この後は、天海春香のSweet Chiffon Cake♪をお届け致します。
CHIYODA FMが午前11時をお知らせ致します。

CHIYODA FM♪CHIYODA FM♪11時です♪


春香「今年最後の放送ですが、皆様お聞き逃しはありませんか~?」

真美「今年最後の癒しで年末の暴言会頑張ってね~!」

春香「忘年会だよ真美!」

真美「あー、そーとも言うね~。」

春香「ちょっと無理がありすぎるよ、それはー。」

真美「は、はるるん……。」

春香「なに?」

真美「はるるん、真美のこと嫌いなの……?」(エコー)

春香「ちがっ、嫌いな訳ないよぉ!真美大好きだよぉ!」

真美「やったー!」

春香「うーー、なんか乗せられた感じもしますが……。」

春香「では、今年最後の、行きますよ!天海春香の!Sweet Chiffon Cake♪」


-OP曲・ストレートラブ!―


春香「CHIYODA FMをキー局に全国38局ネットでお送り致しますGAO Presents、天海春香のSweet Chiffon Cake。」

春香「本日もCHIYODA FMのアーススタジオからお送りしています。」

春香「今週もパーソナリティの天海春香と、アシスタントの双海真美で皆さんにお届けしていきます!今週もよろしくお願いします!」

真美「よろしくねーん!」

―――――

春香「でね、オープニングトークに色々持ってかれて、何も話すこと思いつかないんだよね。」

真美「いや、話そうよはるるん!」

春香「うん、話します、話します。まぁ今日もね、実はこたつで放送しております。」

真美「今日はみかんが無いんだけど、まぁその代わり差し入れが多いって聞いたんで、それを楽しみにしてるんだよ。」

春香「やっぱり今週の差し入れコーナー作っちゃいますか?」

真美「そーだねぇ。作っちゃえ!」

春香「んじゃあ、差し入れコーナー!どんどんぱふぱふー。」

真美「わーわーぱちぱちー。」

春香「えー、じゃあ差し入れをこちらに用意して頂く前に~、リクエスト曲を一曲いきましょうか!」

真美「ラジオネーム『ぴよちゃん』さんから、天海春香で『笑って!』どーぞ!」


―BGM―


―――――

春香『天海春香の、Sweet Chiffon Cake♪』

真美『はるるんと真美の癒しラジオをおいしー紅茶と一緒に聞いてねん♪』

春香『毎週土曜日、午前11時よりOn Air!』

真美『みんなのお便りとか待ってるかんね~!』

―――――

春香「天海春香で『笑って!』でした!さて、差し入れの数々が並びましたよ!」

真美「正直ね、真美思うんだ。」

春香「はい。」

真美「明らかにウケ狙いの差し入れが何個か並んでるよね!」

春香「……それは、言わないでください。」

真美「あ、あと!手作りクッキーをもらっちゃったんだけど……。」

春香「私たちは手作り食べられないので、スタッフさんが全部美味しく頂きました。」

真美「カントリーマームみたいで美味しかったって言ってたよ!これからもお菓子作り頑張ってねぃ!」

―――――

春香「では、まずはこのネタみたいなキャラメルですね、ラジオネーム『自分は完璧だけど千早は鉄壁だな 笑』さんから……。」

真美「千早お姉ちゃんに怒られちゃえ!」

春香「ジンギスカンキャラメルと、味噌ラーメンキャラメルを頂きました。」

真美「真美には白い恋人だよ!やったね!」

春香「この差はなんなんですか!ひどいなぁ。」

春香「お便りの方も読みます。」

春香「『春香さん、真美ちゃん貴方達がこのメールを読んでいる頃には私は……』」

真美「千早お姉ちゃんにこっぴどく叱られてるんでしょ!」

春香「『このあいだ出張で北海道へ行ってきました。』出張で!お疲れ様です!」

春香「『みんなお土産にキャラメルを買って帰るとのことなのでいつもキャラメルを持ち歩いてるほどキャラメル好きな春香さんにジンギスカンキャラメルと味噌ラーメンキャラメルをお土産です。』」

春香「『真美ちゃんには定番で申し訳ないのですが、白い恋人を買ってきたのでよければどうぞ。』」

春香「噂のジンギスカンキャラメルですね、頂いてみたいと思います。」

真美「真美は白い恋人を食べるよ~ん!」

春香「もぐ、もぐ……うっっっ、げほっ、げほっ、げほっ」

真美「あははははは!!はるるん変な顔してる!!」

春香「げほっ、ううっ、……ああああ!もうなにこれぇ!最悪!!」

真美「完全に汚れだね、はるるん。」

春香「うるさいやい!ほら真美!!白い恋人と味噌ラーメンキャラメル交換!!」

真美「えーーー、真美がそれ食べるの?」

春香「いいから!」

真美「おーぼー……むぐっ!……かはっ、げほっげほ」

春香「真美は若干涙目ですね~、あ、飲み込んで水を飲んでます。」

真美「うわぁあああ!何これホント!!ねぇ真美はこんな身体張った芸したくないよ!」

春香「私もいやだよ!」

真美「もーこれダメだよ、これ。ゲテモノだよ。サルミアッキのがまだましだよ!」

春香「あ、私もそれは思った。サルミアッキの方がまだいいよ、ゴムの味だけど、辛うじて食べられるもんね……。」

真美「まっっずい!甘いのと混ぜちゃダメっしょ……!」

―――――

春香「続いての差し入れは、ラジオネーム『四畳半の勇者』さんから!」

真美「こどもびいるとあたりめだねぃ。」

春香「早速お便りの方も読んでいきます。」

春香「『はるるん、双海姉ー……違った!(汗)、真美ちゃん、こんちわー! 初投稿です!』こんにちは!」

春香「『12月も半ばになって、そろそろ忘年会のシーズンですが、765プロの皆さんは忘年会はしましたか?』」

真美「まだ忘年会って歳じゃないからさー、やんないよね?」

春香「社長とプロデューサーさんと小鳥さんはやってたみたいですけども。」

春香「『追伸:もししてないなら、一足先に気分だけでもしてみては?ということで、子供ビールとあたりめ(スーパーのもので申し訳ないですが)を差し入れします。』」

春香「なるほど、だからこれだったんですね!あ、さらに追記があります。」

春香「『最後に 真美ちゃんへ イカは焼いても旨いですよ? 分かりますか? イカを焼くんです。』」

真美「焼きイカを串に刺すのがお祭りの定番だもんね~?」

春香「あー、いいですね。さて……真美、年末最後の放送だし、景気よくやっちゃいましょう!」

はるまみ「「乾杯!!」」

真美「んぐっ、んぐっ、んぐっ、ぷはーー!仕事終わりの一杯は美味いぜぇ~!」

春香「あははは、なにそれ!」

真美「パパの真似!んー、ちょっと渋い味だね。」

春香「よくビール飲む人は苦味がいい、って言いますけど、その苦味に寄せてる感じなんですかね。」

真美「あたりめとこどもびいるが良く合うな~。」

春香「真美が凄くお父さんっぽいんですが、ここでリクエスト曲を一曲!」

春香「天海春香、如月千早、高槻やよい、菊地真、星井美希で『メリー』、どうぞ♪」


―BGM―


―――――

春香『天海春香の、Sweet Chiffon Cake♪』

真美『この後もどんどん続いちゃうよーん!』

―――――

春香「天海春香、如月千早、高槻やよい、菊地真、星井美希で『メリー』でした♪」

真美「ここからはふつおたコーナー!」

春香「番組宛に届いたお便りを私がドンドン読んでいきますよ~。」

―――――

真美「んじゃ最初に、ラジオネーム『落書きの落雷』さんから!」

春香「『リボンさん、サイドポニーテールさんこんにちわ!』名前で呼んでぇ!」

真美「全くだよ!」

春香「『先日僕の地元でも大雪が降りました!』雪ですか!降ると楽しいですよねぇ。都会とかだと。」

春香「『なので近所の小学生達は雪合戦しながら登校していました』」

春香「『そんな様子を見て微笑ましく思っているとその小学生が投げた雪玉が空中で分裂しその片割れが僕の顔面にクリーンヒットしました』あらー、痛そうですね……。」

春香「『ものすごく痛かったんですがその後その小学生達の雪合戦に乱入しました』」

春香「『お二方は最近急に起きたハプニングはありましたか?』」

春香「『追伸…SCCスタッフの皆さん今年はお疲れ様でした、来年も楽しい放送期待してます』」

真美「急に起きたハプニングね~……真美はこの前はるるんみたいにすっ転んだ所かな~?」

春香「私みたいって……うう、否定できませんけど……。」

真美「あの時は結構恥ずかしかったねぇ。はるるんは?」

春香「んー、サイン会中にサインペンのインクが全部切れちゃった事がありましたよ。最近。」

真美「そんで、どったの?」

春香「ファンの人がたまたまペンを持ってたので、それをお借りしてやりました。あの時の方本当にありがとうございます♪」

真美「いい人がいたんだねい。」

―――――

真美「続いてのお便りは!ラジオネーム『おかんG5★』さんから!」

春香「『SCC、毎週楽しく聴かせていただいております!』ありがとうございます♪」

春香「『来年も楽しみです!( ´ ▽ ` )ノ』えへへ、楽しみにしててくださいね!」

春香「『春香さん、真美ちゃんは来年やりたいことはありますか?』」

真美「来年は連続ドラマの主演とかやってみたいね!」

春香「おお、どうしてですか?」

真美「背も伸びたから高校生役とかできそーじゃん?だからやってみたいな~って。」

春香「そうだよね……真美、私と同じくらいだもんね……。」

真美「その内はるるん追い越しちゃうYO!」

春香「牛乳飲まないと……!あ、私は、そうですね。来年やりたい事は、ヨーロッパを旅してみたいです♪」

真美「おフランスとか?」

春香「うんうん、後はドイツとか、行ってみたいですね。」

真美「サルミアッキ食べさせられるかもよ~、んっふっふ……。」

春香「ま、まぁジンギスカンキャラメルよりは、マシだから……。」

真美「あれと比べたら、そりゃマシだよ、ホント……。」

春香「結局私たちでそれぞれ一つずつ食べたんですけど、満場一致でサルミアッキのがマシ、と言う結論になりました。」

真美「ほんとひどかったもんね……。」

春香「さて、気を取り直してリクエスト曲流しちゃいましょうか!」

真美「『おかんG5★』さんのリクエストだよん♪天海春香、星井美希、如月千早で『神様のBirthday』!」


―BGM―


『一日の疲れをゆったりと癒したい。でもゆっくりしている時間が無い……。」

『そんな貴方に、GAOの入浴剤、バスタイム!』

『お風呂に広がる香りと溶け出す成分で心も身体もリフレッシュ!』

『一日の疲れはGAOのバスタイムでサヨナラ!』

『新発売のバスタイム・アジアンテイストもどうぞ!

『Good morning & Good night, GAO』


『お昼の情報番組ミディヌーヴェル!一週間のニュースをまるっとお届け!』

『一週間忙しかった貴方もこれを聞けば一週間が丸わかり!』

『ミディヌーヴェル、毎週土曜日12時よりOn Air!』


―CM明けジングル―


春香「はい、天海春香、星井美希、如月千早で『神様のBirthday』でした!」

真美「ほんと、クリスマスも近いよね~。」

春香「クリスマスと言えば、雪歩の誕生日も近いです!そして!」

真美「真美たち765プロアイドルをモチーフにしたカフェが秋葉原にオープンするんだYO!」

春香「雪歩の誕生日、12/24に合わせてなので、是非皆さん行ってみてくださいね♪」

真美「入るには予約が必要だから、詳しくは公式ホームページをチェックしてねん!」

―――――

春香「それでは、今年最後の……今週のお題コーナー!真美、今日のお題は?」

真美「『年末特集!SCC名場面振り返り』だよん♪」

春香「過去放送されたSCCの振り返りをですね、その時の思い出も交えてお話ししたいと思います!」

春香「まずはラジオネーム『はるるんのファンやります』さんから!」

真美「『今年の名場面は敢えて、焦げのノニジュース回ですね。』」

春香「あー……あれかぁ……。」

真美「『リアクションはもちろん、初めて投稿が採用されたので印象に残ってます。』」

真美「『春香さんに「(ファン)やめないで」と言われ、今のラジオネームにかえました。』」

真美「『これからも、はるるんのファンやります。』」

春香「ありがとうございます♪」

真美「『PS…ホントは真美ファンです。』おおっ、ホント!?嬉しいな!ありがとねん!」

春香「と言う訳で、振り返りですね、どうぞ♪」

―――――

春香『はい……あの、私にバレないようにこっそりと用意してたみたいですねこれ。はぁ……。』

春香『仕方ないので、頂きますね。えーと、このカップにちょっとだけ入れて……。いきます。』

春香『……、……!?』

春香『!!……、げほっ、うぷ』

春香『げほっ、げほ……、っ、ああ、あああっ』


春香『ナニコレ、マズイ……。』

春香『うえっ……舌しびれるし……まだ残ってる、あー、気持ち悪い……。』

春香『水、水……んっ、んっ……ぷはっ、ああああっ、もう、なんですかこれえええ!!』

春香『ホントさあぁぁ!!もーーー!!!』

―――――

春香「はい、と言う訳でネット限定配信のケーキ焦げちゃったから、ノニジュースを飲んだシーンでした。」

真美「はるるんのリアクションがさいてーすぎるよ、あははははははは、あははははは!!!」

春香「いや、でも真美は飲んだとき吐いてたじゃん!しかもラジオで!」

真美「あははっ……あー……、そんな事も、あったねぇ……。」

春香「まぁ、えーと、本当にね、ノニジュースは地獄でした。まずすぎるよねぇ、もう飲みたくない。」

春香「あ、因みに頂いた分は全部消費しましたよ。」

真美「あれだ、ピヨちゃんが薄めながら結構飲んでたからね。意外と無くなるの早かったよねー。」

春香「恐るべし美の意識……!」

―――――

春香「続いてはラジオネーム『東京バックパッカー』さんから!」

真美「『やよいゲストの時、はるるんがやよいの無邪気さとかわいさに振り回される回が印象的でしたねー、ラジオ乗っ取られる!?のくだりが特に良かったです!』」

春香「あー、ありましたありました。やよいがゲストの時、ホント可愛かったんだよ!」

真美「まーそれは同意せざるを得ないよね~。やよいっち天使だもん。」

春香「ね!と言う訳で天使のやよい回を振り返りです、どうぞ♪」

―――――

春香『では、続いてのお便りです!ラジオネーム『小野マトペ』さんから頂きました!』

春香『『やよいちゃんこんばんやよやよ~!』……私はっ!?』

やよい『えっと……今お昼ですよ?』

春香『やよやよ~って、何だろうね?』

やよい『私の名前に掛けたのかな?』

春香『続けますね。『やよいちゃんの冠ラジオ、いつも聞いてます!今日から舞台をFMに移しての初ラジオと言うことで』ちょっとぉ!!』

やよい『どうしたんですか?』

春香『どうしたもこうもないよぉ!私のラジオが乗っ取られちゃう!』

やよい『ええっ!?だ、誰がそんなひどいことをしてるんですか!?』

春香『リスナーさんのお手紙、ほら、私の名前書いてない!』

やよい『はわっ!?私のラジオって事になってますー!……あれ?』

春香『どうしたの?』

やよい『ここに追伸で、『春香さんごめんなさい』って書いてありますー!』

春香『あ、ホントだ。良かったぁ……。』

やよい『大丈夫ですよ春香さん!のっとったりしませんから!』

春香『やよいぃ……!』

―――――

真美「やよいっち可愛いね!」

春香「ね!!可愛いですよね!!と言う訳で、乗っ取りの下りを振り返りました。」

春香「放送終わった後にやよいがまたちゃんと謝るから、本当にね、もう……健気だなぁって……。」

真美「流石やよいっち、いおりんやひびきんや千早お姉ちゃんだけじゃなくてはるるんも落としてるよ!」

春香「落とされましたよぉ!はぁぁ、やよいにご飯作ってもらいたい……。」

真美「……はるるん重症だね。」

―――――

春香「……はい、では!最後のお便りです!ラジオネーム『まこちんぴい王』さんから頂きました♪」

真美「『はるるん、まみまみ、はいさいだよっ』は、はいさいだよーん。」

春香「こんにちは♪」

真美「『名場面といえば、持ち歌で94点を出したシーンですよね』」

真美「『その前に最低点を出した、はるるんの嬉し涙が印象に残っています』」

真美「『ランキング形式なら、これが1位でしょう!』」

真美「はるるん、そんなことあったんだ。」

春香「まぁ、ありましたね~……というわけでその場面の振り返りです、どうぞ♪」

―――――

春香『……、こ、これで……これで!』

春香『……94点!94点!!!』

春香『やったあああああ!!やった、やったよ!』

春香『うううっ、ぐすん、嬉しすぎて……ううっ、ぐすっ。』

―――――

春香「……うわ、なんか凄く恥ずかしいなぁ。」

真美「最初に採点の最低点を出したって書いてあるけど、何点だったの?」

春香「あずささんの『Mythmaker』を歌って、60点でしたね……。」

真美「あー、それは泣くね。泣いちゃう。真美も分かるよ。60点出した後に94出たら、真美も泣くもん。」

春香「本当にね、持ち歌で挽回できた事が嬉しくて嬉しくて。気が付いたら自然に泣いちゃってたみたいな感じでした。」

真美「なるほどねぇ、分かる分かる。それめっちゃ嬉しいもんね。」

春香「うんうん。まぁ、60点出すのはもうこりごりです!」

真美「あははは、そりゃそうっしょ!」


―ED曲・世界でいちばん頑張ってる君に―


春香「さて、本日もお別れの時間がやってきました。パーソナリティ天海春香と。」

真美「アシスタントの双海真美で!」

春香「皆さんへお届け致しました。『天海春香のSweet Chiffon Cake♪』」

真美「今年の分の放送はこれで終わりだけど、年明けの放送は1/10からなんで、二週間SCCはお休みを頂いちゃうよーん。」

春香「また皆さんの素敵なお便りを楽しみにしながら冬休みに入ろうとおもいまーす!」

真美「年明け10日の放送は、年末年始どっかいった?をテーマに放送していくよん!」

春香「皆さんの素敵なエピソードを是非私たちに教えてくださいね!」

春香「勿論!ふつおたも募集していますので、お気軽にどうぞ♪」

春香「お便りが採用された方には番組特製マグネットをプレゼント!」

春香「お便りに住所、氏名、電話番号をお書き添えの上、番組宛にお手紙を送るか、番組HPからメールで送ってくださいね!」

―――――

春香「さて!この後は『ミディヌーヴェル』、お昼のニュースをお伝えします!CHIYODA FMのアーススタジオからお届けしました『天海春香のSweet Chiffon Cake♪』」

春香「リスナーの皆さん、良いお年を!」

真美「また来年会おうね!」

春香「それでは!See you next year!」











この番組は、株式会社GAOの提供でお送り致しました。
この後は、ミディヌーヴェルをお届け致します。

 関連SS次作:千早「如月千早のラジオ幻想即興局。凍える夜に音楽を」