『天海春香の、ケーキ焦げちゃった……』


―OP曲・強い女―


春香「はい、リスナーの皆さんこんにちは。天海春香のケーキ焦げちゃった、第三回でーす。」

春香「真っ昼間からふざけた番組の収録で若干滅入ってますが、これ終わったらお昼に牛タン弁当が頂けるんですよ。」

春香「物で釣られてるなよアイドル!!って声も聞こえてきますが……。」

春香「実はね、本日ゲスト回と言う事で普段は頂けないお弁当を用意してくださったんですよねー。」

春香「あーもうホント、その予算をもっと別の所に使えーー!!」


春香「はい、まぁゲストの紹介に移りたいと思います。ゲストの……板垣退助さんでーす!!」

冬馬「天海おまっ、ちゃんと紹介しろよ!!板垣死すとも自由は死せず、じゃねぇんだよ!!」

春香「はい、いいリアクションですね~こういうポジションの人が居るとホント楽ですよね。」

冬馬「お前といい菊地と萩原といい、どうしてゲストにそんな役割を……えー、天ヶ瀬冬馬です、今日はよろしく!」

春香「冬馬君はなんと真からの紹介で来てくれました~。」

冬馬「え、アレを紹介って言うか?ってかそうだ!!おい天海!!アレなんだよアレ!!!」

春香「アレって?」

冬馬「これだよ!!!!」

春香『く~そ~のこ~と~ば~が溢れっ!!!!』

春香「あっ……。」

冬馬「このクソの替え歌ホントなんなんだよ!?お前アイドルだろうが!?」

春香「あー、うん、これね。冬馬君があっちでゲストに出るって言う事で、雪歩と真にボイスレコーダー渡されるよね。」

冬馬「お、おう。」

春香「で、そしたらもう当然歌うよね、これ。」

冬馬「歌うよね、じゃねえだろうがぁぁ!」

春香「リスナーさんからのお便りで、便秘のワードが出たからこれしかないって思うよね?」

冬馬「思わねーよ!!何いってんだよ!?」

春香「まぁそんな訳で生まれたんだけど……良く音源貸してくれたね。」

冬馬「そこはまぁ、コレでな?」

春香「そのやらしい手つきをやめて頂ける?」

冬馬「おま、お前なぁ!!」

春香「はい、まぁそんな訳で頂いたお便りを紹介していきましょうか。」


春香「ラジオネーム『はるるんのファンやります』さんから。」

『雪歩さん、真さん、色々な暴露話をお願いします。
ネットだし編集でピー音入れたら大丈夫でしょw』

冬馬「あの二人来てないだろ!?」

春香「前回の放送で検討します~なんて言ったからね、リスナーさんが本気にしてしまって。」

冬馬「リスナーのせいにすんなよ!!……で、俺が言えばいいのか?」

春香「あ、ちょっと冬馬君の暴露話は嫌な予感しかしないからやめて?」

冬馬「まぁ割と有名な話なんだが、天海をライブに招待したら結局来なかったって言う話があったんだけど。」

春香「あ、うん、それやめよう。」

冬馬「後日聞いたら、台本の栞にしてて忘れてた、って言ってて、まぁ~そりゃ、怒るよな。」

春香「それ、ちゃんと謝ったじゃん、もー!二回目のライブはちゃんとお金払って見たしさぁ!」

冬馬「え?見に来てたのか?」

春香「知らなかったんかい!!」


春香「じゃあ続いてのお便り行きます。……の前に、喉渇いちゃったね。」

冬馬「ああ、そうだな……。」

春香「と言う訳で、ジュースを用意しました!じゃん!」

冬馬「……見るからに量が少ないんだが?」

春香「まあまあ、いいからぐいっと、ね?」

冬馬「お、おう……。」

春香「さあ、どうぞ!」

冬馬「な、なんだよ急に……じゃあ、ぐいっと……、!?」

春香「はいではお便りよみまーす!」

冬馬「……っ!!ぐっ……、あああっっ!!!」

春香「ラジオネーム『ウニとイガグリの中間』さんから頂きましたー!」

冬馬「水、ッ水!!……あああっ、くそっ、天海てめぇ!!」

『春香さんが やめて っていうと
押すなよ! 絶対押すなよ!
みたいな感じに聞こえてしまいます。』

冬馬「何だよこれ、なんだよこれぇぇ!」

『つまり本当はやってほしいって
ことですね!?』

春香「はーいありがとうございまーす、でもそんな芸人さんみたいな事はありませーん♪」

冬馬「人の話を聞けぇぇぇ!!」

春香「え?ノニジュースだよ?」

冬馬「そこじゃねぇよ!いやそうだけど!!違う、なんで飲ませたんだよ!!」

春香「同じ苦しみを味わって頂きたくて、ねー。」

冬馬「は?なに、これお前も飲んだの?」

春香「当然飲みましたよ。」

冬馬「へー。……え、何。映像あんの?」

春香「あ、ちょっ」


春香『はい……あの、私にバレないようにこっそりと用意してたみたいですねこれ。はぁ……。』

春香『仕方ないので、頂きますね。えーと、このカップにちょっとだけ入れて……。いきます。』

春香『……、……!?』

春香『!!……、げほっ、うぷ』

春香『げほっ、げほ……、っ、ああ、あああっ』


春香『ナニコレ、マズイ……。』

春香『うえっ……舌しびれるし……まだ残ってる、あー、気持ち悪い……。』

春香『水、水……んっ、んっ……ぷはっ、ああああっ、もう、なんですかこれえええ!!』

春香『ホントさあぁぁ!!もーーー!!!』


冬馬「ぶはははははははwwwwwwwwwwwなんだよこの顔wwwwwwwwwwwww」

春香「ちょっとスタッフさぁぁん!!!」

冬馬「おまwwwwwwwww顔が老けてるwwwwwwwww飲む前と後wwwwwwwwwwwww」

春香「笑いすぎだよ!!!」


冬馬「あー笑いすぎて顎いてえ……ww」

春香「スタッフの悪意と冬馬君の悪意をヒシヒシと感じているよ……。」

冬馬「元はお前が俺にノニジュースを飲ませたからだろうが、自業自得だw」

春香「うぅぅ……気を取り直して次のお便りです。ラジオネーム『KSK』さんから頂きました。」

『前回のパンツの質問、失礼しました。ノーパンな春香さんには関係ない話でしたね。

追記です。春香さんが準レギュラーのTMNがもうすぐ終了との事ですが、一言お願いします。』

冬馬「天海お前ノーパンなのか!?」

春香「履いとるわ!!!」

冬馬「すげぇ、ノーパンとか興奮するわ……。」

春香「すんな!!!」

冬馬「……まぁ、冗談はともかく、お前こんなえげつない質問をリスナーから送られてんのか。」

春香「品がないよね~。」

冬馬「下ネタに品があるもないもクソもねーだろ。」

春香『く~そ~の~と~き~を~き~ざっむっ!!!!』

冬馬「流すんじゃねえよ!!!」

春香「ホントだよ!!」

冬馬「で、準レギュラーの天海春香さん、一言どうぞ?」

春香「せいせいします。以上!!!」

冬馬「おま、仮にも同じ事務所の奴らだろうがwwww」

春香「あの二人がSCCに来て暴れたせいでコレが生まれてしまったから、ねぇ……。」

冬馬「あっ……。」


―ED曲・笑って!―


春香「はー、今日は長かった気がするよ……天海春香のケーキ焦げちゃった、そろそろお別れの時間です。」

春香「冬馬君、今日は来てくれてありがとう、楽しかったよ……?」

冬馬「なんで疑問系なんだよ!……まぁ、楽しかった。」

春香「このコーナー宛のお便りもとりあえず募集していますので、よろしくお願いします。」

冬馬「ずいぶん投げやりだな……。」

春香「まぁ、ね……宛先はケーキ焦げちゃったまで、SCCに送っても読みませんからね~。」

春香「と言う訳で、お相手は天海春香と。」

冬馬「ゲストの天ヶ瀬冬馬、でした。」

春香「またね~。」




春香「あーー、ホント殴りたい……。」

冬馬「同情するわ……。」



関連SS次作:雪歩・真「オールナイト76 愛「真さん!!!!!!誕生日スペシャル!!!!!!!!!!!!!」 雪歩・真「っっっっっっ」