この後は、天海春香のSweet Chiffon Cake♪をお届け致します。
CHIYODA FMが午前11時をお知らせ致します。

CHIYODA FM♪CHIYODA FM♪11時です♪


春香「アジアカップは日本代表、負けちゃいましたね……。」

真美「真美が監督なら間違いなく優勝に導けたのに、ねぇはるるん。」

春香「あはは、真美なら頑張ってくれそうですね。」

真美「でしょでしょ?真美、ケッコー詳しいから、監督とか出来るって思うな!」

春香「なんで美希の真似!?っと、今週も行きますよー!せーの♪」

はるまみ「「天海春香の!Sweet Chiffon Cake♪」」


-OP曲・ストレートラブ!―


春香「CHIYODA FMをキー局に全国38局ネットでお送り致しますGAO Presents、天海春香のSweet Chiffon Cake。」

春香「本日もCHIYODA FMのアーススタジオからお送りしています。」

春香「今週もパーソナリティの天海春香と、アシスタントの双海真美で皆さんにお届けしていきます!今週もよろしくお願いします!」

真美「よろしくねーん!」

―――――

春香「はーい、と言う訳でですね、本日はスペシャルなゲストをお呼びしております!」

真美「今週お誕生日でした!お姫ちんこと四条貴音をお呼びして放送していきまーす!」

春香「貴音さん、お誕生日おめでとうございます!」

真美「お姫ちん、おめでとー!」

貴音「ふふ、ありがとうございます。こうして祝って頂けるだけで私は幸せ者です。」

春香「リスナーの皆さんからもお祝いを頂いておりますので、そちらも紹介していきたいと思います!」

-BGM・おしりかじり虫―

貴音「はて、この面妖な音楽は一体……。」

真美「お姫ちんに差し入れ一号!その名も、「迷菓 尻餅」だよ!ラジオネーム『あらあら』さんから!」

春香「『たかねぇねが来るのでリクエストします
「おしりかじり虫」
おひめちんごめんなさい
お詫びに北海道土産を贈ります
「迷菓 尻餅」
おひめちんごめんなさい』」

貴音「な、なんと……。」

真美「お姫ちん!がぶっとかじっちゃって!」

貴音「はい、んっ……、なるほど、和菓子の類なのですね。甘さも控えめで、大変美味しゅうございます。」

春香「気に入って頂けて何よりです!」

―――――

春香「続いての差し入れは……うわぁ……。」

真美「ラジオネーム『春香さん、何で頭にきしめん結んでるんですか?』さんから。お姫ちんには「味噌ラーメンキャラメル」、真美達には「醤油サイダー」だよ……。」

春香「きしめんなんて結んでませんが……。」

春香「『頭にきしめん結んでる春香さん、真美ちゃん、貴音ぇねこんにちは。』こんにちは~。」

真美「こんちゃ~。」

貴音「こんにちは。」

春香「『貴音ぇねは味噌ラーメンキャラメルなるものを食べたことがありますか?
北海道の土産物でこのラジオにも差し入れされましたが、2人がとても美味しい美味しいと食べていてこれはラーメン好きの貴音ぇねにも食べてほしいと思い物産展まで行って買ってきたのでよければ食べてみてください。
お二人にはそこの物産展にあった醤油サイダーなるものを買ってきました。飲んでみましたが、正直美味しくなかったです。でも2人なら大丈夫だよね!
それでは、ラジオ楽しみにしています。』」

真美「美味しくないなら送るなよぉ!!」

貴音「はて……面妖な気配の食物ですね。頂きます。」

春香「あはは……醤油サイダー、頂きます……。」

貴音「……!?な、なんですかこれは!!」

真美「なんでこんな不味いんだろうねぇ……。醤油サイダーも美味しくないよ……。」

春香「あ、あはは……。『春香さん、何で頭にきしめん結んでるんですか?』さん、ありがとうございました~。

―――――

春香「続いての差し入れは……!」

真美「ラジオネーム『ジョー紀元なKSK』さんからだよ!「ご当地ラーメンセット」!」

貴音「まぁ……、真、ありがたき事です。」

春香「『はるるん、まみまみ、はいさいー。』こんにちは♪」

真美「はろろん!」

春香「『そして、たかねぇね。お誕生日おめでとうございます。』」

貴音「ありがとうございます。」

春香「『先日、横浜のラーメン博物館に行ってきたのでおかもち型ギフトボックスに入った、ご当地ラーメンセットを贈ります。
ちなみに、みなさんはどんなご当地ラーメンが好きですか? 僕は熊本ラーメンか好きです。
それでは、今年一年、病気や怪我なく、頑張ってください。』」

貴音「お心遣い、真に感謝致します。」

春香「『PS.お姫ちんの次の写真集はいつ出るのでしょうか?』」

貴音「私の、写真集ですか……企画中、とだけ申し上げておきましょう。」

春香「と言う訳で「ご当地ラーメンセット」でした!是非貴音さんのお家で作ってくださいね♪」

貴音「有り難く頂戴致します。ふふ、私は幸せ者ですね。」

真美「お姫ちん愛されてるね~。」

―――――

春香「続いての差し入れは、杏仁豆腐ですよ!」

真美「ラジオネーム『ウルトラマン kosmos cosmos』さんから頂いたものだよ~ん!三人分あるからみんなで食べられるよん♪」

貴音「ふふっ、やはり皆で囲む食事は格別ですからね。」

春香「『真美ちゃん、春香さん、四条さん、こんにちは。』こんにちは♪」

真美「こんちゃ!」

貴音「こんにちは。」

春香「『今回はお姫ちん、こと四条さんへの差し入れを募集という事で、私からも差し入れを送らさせていただきます。

四条さんへのさしいれならラーメン系のしょっぱいものが多いでしょうから、
ここはデザートとして、東京の大門にあるラ○メン○海のメニューである「杏仁豆腐」を差し入れさせていただきます!
食感がふにふにツルツルでおいしいですよ♪』」

春香「では、頂きましょう♪」

真美「あーん……、んーー!これめっちゃ美味しいね!」

貴音「口に入れると溶けるようなまろみ……真、素晴らしきものです。」

春香「サッパリしてますね~!美味しいです!」

貴音「食後の口直しにはもってこいの逸品ですね。らぁめんが食べたくなって参りました。」

真美「流石お姫ちん……!!」

―――――

春香「杏仁豆腐も頂いた所で!リクエスト曲のコーナーです!」

真美「ラジオネーム『はるるんのファンやります』さんからだよ!」

春香「星井美希、四条貴音、我那覇響で、『KisS』です、どうぞ♪」


―BGM―


『一日の疲れをゆったりと癒したい。でもゆっくりしている時間が無い……。」

『そんな貴方に、GAOの入浴剤、バスタイム!』

『お風呂に広がる香りと溶け出す成分で心も身体もリフレッシュ!』

『一日の疲れはGAOのバスタイムでサヨナラ!』

『新発売のバスタイム・アジアンテイストもどうぞ!

『Good morning & Good night, GAO』


『お昼の情報番組ミディヌーヴェル!一週間のニュースをまるっとお届け!』

『一週間忙しかった貴方もこれを聞けば一週間が丸わかり!』

『ミディヌーヴェル、毎週土曜日12時よりOn Air!』


―CM明けジングル―


春香「星井美希、四条貴音、我那覇響で『KisS』でした!格好いいですよね~♪」

真美「お姫ちんがえっろい……。」

貴音「ふふ、ありがとうございます。」

春香「『はるるんのファンやります』さんから、えーと……。」

春香「『この曲を一緒に歌っている響さんは元気ですか?
セク○ラの件以降、ラジオで名前も出ないので…』」

貴音「元気ですよ。その件は存じ上げませんが、響は変わらずあいどるをしております。」

真美「ひびきんはただで転ばないからね~。」

―――――

春香「さて、貴音さん宛のお便りがまだまだ届いております!続きを読んでいきますね!」

真美「ラジオネーム『真みたいなクラスメイトが欲しい』さんからだよ!」

春香「『春香さん、真美さん、こんにちは』こんにちは♪」

真美「はろー!」

春香「『そしてゲストの貴音さん、誕生日おめでとうございます』」

貴音「ありがとうございます。」

春香「『貴音さんに質問です
貴音さんは本当にラーメンがお好きですが二番目にお好きな食べ物はなんでしょう?
やはり二番目に好きなものも麺類なのでしょうか?
本当に面妖です』」

貴音「私の二番目、ですか……。とっぷしーくれっと、とさせて頂きましょう。決して決められない訳ではございません。」

真美「ラーメン以外はおうとつ付けづらいんだ!」

貴音「甲乙、ですよ。真美。らぁめんは格別ではありますが、食事の優劣などつけがたいもの。故に、一番があれば、それで良いのです。」

春香「な、なるほど……。」

―――――

春香「続いてのお便りですよー!」

真美「ラジオネーム『ウニとイガグリの中間』さん!」

春香「『春香さん、真美さん、貴音さん、こんにちは。』こんにちは~♪」

真美「こんにちは!」

貴音「こんにちは。」

春香「『そして貴音さん、お誕生日おめでとうございます!』」

貴音「ふふ、ありがとうございます。」

春香「『貴音さんに質問です。
貴音さんはラーメンが大好きですよね?そこで質問なのですが、
貴音さんがオススメのカップ麺を教えてください。
買い占め…は無理ですが沢山買って食べたいと思います。』」

貴音「おすすめですか……私、かっぷぬーどるが基本にして王道と考えております。」

春香「なるほど、カップヌードル、美味しいですよね。」

真美「うんうん、小腹が空いたときとか良く食べるよ!」

貴音「勿論、他のかっぷ麺もとても美味しいのですが、どれか一つを自信を持って勧めると言われると、やはりかっぷぬーどる他ならないのです。」

貴音「老若男女誰からも愛される味、長く続く歴史。これを食べずしてかっぷ麺を語れず、そう私は思っております。」

春香「こだわりがあるんですねぇ。」

貴音「勿論めーかーの皆様が切磋琢磨して創り上げた他のかっぷ麺も、是非手にとって頂き、食べ比べてみて下さいませ。」

真美「流石お姫ちん!」

―――――

春香「続いてのお便りです~!」

真美「ラジオネーム『鷲と繪で鷲ノ繪』さんだよ!」

春香「『春香ちゃん、真美ちゃん。そしてゲスト貴音さん!こんにちは!』こんにちは~♪」

真美「はろはろん!」

貴音「こんにちは。」

春香「『来週から秋葉原の「765プロカフェ」で貴音さんのお誕生日企画として、特製ケーキとつけ麺がメニューに加えられますね!
もし貴音さんが一品好きな料理をメニューに追加出来るとしたら、どんなものにしますか?やっぱりラーメン!?』」

貴音「ふむ……さーたーあんだぎーでしょうね。響の得意な食べ物を、皆にも食べて頂きたいのです。」

春香「なるほど……響ちゃんの事好きなんですねぇ。」

貴音「響は私のらいばるであり、良き友なのです。」

真美「ピヨちゃんの持ってた本にもひびきんとお姫ちんが凄く仲良くしてんのがあったよね。」

春香「そ、そうなんですか!」

貴音「なるほど。小鳥嬢は良く見ておられますね。」

真美「さすがピヨちゃん!」

―――――

春香「最後のお便りです!」

真美「ラジオネーム『落書きの落雷』さんだよ!」

春香「『春香さん、真美さん、ゲストの貴音さんこんにちは〜( ´ ▽ ` )ノ』こんにちは♪」

真美「こんにちは~!」

貴音「こんにちは。」

春香「『そしてお誕生日おめでとうございます!』貴音さんおめでとうございます!」

貴音「ありがとうございます。」

春香「『さて、僕は受験を控えており出願など割と忙しい毎日を送っておりますがお三方は最近忙しさを感じた出来事はありましたか?』」

真美「ちょっと前だけど、このラジオ終わってからテレビ番組の生放送出た時は結構忙しいな~って思ったね。」

貴音「私は……そうですね、食べるらぁめんを選ぶに選べず、両方行った時でしょうか。」

真美「プライベートじゃん!」

春香「私は、毎日忙しいって感じてますよ!有り難いことに色々呼んで頂けたりするので、これからも忙しくしていきたいです。」

真美「さっすがはるるんだねぃ。」

貴音「その姿勢は、見習わねばなりませんね。」

春香「えへへ。」


―ED曲・世界でいちばん頑張ってる君に―


春香「さて、エンディングですね!本日もお別れの時間がやってきました。パーソナリティ天海春香と。」

真美「アシスタントの双海真美と!」

貴音「ゲストの四条貴音で。」

春香「皆さんへお届け致しました。『天海春香のSweet Chiffon Cake♪』」

真美「はるるん、来週のお題は?」

春香「貴音さんに決めて頂きましょう!」

貴音「では……、りすなーの皆様のまいぶーむをお聞きしようと思います。」

春香「なるほど!では、リスナーさん達のマイブームを募集しますので、是非是非お便りくださいね♪」

春香「勿論!ふつおたも募集していますので、お気軽にどうぞ♪」

春香「お便りが採用された方には番組特製マグネットをプレゼント!」

春香「お便りに住所、氏名、電話番号をお書き添えの上、番組宛にお手紙を送るか、番組HPからメールで送ってくださいね!」

―――――

春香「さて!この後は『ミディヌーヴェル』、お昼のニュースをお伝えします!貴音さん、今日はありがとうございました!」

貴音「こちらこそ、ありがとうございます。「ご当地らぁめんせっと」は自宅で早速調理させて頂きます。」

真美「ぶれないねお姫ちん!楽しかったよ!また来てねん!」

貴音「はい♪」

春香「と言う訳で!CHIYODA FMのアーススタジオからお届けしました『天海春香のSweet Chiffon Cake♪』」

春香「来週もまた聞いてくださいね♪それでは、See you next week!」

真美「まったね~ん!」












この番組は、株式会社GAOの提供でお送り致しました。
この後は、ミディヌーヴェルをお届け致します。



関連SS次作:春香「天海春香のSweet Chiffon Cake♪」真美「転けはる」