春香「お別れが.....早すぎだよぉ.......えぐっ.......」

23: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 14:04:03.51 ID:pdtPLpuE0
春香「っ!」ダッ!

律子「春香!」

DIO「................」

真「............追いかけないんですか?」

DIO「................」

真「追いかけないんですか!プロデューサー!」

DIO「........チッ!」ダッ!!

全員「「「.............」」」

真「...........せっかく、せっかく仲良くなれたのに...........」

雪歩「.....グスッ.......グスッ......」

真美「....兄ちゃ.......」

やよい「真美...........」

響「貴音ぇ.......」ダキ

貴音「..............」

あずさ「どうしたら......いいのかしら.........」

小鳥「プロデューサーさん........」ホロリ

律子「どうして.......」

美希「......ダニー.........」

25: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 15:00:40.34 ID:pdtPLpuE0
......................................

...........................

..................

.........

.....

DIO「......ここにいたか」

春香「ッ!.............」

DIO「帰るぞ」

春香「..........プロデューサーさん」

DIO「何だ」

春香「私.........わからないんです........何もかも....」

26: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 15:02:06.06 ID:pdtPLpuE0
DIO「......そうだろうな」

DIO「もはや別次元の話と言っても過言ではないだろう」

DIO「.............話そう、このDIOの事を.........」

DIOは己の生い立ちを全て話した

自分が吸血鬼になった事、ジョースター家との因縁が続いている事

そしてスタンド........

包み隠さず、話したのである

27: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 15:07:14.14 ID:pdtPLpuE0
春香「...........信じられないです」

DIO「..............」

DIO「.....しかし『別れ』はわかるだろう」

DIO「『別れ』は決められていたのだ。最初からな........」

春香「............嫌です」

DIO「ワガママな奴だ」

春香「プロデューサーさんは.......今、そのスタンド......?を
使ってて、体が痛くなったりしてるんですか?」

28: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 15:11:56.21 ID:pdtPLpuE0
DIO「いや、ない」

春香「だったら!帰る必要なんてないと思います!」

DIO「..........だがな」

春香「“感じ”がするんですよね!?帰らなくちゃって!
“感じ”なんて、ど、どうでもいいと思います!」

DIO「...............」

春香「........こんな....こんな気持ちでライヴなんて.......」

DIO「..............LESSON4だ」

29: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 15:13:03.59 ID:pdtPLpuE0
春香「...........え?」

DIO「まず、最初に言っておく」

DIO「貴様はこれから、『できるわけがない』というセリフを4回だけ言っていい」

春香「...............?」

春香「....LESSONって前に話してた......でも、もう関係ないですよ.....」

春香「こんな気持ちで.......ライヴなんて『できるわけがない』です.......」

DIO「...........今言ったか?『できるわけがない』.......と?」

30: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 15:18:34.71 ID:pdtPLpuE0
春香「そうですよ!たとえライヴをやっても、プロデューサーさんがいなかったら......」

春香「私、思いっきり『できるわけがない』です.........」

DIO「.......................」

春香「プロデューサーさんだって、本当は嫌なんじゃないですか......?」

DIO「............何がだ」

春香「ここを.......離れることです」

31: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 15:20:47.09 ID:pdtPLpuE0
DIO「.......いや、むしろせいせいした。一刻も早く貴様らのような
面倒極まりない猿共とは関わりたくなかったのだ」

春香「そんなの嘘ですっ!」

DIO「ッ」

春香「本当に嫌だったらっ.......こんなに長く一緒にいられませんよ!
それに......こんな生意気な小娘のために.......必死で働いてくれて.........」

春香「嫌だったら........こんなこと.....『できるわけがない』ですよ!!」

DIO「ッ!!」

DIO「........................フン」

33: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 15:28:30.26 ID:pdtPLpuE0
DIO「辛くないと言えば.....嘘になるが.......」

春香「................」

DIO「貴様はリーダーだ。自分でも言っていただろう、
泣いている暇はないと」

春香「言いましたけどっ、でも...でも!」

春香「今まで一緒にいた人が......いなくなるなんて.......辛くて........っ」

DIO「.................」

DIO「............このDIOには夢がある」

34: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 15:30:12.16 ID:pdtPLpuE0
春香「........夢」

DIO「ジョースター家の血族を途絶えさせること.......」

DIO「そして..........貴様らをトップにすることだ」

春香「っ......」

DIO「俺はここへ来て“人間”というものを改めて学んだ」

DIO「吸血鬼となった俺は、人の心など、とうに忘れていた」

DIO「......ま、最初からなかったのかもしれんがな」

春香「...............」

DIO「ホルホースに出会い、貴様らに迎えられ
共に歩み、戦い、分かち合った..........」

35: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 15:31:44.08 ID:pdtPLpuE0
DIO「俺はここに来て良かったと思っている」

DIO「...........変わるものだな、このDIOも...........」

春香「プロデューサーさん........」

DIO「自分で言うのもなんだが、俺は貴様らに尽くした」

DIO「『使命』や『義務』などではない」

DIO「俺自身の『想い』だ」

春香「..........はい」

DIO「貴様らの成長を見るだけで、俺は満たされる」

DIO「もうトップまで遠くはない」

DIO「この大型ライヴで、トップは確実になる」

DIO「..............................やってくれるか?」

36: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 15:32:54.56 ID:pdtPLpuE0
春香「.....................」

春香「.............もう」

春香「プロデューサーさんに言われたら......」

春香「『夢』だなんて言われたら.........」

春香「断るなんて.........」







春香「『できるわけがない』じゃないですかっ......グスッ...」








37: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 15:44:02.83 ID:pdtPLpuE0
DIO「礼を言う........リーダー」

春香「はいっ」

DIO「そうと決まれば涙を拭え」

春香「えへへ......」クイ

春香「私、みんなと話してきます!」

DIO「あぁ..........」

春香 タッタッタ......

DIO「.................」

DIO「LESSON4.........『このDIOに敬意を払え』」

38: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 15:48:54.44 ID:pdtPLpuE0
@765PRO

春香「みんな!」バン!

律子「春香!?」

雪歩「春香ちゃん!」

春香「ほら、みんな!泣いてる暇じゃないよ!
リハーサルしよう!」

美希「春香........なんか元気なの........」

春香「げ、元気なわけじゃないけど......」

響「でも......」

春香「あのね、プロデューサーさんと話をしたの」

あずさ「...........」

春香「プロデューサーさん、あぁ見えて......私達に会えたことに
感謝してるんだって」

真「っ!......」

39: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 15:51:42.74 ID:pdtPLpuE0
春香「一緒に過ごしてきて、何よりの楽しみが
私達の成長を見届けること......なん....だって......っ」ジワッ

美希「.............うぅ...」ジワァ

伊織「アイツ..............グスッ.....」

春香「だ、だからっ!トップ........アイドルになって!...........
プロデューサーさんを............プロデューサーさんを笑顔で.........見送ろうっ...!」

春香「別れるのは......っ、もう会えないのは辛いけどっ.....グスッ....
みんな..........っ!頑張ろう!」

全員「「「.................」」」

40: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 15:53:56.49 ID:pdtPLpuE0
千早「..............そうね。プロデューサーが応援してるなら、答えるしかないわね」

春香「千早ちゃん.........」

美希「ヤだ...けど、苦しいけど、ヒック...寂しいけど...グスッ...
ダニーが喜ぶなら...何でもするのっ!」

春香「美希っ......」

響「落ち込んでても、何も始まらないさー!」

亜美「ひびきんのいうとーり!ほら、真美も!」

真美「..........うん」

貴音「わたくし達の、ある意味最後の舞台ですね。
DIO殿をっ...快く見送りましょう」

41: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 15:56:44.19 ID:pdtPLpuE0
雪歩「うぅ......私、頑張る........頑張るよ!」

真「一緒にガンバろ、雪歩!」

伊織「アイツがそう言うなら..........」

あずさ「ほら伊織ちゃん、もう泣かないの」

伊織「な、泣いてないわよっ!」

やよい「寂しいですけど、頑張りますーっ!」

律子「しっかりサポートするわ!」

小鳥「私も!」」

春香「みんな............っ!」

春香「......よしっ、プロデューサーさんを笑顔で見送ろう!」

全員「「「オーー!!」」」

DIOとの別れを前に、また一歩進んだ765PRO!

明日は待ちに待った大型ライヴ!

夢へ......踏み入れるのだったッ!

42: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 15:58:48.38 ID:pdtPLpuE0
@当日 舞台袖

響「わぁー......本当に人がびっしりだぞ......」

雪歩「き、緊張してきた......」

DIO「大丈夫だ」


【 まもなく765PRO ALLSTAR LIVEが開演いたします 】


ワァァァァァァァァァァァァァァ!!


美希「は、始まるの!」

やよい「いよいよですー!WッWRYYYYYYYYYYYYYYYYY!!!!!!!!」

あずさ「やよいちゃんも遂に完成形ねぇ~」

千早「ちゃんと歌えるかしら.......」

貴音「大丈夫ですよ」

亜美「シミュレーションはバッチリだよね!真美!」

真美「う、うん!」

春香 カチコチ

43: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 16:00:59.54 ID:pdtPLpuE0
DIO「貴様ら」

全員「「「!」」」

DIO「やるだけの事はやってきた。何も心配することはない。
思う存分やれ」

全員「「「ハイ!」」」

DIO「..............掛け声が必要なのではないか?」

真「!」

44: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 16:03:40.88 ID:pdtPLpuE0
真「よ、よし!いっくよー!」

真「震えるぞー!」

全員「「「ハート!」」」

美希「燃え尽きるほどー!」

全員「「「ヒート!!」」」

春香「刻もう!765のー!」

全員「「「ビートォ!!!」」」

DIO「行ってこい」

45: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 16:05:48.15 ID:pdtPLpuE0
タッタッタ......

DIO「春香」

春香「!?」

DIO「リーダーは、リーダーらしく、引っ張って行け。
今も、そして.......これからもな」

春香「......うぅぅっ...えぐっ...」

DIO「オ、オイ!何故泣く!?」

春香「だって......だって.......」

春香「初めて.................名前で.........」

DIO「..............もう泣くな」クイ

春香「えへへ......」

春香「......ハイ、リーダーらしくっ、みんなを引っ張ります!」

DIO「あぁ.......頼んだぞ......」

46: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 16:07:32.33 ID:pdtPLpuE0
タッタッタ.....ワァァァァァァァァ!!ハルカー!ハルカチャーン!ワァァァァ!!

春香「みんなー!今日は楽しんでいってねー!」

ワァァァァァァァァァァァ!!!

美希「それじゃ、一曲目行くの!」

全員「「「 THE WORLD is all one!!」」」

キタァァァァァァァァ!!ワァァァァァァァ!!!!!

47: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 16:09:15.37 ID:pdtPLpuE0
全員「矢を見上げ 弓を引こう♪」

全員「スタンドが引き出される♪」

全員「少し痛い 血が出る」

全員「THE WORLD is all oneッ!」

全員「弓と矢!」

@袖

DIO「思えばこれが始まりの歌だったか......」

フッフー!

やよい「なぁ 知ってたかプッチ♪」

美希「なぁ パリのルーヴル♪」

伊織「どれだけの人が見に来るの?」

亜美「いちにち4万人♪」

雪歩「もう どうでもいいね♪」

あずさ「あの天国へ行く方法 知りたい?」

春香「カブトムシとカブトムシ♪」

真「螺旋階段 カブトムシ♪」

伊織「カブトムシ カマキリ♪」

響「もひとつオマケにカブトムシそしてコガネムシ♪」

貴音「時止める ザ・ワールド♪」

真美「メチャクチャ強いスタンド♪」

春香「憎きジョースター家♪」

雪歩「許さん THE SUN」

美希「時止める 承太郎♪」

真「そんなの聞いてませんよ♪」

伊織「ズルい セコい 敗北♪」

全員「THE WORLD is all oneッ!」 

全員「弓と矢!」       

49: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 16:22:49.42 ID:pdtPLpuE0
テテーン!

ワァァァァァァァァァァァァ!!!!アミー!ユキホー!!アズサー!

伊織「次の曲は盛り上がるんじゃない?」

真美「なんせっ!」

亜美「あの曲だもんげ!」

やよい「この曲ですー!」

全員「「「吉良メ吉良リ!!!」」」

50: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 16:29:22.43 ID:pdtPLpuE0
やよい「フレー!フレー!ガンヴァレさぁ行こう!フレー!フレー!頑張れ最高!」

ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!

千早「どんな物でも爆破するんです♪」マールマルドッカンカン

春香「邪魔する奴を爆破するんです♪」ハーナマルストレイキャァット

ワー ワー ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!

DIO「杜王町を皮切りに、爆発的に売れたな。爆弾だけに」

雪歩「お金も爆弾に変えるんです♪」マータマタドッカンカン

貴音「女の爆発は快感です♪」ハーナマルストレイキャァット

美希「雨が降って~ 漫画家の爆発予言♪」

亜美「心も夢も全部消し飛べ~♪」

響「吉良くるどこくる どこにもいない」

やよい「お前の瞳だッ!バイ!ツァ!ダスト!」

全員「吉良メ吉良リ ドカンボカンと♪」

真美「手首を見たとき○ッキ♪」

全員「吉良メ吉良リ ハートアタック♪」

伊織「ホントはわたし 川尻♪」

全員「吉良メ吉良リ 東方の♪」

あずさ「追尾弾が直撃♪」

全員「吉良メ吉良リ 追い詰められ♪」

真「いいや 限界だッ!押・す・ねッ!」

やよい「フレー!フレー!ガンヴァレさぁ行こう!フレー!フレー!頑張れ最高!」

51: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 16:31:50.42 ID:pdtPLpuE0
ジャーン

オォォォォォ!ヤヨイー!カワイイィィィィ!ヤヨイー!ウッウリィィィィ!

美希「みんなー!楽しんでるー?」

イェェェェェェェェェェェ!!

亜美「うお!盛り上がってますな~!」

真美「でも、まだまだ盛上がりが足りませんぞ~!」

ウォォォォォォォワァァァァ!!!!

響「次の曲、いっくぞー!!」

全員「『I』」

52: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 16:33:37.21 ID:pdtPLpuE0
春香「新しい服着替えて出掛けよう~♪」

千早「靴も鞄も買いたて下したて♪」

~♪

DIO「(..................)」

DIO「(長かったな.......コイツらとの季節は)」

貴音「いつも忘れてた♪」

伊織「他事に気を取られ~♪」

DIO「(..........成長したな)」

真美「みんな楽しく笑顔で舞台に立とう♪」

あずさ「歌やダンスで自分を伝えよう♪」

亜美「言葉だけでは言えない熱い気持ちを♪」

真「少しだけでも届けられたならば~幸せ♪」

DIO「(最後に言う事もなかったが......)」

DIO「(.........フン)」

~♪

53: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 16:35:26.54 ID:pdtPLpuE0
~♪




DIO「(........色々あった...)」



DIO「(菊地.......貴様は誰よりも“女”だった。常に女としての魅力を追求し、励んだ。
今の貴様は輝いている)」




DIO「(高槻は臆病者だがしっかりしていた。確か姉だったな。
物の整理もそうだが、貴様は周りの心の整理まで知らず知らず
施していた。助かったぞ)」



54: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 16:41:12.04 ID:pdtPLpuE0



DIO「(亜美。何を考えているかわからん奴よ。俺が右と言えば左を向く天邪鬼な奴よ。
だが、それがいいのかもしれんな。周りを困らせるなよ)」



DIO「(真美、貴様は一見、空っぽに見えてそうじゃあない。中々考えている。
だから二人の見分けは簡単だ。亜美を......妹を引っ張ってやれ)」



DIO「(愛犬を蹴って悪かったな、我那覇。犬が嫌いなのでな。
......貴様は完璧と言いながら抜けている部分がある。
だがしかし、そこを埋めようと努力する姿は、素晴らしいものだ。
貴様は、完璧だ)」



55: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 16:43:47.57 ID:pdtPLpuE0



DIO「(世話の焼けると言えば貴様だ、三浦。
少し目を離すとすぐ消える。スタンドか、それは。
毎度迎えに行くこのDIOに感謝しろ。過保護?違うな。
いなくなると困るだけだ)」



DIO「(悔しい、見返してやりたい、という感情は自身を大きく
成長させる。貴様に出来ないことはないだろう。
突き進め、水瀬)」



DIO「(正直......貴様には手こずった......。このDIOの最初の悩みを
作った奴だ。萩原。しかし中々、強い精神を持っている。
それに己自身が気付けば、敵はなしだ)」



56: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 16:50:27.28 ID:pdtPLpuE0



DIO「(千早、貴様は今、楽しんでいるか?絶望の淵を経験した
貴様は今、楽しんでいるか?......いるだろうな。
その顔はそうだ。貴様のおかげでこのDIOの能力、謎を解明できた。
感謝するぞ)」



DIO「(四条.........一体何者なのだ?このDIOを明し、力までも.........。
不気味な奴よ。だが、おかげで戻る決心がついた。礼を言っておこう。
貴様と食べたラーメンとやらの味、忘れはせんぞ)」



DIO「(寝ているだけで無気力と思いきや、そうでない奴......美希よ。
俺が戻ると告げた後、何も言わず抱きついてくるとは.......。
あの時、泣いていたのだな。しかしそれは貴様がまた一歩進むための涙だ。
もう流してはならんぞ)」



57: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 16:52:14.15 ID:pdtPLpuE0



DIO「(そして........春香。いや、リーダー。
最後の最後に全員をまとめてくれたな。感謝している。
貴様はリーダーの資格は十分にある。
後はこのまま、全員を......導いてやれ)」



58: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 16:54:39.94 ID:pdtPLpuE0
全員「みんな楽しく笑顔で舞台に立とう

歌やダンスで自分を伝えよう

言葉だけでは言えない熱い気持ちを

少しだけでも届けられたならば幸せ」

ワァァ!!ミキー!マコトー!オォォォォォ!!

DIO「(.................)」

DIO「(この客、全員、貴様らが集めたのだぞ。信じられんだろう)」

DIO「(......俺も、信じられん)」

千早「目と目が逢う~、瞬間好きだと気付いた~」

.............................

真美「子供扱いしないで~♪」

.............................

美希「ねぇ消えてしまっても探してくれます~か~」

.............................

響「Catch up!見つけましょ!瞳の中に映る♪」

.............................

あずさ「お気に入りのリボン♪うまく結べなくて♪」

.............................

伊織「私が一番!でもあなたもそこそこかも♪」

.............................

59: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 16:56:41.68 ID:pdtPLpuE0
..................

..........

.....

..

美希「この歌はねっ、今のミキ達にソックリな歌なの!曲名は、えーっと......」

美希「何だっけ?」

ワハハハハハ ミキー カワイイゾー

千早「もう、忘れちゃダメよ」クスッ

真「自分?」

美希「あっ!『自分REST@RT』なの!」

60: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 16:57:58.03 ID:pdtPLpuE0
テッテッテーレ テッテッテテーレ テーッテッテッテテレーレーレ

テッテッテーレ テッテッテテーレ テーテッテッテテレーレ

美希「昨日までの生き方を否定するだけじゃなくて♪」

真「これから進む道が見えてきた♪」

雪歩「弱いだけの女より我慢とか背伸びしても♪」

春香「カッコつけた自分が好きだから♪」

真美「今すぐ心のドアちょっと開いて♪」

亜美「旅に出てみたい気分♪」

あずさ「ぼやぼやしてると大切なチャンス♪」

伊織「逃してしまいそう♪」

61: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 17:00:03.20 ID:pdtPLpuE0
全員「輝いたステージに立てば最高の気分を味わえる

すべてが報われる瞬間いつまでも続け

夢なら覚めないでいて

大空を飛ぶ鳥のように翼を広げて羽ばたきたい

どんなに遠くても行こう 憧れの世界

夢だけでは終わらせたくない」

ハイッ!ハイッ!ハイッ!ハイッ!ハイッ!

やよい「(わっ)」ツル

DIO「!」

雪歩 ガシ

やよい「(雪歩さん!)」

雪歩「(がんばろ、やよいちゃん!)」

DIO「(転びそうになった高槻を掴んだか)」

DIO「(緊急事態にも対応できる身体、だな)」

62: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 17:02:14.39 ID:pdtPLpuE0
@客席

?「一瞬ヒヤッとしたわ」

?「それにしてもあの娘達、成長したわね」

?「............本当に私がいなくても大丈夫なのね」

?「.........少し寂しいわ」クスッ

?「それにしても......」

?「隣にいる摩訶不思議な生き物は一体何?」

カッカー!ダッゾ!クッ アラー ナノ! ポエー ヤー ウッウー モ! シジョ トカ!チー!メッ!ピィ

?「......何者なのかは知らないけど......」

?「応援しているのは、わかるわ」

63: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 17:03:32.77 ID:pdtPLpuE0
限りなく広いアリーナで歌声が高く遠く響く



心の傷ついた人も笑顔取り戻す



パワーを与えてみせる



海原を休むこともなく泳ぎ続ける魚みたいに



どこまで旅しても平気 疲れも知らない



止まるよりも進むのが好き



ワァァァァァァァァァ!

64: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 17:04:32.10 ID:pdtPLpuE0
春香「みんなー!!今日はありがとー!!」

ワァァァァァァァァァァァァァァ!!!

やよい「次で最後の曲です~!」

エェェェ!!!

美希「みんな!心して聴くの!」

オォォォォォォォ!!

春香「聴いてください!」

65: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 17:05:38.53 ID:pdtPLpuE0









全員「「「さよならをありがとう」」」









66: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 17:13:03.75 ID:pdtPLpuE0
DIO「(...........)」

DIO「(..........最後に相応しい曲だ...)」


『 あなたがいる そんな風景が 』


『 あたりまえだと思っていたの 』


『 だけど少し変わり始めた日々 』


『 最初は忙しいことも嬉しいよねって 』


『 気持ち隠してメールすれば 』


『 切ない心は凍えていくの 』


『 いつもありがとう、がんばって 胸が詰まって言えない 』


『 いつでも応援してるよと伝えたいのに 』


『 私も頑張ろう 頼ってばかりダメだね 』


『 また会うその日は笑顔を見て欲しいから 』


『 泣いちゃおう 今は 』


67: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 17:17:15.22 ID:pdtPLpuE0
響「会いたいなぁ、落ち込んだとき 駆けつけてくれる」



響『お仕事うまく出来なかったぞ.........』

DIO『いや、十分だ。少なくとも俺にとってはな』



雪歩「心配ばかりかけてたね、そう言ったら笑ってた」



雪歩『私、ダメな娘ですから......』

DIO『心配はかけるが、ダメではない。大丈夫だ』

雪歩『あ、ありがとうございますぅ......』

68: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 17:19:29.86 ID:pdtPLpuE0
千早「みんな不安抱えながら進み続けるの」



DIO『最近、困ったことはないか?』

千早『はい、特には......どうしたんですか?』

DIO『いや、理由はない。だが悩みがあったら構わず言え』

千早『......わかりました』



伊織「夢を語った日々が今 宝物だね ずっとずっと」



伊織『いつかお兄様より優れてやるんだから!』

DIO『貴様なら出来るだろう』

伊織『この伊織ちゃんが出来ないわけないじゃない!』

DIO『...........面倒な奴だ』

69: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 17:23:15.47 ID:pdtPLpuE0
美希「いつもありがとう 大好きよ 照れた顔が浮かんだ」



美希『ダニー!』ダキッ

DIO『離れろ!そしてダニーはやめろッ!』



真「涙で目の前が霞んでいく でも幸せ」



DIO『男らしい女など腐るほどいる。それも個性だ』

真『個性、ですか.........』

DIO『あぁ、その個性を武器にすればいい』

70: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 17:25:19.71 ID:pdtPLpuE0
貴音「さよなら そう言ってそっと優しく手を振る」



貴音『DIO殿、やはり.......行かれてしまうのですか?』

DIO『あぁ。やり残したことはない。貴様らの頂への道ももうすぐそこだ』

貴音『..........そうですか』



あずさ「なぜかな あなたを想うと満たされるから」



あずさ『私が道に迷っても、探してくれますか?』

DIO『当たり前だ』

あずさ『......うふふ』



やよい「頑張ろう 今を」



やよい『プロデューサーのおかげで家族を養えますー!』

DIO『そうか、だがまだ稼いでもらうぞ』

やよい『はいー!うっWRYYYY!!!!』

71: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 17:27:17.62 ID:pdtPLpuE0
亜美「同じ歌を歌えば 未来はつながる」



亜美『兄ちゃんは何でプロデューサーなの?』

DIO『高木に誘われ、そこで何かを感じた』

亜美『ふ~ん、ティンと!ってこと?』

DIO『.......そうだ』



真美「メロディーが紡いでいくの 重なり合うハーモニー」



真美『兄ちゃんは何してる時が一番好き?』

DIO『仕事を探している時だ。貴様らのな』

72: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 17:30:37.47 ID:pdtPLpuE0
DIO「................行くか」

DIO スタスタ

律子「プ、プロデューサー............」

DIO「.......律子」

律子「..............ハイ...グスッ...」

DIO「後は..........頼んだぞ..........」ポン

律子「.......はい..........うぅ......ひぐっ.....」

DIO「ではな........」スタスタ

高木「どうしても行ってしまうのかね?」

DIO「高木.......」

小鳥「寂しいですよぉ.....ヒック...........うぅぅぅ....」

DIO「............仕方ないのだ」

DIO「今まで世話になったな」

高木「.................DIO君.......」

DIO「また逢えたら.................またな」

小鳥「うぅ......グスッ....」

73: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 17:33:46.80 ID:pdtPLpuE0
春香「いつもありがとう、がんばって 胸が詰まって言えない
いつでも応援してるよと伝えたいのに」



春香『プロデューサーさん......休んだ方がいいんじゃないですか?』

DIO『いや、休んでいる暇などない。休む時間に仕事が2つ取れる』

春香『あまり、無理しないでくださいね....... 』



全員「私は大丈夫そっとハミングしよう



なぜかな あなたを想うと満たされるから



頑張ろう 今を..................」

74: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 17:35:27.79 ID:pdtPLpuE0
ワァァァァァァァァァ......!!

春香「みんなー!これからも!」

雪歩「765を!」

全員「「「宜しくお願いします!!」」」

アッタリマエダー!ワァァァァァ!ナムコォォー!!

ワァァァァァァ......................

ワァァァ...............

..........

......

...

75: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 17:37:37.20 ID:pdtPLpuE0
タッタッ....

タッタッタ..........

春香「プ、プロデューサーさんは!!」

美希「どこなの!」

律子「行ってしまったわ..........」

真「そんな.......」

雪歩「さよならも..........言えなかった.......」

律子「..............」

響「うぅぅぅ......」

貴音「...............DIO殿」

亜美「やだよぉ......」


伊織「行かないでよ.....グスッ....」




春香「行かないで........行かないでっ.....!」







全員「「「行かないで!!!」」」







76: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 17:40:05.76 ID:pdtPLpuE0
------------------------------------------------


DIO「戻るぞ............世界」

世界「..................」

DIO「THE WORLD BITE THE DUST...........」

DIO「戻れ」

ギューン!!

DIO「......................」

DIO「絶対に忘れん...」

DIO「..................」

DIO「これが“寂しい”という感情か.....」

DIO「............そうか」

DIO「不思議なものだな、世界よ」

DIO「このDIOが............」

『 ! 』

DIO「..............何だ?」


『.........ないで.......』



『い...ないで...!』




『行かないで!』




77: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 17:41:55.84 ID:pdtPLpuE0
DIO「!!!」


DIO「...............ッ」


DIO「貴様らの.......声が.....」


DIO「ここまで...........響くとは.........」


DIO「....................戻るか、世界よ」


DIO「貴様らと、別れることなど.......」





DIO「『できるわけがない』」




パッ!


78: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 17:43:34.89 ID:pdtPLpuE0
美希「もう......いないんだね.........」

あずさ「くぅ.........うっ...............」

千早「.........」ホロ

春香「ぷろでゅーさー.....さん..........グスッ.....」

DIO「泣くなと言っただろうが」

79: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 17:45:35.06 ID:pdtPLpuE0
全員「「「!!!!」」」

春香「ぷ、プロデューサーさん!?」

DIO「あぁ」

美希「ダニィィィィィィ!!!」ダキッ

DIO「離れろ」グィ

真「どうして........」

DIO「やり残したことがないか、確認しに来ただけだ」

響「じゃ、じゃあ......」

DIO「あぁ........またしばらく........」

DIO「ここにいる」

全員「「「プロデューサー(さん兄ちゃんダニィィ!!!」」」ダキッ!!

DIO「は、離れろッ!!!」

80: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 17:48:14.73 ID:pdtPLpuE0
高木「よく戻って来てくれたね」

小鳥「うぅぅ.....ぐぅ.....」

律子「ヒック......グスッ........」

DIO「だが、『しばらく』だ。時が経てばまた、帰るだろう」

美希「もう行っちゃヤなの!」

DIO「.............」

伊織「うぇぇぇぇぇ!!」

DIO「貴様は泣くな」

DIO「とりあえず貴様ら、ライヴ、よくやったな」

全員「「「...ハイッ!!」」」

DIO「今は確実にトップだ」

DIO「だがしかし、必ず“落ち”が来る」

春香「わかってます!」

DIO「.......そうか」

81: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 17:50:47.26 ID:pdtPLpuE0
やよい「“落ち”ないように!また面倒見てくださいね!」

DIO「......................あぁ」

全員「「「やったー!!!」」」

ワー!ダニィィィ モウ ミキッタラ ハナレロ!ウリィィィィィィ

高木「..........音無君」

小鳥「は、はい.....」グイ

高木「人生というものは、面白いものだね」

小鳥「はいっ、そうですね」

高木「これだから人生はやめられない!」

小鳥「もう!社長ったら....」クス

高木「彼には.......礼を言わなくてはね」

小鳥「はい!弱小...いいえ、貧弱プロダクションがここまで.......あなどれませんね!」

高木「うむ!誰も怒らせることもしなかったしねぇ......」

高木「正直、ここまで彼女達が輝くとは思ってもいなかったよ」

小鳥「私は輝くって思ってましたよ?ふふっ」

高木「こりゃ失礼なことを言ったかな?はっはっは!」

高木「時は.........まだ動いているんだね」

小鳥「はい........まだ、まだです!」

DIO「離れろ貴様ら!は、離れろぉぉぉーーーッ!!!」


82: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 17:57:57.53 ID:pdtPLpuE0
ついにトップに導いた邪悪の化身DIOッ!

DIOは“愛”を知ることが出来たのだッ!

そしてDIOの残したLESSON5!

それは

『遠回りこそが近道だった』という答えだった!

765は........DIOは......共に成長していったのだ!

ご愛読ありがとうッ!本当にありがとうッ!

それしか言葉が見つからないッ!

87: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/07/20(日) 18:19:13.62 ID:pdtPLpuE0
.................................................


...............................


......................


.............


.........


....


..


承太郎「.........................ハッ!」バッ

承太郎「.............ここは.....日本か..........?」

承太郎「.............何が......何が起きてる.........」

承太郎「........DIOにトドメをさしたハズだが.......」

?「..........?あそこでうずくまってる人は......」

?「ティンときました!」

?「そこのあなた!」

承太郎「!」

承太郎「...........誰だ、テメェは」

?「(わっ、怖そうな人......)」

?「私、CGプロの千川ちひろって言います!」

承太郎「CG...........プロ.........?」

承太郎「(何だ.............新しく何かが始まりそうな予感がするぜ........)」

承太郎「とびっきり面倒なのがな.......................」

元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1405826839/