美希「……という訳なの」

伊織「ぜんっぜん意味分かんないけど」

美希「だから、でこちゃんが世界を救うの」

伊織「いや、スケール間違い過ぎでしょその発言、でことかそういうの抜きにして」

美希「呆れるのも分かる、でもでこちゃんしか居ないの」

伊織「何で私がそんな大役背負ってんのよ!」

美希「……運命(さだめ)なの」

伊織「説明」

美希「したの」伊織「やり直し」

美希「全宇宙の理」

伊織「違う。何処で覚えたのよそんな言葉…」

美希「でこちゃん物分かり悪いの」

伊織「現実味なさ過ぎてね」

美希「何で!ミキがこんなにお願いしてるのに!」

伊織「だってどうしようも無いわよ」

美希「え~何で!何とかして!」

伊織「無茶言わないでよ、私このゲームやった事無いし」

美希「このボス倒せば全部クリアなのに!」

伊織「自分で乗り越えなさいよ、一人でここまで来たんでしょ?もうすぐじゃない」

美希「だって、でこちゃんと一緒にクリアしたい」

伊織「///あんたねぇ…」

美希「お願いなのっ!ねっ?」

伊織「…はぁ…仕方ない!とっととやっつけるわよ!」

美希「あはっ☆だからでこちゃん大好きなの!」

伊織「///…後でジュース奢りなさいよ」

美希「嫌なの」

伊織「なんでよ!」

美希「一緒にケーキ食べにいくの」

伊織(ナチュラルにこういう事言うの反則っ)

――その後二人は無事に世界を救い、仲良くケーキを食べに行きましたとさ

おしまい