この後は、天海春香のSweet Chiffon Cake♪をお届け致します。
CHIYODA FMが午前11時をお知らせ致します。

CHIYODA FM♪CHIYODA FM♪11時です♪

真美「双海姉妹の癒し系!癒しのラジオにババンと参上!双海真美でーす!」

春香「おっ、真美もキャッチフレーズ付けたんだ?」

真美「はるるんのまねっこ~!」

春香「むむっ、私も負けてられないね。それじゃ私もいきますよー!」

春香「天海春香の!Sweet Chiffon Cake♪」

真美「やんないんかーい!!」


-OP曲・ストレートラブ!―


春香「CHIYODA FMをキー局に全国38局ネットでお送り致しますGAO Presents、天海春香のSweet Chiffon Cake。」

春香「本日もCHIYODA FMのアーススタジオからお送りしています。」

春香「今週もパーソナリティの天海春香と、アシスタントの双海真美で皆さんにお届けしていきます!今週もよろしくお願いします!」

―――――

真美「はるるんのボケが冴え渡ってたから真美もついつい突っ込んじゃったYO……。」

春香「そっ、そうかな~?えへへ~、って、私は芸人じゃないよ!」

真美「いやー芸人っしょ~?」

春香「芸人じゃないし!」

真美「まぁそんな事よりもさー。」

春香「そんな事で流すなー!」

真美「先週のミキミキお誕生日おにぎりですが、はるるんに伝言があるんだよ!」

春香「お?なになに?」

真美「『辛いおにぎりは許せなかったの』だそうでーす!」

春香「あちゃー……。ああ言う辛いのも好きな人居ますけど、美希はダメだったかぁ。」

真美「まーミキミキはおこちゃま舌だからちかたないね!」

春香「あれっ?美希を馬鹿にするんだ?じゃ、今日の差し入れは真美にぜーんぶ食べてもらおうかな?」

真美「げええっ!」

―――――

春香「はいっ、今週のふつおたコーナー!」

真美「番組宛に送られてきたふつーのお便りをはるるんが読んで話のネタにしちゃうよ~ん。」

春香「まずはラジオネーム『真みたいなクラスメイトが欲しい』さん!」

春香「『春香さん、真美さんこんにちは!』こんにちは♪」

真美「やっほー!」

春香「『最近朝晩の冷え込みが厳しくなって来ましたね… お二人は朝、布団が恋しくありませんか?』」

春香「だそうです、お便りありがとうございます~。」

真美「いやー、布団が恋しいね~。」

春香「やっぱり?朝起きられませんよね~。」

真美「ウチはまぁほら、プロ意識の塊が一緒にいるから起こされてる訳ですけども。」

春香「亜美が起こしてくれるんだ?」

真美「たまーにだけどねぃ。そんなはるるんは起きられてるの?」

春香「起きなきゃ私の場合遠いからさ、起きるときに部屋が暖かくなってるようにしてますけども……。」

真美「も?」

春香「やっぱりお布団気持ち良すぎるよ~~!」

真美「分かるよはるるん……!!」

春香「お布団に愛されてるんだよね~~!」

真美「うんうん……寡黙で包容力のあるお布団……ああっ!恋しくなってきたよ~~~!!」

―――――

春香「お布団の話が延々と続きそうなので……続いてのおたよりでーす!」

真美「ラジオネーム『伯爵ディーノ』さんからもらったおたよりだよーん!」

春香「『真美さん、春、春…ごめんなさい名前を忘れてしまいました。』ちょっと!名前忘れないでくださいよ!」

真美「ぷくく、真美の知名度の方が高いもんね~!」

春香「『とりあえず春香さんこんにちは。』あっ、良かった……忘れられてなかったぁ……。」

真美「うわ、はるるん本気でホッとしてる顔してる……。」

春香「『先日風邪をこじらせてしました。昔は1日か2日寝てれば治ったもんですが、大人になると免疫力が弱くなるのか一回こじらせると何日も治らず老いを感じてしまいます。』」

春香「『お二人は風邪を引いた時どうやって治していますか?よければ教えてください。』」

春香「んー、私は風邪薬飲んで寝る、って言うのが多いですね~。」

真美「だめだよはるるん!!」

春香「えっ?」

真美「風邪でもちゃーんと病院いかなきゃ!しろーとが勝手に判断しててきとーに薬飲むのは治りが悪くなったりするんだよ!」

春香「あっ、はい……。すみません……。」

真美「リスナーの兄ちゃん姉ちゃんも風邪かな?って思ったら病院にいこうね?」

春香「流石医者の娘……。」

真美「んまーだからといって、早く診てもらえるとかは特にないんだよね~。ふっつーに待たされてふっつーにお金払って……。」

春香「ちょっと意外……早く診察してもらえるんだとばかり思ってましたよ。」

真美「ウチのパパがそう言うの嫌う人だからねぃ。」

春香「なるほど~。」

―――――

春香「では本日のリクエスト曲のコーナーです!」

真美「ラジオネーム『SCCは真美がのっとる』さんから……!?」

春香「えっ、のっ、乗っ取っちゃうの……?」

真美「いや、ちょっ、これはラジオネームで……。」

春香「ううっ、真美のばかぁ!」

真美「ちょ、ちょっ、待ってよはるるんーー!うあうあーー!!」

春香「……なんちゃって♪」

真美「へっ?」

春香「はいっ!天海春香で『I Want』、どうぞ♪」


―BGM―


『大変!!服にコーヒーの染みがついたわ!!』

『大丈夫!そんな時は、GAOのウルトラスーパーホワイトを使えば…。』

『まあ!こんな綺麗に落ちたわ!』

『GAOの漂白剤、ウルトラスーパーホワイト。好評販売中!』

『Good morning & Good night, GAO』


『お昼の情報番組ミディヌーヴェル!一週間のニュースをまるっとお届け!』

『一週間忙しかった貴方もこれを聞けば一週間が丸わかり!』

『ミディヌーヴェル、毎週土曜日12時よりOn Air!』


『天海春香のSweet Chiffon Cake♪、新コーナーが何故か独立しちゃいます。』

『新コーナー、天海春香のケーキ焦げちゃった、CHIYODA FMの番組公式サイトで第三回を配信してます。』

『お昼の番組では絶対出来ない話をしてますので、興味があったら是非聞いてくださいね。』


―CM明けジングル―


春香「天海春香で『I Want』お聞き頂きました~♪」

真美「はるるんのばか……。」

春香「うう、真美の言葉が痛い……。」

真美「でも、真美は乗っ取らないからね?はるるんとやってるの何だかんだ楽しいし。」

春香「真美ぃぃ……!」

真美「ま、こんな湿っぽいのは似合わないっしょ!」

春香「そうですね!じゃあ続けていっちゃいましょう!」

―――――

春香「今週のお題コーナー!真美、今日のお題は?」

真美「『765プロ大喜利!はるるんの意外な趣味特技を考えるの巻』~!」

春香「あー、そうだった……うう、怖いなぁ。」

真美「はるるんは果たしてどんな特技をもっているんでしょーか!」

―――――

春香「最初のお便りはラジオネーム『銅鑼銅鑼左右衛門』さんから!」

真美「『趣味、一人カラオケ 特技、早口言葉なんていかがでしょうか。』」

春香「おおー、一人カラオケ!行った事無いんですけど、楽しいらしいですよね~。」

真美「一人カラオケで気兼ねなく歌うって言うのがコマンドーみたいだしねぃ。」

春香「……トレンド?」

真美「そーともいう!ところではるるん。早口言葉、出来る?」

春香「ん?えーと……なまむぎなまごめなまたまご、なまむぎなまごめなまなまご、なまうぎなまごめなまたまご!」

真美「いえてないじゃーん!」

春香「だ、ダメだったかぁ……!」

―――――

春香「続いてのお便りはラジオネーム『銀狼』さん!」

真美「『わさびとかの「こちら側から開けられます」って書いてあるパッケージの袋を一度ももちゃもちゃってならずにピっと切れる』」

春香「うわっ、地味……!地味すぎる!」

真美「でも真美はいい特技だと思うよ?」

春香「そ、そうかな?」

真美「あれ醤油とかだと手が汚れるじゃん!ぴーっと切れるって凄い特技じゃないかなー?」

春香「が、頑張ってみます……!」

真美「ホントに特技になるように練習頑張ってねい!」

―――――

春香「続いてはラジオネーム『はるるんのファンやります』さんから!」

真美「『意外な、ということで綱渡り。転ばない奇跡。』」

春香「転ばない奇跡ってなに!」

真美「あからさまに転んだらまずそーな所だとはるるんってそんな転ばないっしょ?」

春香「そうかな……。」

真美「まーだから、綱渡りも出来るんじゃないかな~って所じゃない?」

春香「絶対落ちるよぉ!」

真美「だいじょーぶだって!今度やってみよう!」

春香「……真美も一緒じゃないと嫌だからね?」

真美「真美は見てるだけで……。」

―――――

春香「真美がひどい……最後のお便りです!ラジオネーム『ウルトラマン kosmos cosmos』さん!」

真美「『「春香さんの意外な特技・趣味」とかけまして、「ひらめきで思うが儘に小説を書くこと」と解く。』」

春香「えっ、えーと、謎解き!?その、その心は!?」

真美「『その心は「どちらも意外なてんかい(展開・天海)が見れるでしょう」』」

春香「……お、おおーー!!すごい!!綺麗に纏まってる!!」

真美「……なぞかけだかんね?はるるん。」

春香「そ、そうでした……。てへへ。」

真美「いやー、それにしても展開とはるるんの苗字を掛けてるってなかなかやるねぇこの人!」

春香「なんだろう、とっても嬉しいです!」

真美「んっふっふ~。はるるんの喜びの声を聞けるなんて幸運だねぃ!」

春香「えへへ。その他にも沢山お便りありがとうございました!」


―ED曲・世界でいちばん頑張ってる君に―


春香「さて!お別れの時間がやってきました。パーソナリティ天海春香と。」

真美「アシスタントの双海真美で!」

春香「皆さんへお届け致しました。『天海春香のSweet Chiffon Cake♪』」

真美「次回ははるるんがひらめくままに小説を書くのに挑戦してみようよ!」

春香「えーー!無理だよ!」

真美「どうして?」

春香「恥ずかしいじゃないですか……。」

真美「ぶー……。で、次回のコーナーは?」

春香「来週は水瀬伊織をゲストにお迎えしてお送りします!」

真美「と言う訳で、いおりんへのなんか質問とかあったらじゃんじゃん送ってきてね~!」

春香「ふつおたも募集していますので、お気軽にどうぞ♪」

春香「お便りが採用された方には番組特製マグネットをプレゼント!」

春香「お便りに住所、氏名、電話番号をお書き添えの上、番組宛にお手紙を送るか、番組HPからメールで送ってくださいね!」

―――――

真美「まぁいつか小説書いたら、見せてよ!」

春香「雪歩に相談しながらやってみます……。」

春香「っと、この後は『ミディヌーヴェル』、お昼のニュースをお伝えします!CHIYODA FMのアーススタジオからお届けしました『天海春香のSweet Chiffon Cake♪』」

春香「では、来週もまた聞いてくださいね♪それでは、See you next week!」

真美「まったねーん!」








この番組は、株式会社GAOの提供でお送り致しました。
この後は、ミディヌーヴェルをお届け致します。



関連SS次作:春香「天海春香のSweet Chiffon Cake♪」伊織「なんなのよ!!」