千早「地球を犯せ!地球を犯せ!地球を犯せ!マリアナ海峡にお前のバベルの塔を挿し込んでやれ!フゥーーーー!」

春香「アァァァァァァ!!!!!!地球は母!我らの母!これはいわゆる近親相姦オウイェ」

伊織「・・・・・なにあれ」

小鳥「あれはね、デスメタルにはまった千早ちゃん。と、それに感化された春香ちゃん」

伊織「それはそれはなんつー…」

千早「ふぅ……、春香、今のさいっこうによかったわ。まさかあそこで近親相姦が出てくるなんて。そのアドリブ、ナイスだね!」

春香「えへへっ、ありがとう千早ちゃん!千早ちゃんのマリアナ海峡もナイスだよ!」

伊織「ちょっとあんた達いいかげんに」

春香「あ、伊織ちゃん」

千早「あら水瀬さん・・・ん!?水瀬さん……水瀬…みなせ…。・・・・・・き、きた!」

春香「千早ちゃん、私のほうはいつでもいいよ」

伊織「え、なにこれ」

千早「では、・・・チッチッチッチッワンツースリー、ポゥ!」

千早「アァァァァ!!!水瀬のオデコはピッカピカァァ!!!デスメタルならぬデコメタルゥゥゥゥ!!!」

千早「水瀬ぇぇぇぇぇぇ!それはつるでこ! 水瀬!それはツルペタ!水瀬! それはツルマン!フゥーーーー!」

春香「ウゥゥゥゥゥゥ!!!!!水瀬財閥で皆(みな)せックスオウィエ」

千早「・・・・・・」

春香「・・・・・・」

小鳥「・・・・・・」

伊織「・・・・・・////」プルプル

千早「・・・(クスッ。ちょ、ちょっと春香ったら。まさかそこで駄洒落がくるなんて、完全に不意をつかれちゃったわ」

春香「いやぁ私だって千早ちゃんのインスピレーションにも驚くばかりだよ。伊織ちゃんを見ただけで即興で歌作っちゃうんだから」ウンウン

千早「春香・・・やっぱり私達ってば・・・」

千早・春香「ナイスだね!!!」

伊織「ねぇぇぇーーーーーーーーーよ!!!!!」

小鳥「い、伊織ちゃん落ち着いて・・・」

春香「い、伊織ちゃん!?」

千早「な、ないって何かしら。もしかして胸?・・・・・大丈夫安心して、私のほうが・・・・ね?」

伊織「ちげーーよ!てかもう胸のこと気にしないのね!自虐ネタに使ってるもんね!」

春香「で、何が言いたいの伊織ちゃん」

伊織「はぁ~……一応聞いておくけどあんた達ソレをファンの前でやるのだけは止めておきなさいよ?」

春香「まぁ…それはね~……千早ちゃん?」

千早「えぇ、私達もそこまで前に前にと出そうとは思ってないわ」

伊織「そう…それを聞いて安心したわ」

千早「ただ、せっかくだからアレで披露したいわ」

伊織「アレ?」

春香「あ~、アレだね千早ちゃん」

伊織「ちょっと、アレって何よ」

千早・春香「紅白」

伊織「ばーかばーか!前に前にと出すとかすっとばしてるとかいう問題じゃないわよ!」

春香「伊織ちゃんはそれでいいの…?」

伊織「な、なによ」

春香「伊織ちゃんはほんとに紅白をあきら……め……プププwww」

伊織「笑ってんじゃねぇよよぉお前よぉぉ!そこ大事なとこだろぉ!」

千早「水瀬さんのいうとおりよ春香。ここぞという時に笑ってしまうようではアイド…ル…クフフwww」

伊織「おめぇぇもだよ千早よぉぉぉ!なんなんだよお前らよぉ!!そもそも紅白なんて簡単に出られるわけ」

ガチャ

P「みんな!紅白だ!紅白出演が決まったんだ!」

伊織「ズコーーーーーー!!!」

春香「本当ですかプロデューサー!私達紅白に出られるんですか!」

千早「ふふっ。まるで夢でも見ているようです」

春香「ほらほら千早ちゃん小鳥さんのほっぺをつねって」

小鳥「イタタタタタタ」

千早「うん、夢じゃないみたい」

P「あぁ本当だ。歌う歌はこっちが自由に決めていいらしいから各自自分でも考えておいてくれ」

千早「プロデューサー、そのことなんですが」

春香「私達二人でやりたいことがあるんです」

P「お。春香と千早のデュエットか。いいかもしれないな。で、何をやりたいんだ?」

千早「とりあえず実際に聞いてもらいましょう春香」

春香「うん、そうだね千早ちゃん」

伊織「ふ、ふん!実際に聞いてもらって否定されるのがオチよ……」




千早「では……スゥーーーーー………水瀬!それはつるでこ! 水瀬!それはツルペタ!水瀬! それはツルマン!フゥーーーー!」

春香「ギャァァァァァァ!!!!水瀬財閥でみなせックスオウィエ」


伊織(ブゥーーーーーーーーーッッッッ!!!!!

P「………」

伊織「ちょ、ちょっと!よりによってなんでそr」

P「うん、いいんじゃないか?じゃあお前達二人はそれで決定で」

伊織「(ズケーーーーー  あ、あんた本気で言ってるの…?」

P「まぁあれだな。いま流行のギャップ萌えっていう」

伊織「こんなのギャップなんて言葉で済ませられないでしょ!」

P「でもなぁ・・・・」

伊織「なによ」

P「水瀬財閥で皆セックスオウイェ」

伊織「気に入ってんじゃないわよ!」

千早「もしかして水瀬さん…デスメタル嫌いなの?」

伊織「……え、えぇそうよ。デスメタルなんて野蛮で粗暴であんなの音楽なんて」

春香「伊織ちゃん……それは…」

千早「……………デスメタルをそんな風に言わないで」

伊織「な、なによ。なんか文句わるわけ?」

千早「デスメタルはそんなんじゃない。デスメタルは……デスメタルは……」

伊織「デスメタルは……?」

千早「……デスメタルの正しい発音はデエァスメィトゥァル(Death Metal)よ」

伊織「(ズテーーーーー  ふ、ふざけてるのもいい加減に…」

春香「プロデューサーさん?リピートアフターミー、デエァスメィトゥァル」

P「あ゛~あ゛~……デ…デ…デエァスメィトゥァル」

春香「小鳥さん?リピートアフターミー、デエァスメィトゥァル」

小鳥さん「わ、私も?デ、デエァスメィトゥァル」

春香「イエェェス。伊織ちゃん?リピートアフターミー、デエァスメィトゥァル」

伊織「……………デ、デエァスメィトゥァル…?」

千早「伊織……デスメタルの世界にようこそ」(肩ポン

伊織「ひっろ!!!デスメタルの世界の入り口ひっろ!!…………じゃなくって…!」

千早「伊織、貴方は世界中の誰もがデスメタルを嫌っていると思っているのかしら」

伊織「う、うぐっ…そ、それは………ま、まぁそこまでは言わないけれど」

千早「そう…。確かにデスメタルを好まない人も確かにいるでしょう、でも好んで聞いてる人もいるのは事実。私はその人達のために歌ってあげたいの」

春香「ねぇ、伊織ちゃんも知ってるよね。千早ちゃんはいつでも歌を聴いてくれる人達のことを一番に思ってること。今回もそこだけは揺るいでないって思わないかな」

伊織「……………」

P「千早はいろんな歌を通してより沢山の人に歌を聞いてもらいたいだけなんだよ」

小鳥「伊織ちゃん……」

伊織「……ふ、ふん!わ、分かったわよ」

千早「水瀬さん…」

伊織「べ、別にデ、デエァスメィトゥァルの事を認めた訳じゃないんだからね!……貴方のその信念を再確認したっていうか…」

千早「ありがとう…水瀬さん…」

伊織「………必ず紅白大成功させなさいよ」

千早「えぇ必ず……ね、春香」

春香「うん、そうとなったら練習だね千早ちゃん!レッスン場行こ!」(グイッ

千早「も、もう春香ったらそんなに引っ張ったら腕が伸びちゃうわ」



小鳥「………張り切ってましたね二人とも」

P「初めての紅白だしな。やる気も一塩なんだろう。萎縮するよりはいいさ」

伊織「………ま、まぁ私はあの二人に限って失敗するとは思ってないもの」





伊織(しっかりやりなさいよ…千早…春香…)




=====紅白当日======


千早「春香ソロシャウトカモーーーーーーーーン」

春香「キシャァァァァァァァァァァァァ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

オーディエンス「キシャァァァァァァァァァァァァァ!!!!!!!!!!!!」

春香「千早ソロシャウトカモーーーーーーン」

千早「ホァーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!」

オーディエンス「ホァーーーーーーーーーー!!!!!!!!」




伊織「ほんとだ……観客も……歌ってる二人も楽しそう……。ふふっ。デスメ……デエァスメィトゥァルのことも少しは認めてあげようかしら」

千早「みんな……今日はほんとうにありがとう来年もよろしくねーーー!!!」

春香「じゃあラストのキメ☆いくよーーーーー!!!」


千早「水瀬ぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!それはつるでこ! 水瀬!それはツルペタ!水瀬! それはツルマン!フゥーーーー!」

春香「ウゥゥゥゥゥゥ!!!!!水瀬財閥で皆(みな)せックスオウィエ」

オーディエンス「水瀬財閥で皆(みな)せっくすオウイェーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!」


伊織(プルプル…/////   「やっぱりデエァスメィトゥァルなんてだいっきらい!!!!」