765アイドル出演ラジオ番組表:SS一覧




ζ*'ヮ')ζ<うっ

      うっ

      うっ

      うっうー!ブーブーエスラジオと高槻やよいが午後3時をおしらせしま~す!





やよい「みなさんこんにちわ! 高槻やよいです!」

律子「皆さんこんにちは、アシスタントの秋月律子です。前回は休んでましたが、今回はちゃんといますよ」

やよい「伊織ちゃんとの番組はす~っごく楽しかったですけど、やっぱり律子さんと一緒だと安心です~」

律子「あら、やよいにしては珍しい発言ね」

やよい「へ?」

律子「伊織じゃ不安だったって事でしょ?」

やよい「はわっ!? ち、違います! そういう意味じゃなくって、その、あぅ……」

律子「あはは、冗談よ。さ、タイトルコールいきましょう」

やよい「う~、引っかかっちゃいました……。こほん。高槻やよいのおしゃべりアワー! 始まります!」


~♪<OP:おはよう!!朝ごはん>


律子「改めましてこんにちは、秋月律子です」

やよい「改めましてこんにちわ、高槻やよいです~」

律子「今回も始まりましたこの番組」

やよい「今日も元気にばば~んって頑張ります~!」

律子「765プロのダイナモやよいと、私がやんわりお届けします」

やよい「だいなもってなんですか~?」

律子「発電機の事よ。つまり、やよいは765プロの元気の源って事」

やよい「ホントですか! じゃあじゃあ、765プロだけじゃなくってリスナーの皆さんにも元気を分けられるように今日もコーナーいってみましょう!」

律子「ふふっ、上手くまとめたじゃない」

やよい「えへへ、おはなしのタネ! です!」

律子「このコーナーは、リスナーの皆さんから頂いたおはなしのタネを元に、トークに花を咲かせようというコーナーです」

やよい「今日のお便りは、ラジオネーム【通天閣って何か痛そうだよね】さんから頂きました」

律子「痛点じゃないわよ、大阪の人に怒られるわよ? ていうかただのダジャレね?」

やよい「えぇっと……?」

律子「うん、何か痛そうな人。やよいに通じるラジオネームにした方がいいわね。やり直し」

やよい「はわっ、だ、大丈夫ですよ! あの……大丈夫です!」

律子「ダメじゃない」

やよい「そ、そんな事ありません!」

律子「さ、お便り読んでちょうだい」

やよい「はっ! そうでした……。えっと『やよいちゃん、律子さんしゅわしゅわ!』えへへ、しゅわしゅわ~」

律子「はいしゅわしゅわ」

やよい「『前回の放送聞きましたよ!』わっ、ありがとうございます! 『伊織ちゃんとのトーク、すごく癒やされました』」

律子「一番癒やされたのは伊織本人でしょうけど」

やよい「う? 『二人のあまあまな空気が、普段の番組とのギャップですごく面白かったです。

    さてさて、最近はすごく寒くなってきましたね。仕事の帰りに肉まんを食べるのが日課になりつつあります

    お二人は寒い時に何が食べたくなりますか?』です!」

律子「はい、痛い人ありがとうございます」

やよい「り、律子さん【通天閣って何か痛そうだよね】さんですよ」

律子「まず、長い」

やよい「あ、あぅ……」

律子「寒い日にはやっぱり鍋じゃないかしら?」

やよい「あ、もう入るんですね……」

律子「尺は限られてるから」

やよい「う~……」

律子「やよいは何鍋が好き?」

やよい「私ですか? もやs」

律子「あ~。私が悪かったわ。何鍋が食べたい?」

やよい「食べたいお鍋ですか? う~ん、そうですね~。やっぱり、すき焼きですね」

律子「いいわねすき焼き」

やよい「甘じょっぱいタレと卵が美味しいんですよね~!」

律子「そうね」

やよい「もやしとの相性もバッチリです~!」

律子「やっぱりそこに行き着くのね……」

やよい「でも、すき焼きといえばやっぱり主役はお肉ですよね」

律子「おっ」

やよい「お肉を卵につけてから食べるとホントに美味しくって、家族皆大好きなんですよ~!」

律子「良かった、肉なしのすき焼きだったらどうしようかと」

やよい「流石にすき焼きにはお肉を入れますよ!」

律子「そうよね、主役だものね」

やよい「はい!」

律子「やっぱり肩ロース?」

やよい「いえ、コマです」

律子「まぁ、安くていいわよね」

やよい「豚の」

律子「あぁ……。安くていいわよね」

やよい「はい! 特売の日に行けば大パック400円くらいですから!」

律子「あらお買い得」

やよい「うっう~! お買い物は得意です~!」

律子「さて、ここで一曲お届けします」

やよい「えっと槇原……り、律子さん。これ、何て読」

律子「槇原敬之さんで、冬がはじまるよです」

やよい「はわっ。『けいの』さんじゃなk」

~♪


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


やよい「ジングルベール、ジングルベール。鈴がなる~♪」

律子「やよい。そろそろ寝ないとサンタさん来てくれないわよ?」

やよい「う~、でもでも。サンタさん来るのが楽しみで眠れないよぉ~」

律子「仕方ないわね。ほらっ」

ぽちっ

律子「ラジオを聞いていれば、その内眠くなるわよ」

二人「「高槻やよいのおしゃべりアワー!!」」



<ジングル明け>



春香「遅まきながらこんにちわ、天海春香です!」

律子「あんた何で居るのよ」

春香「いやぁ、バカップルんとこ呼ばれまして。時間まで暇だから遊びに来ちゃいました☆」

やよい「わぁ~! 春香さん! また来てくれたんですね! ありがとうございます~!」

春香「あ、うん。何かごめんね、おみやげもなしに」

やよい「そんな! 春香さんが遊びに来てくれただけで十分嬉しいかな~って!」

春香「そ、そっかぁ。やよいがそんなに喜んでくれるなんて私も嬉しいなぁ~……」

やよい「今日はお鍋の話題だったんですよ~」

春香「お鍋かぁ~。やよいは何が好きなの……?」

やよい「もやs」

春香「ごめん、何鍋が食べたい?」

やよい「あれ、このやりとり何だか……。あ、えっとすき焼きです!」

春香「すき焼きか~! よ~し、春香さん今度高槻家にすき焼き奢っちゃうぞ~☆」

やよい「そ、そんな! 悪いですよ!」

春香「気にしないでよ、せめてもの罪滅ぼしだから」

やよい「う?」

春香「いいお肉買っちゃうぞ~……」

律子「春香」

春香「はい」

律子「何か言う事は」

春香「すいませんでしたぁ!」

律子「よろしい」

やよい「? 律子さん、どうして春香さんは土下座してるんですか……?」

律子「いいのよやよい。春香は今ホームだと思ったらアウェイの洗礼を味わっているだけだから」

やよい「え……っと?」

律子「さ、そろそろエンディングよ」

♪<ED:Slapp Happy>

春香「はぁ……。やよいの牙城は崩せないか……」

律子「あんた自分から天敵の懐に潜り込んで返り討ちに会ってどうするのよ」

春香「『春香殺し』恐るべし……!」

やよい「う~。それやめてくださ~い! 私、春香さんをそんな風にしたくないです……」

春香「これだよ、無自覚ってこわ……」

律子「多分あんた永遠に勝てないんじゃない?」

春香「否めない」

やよい「え、えぇっと。わ、私は春香さんの事すっごく尊敬してるし、目標にしてます! だから、春香さんの勝ちです!」

春香「ぐわぁああああああああ!!!」

律子「はい、トドメが刺さりました」

やよい「は、春香さん!?」

律子 「え~、番組ではリスナーの皆さんからのお便りを募集しています」

やよい「え!? え!?」

律子「番組ホームページの応募フォームからどしどしご応募ください!

   お便りが採用された方には番組特製ステッカーをプレゼント!」

やよい「あ、あの……!」

律子「という訳で痛い人には特製ステッカーを差し上げます」

春香「そのラジオネームイジりはしないと気が済まないんですか?」

律子「あらお早い復活で」

春香「打たれ強さには定評があります!」

やよい「うぅ~、良かった……」

春香「いやでもホント、そのおイジりはどうかと思いますよ」

律子「番組側の調べによると、リスナーは割と期待しているとの統計が」

春香「AMリスナーは馬鹿ばっかだな!」

やよい「あの……えっと……?」

律子「さ、本当に時間ないのでこの辺で。お相手は」

春香「勿論ノーギャラ、天海春香と!」

律子「仮にギャラを出しても二束三文、秋月律子と!」

春香「ちょっと!」

やよい「春香さんの事、大好きです! 高槻やよいでした!」

春香「ぐわあああああああああああああああああ!!!!」

やよい「ばいb…春香さん!?」

律子「ばいば~い!」




ζ*'ヮ')ζ<おしまい!