この後は、天海春香のSweet Chiffon Cake♪をお届け致します。
CHIYODA FMが午前11時をお知らせ致します。

CHIYODA FM♪CHIYODA FM♪11時です♪

春香「土曜11時の癒しタイム、紅茶片手にラジオをどうぞ!天海春香でーす!」

真美「はるるん、くるしい……。」

春香「あ、ごめんね真美。もう席戻って良いよ?」

真美「へーい……ラジオの前の兄ちゃん姉ちゃん、今日は真美がめっちゃ可愛く変身するから、ちゃーんと聞いててよね~?」

春香「はい、それでは今週も行きますよ~!天海春香の!Sweet Chiffon Cake♪」


-OP曲・ストレートラブ!―


春香「CHIYODA FMをキー局に全国38局ネットでお送り致しますGAO Presents、天海春香のSweet Chiffon Cake。」

春香「本日もCHIYODA FMのアーススタジオからお送りしています。」

春香「今週もパーソナリティの天海春香と、アシスタントの双海真美で皆さんにお届けしていきます!今週もよろしくお願いします!」

―――――

真美「今日はさ、準備が必要だからってメールとかに目を通してたんだけどね?」

春香「うん。」

真美「結構みんな温めの感じで送ってくるんだねぃ。」

春香「え?」

真美「いや、だってさー!!こういう改造計画って大抵ロクでもない格好させられたりとか、ロクでもない台詞を言わされたりとかさぁ!」

春香「うんうん。」

真美「そんなもんがあると思ってたわけですよぉ!」

春香「ウチのリスナーさんはそんなに酷い事しないよー?」

真美「焦げだと酷いじゃん!」

春香「うっ……ま、まぁ。あれはね?ちょっと特殊な位置づけだからね?仕方ないよ。」

真美「仕方ないのかなぁ……。」

―――――

春香「仕方ないんですよ!と言う事で、ふつおたコーナーー!」

真美「このコーナーは番組宛に届いた兄ちゃん姉ちゃんのお手紙をばばばーんと読んで相づちを打つだけのコーナーだよ!」

春香「相づちだけじゃないからね!では最初のお便り!」

真美「ラジオネーム『春香さん、いつも肩に乗せているおじいさんは誰ですか?』さんから!」

春香「『シュネッケン賑やかになるほど喜んでもらえてなによりです。』」

真美「あれひどかったんだかんね!!ほんと!!」

春香「『友人も先日フィンランドに旅行に行っていたとのことでお土産をいただきました。』」

春香「『サルミアッキという飴らしいのですが、たくさん貰い食べきれないのでお二人にもお裾分けしようかと思います。』」

春香「『それではラジオ楽しみにしています^^』はーい、ありがとうございます!」

真美「この人は真美達に何を求めてんの!?」

春香「と言う訳で、サルミアッキでーす!」

真美「はぁ……頂きます……。」

春香「んーこれは……、なんだろう、しょっぱいのど飴……。」

真美「噛まないだけマシって言うか……あーまっず……。」

春香「喉には効きそうですねぇ。なんだろう、この前のシュネッケンと系統が似てるから、あーって感じで終わっちゃう……。」

真美「いちおー食べられなくはないんだけどねぇ。」

春香「と言う訳で、おじいさんさん。差し入れありがとうございました!」

真美「はるるん、こんな差し入れくるんだったら、差し入れコーナー作ってもいいんじゃない?」

春香「普通の差し入れだったら検討します……。」

―――――

春香「続いてのお便りに行きましょう!」

真美「ラジオネーム中国ち……『中国人参解放軍』さんから!」

春香「いま間違えかけたよね!?」

真美「まっ、まちがえてないっしょ!」

春香「ホント、間違えたら律子さんが飛んできて説教させられちゃうよ?」

真美「うっ……それは、嫌だ……。」

春香「まぁ、大丈夫大丈夫、春香さんが何とかしますから!さて、お便り読みまーす!」

春香「『真美ちゃん天海10億円さんこんにちは。』っておーーい!!!」

真美「天海10億円って、あははははは!!」

春香「私呼ぶのに10億円も要らないからぁぁ!!」

春香「こほん。『このSCCはアイドルにノニやシュネッケンなどのとんでもないものを食べさせる素晴らしい番組と聞いて、』」

春香「『いてもたってもいられなくなり送っていいものか悩みもしましたが、送らせていただきます。』」

春香「『シュールストレミングという魚の缶詰です。よければ二人でご賞味下さい。』」

真美「ありがとね~!ただねぇ、すごく残念なお知らせがあるんだよねぃ。」

春香「えー、シュールストレミングという缶詰は臭いが相当きついらしく、染みついて臭いが取れないと言う話もありますので……。」

真美「スタッフさんから美味しく頂いちゃったっぽいよ~。」

春香「チーズと合わせるとそこそこ食べられるそうです。わざわざ送って頂いて嬉しいんですけども……。」

真美「強烈な臭い系統はNGだからそこん所よろしくねぃ!」

―――――

春香「続いてのお便りです~。」

真美「ラジオネーム『765の事務員さんと結婚したい』さん!ピヨちゃんめっちゃ喜ぶよ~。」

春香「『はるるん、まみまみ、はいさいだぞー…』は、はいさいだぞー……」

真美「はいさいだよーん!」

春香「『この挨拶が使われなくなってもう10年にもなりますか…響ちゃん…あんなにいい子だったのに…あの事件さえなければ…』響ちゃん……。」

真美「ひびきん……本当に良い奴だったZE……。」

春香「『冗談はさておき、もう紅葉シーズン!冬(まだ秋かも?)ですね!今年は紅葉を見ずに一年を終わりそうです…』」

春香「『お二人はもう見ましたか?アイドルですのでそういう場所での撮影は多いでしょうね。』」

春香「『大人になっても芸能活動を続けていくのかは私にはわかりませんが見たくても見れない状況になる前に、是非心にきちんと留めておいてください…!』」

春香「はい、ありがとうございます!紅葉ですねぇ。紅葉は撮影で見ましたよ!」

真美「真美は見てないな~。」

春香「あ、見てないんだ。」

真美「うん。でもさ、事務所に行く通り道の街路樹って言うんだっけ?」

春香「うんうん。」

真美「あれの葉っぱが落ちてるの見ると、冬だよね~って思うよ。」

春香「あー、分かります分かります。」

真美「アレだね~、真美達はそう言う意味では恵まれてるよね。」

春香「撮影で行ったりするからねぇ。しっかりと思い出に残しておきたいです♪」

真美「だねぃ!」

―――――

春香「それでは!リクエスト曲のコーナーいっちゃいましょう!」

真美「ラジオネーム『気まぐれるなてぃっく』さんから!双海真美で、『ジェミー』!どーぞ!」


―――――


『大変!!服にコーヒーの染みがついたわ!!』

『大丈夫!そんな時は、GAOのウルトラスーパーホワイトを使えば…。』

『まあ!こんな綺麗に落ちたわ!』

『GAOの漂白剤、ウルトラスーパーホワイト。好評販売中!』

『Good morning & Good night, GAO』


『お昼の情報番組ミディヌーヴェル!一週間のニュースをまるっとお届け!』

『一週間忙しかった貴方もこれを聞けば一週間が丸わかり!』

『ミディヌーヴェル、毎週土曜日12時よりOn Air!』


『天海春香のSweet Chiffon Cake♪、新コーナーが何故か独立しちゃいます。』

『新コーナー、天海春香のケーキ焦げちゃった、CHIYODA FMの番組公式サイトで第三回を配信してます。』

『お昼の番組では絶対出来ない話をしてますので、興味があったら是非聞いてくださいね。』


―CM明けジングル―


春香「はい!双海真美でジェミー、お聞き頂きました~♪」

真美「ところでだね~、えー、メールが一通ラジオ宛に届きましてね~、はるるん、読んじゃうね?」

春香「はーい。」

真美「ラジオネーム『ピヨピヨ』ちゃんから!『765の事務員さんと結婚したいさん、不束者ですがよろしくお願いします。』」

春香「完全に狙われてるよ!?」

真美「と言う訳で、結婚したい兄ちゃんは是非ウチの事務員のピヨちゃんデートしてあげてちょーだいねぃ!」

―――――

春香「果たしてこの番組初のカップルは誕生するのでしょうか?では、今週のお題コーナーです!」

真美「今週のお題は、『双海真美改造計画』~!」

春香「リスナーの皆さんからのリクエストに真美はどれ位応えられるのでしょうか!」

―――――

春香「ラジオネーム『765の事務員さんと結婚したい』さんからのリクエストでーす!」

真美「はーい、次の方ー。」

春香「はい、ゴホッゴホッ。」

真美「んー、姉ちゃん、今日はどうしたのかな?」

春香「咳が出るのと、熱が……。」

真美「咳と発熱ぅ?んじゃー服捲ってー、心臓の音聞いちゃうよーん。」(エコー)

春香「お願いします……。」

真美「……っっ!!は、はるるん!もう終わりだから!ホントに捲んなくていいから!」

春香「あっ、ついやっちゃった!だって真美白衣なんだもんー。」

真美「もー、はるるーん!」

―――――

春香「続いてのリクエストはラジオネーム『落書きの落雷』さん!さあ、どんなリクエストが来るんでしょうか?真美も準備が出来たみたいなので、いきまーす!」

真美「みんな!!まみっしーみっしー!!まみ汁プシャー!!」

春香「あははははは、着ぐるみがぷるぷるしてる!」

真美「あっっっつ!!!これあっっっっつい!!」

春香「あははは、熱いって、あははは!」

真美「もー!真美着替えてくる!!」

春香「あははは、ははは、はー……真美、身体張ってるね~……。」

春香「でもあの着ぐるみの人、本当に頑張ってますよねぇ。あれって確か非公認ゆるキャラなんですよねぇ。」

春香「非公認でもあんな頑張って認知されてるって、凄いですよね。私たちも見習わないとですね!」

―――――

春香「最後のリクエストです!ラジオネーム『春香と真美って姉妹っぽいね』さんから!さー、どうなるんでしょうか!どうぞ!」

真美「怖れ!ひれ伏し!!崇め奉りなさい!!!」

春香「おおー!ハルシュタイン閣下ですね!」

真美「んっふっふ~、これはるるんの撮影で着てた服だけど、意外と真美でも着られるんだねぇ。」

春香「悔しい事に真美は背がぐーっと伸びたからね……、いつか追い抜かされるかもしれないなぁ。」

真美「はるるんよりスタイル良くなるから待ってるんだYO!」


―ED曲・世界でいちばん頑張ってる君に―


春香「さて!お別れの時間がやってきました、パーソナリティ天海春香と。」

真美「アシスタントの双海真美で!」

春香「皆さんへお届け致しました。『天海春香のSweet Chiffon Cake♪』」

真美「次週はミキミキ誕生日前日会と言う事で、ミキミキが再登場!先週食べられなかったおにぎり達を作って待ってるかんね~!」

春香「美希へのお祝いの言葉、待ってます♪」

春香「勿論、いつものふつおたも募集してますのでお気軽にどうぞ♪」

春香「お便りが採用された方には番組特製マグネットをプレゼント!」

春香「お便りに住所、氏名、電話番号をお書き添えの上、番組宛にお手紙を送るか、番組HPからメールで送ってくださいね!」

―――――

春香「んー、真美改造計画、なかなか面白かったね!」

真美「まぁ、悔しいけどちょっと楽しかったよ。真美も。」

春香「うんうん。今日の双海真美改造計画の映像はCHIYODA FMのSCC公式サイトからご覧になれますので、是非そちらも見てくださいね♪」

春香「さて!この後は『ミディヌーヴェル』、お昼のニュースをお伝えします!CHIYODA FMのアーススタジオからお届けしました『天海春香のSweet Chiffon Cake♪』」

春香「では、来週もまた聞いてくださいね♪それでは、See you next week!」

真美「まったねーん!」







この番組は、株式会社GAOの提供でお送り致しました。
この後は、ミディヌーヴェルをお届け致します。



関連SS次作:春香「天海春香のSweet Chiffon Cake♪」美希「前祝いありがとうなのー!」