_______

________________

_______________________





春香「ちっはーやちゃん!おったんじょうびおっめっでとーう!!」

千早「あ、春香…。そう、今日は私の誕生日だったわね…。最近は時間を忘れるくらいアイドル活動も忙しく…それに楽しくなってきたしすっかり忘れて…」

春香「そうだね…。でも嬉しい忙しさだよ。これも全部プロデューサーさんのおかげ…。だいじょーぶ!千早ちゃんの誕生日は私が覚えておくからさ!」

千早「ん、ありがとう春香」

春香「あ、あはは。……ほ、ほら!こうゆう話はここでおしまーい!はい千早ちゃん、これ」

千早「これは……何が入ってるのかしら」

春香「誕生日ケーキ……て立派なもんでもないけどさ。まぁまぁ開けてみてよ」

千早「……っ!こ、これは……、カップケーキ?」

春香「そう、カップケーキ。ほんとはさ、もっ生クリームとか使って本格的に作りたかったんだけど、どうも忙しくて…」

千早「いいえ春香、充分よ。そうね、お菓子作りが大得意な春香の作ったカップケーキだもの。これは期待しなきゃね」

春香「も、も~!そんなこと言われちゃうと緊張しちゃうよ…」

千早「なんだか春香ってイジワルしたくなるのよ」

春香「ひどいよ千早ちゃ~ん…。…はいはい!こうゆう話はここでおしまーい!さぁさぁ千早ちゃん今ここで食べるのじゃ~」

千早「そう急かさなくても春香の目の前でじっくり味わってあげるから」

春香「……ぁ、あ!やっぱり目の前で食べられるのは恥ずかしいから私お茶入れてこよっかな~」

千早「あらあら今日の春香はどうしたのでしょう。いつも以上に気がきいていますこと」

春香「わ、私はいつも気がきいてるもん。じゃあ少し待っててねす~ぐ入れてくるから」

千早「うん、お願いね…」



___________________


コポコポコポ…

春香「………クックック。…クックッククハっ…あっはっはっは!」

コポコポコポ…

春香「千早ちゃん嬉しそうだったなぁ。だがしかし!まだ終わっていないんだよ…否!今から始まるんだよ…」

春香「………なーんて言ってもケーキの中に誕生日プレゼントのリング忍ばせただけなんだけど」

春香「千早ちゃんも前に比べたら表情豊かになったけどまだ硬いからなぁ。このサプライズで笑ってくれればいいんだけど。……怒るかな。怒らないよね」

コポコポコポ…

春香「にしても…クックッククハっ…あっはっはっは!なーにがイタズラしたくなる顔じゃ!逆にイタズラしてるのは私のほうじゃん!」

春香「見てろよ~千早ちゃん…。今この熱いお茶とともに訪れる私のお茶目な熱い思い………なーんて、えへへ~」

コポコポコポドボボボボボボ……

春香「あっつぅ!!!!!!!!!!!」


______________________


「アッツゥ!!!!!!!!」

千早「(ビクゥッ!!!) だ、大丈夫かしら春香。…にしても丁寧に一口サイズにしてきたわね。……では、いただきます」アーン…


春香「熱かったよぉ…。はい…千早ちゃんお茶」トンッ

千早「んっ」モグモグペコリ

春香(食べてる食べてる…いつ気づくかな……やばい、笑いが…)

春香「ち、ポフゥ… 千早ちゃ…プフゥ、 ど、どうかな…ププ…」

千早「ん~。うんうん………、んっ?んん~?」モグモグ

春香(気づいた!これ気づいたよ!気づいちゃったか~!千早ちゃん気づいちゃったよこれ!……い、いやいや、まだ平常心を保たないと)

春香「ど、どどどポフゥ……どうしたのかな千早ちゃ…ブフゥ!!」

千早「んんんん………(モグモグ ん!……う~ん。……んっ(ゴクン ふぅ~」

春香「」

千早「ごちそうさまでした。美味しかったわ春香」

春香「えっ…。えええええええ!!!!ちょ、ちょっとちょっと千早ちゃん口開けて!」

千早「ど、どうしたの春香」

春香「いいから!」

千早「わ、わかったわ。…ひゃい」アーン…

春香「………ない。ないよぉ…。……あ!千早ちゃん体なんともない!?」

千早「別になんともないけど……どうして?」

春香「あのね……ケーキの中にね?リングをね、忍ばせてたんだけど…」

千早「リング?」

春香「うん、千早ちゃんへのプレゼント…」

千早「なるほど…どおりで何か硬いものが入ってるって思ったわ」

春香「……気づいてたの?てか気づいてたよね千早ちゃん!?」

千早「まぁそれは…」

春香「あ~もぉ!そこで出してよ!んべぇ~って出せばよかったのになんで飲んじゃうさ!」

千早「春香。あなた私に親友が作ってくれたものを口からんべぇ~って戻せっていうのかしら」

春香「いや……そうとは言わないけどさ…。で、でもでもさすがにおかしいって思うでしょ」

千早「いいえ、てっきり隠し味かと」

春香「固形物の隠し味とかねぇよ!!………あぁ、千早ちゃんの性格のこともっとよく考えておくべきだった……。やめとけばよかったよぉ…。と、とりあえずプロデューサーさんに連絡…」



ガチャッ!!

亜美「あ!ちっはやお姉ちゃん!お誕生日おめでとぅ~う!」

真美「そして何も言わずにこれを食べてくれい!」

千早「これは。チーズケーキね。ありがとう二人とも」パクッ

千早「モグモグ…………、っ!!(ガリッ!!」

春香(ビクッ!!)

千早「……………、ガリッゴリゴリゴリゴリ」

春香「ち、千早ちゃ…」

千早「ゴリゴリゴリゴリ……………ゴクン」

春香「ぎゃあ!!」

千早「ふ~、ごちそうさまでした」

亜美「さっすが千早お姉ちゃん」

真美「いい食べっぷりだねぃ」

春香「いやいやいやいやいや今チーズケーキらしからぬ音してたよね!?二人とも何入れたのさ!千早ちゃんもだから飲み込まなくてもいいんだよぅ…」

千早「春香。私に仲間がくれたものを口からはしたなく、んべぇ~って出せって言うのかしら」

春香「いや、だからそうじゃなくて……、二人もいったい何入れたの…」

亜美「いや、ただのラムネだけど」

春香「ぎゃあ!!」ドンガラガッシャーーン

真美「おおぅ!さっすがはるるん。いいズッコケっぷりだねぃ」

春香「アイタタタタ…と、とりあえずプロデューサーに連絡…」


ガチャッ

真「千早!何も聞かずにこれを食べてよ!」

春香「また…」

千早「これは…シュークリーム?いただきます」パクッ

春香「……」

千早「モグモグ………ガリッ!!か、堅っ……」

春香「千早ちゃん!?出して!出して!外に出して」

千早「…………ゴクン」

春香「あひゃあ!!もう!だからなんで飲んじゃうの!」

千早「親友にもらったものを口から…」

春香「それはもういいよ!私は千早ちゃんの体が心配なんだよ…」

千早「春香…」



春香「ほんとやめとけばよかった…。千早ちゃんの誕生日だからってちょっと舞いあがっちゃって変に工夫するのやめとけばよかったよ…」

千早「春香……あの、これ」

春香「せっかくさ…?やっと仕事も入るようになってきてこれからって時に千早ちゃんの体にもしものことがあったら私…」

千早「春香…あのね?ほらこれ…」

春香「何が嬉しい忙しさだよって感じだよね…。ほんと私馬鹿みたい…」

千早「春香ちょっと」グイグイ

春香「痛い痛い…ほっぺ痛いよ千早ちゃ、……あれ、そのリング」

千早「春香からのプレゼント、でしょう」

春香「あれ……?あっれーー!?なんでなんで!?もしかして千早ちゃんもう下のほうから出したの!?」

千早「今このリングを春香の口の中に投げつけたくなるくらい失礼な発言だけどこの際聞かなかったことにするわ。ただケーキの中にリングがあることに気づいちゃっただけよ」

春香「え、なんで分かったの?」

千早「ふぅー……、リング…というより何かを入れた形跡がケーキの表面に残ってたから」

春香「あ…」

千早「今度またこういうことするならせめて下から入れるとかした方がいいわね」

春香「あ、あはは……。あー、でもよかったぁ…。千早ちゃんの体にもしものことがあったらどうしようかと思ってたよ…。でもなんで飲み込んだフリなんかしたのさぁ…」

千早「あら、言わなかったかしら」






千早「なんだか春香ってイジワルしたくなるのよ」




春香「……あ~あ、やっぱり千早ちゃんには適わないなぁ…」




真美「亜美殿亜美殿」

亜美「なんですかな真美殿」

真美「まったく話が見えませぬ」

亜美「奇遇ですな私もですぞ」

真「ん~…まぁいいんじゃないかななんか二人とも楽しそうだし」

真美「時にまこちん、さっきのシュークリームに何か入れてたんですかな?」

真「ノド飴」









― あ、そうそう春香。

― なーに?千早ちゃん

― 私がケーキ食べてる時に笑いすぎよあなた

― あ、そこまでバレてましたか…

― 必死に笑いを堪えようとしてる春香見てるとこっちまで笑いそうになって大変だったのよ?   

― たはは…精進します…。そうだ千早ちゃん指、貸して?

― え~とどれかしら

― ん~、右手の親指

― これでいい?

― こうして…っと、はい!千早ちゃんに私からリングのプレゼント

― ありがとう…。でもどうして右手の親指なの? 

― 右手の親指のリングは信念を貫き困難を乗り越え目的を達成する力を与えるんだって

― ふ~ん、そうなの

― そしてほら、私も右手の親指にリングつけてるんだよ

― あらほんと、ペアルックなのね

― うん、これからも765プロのみんな、そして千早ちゃんと一緒に進みたいから…

― 春香……ふふっ、そうねこれからも一緒に…ずっと……

― ……今笑ったね、千早ちゃん

― ? どうしたの春香

― うんうん、なんでもない! (結果オーライ……かな!)





                     ~fin~