関連SS:千早「お鍋が食べたいわ」



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/13(水) 19:33:37.57 ID:UxN1sCGlo
響「ただいまー。いい子にしてた?」

いぬ美「ぐるる‥‥がふっ! がふっ! シャーッ! ドルッファー!」

響「うんうん。自分も今日は、まだ食べてないんだ。すぐ用意するからね」

いぬ美「ばふーっ! ドルルルル‥‥」

響「わかってるってば。今日はお弁当買ってきたから、つまみ食いしないぞ。‥‥それはそうと、いぬ美さ、こないだ犬友達と奥羽に行ってから、少し人相が悪くなったよね」

いぬ美「がるっしゃー!」

響「あはは、ごめんごめん。すぐ支度するってば」




響「みんなー、お待たせー」

動物「がおー」

響「あはは、慌てないで、ゆっくり食べるんだぞ。‥‥さて、自分もご飯にしよっと。‥‥あ、冷蔵庫、何か入ってたっけ?
 ‥‥うわっ。卵と、朝食べたサンマ缶の余りしかないぞ。晩に卵かけご飯はなー‥‥ちょっとさもしいぞ‥‥かといって、一回帰ってきてから買い物行くのもなー‥‥なんか切ないからなー‥‥乾麺のソバでも食べるかな‥‥」

ハム蔵「ヂュイ」

響「え? あ、昨日だっけ。ちゃんと録画してあるぞ。ほら、かけるぞー」ピッ

ハム蔵「ヂュヂュイ」

響「こら、あんまり近付くと、目が悪くなるぞ。‥‥あ、お湯沸いた。えっと、ソバはどれだっけなー」ゴソゴソ

テレビ「『この、ヒレっていうのは‥‥』

『カルビの中の、ヒレに近い部分ですね。うまいですよ』

『カルビなんですね‥‥じゃあ、それを』」

響「うわ‥‥」

テレビ「『いただきます‥‥』

『おお、肉だ肉だ。俺、正解』

『はふっ、はふっ‥‥』」

響「‥‥いや、これはダメでしょ。何? こんなもん見ながらソバ食べたら、切なくて死んじゃうぞ。やっぱ買い物に‥‥いや、待て待て。落ち着け自分。ばら肉でも買ってきてフライパンで炒めたところで、それは紛い物に過ぎないぞ‥‥かえって、切なさが倍増する危険性も‥‥でも、お肉食べたいなあ‥‥ん?」

ブタ太「ぶひ?」

コケ麿「コッ?」

響「‥‥‥‥」ジーッ

ブタ太「ブキキッ(お前ざけんなよ)」

コケ麿「コココケーッ(シャレならんぞそれは)」

響「はっ! いやいや、冗談だってば。でも、このままじゃ冗談じゃ済まなくなるぞ‥‥そうだ。とりあえず‥‥」

2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/13(水) 19:35:21.94 ID:UxN1sCGlo
伊織『もしもし、響? どうしたのよ』

響「焼肉」

伊織『は?』

響「焼肉。食べたい」

伊織『何言ってんの?』

響「晩ご飯、食べた?」

伊織『まだだけど‥‥』

響「焼肉。食べたくない? 焼肉」

伊織『いや、そんな急に言われても‥‥もう、他のもの支度してるだろうし』

響「脂の部分が多めなカルビなんかをさ、網で炙って、タレ付けて、ご飯に乗っけて食べんの」

伊織『ちょっと』

響「あ、少し待ってね。‥‥ほら、音。テレビだけど」ジュジュー

伊織『‥‥あんたほんといい加減にしなさいよ』

響「あと、あれね。ジンギスカン。最初からタレに浸してあるから、ご飯に合う合う」

伊織『‥‥‥‥』

響「トントロもおいしいよね。表面はカリッとしてて、噛むと油がジュワー」

伊織『‥‥‥‥』

響「駅前のロイホに30分後」

伊織『‥‥会ったらとりあえず引っ叩くわよ』ピッ

響「‥‥よし、これでとりあえず、一人で我慢するっていう事態は回避できたぞ。根本的には何も解決してないけど。じゃ、行ってくるね」




伊織「あっ」

響「あ、お疲れ。さっきぶり‥‥いたっ!」

伊織「あんたね! 変な時間に変な電話かけてくるんじゃないわよ!」

響「いや違‥‥じゃあ伊織は、あのまま自分が一人で苦しんでればよかったって言うの!?」

伊織「はあ?」

響「考えてみるさー! 1袋600グラム入り97円のソバを手繰りながら、焼肉食べてる映像を眺める食卓を!」

伊織「いや、それはまあ、わかるけど‥‥で、どこ行くのよ。美味しいお店とか知ってるの?」

響「あ、それなんだけどね。今日って週末でしょ? どこも混んでて、最悪入れないかもだし、一応有名人の自分達が入っていって大丈夫なくらい空いてる店って、ないんじゃないかな」

伊織「‥‥は?」

響「予約とかしてないし、あんまり騒ぎになっても迷惑だろうし」

伊織「‥‥じゃあ、焼肉食べれないんじゃないの?」

響「まあ、今のところはそういう結論になるぞ」

伊織「なんで私呼んだの?」

響「1人で食べれないより、2人で食べれない方が‥‥あの‥‥まだいいかなって」

伊織「」

響「いった! ちょ、伊おいだだだだ! 痛い! 割れる! 鎖骨割れる! あだだだだだ!」

伊織「ふう、ふう‥‥」

響「いったぁ‥‥これ、下手したら明日に残る可能性があるぞ。痛みが」

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/13(水) 19:36:18.28 ID:UxN1sCGlo
伊織「言っとくけど、まだ許してないんだからね‥‥」

響「わかるぞ。目が怖すぎて直視できないもん」

伊織「で、どうすんのよ」

響「ね」

伊織「ね。じゃないわよ! あんったもう、ほんと‥‥とりあえずは‥‥」カチャ

響「ん?」

伊織「あ、もしもし千早ぁ? 伊織ちゃんなんですけどぉ」

響「あははははは! 悪だ! 悪がいる!」

伊織「今、響と一緒なんだけどぉ‥‥焼肉食べたくない?」

響「あっはは! デジャヴ! 自分、この会話知ってる!」

伊織「もちろんご飯もセットでぇ、油の染み出したタレがご飯の上に‥‥はい? もしもし? 今なん‥‥え?」

響「?」



千早「だから‥‥さっき、レコーディングが終わって帰ってきたら、ほとんど同時に萩原さんも帰ってきたのよ。それで、今日は丁度、萩原さんのお父さんが、職人さん達を家に招いて、庭で焼肉するからって誘われて‥‥ええ。女の子は萩原さんだけで、いつも肩身が狭いからって‥‥ええ、そうよ。ええ。そういうわけだから」ピッ

雪歩「誰?」

千早「水瀬さんよ。我那覇さんも一緒らしいわ」

雪歩「そうなの? なんだって?」

千早「一緒に焼肉食べないか、って誘いだと思うわ。きっと」

雪歩「そうなの? あ、それじゃ電話して、誘ってみようかな。今ならまだ‥‥」

千早「甘いわ。萩原さん」

雪歩「へ?」

千早「あの話し方から察するに‥‥十中八九、何らかの理由で、あの2人は食事にありつけていないわ。きっと、空いてる店が無いとかじゃないかしら」

雪歩「で、でも、それなら千早ちゃんを誘わないんじゃ‥‥」

千早「逆よ。私を同じ境遇に引っ張り込もうと狙っていたに違いないわ。というか、恐らく、2人の内どちらかは、そうやって誘い込まれた、元・被害者の可能性が高いわ」

雪歩「そ、そんなまさか‥‥あはは‥‥」

千早「‥‥けれど、萩原さんがいいなら、誘ってあげてもいいとは思うけれど」

雪歩「あ、そうなの?」

千早「ええ。さっきのは、まあ‥‥軽く、お灸をすえたってところかしら。2人の悔しがっている光景が目に浮かぶわ‥‥ふふ」




5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/13(水) 19:37:37.20 ID:UxN1sCGlo

伊織「あー‥‥やってしまったわねぇ‥‥」

響「なんかもう、完全なる敗北者だよね。自分達」

伊織「近年稀に見る惨めさだわ。惨めって言うか、滑稽と呼べるレベルね」

響「得意顔で「焼肉食べたくない?」って言ったら「え? 食べますけど?」って返されるっていうね」

伊織「あの言い方には、もっと悪意があったわ。「え? 食べますけど? あれ? あなた達、もしかして食べないんですか?」みたいな」

響「あっはは」

伊織「‥‥‥‥」

響「‥‥‥‥」

伊織「‥‥カツカレー」

響「え?」

伊織「カツカレー。キャンペーンやってるわね」

響「あ、ほんとだ。カレーか‥‥」

伊織「割と美味しそうね」

響「カレーも最近食べてないなあ‥‥あ、結構カツも厚いみたいだぞ」

伊織「ほんとね」

響「あ、あ、カツじゃなくて、エビフライにもできるんだって。なんか、カレー、いいんじゃない?」

伊織「そうね」

響「カレーかぁ‥‥どっちにしよっかな。やっぱりカツカレーにして、食後にはイチゴパフェでも‥‥」

伊織「‥‥焼肉」ポソッ

響「ちょーっとー! やめてよ! せっかく頭から追い出せそうだったのに!」

伊織「くふっ‥‥そうだろうと思って言ったの」

響「もー‥‥んぶ‥‥氷解けてジュースもまっずくなってるし‥‥自分が何したって言うんだ! 何か悪い事でもしたのかー!」

伊織「神様は見てるのねぇ」

響「いやいやいや。ちょっと。それどういう‥‥」

伊織「あ、待って。電話だわ‥‥もしもし。え? あ、大丈夫だけど‥‥ええ」

響「ん?」




雪歩「あ、2人共。いらっしゃ‥‥え? 何してるの?」

響「拝んでおります」

伊織「この世に女神様っていたのね」

雪歩「ちょ、ちょっと、やめてよ‥‥」

千早「あ、来たわね」

響「悪魔だ!」

伊織「雪歩、離れなさい。堕天するわよ」

千早「誰が悪魔よ。それより、私に電話をかけてきてから、10分も20分も、何していたの? 焼肉、食べに行けばよかったじゃない」

響「いや、まあそれは‥‥週末のこんな時間に、アイドルが入れる店あるのかなって」

千早「そんな状況で私を誘ったの?」

伊織「2人で苦しむより、3人の方がまだいいかなって」

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/13(水) 19:38:46.91 ID:UxN1sCGlo
千早「‥‥ね?」

雪歩「ほんとだ‥‥」

響「そ、そんな事言うけど千早だってこないだ、夜中の1時に電話かけてきて「怖い話を聞いてしまって眠れないのだけれど‥‥ちょっと内容話すわね」って言ってきたじゃないかー!」

伊織「そうよ! 私には、番組の収録中「水瀬さん‥‥あの、カメラマンの人なんだけれど‥‥頭の上、髪の毛がずれてるわ‥‥」って、せっかく私は気付いてなかったのに、報告してきたじゃないの! おかげでその後大変だったんだから!」

千早「いや、そ‥‥夢じゃない?」

伊織「んなわけないでしょ!」

雪歩「仲、いいんだね」

響「1人で10のダメージ食らうより、全員が50のダメージ食らった方が、精神的にはいいかなって」

雪歩「わ、私はその共同体、遠慮しとくね。あ、そうだ。お父さん達、もう始めちゃってるよ。私達も食べようよ」

響「お呼ばれしまーす」





雪歩「お父さん、事務所のお友達が来たよ」

響伊織千早「こんばん‥‥」

職人「うひょーwwwマジでアイドルきたwwwwすげえwww」ムキムキ

職人「ばかwww雪歩ちゃんもアイドルwwwww」ムキムキ

職人「たしかにwwwww」

雪歩父「地味だけどなwwwww」

職人「たしかにwwwww」

雪歩父「てめwwww人の娘地味とか言うなwwwwぶっとばすぞwwww」

職人「おほーwwww雪歩ちゃんごめーんwwww愛してるよーwwww」

雪歩「あは、はは‥‥」



伊織「こ、濃ゆいわね‥‥」

響「もう出来上がってるぞ」

千早「萩原さんの表情が、完全な無になってるわ」

響「たしかに、この環境で育ったら、順応するか苦手になるかのどっちかだよね」

雪歩「こ、こっちに、別の網用意してあるから、ゆっくり食べようか」

伊織「あ、生還したわね」

雪歩「うん‥‥昔からの知り合いだから、慣れてはいるんだけど‥‥」

響「まあ、あの人達は‥‥世の中の一般的な「男」を煮詰めたみたいな雰囲気があるぞ」

伊織「この辺りだけ5度くらい気温上がってそうね」

雪歩「あ、これ。お肉とか野菜分けてもらったよ。具なしのおにぎりだけど、ご飯もあるから」

千早「悪いわね。急に押しかけて、足りなくなったりしないかしら」

響「あ、一応これ。伊織と一緒に、途中で買ってきたんだけど」

雪歩「え? あ、ウィンナーだ。わざわざごめんね? でも、絶対足りると思うよ」

伊織「そうなの?」

雪歩「うちでこの会を開くと、次の日とその次の日くらいまで、ご飯の材料に使いまわせるから」

響「そ、そんなに用意してあるの?」

雪歩「うん。足りなくなるよりいいだろって‥‥お父さん達、「ちから」と「たいりょく」は255くらいあるけど「かしこさ」は多分、4くらいしかないと思うんだよね」

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/13(水) 19:39:59.64 ID:UxN1sCGlo
伊織「割と辛辣ね」

雪歩「身内だからね。もう焼き始めて大丈夫?」

千早「ええ。ご馳走になるわ」

響「ああー‥‥録画してた番組見てから、夢だった光景が目の前に」

雪歩「あ、響ちゃんも見たんだ。うちも、お父さんが昨日あの番組見たから、今日やる事になったんだ」

伊織「なかなかの行動力ね」

響「テレビはともかく、外で焼肉すると、すごく夏な感じがするよね」

伊織「そうね」

雪歩「また、みんなで海とかに行きたいね」

千早「そういえば、たしか真が仕事で海に行ってたわよね。今朝から」

伊織「そうなの? まあ、似合いそうではあるわね」

千早「なんでも、海の家のマスコットキャラクターとの共演らしいわ」

響「ふーん。ゆるキャラみたいなあれかな」

千早「なんだったかしら‥‥ああ、そうだわ。ドリームビーチの、ビーチ君だったわね」

雪歩「ビーチ君?」

伊織「ビーチくん‥‥ビーチクンねぇ」

響「アイドルがビーチクんと共演は、ちょっとどうだろう」

千早「アクセントがおかしいわよ」

伊織「真も気ぐるみ着ればいいんじゃない? せっかくだし」

千早「可愛い物が好きでも、その中に入るのは好きなのかしら」

響「そもそも、可愛いかどうかもわかんないぞ」

伊織「マスコットなんだし、可愛いんじゃない? ビーチクんとチクビちゃん」

千早「モチーフが変わってるじゃないの」

雪歩「あ、そろそろ‥‥」

職人「そろそろ、その辺食えるんじゃね?」

雪歩「ぴゃあああああぁぁぁ!」

響「ひえっ!?」

千早「す、すごい声量だわ」

職人「めんごめんご」

雪歩「ど、どこか行くんですか?」

職人「ウンチ!」

伊織「ぶふぉっ!」

雪歩「ちょ、ちょっと‥‥他の子もいるんですよぉ」

職人「めんごめんご! タバコと追加の酒の買い出し。いっぱい食べろよー。俺が金出したわけじゃないけど。ひょひょーwwwww」

雪歩「‥‥だ、大丈夫? なんか、ごめんね?」

伊織「ちょ、ちょっとお茶が気管に流れ込んだだけよ‥‥ああいうタイプの人って周りにいなかったから、刺激的だわ」

響「動物達より野獣の匂いがするぞ。本能で生きてるっていうか」

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/13(水) 19:40:46.36 ID:UxN1sCGlo
雪歩「き、気を取り直して、ご飯食べようか。今のやり取りで、焼けすぎちゃったかも」

響「じゃあ‥‥いただきまーっす! はむっ!」

雪歩「どう?」

響「‥‥なんかさ、肉ってやっぱり、問答無用だよね。こんなの反則だぞ」

伊織「はふ‥‥たしかに、美味しい! としか言いようがないわよね」

千早「私、肉とお米と野菜と魚があれば生きていけるわ」

響「それ、割と理想の食生活だよね?」

雪歩「ふふっ。あ、そうだ。これ、お母さんが漬けたの。食べる?」

伊織「何? それ」

雪歩「青南蛮の醤油漬けだよ。三升漬けの簡単バージョンみたいな」

響「ふーん。じゃ、いただきます‥‥おお! 美味しいぞ! タレの代わりに、これ巻いてもいいね」

伊織「‥‥辛っ! うわ! 辛いわよこれ!」

千早「あら? 私のはそうでも‥‥ちょうどいいわよ」

雪歩「当たり外れがあるんだよね。これなんか、皮が固めだから結構辛いと思うんだけど‥‥」

響「怖くて試せないぞ」

雪歩「あ、ちょうどお父さんがトイレに‥‥こうやって、お父さんの進路上に、紙皿に乗せた南蛮を置いて‥‥」

伊織「え?」

響「あ、気付いたぞ」

千早「あ、食べたわ」

雪歩父「もぐもぐ‥‥ほへーーー! からーーい! 母さーん! 落ちてた南蛮拾って食べたら、からーーーい!」バタバタ

響「あっはっはっはっは! あっはっはっはっはははは!」

雪歩「あのくらい辛いっていう‥‥」

伊織「いやいやいや、なんかもう、おかしいところだらけなんだけど」

千早「父親に雑な罠を仕掛ける娘。それを拾って食べる父。その報告を受ける母」

伊織「愉快な一家ね」

響「けど、ほんとこれ美味しいね。やってみよっと」

雪歩「イカのお刺身とか食べるとすっごく合うよ」

伊織「聞いただけで美味しそ‥‥って、雪歩。あんた、全然食べてないじゃない。ほら、その辺なんかよさそうよ」

雪歩「あ、ほんとだ。はむっ‥‥あ、あれ? どうしたの?」

響「いや‥‥なんかこう、女の子女の子してる子が、肉食べてる姿って、いいなーって」

雪歩「へ?」

千早「わからないでもないわね」

雪歩「そ、そんな事ないと思うけど‥‥」

響「ねえねえ。自分は?‥‥あむっ!」

伊織「似合いすぎるわ」

千早「骨まで噛み砕きそうね」

響「なんでさ」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/13(水) 19:42:01.53 ID:UxN1sCGlo
伊織「今度、雪歩があれ食べてる姿見てみたいわ。山賊が食べてるような肉。骨ついた」

響「ああ、あれね。こう、肉じゃなくて顔の方を動かして、ブチィ! って噛み切る感じで」

雪歩「美味しそうだけど‥‥アイドルとして、それっていいのかな」

千早「確実に、よくはないわね。特に、萩原さんのイメージだと‥‥あつっ!」

響「あつっ! ちょ、ちょっと! 千早の方から、なんかあっついの飛んできたぞ!」

千早「ご、ごめんなさい。ウインナーをかじったら、皮がはじけて‥‥」

響「もうちょっとで、目にウインナー汁が入るとこだったぞ‥‥」

伊織「ウイ汁が?」

響「ウイ汁が眼球にとか、最悪だからね。あ、シイタケ焼けた」

伊織「炭火って最強よね。炭焼きにして美味しくない物なんて、あるのかしら」

響「あるよ。グミ」

千早「ガム」

伊織「誰がお菓子の話しろって言ったのよ。そりゃあるわよ! 美味しくなくなる物くらい! 魔法じゃないんだから」

雪歩「ふふっ」

響「そういえば雪歩って、焼肉好きなんだよね? 店とかにもいくの?」

雪歩「うーん‥‥たまーにかな。家族とか、友達とかと‥‥」

響「やっぱり、こだわりがあったりするの? 焼くのはこの順番で! とか、この肉はこの味付けで! みたいな」

千早「少し面白そうね」

伊織「今度、行きましょうよ。お給料入ったら」

雪歩「それは大歓迎だけど‥‥こだわりとかは、特にないよ?」

響「え、そうなの? なんか、焼肉好きって、そういう人ばっかなのかと思ってた。ネイチャーさんの影響で」

伊織「ネイチャーさんって呼ぶんじゃないわよ。寺門さんでしょ」

雪歩「だってほら‥‥お肉なんて、焼いて味付けて口に入れれば、基本的に美味しいし」

千早「一理あるわね」

響「でも、ジューシーな肉と、パサパサな肉だったら、せっかくなら美味しい方食べたくないかー?」

千早「そうね‥‥でも我那覇さん。パサパサな肉と、虫だったら、どっちが食べたいかしら」

響「そりゃパサパサな肉が‥‥言っとくけど、この質問、なんの意味もないからね?」

伊織「少なくとも、最下位はパサパサな虫‥‥あら? 何してるの?」

雪歩「あ、うん。おにぎりに焼肉のタレ塗って焼くと、結構美味しいから、みんな食べるかなと思って」

伊織「雪歩。結婚しましょう」

雪歩「ええっ?」

響「やっす」

伊織「子供は何人欲しいかしら」

千早「割と長く引っ張るのね」

雪歩「私と伊織ちゃんの子供って、全然想像つかないね。どうなるんだろう」

千早「顔立ちなんかは、どっちに転んでも平気そうだけど」

響「ただ、遺伝子の中に、伊織の性格っていう核爆弾が潜んでるからね」

伊織「はっ倒すわよ」

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/13(水) 19:43:17.22 ID:UxN1sCGlo
千早「私と水瀬さんとかだと、割と最悪な組み合わせになりそうね」

雪歩「そうかなぁ‥‥」

伊織「少なくとも、担当プロデューサーはストレスで死ぬわね。アイドルになった場合」

響「あ、牛タンだ。久し振りに食べるなあ」

伊織「あんたはもう少し、一つの話題に興味を持続させなさいよ」

響「いやほら、見てって。すっごい分厚くて美味しそうだぞ」

千早「本当ね」

雪歩「これ、お父さんが丸まんま買ってきたんだ。5本」

響「あはっ! 5本。豪快だなー」

雪歩「お母さん、途中で丁寧に切るの面倒になっちゃって。その分、食べ応えはあると思うよ」

千早「たしかに‥‥焼けるのにも、結構かかったわね。いただきます」

響「うわっ、こんなに噛み応えあるの、初めてかも」

雪歩「ちょっとレアだけど、その方が美味しいかもね」

伊織「牛タンって、牛の舌だったかしら」

千早「そうね」

伊織「そう考えると、私のファーストキッスの相手って、牛なのかしら」

千早「うっ‥‥」

伊織「しかも、死体」

響「あのさ、食べてる最中に舌だって意識させるの、やめてくんない?」

雪歩「肉の事を死体って表現するのもやめてよぉ‥‥」

伊織「冗談よ。いただきまー‥‥」

千早「ああ、水瀬さんが」

響「死んだ牛から切り取られた舌を」

雪歩「口に入れようとしているよ」

伊織「‥‥‥‥」

千早「ドナドナドーナドーナー」

響「子牛をのーせーてー」

千早「ドナドナドーナドーナー」

雪歩「荷馬車はゆーれーるー」

伊織「‥‥わかったわよ。私が悪かったから、美味しく食べさせてちょうだいよ」

雪歩「あ、レモンあるよ」

伊織「そう? じゃ、使おうかしら。‥‥あむっ」

響「一口で食べ切れない肉って、ロマンだよね」

千早「そうね。‥‥はあ、お腹が膨れてきたわ」

伊織「美味しい物食べる時だけ、胃の容量増やせないかしら」

響「だね。顎の下辺りまで胃なの」

雪歩「この会、朝まで続くと思うから、好きな時間までいればいいよ。それで、お腹が空いたらまたつまめば?」

響「望んだタイミングで肉があるとか、夢の世界だぞ」

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/13(水) 19:44:35.12 ID:UxN1sCGlo
千早「そんなにいつまでも居座って、迷惑じゃないのかしら」

雪歩「いや、迷惑も何も‥‥すぐ隣があの集団だし。今更じゃない?」

職人「悪かったなー。おりゃ!」

雪歩「ぴゃはああああ!」

響「おお。両手で雪歩の脇腹を鷲掴みに」

伊織「全国のファンが泣いて羨ましがる光景ね」

職人「アイス買ってきたから食おうぜ! 花火買ってきたからやろうぜ! キーンでございまーす!wwwww」バタバタ

職人「ぶはははwwwバカが帰ってきたwwww」

響「花火だって」

千早「私達がいるから、気を遣ってくれたのかしら」

雪歩「ううん。あの人達、夏は毎回やってるよ。それで毎回、ロケット花火打ち合ってヤケドしながら大笑いしてるよ」

伊織「たくましいわね」

雪歩父「おーいジャリ共! アイス溶けるぞ!」

伊織「ジャリ‥‥」

雪歩「なんか、ごめんね?」

伊織「いいけど。それより、せっかく呼ばれたんだから行きましょうよ」

雪歩「え、あの中に混ざるの?」

響「外で焼肉して、アイス食べて、花火‥‥いよいよもって夏って感じだぞ!」

千早「今年も、賑やかな夏になる予感がするわ。よくも悪くも」

伊織「そうね。‥‥あれは、いい賑やかさかしら。悪い賑やかさかしら」

響「ん? あれって‥‥あははは!」

伊織「今日初めて会ったおじさん達が、お尻に花火差し込んでる光景」

響「うーん‥‥ちょっと笑っちゃったからなあ」

千早「そうね。じゃあ、いい賑やかさという事で」

雪歩「なんか、ごめんね。夏の思い出一発目を、こんな感じにしちゃって」





終わりだよ~

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/13(水) 19:47:14.19 ID:UxN1sCGlo
書き始めた時は焼肉食べたかったけど、今は別にそんなでもないんで、こんな辺りで終了です。

相変わらず内容も教訓も特にない、ただただアイドルが管を巻いてるだけの文章ですが、読んでくれた人はありがとうでした。

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/13(水) 19:55:27.31 ID:pk0ETlI9o

面白かった

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/13(水) 20:06:05.71 ID:QwvumlpDo
よかった。
最初、響が伊織呼ぶところで、お財布かと思って焦ったけれど、そんなことはなかったぜ


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1407926007/