1: Lumberjack 2014/09/04(木) 22:07:02.38 ID:/WBdH3/x0
元ネタは『ウルトラゾーン』の不良怪獣ゼットンです

すぐ終わります

2: Lumberjack 2014/09/04(木) 22:07:57.79 ID:/WBdH3/x0
律子「プロデューサー、雪歩の事なんですけど…」

ゼットン「……」ピポポポ

律子「聞いてるんですか?」

ゼットン「……」ピポポポ

律子「返事くらいしてくださいよ!」

ゼットン「……」ピポポポ

律子「はぁ…まあ良いわ。雪歩の事は任せましたから、しっかりやってくださいよ」

ゼットン「……」ピポポポ

3: Lumberjack 2014/09/04(木) 22:08:39.13 ID:/WBdH3/x0
亜美「変な人だよね、話しても何にも喋らないんだもん」

真美「本当に仕事出来るのかなぁ?」

雪歩「そ、そんな事言っちゃダメだよ…」

真美「でもさぁ」

律子「ほら、無駄口叩いてないで仕事いくわよ!」

亜美真美「は→い」

亜美「それじゃあゆきぴょん、頑張ってね→」


4: Lumberjack 2014/09/04(木) 22:09:05.01 ID:/WBdH3/x0
雪歩「……」

ゼットン「……」ピポポポ

雪歩「あ、あの…プロデューサー…」

ゼットン「……」ピポポポ

雪歩「ひっ!?あ、あの…」

ゼットン「……」スッ…

雪歩「え?お、お茶が欲しいんですか?」

ゼットン「……」コクッ

雪歩「は、はい、今淹れますね…」


5: Lumberjack 2014/09/04(木) 22:09:58.50 ID:/WBdH3/x0
雪歩「…お、美味しいですか?」

ゼットン「……」コクッ

雪歩「あ、ありがとうございます…これでも、お茶を淹れる事には自信があるんですよ」

ゼットン「……」スッ

雪歩「もう一杯ですか?はい、すぐに持ってきますね!」

ゼットン「……」ピポポポ

雪歩「プロデューサー、見た目はちょっと怖いけど悪い人じゃなさそう…プロデューサーとなら、次のお仕事頑張れそうだな…」


6: Lumberjack 2014/09/04(木) 22:11:07.20 ID:/WBdH3/x0
~数日後~


雪歩「ぷ、プロデューサー、今日はよろしくお願いします」

ゼットン「……」ポンポン

雪歩「え?…か、肩の力を抜けって言ってるんですか?」

ゼットン「……」コクッ

雪歩「あ、ありがとうございます…それじゃあ、行ってきますね!」

ゼットン「……」ピポポポ…


7: Lumberjack 2014/09/04(木) 22:13:03.75 ID:/WBdH3/x0
~収録後~


雪歩「今日の収録、なんとか上手くいった…かな?」

ゼットン「……」コクッ

雪歩「ふふ、ありがとうございます…それじゃ、明日もよろしくお願いしま…」

マグマ星人「あれ?あの子って765プロの萩原雪歩じゃね?」

ババルウ星人「ほんとだ!うわ、近くで見るとマジでかわいい!」

マグマ「ちょっとナンパしちゃう?」

ババルウ「しちゃうしちゃう!」


8: Lumberjack 2014/09/04(木) 22:13:41.30 ID:/WBdH3/x0
マグマ「ねえねえそこの彼女、俺達と一緒に楽しい事しない?」

ババルウ「後悔させねえからさぁ、ねえ良いでしょぉ?」

雪歩「な、何なんですかあなた達…け、警察呼びますよ!」

マグマ「ひゅ~!怒った顔もマジかわいい!」

ババルウ「やっぱ少しくらい抵抗した方が燃えるよな。ほら、大人しく一緒についてこいよ!」

雪歩「や、やめて!」

ババルウ「うるせえ!あばれんじゃね…」

ゼットン「……」バシッ!

ババルウ「痛ってぇ!?」

マグマ「な、なんだてめ…あ…あぁ…」


9: Lumberjack 2014/09/04(木) 22:14:28.51 ID:/WBdH3/x0
ババルウ「この野郎よくも…ど、どうしたんだよ?」

マグマ「や、やべぇよ…こいつ、あのウルトラマンを唯一倒した…宇宙恐竜ゼットンじゃねえか!!」

ゼットン「……」ピポポポ

雪歩「え…プロデューサーが…?」

ババルウ「はぁ?何言ってんのお前?そんな奴がこんな所に居る訳ねえだろ!」

マグマ「それが居るからやべえんじゃねえか!に、逃げるぞ!」

ババルウ「バカ言うんじゃねえよ!アイドルをお持ち帰り出来るチャンスをみすみす逃してたまるかってんだ!おいこら!そこのカブトムシ!いや、カミキリムシか?」

ゼットン「……」ピポポポ


11: Lumberjack 2014/09/04(木) 22:15:31.88 ID:/WBdH3/x0
ババルウ「てめえがあの宇宙恐竜ゼットンだってんならかかって来いよ!このババルウ星人様に敵うと思って…」

ゼットン「……」バシッ!

ババルウ「ふげっ!?」

ゼットン「……」ウラケンッ!

ババルウ「ふぎゃっ!?」

ゼットン「……」ドゴォッ!!

ババルウ「うぎゃああっ!?」


      

      キラーン…




13: Lumberjack 2014/09/04(木) 22:17:11.21 ID:/WBdH3/x0
ゼットン「……」ピポポポ

マグマ「ひえええ!?や、やっぱりあの宇宙恐竜ゼットンだ!!す、すいませんでしたー!!」

ゼットン「……」ピポポポ…

雪歩「…プロデューサー」

ゼットン「……」

雪歩「ま、待ってください!…どこに行く気ですか?」

ゼットン「……」

雪歩「プロデューサーが、あの宇宙恐竜ゼットンだってバレちゃったから、どこかに行っちゃうんですか…それとも私がプロデューサーの事を、嫌いになったって思ってるんですか?」


14: Lumberjack 2014/09/04(木) 22:18:33.94 ID:/WBdH3/x0
ゼットン「……」ピポポポ…

雪歩「わ、私…プロデューサーがどんな人でも嫌いになんてならないです!だから…だからどこにも行かないでください…」

ゼットン「……」ピポポポ…

雪歩「プロデューサーがあの宇宙恐竜でも、私は嫌いになんかならないですよ。だって、さっき私の事守ってくれたじゃないですか…」

雪歩「だから…私のプロデューサーでいてください…プロデューサーが居なくなったら、私…ぐす…」

ゼットン「……」スッ

雪歩「プロデューサー…」

ゼットン「……」ピポポポ


15: Lumberjack 2014/09/04(木) 22:19:17.10 ID:/WBdH3/x0
雪歩「プロデューサーは、優しいですね…プロデューサーとなら私、もっと上に行ける…そんな気がします」

ゼットン「……」

雪歩「プロデューサー…明日、また事務所で逢いましょうね…絶対ですからね」

ゼットン「……」ピポポポ


16: Lumberjack 2014/09/04(木) 22:20:03.24 ID:/WBdH3/x0
~次の日~


律子「遅いわね…何やってるのかしら…」

亜美「もしかして、仕事が辛くて逃げちゃったとか?」

真美「ありうる…りっちゃんの扱きに耐えられなくなって…」

律子「何バカな事言ってんのよ!」

亜美真美「うわ→にっげろ→!」

律子「コラ!待ちなさ…」


17: Lumberjack 2014/09/04(木) 22:21:06.94 ID:/WBdH3/x0
ゼットン「……」 ガチャ

律子「うわっ!?きゅ、急にドア開けないでくださいよ!」

ゼットン「……」ピポポポ

雪歩「プロデューサー、おはようございます。お茶淹れておきましたよ」

ゼットン「……」ピポポポ

雪歩「ふふ、ありがとうございます。おかわりは?」

ゼットン「……」ピポポポ

雪歩「すぐ淹れてきますね」


19: Lumberjack 2014/09/04(木) 22:22:54.56 ID:/WBdH3/x0
亜美「あれ?なんだかあの二人、雰囲気変わった?」

真美「むむっ!?怪しい…何かあったに違いない!早速調査を…」

律子「亜美、真美…」

亜美真美「ひっ!?」

律子「楽しい楽しいレッスンの時間よ~…さぁ行くわよ!!」

亜美真美「や、やめて→!助けて→!」

律子「それじゃあ雪歩、それとプロデューサー、くれぐれも…」


20: Lumberjack 2014/09/04(木) 22:24:02.04 ID:/WBdH3/x0
雪歩「大丈夫ですよ律子さん。あとはプロデューサーと私に任せてください」

律子「そ、そう?じゃあ頑張ってね…」

律子「雪歩、どうしたのかしら…急に自信がついたような…」

ゼットン「……」ピポポポ

雪歩「プロデューサー、今日も…これからも、よろしくおねがいしますね!」

ゼットン「……」ピポポポ



雪歩「宇宙恐竜ゼットン、ウルトラマンを唯一倒した怪獣。何故か765プロでは、プロデューサーの凄さを知っている人は居ません。そして、その事を知ってるのは私一人…もう少し、この優越感に浸っても良いよね…ふふ」



21: Lumberjack 2014/09/04(木) 22:24:45.86 ID:/WBdH3/x0
終わりです。ありがとうございました

25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/04(木) 22:38:57.27 ID:susBWKW8O
面白かった、乙。
ババルウとマグマのDQN感はなぜなのか……見た目?

27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/04(木) 23:57:17.16 ID:iTv/tcjeO
やっぱゼットンてかわいいわ(錯乱)

30: ビチグソ-ゼットン 2014/09/05(金) 03:33:30.47 ID:YCY7vXFWo
ゼットンに重きを置くとは>>1とは上手い酒が飲めるな

元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1409836012/