1: ◆sIPDGEqLDE 2014/08/05(火) 23:04:50.33 ID:lLtQuByv0

ミーンミンミンミンミーン!

響「あっついぞ~……」

P「そうだな」

響「クーラーくらい点けようよ~」

P「今壊れてるんだって」

響「そういえばそうだったぞ……」

P「ごめんな」

2: ◆sIPDGEqLDE 2014/08/05(火) 23:05:39.18 ID:lLtQuByv0

響「壊れちゃってるんなら仕方ないな、でも早めに治したほうがいいんじゃないか?」

P「修理と買い替えだとどっちが安いんだろうな~」

響「あ~、どっちだろ?」

P「気になってるけど結局調べないんだよな~」

響「それな~」

P「何かいっそこの夏クーラー無しで過ごしてやろうかなとか考えてたりする」

響「無謀だぞ……」

4: ◆sIPDGEqLDE 2014/08/05(火) 23:07:28.49 ID:lLtQuByv0

P「いやでもさ、寒さに比べたら死ぬことはないし、水分補給だけ気をつけたら何とかなりそうな気がする」

響「プロデューサーが良くても自分は耐えられそうに無いぞ……」

P「そうなのか……」

響「だから買い替えるなり修理するなりしようよ」

P「いや~、予算がな~」

響「自分も出すから」

P「ダメだ」キッパリ

響「え~」

5: ◆sIPDGEqLDE 2014/08/05(火) 23:08:03.88 ID:lLtQuByv0

P「それは響のお金だろ? だから自分の為に使いなさい」

響「うん、だから自分の為に使うんだぞ」

P「いや、今言った自分っていうのは響の事じゃなくて自分自身って意味でだな……」

響「だから自分の事だろ?」

P「いや、そうなんだけど違うっていうかなんというか……」

響「う~ん……?」

P「いや、うん、なんでもいいや。あっついし」

響「うん、あっつい」

6: ◆sIPDGEqLDE 2014/08/05(火) 23:09:14.16 ID:lLtQuByv0

P「エアコンな~」

響「自分耐えられないぞ」

P「ど~っすかな~」

響「担当アイドルが熱で溶けちゃってもいいのか~?」

P「それは困るな~」

響「でしょ? だから……」

P「でも溶けないし」

響「うぎゃー! 物の例えじゃないか!」

P「はっはっは~」

7: ◆sIPDGEqLDE 2014/08/05(火) 23:10:35.07 ID:lLtQuByv0

響「ふんだ! 熱中症になったらプロデューサーのせいだからな!」

P「そうなる前に無理やり水飲ませるけどな」

響「意地でも飲まないでやる!」

P「困ったな……」

響「エアコンをどうにかしてくれたら考えてやるぞ!」

P「ふむ……」

響「その気になった?」

P「いや、今思ったんだけど修理にしろ買い換えるにしろ今日すぐには来ないんじゃないか?」

響「あ……」

8: ◆sIPDGEqLDE 2014/08/05(火) 23:11:28.71 ID:lLtQuByv0

P「うん、まぁ、そういうこともあるよ」

響「うぅ……この暑さに耐えなくちゃいけないのか……」

P「まぁ、これもトップアイドルへの険しい道のりの一つだと思って」

響「険しすぎる……」

P「とりあえず喉乾いたから何か飲み物持ってきてくれない?」

響「え~?」

P「いや、今動けないし」

響「はぁ、仕方ないなプロデューサーは。ほんと仕方ないな」

P「悪いな」

9: ◆sIPDGEqLDE 2014/08/05(火) 23:12:24.10 ID:lLtQuByv0

響「まぁ、自分完璧だからパッと行ってパッと戻ってくるぞ」

P「よろしく」

響「じゃ、行ってくる」

すたすたすた

P「あぁ~、しかしあっついな……。クーラーって新品でいくらなんだ?

  一応調べるか」カタカタカタ

響「持ってきたぞ!」

P「おっサンキュ」

響「なんくるないさ~」

11: ◆sIPDGEqLDE 2014/08/05(火) 23:14:23.09 ID:lLtQuByv0

P「んぐっんぐっ」グビグビ

響「あっ、エアコン!」

P「おう」

響「買うのか!?」

P「値段見てただけだ、まだそうと決まった訳じゃない」

響「でも、買う気はあるって事でしょ?」

P「値段次第だな~」

響「か~お~う~よ~」

P「あ~あ~、後ろで暴れんなって。こぼれるだろ」

12: ◆sIPDGEqLDE 2014/08/05(火) 23:15:07.96 ID:lLtQuByv0

響「動いたら余計暑くなったぞ……」

P「ほら、半分やるから」

響「お、さっすがプロデューサー!」

P「やっぱ夏は麦茶だよな~」

響「んっく……んっく……」クピクピ

P「やっぱ高ぇなぁ」

響「ぷはぁ~。だから自分も出すって」

P「ダメだって」

13: ◆sIPDGEqLDE 2014/08/05(火) 23:16:15.68 ID:lLtQuByv0

響「なんでさ~」

P「それはちょっと男として、それ以前に大人としてプライドがさ……」

響「いやいや、自分だってそれなりに稼いでるからさ。全然そのくらい出すぞ?」

P「いや、しかしだな……」

響「いいの! 自分の稼いだお金の使い方くらい自分で決められるぞ!」

P「はぁ……分かった。じゃあそうなったらちょっとだけ頼むな」

響「別に全部自分が出してもいいんだぞ? どっちが出してもそんなに変わんないし」

P「いや、それこそ男のプライドが許さん」

響「そういうものなのか」

P「そういうものなんだ」

14: ◆sIPDGEqLDE 2014/08/05(火) 23:18:05.08 ID:lLtQuByv0

響「あ~、あっついな~……」

P「なぁ響」

響「なんだ?」

P「そんなにあっついなら背中から離れたらどうだ?」

響「え?」

P「いや、飲み物取りに行って戻って来たらやめると思ってたんだけど

  そんな後ろから抱きつくように寄っかかってるから暑いんじゃないか?

  俺は暑い」

15: ◆sIPDGEqLDE 2014/08/05(火) 23:20:45.30 ID:lLtQuByv0

響「う~ん、それはダメだぞ」

P「ダメなの?」

響「うん」

P「何で?」

響「今離れたら死んじゃうからな」

P「死んじゃうのか」

響「うん」

16: ◆sIPDGEqLDE 2014/08/05(火) 23:21:11.15 ID:lLtQuByv0

P「さっき飲み物取りに行ったのに?」

響「あれは特別」

P「特別か」

響「そうだぞ」

P「じゃあ仕方ないな」

響「そうだな」

17: ◆sIPDGEqLDE 2014/08/05(火) 23:22:59.50 ID:lLtQuByv0

ミーンミンミンミンミーン

P「あっついな~」

響「あっついな~」

P「う~ん……しかし、そうかぁ」

響「どうしたんだ?」

P「いや。……ちょっと出かけようか」

響「え? あ、うん」

P「ほらほら着替えて」

18: ◆sIPDGEqLDE 2014/08/05(火) 23:24:57.70 ID:lLtQuByv0

響「覗いたらダメだぞ?」

P「見慣れてる」

響「ばかっ!!!!」

ぽかっ

P「あたっ」

響「ふんっ」

すたすたすた

ばたん

P「あいつ本気で殴ったな……」

19: ◆sIPDGEqLDE 2014/08/05(火) 23:25:28.73 ID:lLtQuByv0

ミーンミンミンミンミーン

響「着替えたぞ」

P「おう、じゃあ行くか」

響「うん」

P「そういえば離れたら死んじゃうんじゃなかったの?」

響「こうすれば大丈夫だぞ」

P「え?」

ぎゅっ

P「おぉ……」

響「こうやって手をつないでれば死なないぞ」

P「そうか、はぐれることもないし一石二鳥だな」

21: ◆sIPDGEqLDE 2014/08/05(火) 23:29:39.84 ID:lLtQuByv0

がちゃ、ばたん

かちゃ

響「で、どこ行くの?」

P「電機屋さん」

響「じゃあ……!」

P「まぁ、とりあえずどんなのがあるかだけな」

響「へへっ、早く行こうよプロデューサー!」

P「あぁ~走るなって。こっちはお前みたいに体力あるわけじゃないんだ」

響「む~、ちゃんと運動しないとダメだぞ」

P「はいはい」

22: ◆sIPDGEqLDE 2014/08/05(火) 23:30:25.28 ID:lLtQuByv0

響「プロデューサーが太らないように自分がちゃんとご飯とか作ってるけど

  いぬ美達のように運動までは見てあげられないぞ」

P「…」

響「プロデューサー?」

P「なあ、そのプロデューサーってのやめない?」

響「え? プロデューサーはプロデューサーだぞ?」

P「そうじゃなくてさ、一緒になって大分立つんだからそろそろ……さ」

響「そ……そっか……そうだよな……」

P「その方が俺も嬉しい」

24: ◆sIPDGEqLDE 2014/08/05(火) 23:31:32.43 ID:lLtQuByv0

響「……っ……………うぎゃー!やっぱりまだ恥ずかしいぞ~!」

ばたばたばたばた

P「おわっ!」

響「う~……ごめん……」

P「いいよ。ちょっとずつ慣れていこう」ポンポン

響「うん……」

P「さ、外あっついから早く電機屋で涼もうぜ」

響「……へへっ、うん!」

25: ◆sIPDGEqLDE 2014/08/05(火) 23:32:33.04 ID:lLtQuByv0

P「ついでに晩飯は外食にするか」

響「え?」

P「暑いのに火とか使いたくないだろ?」

響「自分は別に平気だけど……」

P「でも暑いだろ?」

響「確かに暑いけど、えへへ……///」

P「どうした?」

響「ん~、内緒!///」

P「え~」

響「ほら、行こ!///」ぐいっ

P「だから引っ張るなって~」



おしまい

26: ◆sIPDGEqLDE 2014/08/05(火) 23:34:10.06 ID:lLtQuByv0
終わりです。

凄く暑い日のだら~っとした話を、思いつくまま深く考えず書きました。

少しでもお楽しみいただけたら幸いです。
それではお目汚し失礼しました。

27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/05(火) 23:34:26.16 ID:Id6x49mO0
ひびかわおつおつ

29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/05(火) 23:34:51.87 ID:/TbCXdLvo
響が可愛すぎて胸が苦しい

31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/05(火) 23:35:55.09 ID:ervfYPQDO
素晴らしい。よい夫婦だな


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1407247480/