1: ◆x05CVfYU6A 2014/11/24(月) 05:31:21.04 ID:z4WMIrSv0
「あふぅ」


雪歩「美希ちゃん、美希ちゃん!」

真「うぅ……なんでこんな……」

美希「あっ、雪歩お疲れ様なの!」

雪歩「中々選ぶの苦労しちゃったけど、こんなコーディネートでどうかな?」

2: ◆x05CVfYU6A 2014/11/24(月) 05:34:05.88 ID:z4WMIrSv0
美希「んー、雪歩は真クンに執事風の服を選んだんだ」

雪歩「真ちゃんには紳士服が似合うかなって思って」

美希「んー、それなら美希は~」

真「うぇ!? み、美希! なんでボクの首根っこを掴むのさ!?」

美希「もちろん真クンのコーディネートをするためなの!」

3: ◆x05CVfYU6A 2014/11/24(月) 05:35:00.43 ID:z4WMIrSv0
真「なんでさ!? 美希は絶対カワイイ系じゃなくてカッコイイ系のやつを着させるじゃないか!?」

P「おーい、3人とも決まったか?」

美希「あっ、ハニーなの」

真「ぷ、プロデューサー助けてください! 美希と雪歩がボクにカッコイイ服を着させてくるんです!」

P「そうか……美希、少し可愛さを取り入れた感じにできるか?」

4: ◆x05CVfYU6A 2014/11/24(月) 05:36:01.25 ID:z4WMIrSv0
美希「んー、ハニーの提案ならそうするの!」

雪歩「真ちゃんのカワイイ衣装……どんなのだろう?」

真「うぅ……ありがとうプロデューサー……」

美希「それじゃ、真クン行くの!」

真「うわわっ!? だから、首根っこを掴まないでって!?」

5: ◆x05CVfYU6A 2014/11/24(月) 05:38:45.89 ID:z4WMIrSv0
~~~~~
~~~


「あふぅ……」


響「久々に食べ過ぎたぞ……」

美希「ミキも満腹なの……」

6: ◆x05CVfYU6A 2014/11/24(月) 05:39:43.27 ID:z4WMIrSv0
貴音「二人とも、まだ2軒しか回っていないのですよ?」

響「た、貴音……2軒も回ったら十分でしょ……」

美希「さすがにこれ以上は何をやっても入らないの……」

貴音「なんと……」

P「あれ? 皆どうしたんだ、こんなところで?」

7: ◆x05CVfYU6A 2014/11/24(月) 05:40:56.49 ID:z4WMIrSv0
響「あっ、プロデューサー……それがね……」

美希「今さっきラーメン屋さんを2軒回って食べたんだけど、貴音がまだ回るって話をしてたの……」

P「んー、そうか……それじゃあ俺と飯を食べに行こうか?」

貴音「なんと! よろしいのでしょうか、プロデューサー!」

P「丁度夕飯を食べてなかったし、付き合うよ」

8: ◆x05CVfYU6A 2014/11/24(月) 05:41:47.72 ID:z4WMIrSv0
美希「むぅ……やっぱり、ミキも行くの!」

P「み、美希……さすがに2軒回ったらギブアップだろ……」

美希「でもでも、貴音と二人だけでお食事なんて、ヤ!」

P「そうは言っても……だな……」

貴音「プロデューサー、わたくし丁度甘味物が出る食事処をしっておりますので、そこに致しませんか?」

9: ◆x05CVfYU6A 2014/11/24(月) 05:44:29.07 ID:z4WMIrSv0
P「えっ?」

美希「それはいい案なの! スイーツは別腹だし!」

響「それだったら自分も行きたいぞ!」

貴音「これで円満解決ですね、では行きましょう」

~~~~~
~~~

10: ◆x05CVfYU6A 2014/11/24(月) 05:45:43.90 ID:z4WMIrSv0
「あふぅ」


律子「こらっ! 美希、欠伸する暇なんてないわよ!」

美希「うへぇ……律子……さんは厳しいの」

伊織「当たり前でしょ、私たちは教えてもらってる立場なのよ?」

美希「テストなんてホント無くなっちゃえばいいって思うな!」

11: ◆x05CVfYU6A 2014/11/24(月) 05:46:35.14 ID:z4WMIrSv0
律子「テストがなかったら怠けるでしょ、丁度いいのよテストがあるくらいが」

伊織「ほらっ、続きやるわよ?」

P「おろ? 勉強しているのか?」

伊織「えぇ、私はテスト対策に抜かりはないけど、美希の方がそうでもないから復習ついでに一緒に勉強してるのよ」

美希「ハニー! 勉強教えて欲しいの!」

12: ◆x05CVfYU6A 2014/11/24(月) 05:47:23.11 ID:z4WMIrSv0
P「ダメダメ、それは俺の仕事ではないよ……そうだ、伊織から教えてもらうといい」

伊織「はぁ? な、なんで私が……」

P「伊織は復習がてら勉強してるんだったら丁度いいんじゃないか? 人に教えられるくらい覚えているなら自信もつくだろうし」

律子「丁度いいですね、そのうちに私も残っているデスクワークを終わらせましょうか」

伊織「ちょ、り、律子!」

13: ◆x05CVfYU6A 2014/11/24(月) 05:48:23.47 ID:z4WMIrSv0
美希「えぇ!? ハニーに教えて欲しかったのに……」

伊織「はぁ……分かったわよ、ほらっ、美希やるわよ!」

美希「でこちゃんスパルタなの!」

伊織「当たり前でしょ! アクビをかかせる暇なんてないわよ!」

美希「うへぇ……」

14: ◆x05CVfYU6A 2014/11/24(月) 05:49:09.04 ID:z4WMIrSv0
~~~~~
~~~


「……あふぅ」


真美「ミキミキ、十字キーを離しちゃダメでっせー!」

亜美「そうだよミキミキ~! 動かなきゃ卵は孵化しないんだよ!」

15: ◆x05CVfYU6A 2014/11/24(月) 05:50:33.93 ID:z4WMIrSv0
美希「えー、でもでも、ずっとやってるのも疲れるの……」

P「お前ら……なんでポケモ○の孵化作業を……」

真美「そりゃもう決まってまっせ!」

亜美「最新作も発売されたことだし、やらねば!」

美希「うぅ……疲れたの……ハニー代わって……」

16: ◆x05CVfYU6A 2014/11/24(月) 05:51:57.45 ID:z4WMIrSv0
P「美希も無理してやらなくてもいいんだぞ……? 」

美希「うん、だからハニーにパスなの」

P「……いや、俺もやりたくはない」

美希「そんなぁ……」

真美「ほらっ、ミキミキ手が止まってるよ!」

亜美「おっ、真美隊員~色違いができたYO!」

17: ◆x05CVfYU6A 2014/11/24(月) 05:54:29.11 ID:z4WMIrSv0
真美「それは本当か、亜美隊員!?」

P「おっ、終わったか」

美希「終わったの? お休みなの~……」

P「美希、お疲れさま」

美希「ナデナデしてほしいの!」

18: ◆x05CVfYU6A 2014/11/24(月) 05:55:21.99 ID:z4WMIrSv0
P「はいはい、お疲れおつかれ」

ナデナデ

美希「んっ、ハニーのナデナデ気持ちいいの……」

~~~~~
~~~

19: ◆x05CVfYU6A 2014/11/24(月) 05:57:21.31 ID:z4WMIrSv0
「あふぅ……」


あずさ「……」

ガチャ

やよい「お仕事終わりましたー!」

あずさ「あっ、やよいちゃん、しーっ」

20: ◆x05CVfYU6A 2014/11/24(月) 05:58:47.97 ID:z4WMIrSv0
やよい「あっ、ご、ごめんなさい……」

あずさ「ふふっ、お口チャックはしなくても大丈夫よ」

やよい「美希さんに膝枕をしてるんですか~」

あずさ「美希ちゃん、今日がんばって収録してたからご褒美あげるって言ったら膝枕してほしいのって言われちゃって」

やよい「そうだったんですかぁ~」

21: ◆x05CVfYU6A 2014/11/24(月) 06:00:03.09 ID:z4WMIrSv0
美希「んぅっ……抱き枕~」

やよい「わわっ!? み、美希さん、私は抱き枕じゃないですよ!?」

美希「ポカポカ……気持ち……いいの……」

あずさ「あらあら……美希ちゃんたら、ふふっ」

やよい「美希さん、とっても暖かくて……気持ちいいです……」

22: ◆x05CVfYU6A 2014/11/24(月) 06:02:15.99 ID:z4WMIrSv0
P「あずささん、二人も膝枕して大丈夫ですか?」

あずさ「大丈夫ですよ、美希ちゃんも、やよいちゃんも重くないので」

P「そうですか、重くなったら言ってください、二人ともソファーに移動させるので」

あずさ「ふふっ、お気遣いありがとうございます」

やよい「すぅ……すぅ……」

美希「ムニャムニャ……は、にぃ……」

23: ◆x05CVfYU6A 2014/11/24(月) 06:03:23.11 ID:z4WMIrSv0
~~~~~
~~~


「あふぅ……」


美希「千早さん出てくるのが遅いの!」

千早「で、でも、この服は……っ!」

24: ◆x05CVfYU6A 2014/11/24(月) 06:04:17.88 ID:z4WMIrSv0
春香「大丈夫だよ千早ちゃん、絶対似合ってるから!」

千早「は、春香まで……」

春香「ほら千早ちゃん、早くはやくっ!」

千早「はぁ……こんな感じよ……」

シャー

千早「どう、かしら? やっぱり似合って無いわよね……」

25: ◆x05CVfYU6A 2014/11/24(月) 06:05:18.02 ID:z4WMIrSv0
春香「こ、これは……」

美希「あはっ、似合いすぎなの千早さん!」

春香「いつも千早ちゃんジーンズ履いてきてるからスカート着けたらどるなるのかなって思ってたけど、これは想像以上だね!」

千早「そ、そんな、あまりからかわないで……本当はあまり似合って……」

26: ◆x05CVfYU6A 2014/11/24(月) 06:06:00.17 ID:z4WMIrSv0
春香「似合って無いなんて言うのはこの口か~おりゃ!」

グニュー

千早「ふぇ!? ふぁ、ふぁるか!?」

美希「大丈夫なの千早さん! 本当に似合ってるの!」

P「あれ、聞いたことある声だと思ったら、3人ともこんなところで奇遇だ……な?」

27: ◆x05CVfYU6A 2014/11/24(月) 06:07:31.35 ID:z4WMIrSv0
千早「――っ!?」

P「おぉ、千早が仕事の衣装以外でスカート履いてるなんて珍しいな! よく似合ってるぞ」

春香「似合ってますよね! ほら千早ちゃん言った通りだよ~」

千早「そ、そう? 似合ってるなら、たまにはこう言うのもいいかしら……」

P「うん、いいと思うぞ」

28: ◆x05CVfYU6A 2014/11/24(月) 06:08:22.84 ID:z4WMIrSv0
美希「ハニー! ミキの服も選んでほしいの!」

春香「あっ、ずるいよ美希! プロデューサーさん私にもお願いします!」

P「お、おぉ?」

千早「あの、プロデューサー……」

29: ◆x05CVfYU6A 2014/11/24(月) 06:09:12.53 ID:z4WMIrSv0
P「んっ? どうした、千早?」

千早「私も服をこれに追加で選んで貰いたいな……と」

P「なん……だと……」

30: ◆x05CVfYU6A 2014/11/24(月) 06:10:05.65 ID:z4WMIrSv0
~~~~~
~~~


「……あふぅ……」


小鳥「美希ちゃん、今日のお誕生日パーティーですっかり疲れて寝ちゃったのね」

美希「すぅ……すぅ……」

31: ◆x05CVfYU6A 2014/11/24(月) 06:11:15.89 ID:z4WMIrSv0
小鳥「プロデューサーさん、結局間に合わなかったみたいね……」

ガチャ

P「た、ただいま戻りました……」

小鳥「お疲れ様です、プロデューサーさん」

P「み、美希は!?」

32: ◆x05CVfYU6A 2014/11/24(月) 06:12:09.43 ID:z4WMIrSv0
小鳥「プロデューサーさんを待つって言って聞かなくて、結局ソファーで寝ちゃいました……」

P「あっ……待っててくれたのか……」

小鳥「んー、もう終電もないですし、美希ちゃんは家にお泊り会するって言ってしまったようなので、
プロデューサーさんも何かお祝いしてあげたらどうでしょう?」

P「そ、それもそうですね……」

小鳥「それでは、私は一先ず帰りますね~」

P「あっ、小鳥さん、遅くまでお疲れ様でした」

33: ◆x05CVfYU6A 2014/11/24(月) 06:13:10.50 ID:z4WMIrSv0
~~~~~
~~~


「あふぅ」


美希「んぅ? は……にぃ?」

P「おっ、美希起きたか?」

美希「あー、はにぃなの……」

34: ◆x05CVfYU6A 2014/11/24(月) 06:13:46.44 ID:z4WMIrSv0
P「ごめんな、美希お誕生日間に合わなくて……」

美希「うぅん、はにぃが忙しいのはミキもよく分かってるから仕方がないの……」

P「そっか……遅くなったけど、お誕生日プレゼント何が欲しい?」

美希「お誕生日プレゼント? んーっ……はにぃに膝枕してもらってナデナデされながら寝てみたいかな~……」

P「そんなことで大丈夫なのか?」

35: ◆x05CVfYU6A 2014/11/24(月) 06:15:46.68 ID:z4WMIrSv0
美希「はにぃのお部屋に行きたいとか、イチゴババロアが食べたいとか色々あるけど……今は膝枕でいいの……」

P「そっか……ほら、おいで美希」

美希「うん」

ポスッナデナデ

P「膝、固くないか?」

37: ◆x05CVfYU6A 2014/11/24(月) 06:17:53.19 ID:z4WMIrSv0
美希「んっ……丁度いいの……」

P「そうか、それなら良かった」

美希「……来年こそは、遅れないでね、はにぃ」

P「肝に銘じるよ、美希」

美希「うん……ふぁ~あふぅ……また、眠くなってきちゃったの……」

38: ◆x05CVfYU6A 2014/11/24(月) 06:19:42.02 ID:z4WMIrSv0
P「このまま寝てしまっても大丈夫だぞ」

美希「んっ、分かったの……それじゃあ、おやすみなさい……はにぃ……」

P「おやすみ、美希」


おわり

39: ◆x05CVfYU6A 2014/11/24(月) 06:21:53.75 ID:z4WMIrSv0
これにて終わりです

美希の誕生日遅れてしまいましたが、楽しんでもらえたら幸いです

ここまで読んでいただきありがとうございました!

HTML化依頼をしてきます

41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/24(月) 09:44:48.81 ID:PW16GFSCO
おっつ!凄く良かった!

42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/24(月) 14:37:29.25 ID:hohvqlpDO
盛大な乙

元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1416774671/

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット