この後は、天海春香のSweet Chiffon Cake♪をお届け致します。
CHIYODA FMが午前11時をお知らせ致します。

CHIYODA FM♪CHIYODA FM♪11時です♪

春香「真、ハッピーバースデー!」

真「春香……ありがとう。」

春香「はい、先日お誕生日を迎えました、菊地真をゲストにお呼びして今日も行きますよ!」

春香「天海春香の!Sweet Chiffon Cake♪」


-OP曲・ストレートラブ!―


春香「CHIYODA FMをキー局に全国38局ネットでお送り致しますGAO Presents、天海春香のSweet Chiffon Cake。」

春香「本日もCHIYODA FMのアーススタジオからお送りしています。」

春香「パーソナリティは私、天海春香です!今週もよろしくお願いします!」

春香「はい、改めまして765プロ所属アイドル、先日29日に誕生日を迎えました、菊地真さんがゲストに来てくれました!」

真「菊地真です、今日はどうぞよろしく!」

春香「先週名前を伏せてゲストをお呼びする事をお伝えしたんですが、やはり目ざとい方は分かってしまいますよね~。」

真「まぁ、あずささんが呼ばれた時みたいに前例があるから、分かり易かったんじゃないかなぁ。」

春香「あー、確かにそれはあるね。」

春香「と言う訳で、お祝いのメッセージを皆さんから色々頂いています!ラジオネーム『ポタポタポタポタ』さんから。」

春香「『真ちゃんお誕生日おめでとうなりよ~~!!』」

真「あ、ありがとう……なんか複雑だな、自分で言うのと、聞くのってやっぱり違うし……。」

春香「続いてラジオネーム『ふくろう』さんから!」

春香「『今日のゲストは真さんですよね!?誕生日おめでとうございます!きっと事務所にはファンからのケーキが凄いんだろうなぁ!』」

真「ありがとうございます。あ、でもケーキは生ものだから、受け付けてないんですよ。」

春香「その代わりに私がケーキ作ってきたから、ね!」

真「おー、春香のケーキは美味しいから楽しみだなぁ。」

春香「ラジオネーム『味の素』さんから!」

真「まだ来るの!?」

春香「『真ちゃん、誕生日おめでとう!良い一年になりますように!』」

真「あはは、ありがとうございます。」

春香「やっぱり真王子のイメージが強いからだと思うんだけど、普段より女性リスナーさんからのお便りが多いですね~。」

真「あ、やっぱり……。」

春香「まぁ落ち込まない落ち込まない!祝ってくれるだけありがたいんだからね!」

真「ま、まぁそうだけどね……。」


春香「さて、ここでふつおたのコーナー!」

春香「今週は……、ラジオネーム『KSK』さん!いつもありがとうございます♪」

春香「『春香さん、ゲストの方こんにちは。』こんにちは♪」

真「どうも、こんにちは!」

春香「『毎週楽しみに聞いてます。質問ですが、お互い、これは私の方が勝っている、これは相手にはかなわない、っていうのはありますか?』」

春香「はい、ありがとうございまーす!」

真「勝っている、敵わない、か……うーん、そうだなぁ。まずお菓子作りの腕前は間違いなく敵わないよ。」

春香「そりゃあ趣味ですから!でも、真はお菓子作らないの?」

真「料理するのは結構好きなんだけどさ、お菓子ってほら……面倒くさいじゃない?」

春香「まぁ、手の込んだ物を作ろうとすれば面倒だね。でも、楽しいよ?」

真「楽しいんだろうけど……なんだろう、春香が作ってくれるから基準が春香の物になってる感じがして、ちょっと二の足を……。」

春香「あー……、あー、それは確かにあるかも。クッキーはほぼ毎日持って行くし……、ドーナツだって作るし……。」

真「だから、自分ではいいかなーって思うんだよね。」

春香「なるほどね、じゃあ私と一緒に作ればいいんじゃないかな?」

真「そこまでしてボクに作らせたいんだ……。」

春香「趣味を共有ってやつ♪」

真「千早にやらせればいいんじゃないの?」

春香「千早ちゃんには、まず料理を教えてるからさ……、お菓子作りはその後だよ、その後。」

真「あー、そっか。」

春香「逆に、私に勝ってるって思う部分は?」

真「ダンスは間違いなく勝ってると思ってるよ。ボクの自信がある所だからさ!」

春香「自信……響ちゃんとどっちが上かって言われると?」

真「うーん……響はしなやか、って感じだから…・…、どっちが上とかは無いと思うんだよね。」

春香「なるほど、それぞれ得意とする部分が違うみたいな感じなんだね!」

真「うんうん。」

春香「確かに真のダンスのキレは、すごいなぁって思うし、敵わないなって感じちゃうね。」

真「へへっ。」


春香「続いてのお便りは、ラジオネームは……名無しさんですね。」

春香「『あれ……これもしかしてスタッフは春香さんの飲み残しルートビアを飲んだの?なんて羨ましい!』」

真「……なんか凄いお便りだね。」

春香「先週の回ですね、えーと……ルートビアって言う、なんだろう、すっごく湿布の味がする炭酸を飲んで。」

真「あー、響がたまに飲んでるよね。」

春香「そうそう、こっちじゃあんまり手に入らないんだぞー。って言って……。まぁそれをコーナーで飲んで、不味くて残しちゃったんだけど。」

真「うん……、どうしたの?」

春香「流石に恥ずかしくて男性のスタッフさんには渡せなかったので、女性スタッフの麻美さんにお願いして飲んで貰いました。」

真「その人はどうだったの?」

春香「割と美味しそうに飲んでたね……。元々ドクターペッパーが好きな人みたいで。」

真「なんか納得……。」


春香「さて、ここでリクエスト曲のコーナーです!ラジオネーム『はるるんのファンやります』さんから頂きました!」

春香「『ゲストは誕生日の真さんかな。せっかくなので2人のデュエットをリクエスト。蛍のひ・・ではなくて、懐かしの「Yes♪」を。』」

真「この人蛍の光って言いかけたよね!?」

春香「ラジオ閉店しないからね!天海春香と菊地真で『Yes♪』どうぞ♪」


―BGM―


『今日はお洗濯日和♪』

『でも外干しは花粉とか着いちゃって大変……。』

『そんな時は!GAOのスパイク!これで洗えば花粉や埃の付着を防げます!」

『すすぎ一回でオッケー、経済的な優しさ!』

『GAOの液体洗剤スパイク、好評販売中!』

『Good morning & Good night, GAO』


『お昼の情報番組ミディヌーヴェル!一週間のニュースをまるっとお届け!』

『一週間忙しかった貴方もこれを聞けば一週間が丸わかり!』

『ミディヌーヴェル、毎週土曜日12時よりOn Air!』


『天海春香のSweet Chiffon Cake♪、新コーナーが何故か独立しちゃいます。』

『新コーナー、天海春香のケーキ焦げちゃった、CHIYODA FMの番組公式サイトで第三回を配信してます。』

『お昼の番組では絶対出来ない話をしてますので、興味があったら是非聞いてくださいね。』


―CM明けジングル―


春香「天海春香と菊地真で『Yes♪』お聞き頂きました!」

真「出したの結構前だったよね~。」

春香「うんうん。その時はまだラジオなんてしてなくてさ。」

真「そうだねぇ、まさか番組をやるなんて思ってなかったよ。」

春香「……ところで、リクエスト曲さ、なんか一つ目立ってるのがあるんだよ。」

真「へ?何ソレ。」

春香「ラジオネーム『はるるんのファンなめます』」

真「舐めちゃダメだろ!」

春香「『真さんゲストなら、Do-Kane?でお願いします。こっちでも聞きたいです。』」

真「あーーー、え、えーー、それリクエストしちゃうのかーーー!!」

春香「流石に音源を借りる事が出来なかったので、ごめんなさい!」

真「まぁ当然だよね。」


春香「では、続いてのお便りです。ラジオネーム『別の世界戦の悪夢再び』さんから頂きました。」

春香「『春香さんは、一人では転ばずに周りを無理やり巻き込むんですねw』」

春香「なんか初っぱなから酷い言われようなんですけど!?」

真「無理矢理巻き込むって言うと、プロデューサーの……。」

春香「その話はやめよう。ね??真、お願いだからやめて??」

真「あ、うん。」

春香「『何だか、ちょっとした思い付きで色んな所に迷惑をかけてしまったみたいで申し訳ございませんw』」

真「何があったの?」

春香「ほら、SCCの裏コーナーみたいなのがネット配信してるじゃないですか。」

真「焦げちゃった、だっけ?」

春香「あのコーナーに採用されたお便りでね、この人が『ノニジュースしかないっしょ→』ってお便りを送ってきたんですよ。」

真「こいつか~~!!!こいつのせいか~~~!!!!」

春香「え、何?何があったの?」

真「白々しいんだよぉ!誕生日祝いと称してノニジュース差し入れて!!!」

春香「その件はさ、ほら、うん、CM中に出したケーキでちゃらにしてください、ね??いいよね??」

真「良くないよ!!!」

春香「いや、うん、ごめん、なんか。まぁ、お便り続けます。」

春香「『お詫びとして、春香さんには「お風呂セット」を「あいパック」で送りますんで受け取ってください♪』」

真「あ、なんかボクの横に置いてある箱ってそのお風呂セットだったんだ?じゃあはい、どうぞ。」

春香「どんなのが入ってるのかな~?」

春香「……あれ、意外と蓋が固いな……。」

真「もっと力入れて開ければ開くよ!」

春香「んぬぬぬ、っふんっ!!」

春香「あいたっっ!!!いったぁぁぁぁぁ……。」

真「あははははははは、春香、二回目だよ二回目!!あははははは!!」

春香「~~~~っっっっ!」

真「本気で覚えてなかったの!?」

春香「あっ、あああっああ……今思い出した……。」

真「生っすかの時も同じ事やってたじゃないか……。」

春香「さ、流石に三回目はしないと思う……、あーー、鼻痛い……。」

真「で、中身のお風呂セットは?」

春香「えーと、あ、これ、LUSHのですね!えーと、アイラブジューシーと言うシャンプーと菜と言うコンディショナーが入ってますね。」

春香「他には……みつばちマーチだ!凄いなぁ。」

真「なんか高そうなのばっかりだね。」

春香「あと、何故か黄色い洗面器も入ってます。」

真「銭湯とかに置いてあるあれだね。」

春香「ありがとうございます~、大事に使いますね~。」


―ED曲・世界でいちばん頑張ってる君に―


春香「さて、お別れの時間がやってきました、今週はパーソナリティ天海春香と。」

真「ゲストの菊地真で!」

春香「皆さんにお届け致しました。『天海春香のSweet Chiffon Cake♪』」

春香「次回のお題は……真、なんか考えて?」

真「えええっ!?じゃあ……春香チャレンジの内容を募集してみるとか!」

春香「春香チャレンジって何!?」

真「リスナーさん次第じゃないかな……?」

春香「怖いなぁ……。あ、ふつおたも募集してますのでお気軽にどうぞ♪」

春香「お便りが採用された方には番組特製マグネットをプレゼント!」

春香「お便りに住所、氏名、電話番号をお書き添えの上、番組宛にお手紙を送るか、番組HPからメールで送ってくださいね!」

春香「掲示板のコメントでもお便りやコーナー宛のお便りも募集しています!」


春香「この後は『ミディヌーヴェル』、お昼のニュースをお伝えします!CHIYODA FMのアーススタジオからお届けしました『天海春香のSweet Chiffon Cake♪』」

春香「今日はありがとね、真!」

真「なかなか楽しめたよ!あっ、そうそう春香。」

春香「なーに?」

真「さっきのあいパックの映像がネットにアップされるみたいだよ?」

春香「ちょ、ちょっとおおお!!!なんで上げるのー!!もーーー!!」

真「あははは、まぁ、また呼んでね。」

春香「う、うん。また呼びますね。ではでは、来週もまた聞いてくださいね♪それでは、See you next week!」

真「ばいばーい!」




この番組は、株式会社GAOの提供でお送り致しました。
この後は、ミディヌーヴェルをお届け致します。



関連SS次作:響「TOKYO MIDNIGHT!」真美「ついにやってきたアイツの巻」