この後は、天海春香のSweet Chiffon Cake♪をお届け致します。
CHIYODA FMが午前11時をお知らせ致します。

CHIYODA FM♪CHIYODA FM♪11時です♪


春香「本日はバレンタインの一ヶ月後! と言う事は……ホワイトデー!」

真美「リスナーの兄ちゃん姉ちゃん、お返し貰った? まだの人は催促オススメだよん!」

春香「催促しちゃだめですよ!」

真美「貴様らへのチョコはお返しを期待して渡しているのだ~~~はっはっはっ~~~!!」

春香「こら、真美! もしかしたらホワイトデーのお返しでカップルが誕生しちゃうかも!」

真美「あー、うん。そだね」

春香「なんでそんなテンション低いんですか! っと、では今週も行きましょうか!」

真美「おっけーはるるん! がつんとかましていくよー!」

春香「そこのテンションは高いんだ!」

真美「んじゃっ、いっくよーん!」

はるまみ「「天海春香の!Sweet Chiffon Cake♪」」


-OP曲・ストレートラブ!―


春香「CHIYODA FMをキー局に全国38局ネットでお送り致しますGAO Presents、天海春香のSweet Chiffon Cake」

春香「本日もCHIYODA FMのアーススタジオからお送りしています」

春香「今週もパーソナリティの天海春香と、アシスタントの双海真美で皆さんにお届けしていきます!今週もよろしくお願いします!」

真美「よろしくねーん!」

―――――

春香「で、真美はお返しもらったんですか?」

真美「あー、うん……」

春香「だからテンション!」

真美「だってさー、クラスの男子全員に配ってね? 昨日『お返しだよ』って渡されてクッキー食べたんだけど」

春香「うんうん」

真美「なんか全部辛いの! しかも微妙に味の違う辛さね!」

春香「手が込んでますね……」

真美「ちょーショックだったよね、真美の順調を弄んだ罪は大きいぞ!」

春香「純情だよ、真美。まぁでも、それは確かにテンションも下がりますよねぇ、真美、ドンマイ……」

真美「どんまいじゃないよー!」

―――――

春香「ではではっ! ふつおたの方に参りたいと思います~!」

真美「むぅぅ、まぁ読んでいくよーん。ラジオネーム『厨二病の化身』さんから!」

春香「『波動を放ち者達よ、調子は如何かね』……!?」

真美「なんかすっごいお便りじゃん!」

春香「え、えーと……『貴様らの魔力は常に感じ取っている。だが波動を放ち者達よ、努々忘れぬ事だ。我が加護を受けていると言う事を!
精進するがよい! 光と共に在らん事を!』 は、はい、お便りありがとうございます!」

真美「おおっ、ファンだって言ってくれてるよ!」

春香「えっ、読めるんですか!?」

真美「いや、お便りの下の方、ちゃんと翻訳済みのがあるじゃん?」

春香「ええええっ! 先に言ってくださいよ、そっち読んだのに!」

真美「それじゃ『厨二病の化身』さんが可哀想だよー!」

―――――

春香「で、では! 続いてのお便りでーす!」

真美「ラジオネーム『親指爪』さんからだよん!」

春香「『春香さん真美さんおハニー。』 おハニー!」

真美「おっはにー!」

春香「『私は最近コーヒーにはまっていて、自分でいちから豆を挽くのが凄く好きです
お二人はコーヒー、お好きですか?』 はい、ありがとうございますー!」

真美「コーヒーはやっぱブラックに限るよね~」

春香「えっ、飲めるんですか!?」

真美「飲めないよ?」

春香「飲めないのにっ!」

真美「苦いけど、律っちゃんやウチの兄ちゃんがよく飲んでるのを見ると、格好いいな~って思うよ」

春香「確かに、大人って感じがしますよね~。そんな私はお砂糖ミルク無いと飲めませんが、コーヒー好きですよ」

真美「真美は砂糖だけかなー。ミルクはちょっと甘くなりすぎて……」

春香「入れすぎじゃない?」

真美「あ、そうかもねぃ」

―――――

春香「さて! リクエスト曲のコーナーに行く前に!」

真美「差し入れだよーん! 『POより子の声色が好き』さんから、フルグラ!」

春香「それとスタッフさんから、コーヒーの差し入れが! 甘さ控えめだそうです!」

真美「おー、いっただっきまーす! ……んー、牛乳がほしいね~」

春香「分かります、お昼近いからこれちょっと嬉しいな……」

真美「んじゃ、リクエスト曲のコーナーにいくよ! ラジオネーム『はるるんのファンやります』さんから!」

春香「カバー曲です! 星井美希で『手紙 ~拝啓十五の君へ~』です、どうぞ♪」


―BGM―


『脂肪が気になる全ての人達へ。』

『GAOの特保、緑茶でヘルシー、新しくなりました!』

『茶カテキン500mg配合で脂肪の消費を助けます。』

『一日の食事はバランス良く!そして緑茶でヘルシーで健康的に!』

『良く歩く人向けに、お水でヘルシーレモン味も好評発売中!』

『Good morning & Good night, GAO』


『お昼の情報番組ミディヌーヴェル!一週間のニュースをまるっとお届け!』

『一週間忙しかった貴方もこれを聞けば一週間が丸わかり!』

『ミディヌーヴェル、毎週土曜日12時よりOn Air!』


―CM明けジングル―


春香「星井美希で『手紙 ~拝啓十五の君へ~』でした!」

真美「アンジェラ・アキって歌手の人のカバーなんだよね!」

春香「卒業シーズンですし、ぴったりかなって!」

真美「兄ちゃん姉ちゃん達は無事に卒業できたかな? これから新生活、頑張ってね!」

―――――

春香「さて、今週のお題コーナー始めましょう! 真美、今週のお題は?」

真美「『春香と真美があなたを慰めちゃいます!』、だよん!」

春香「はーい、ではリスナーさんの悲しみを慰めましょう! まずはラジオネーム『KSK』さん!」

真美「『はるるん、まみまみ、おハニー。』 おっはにー!」

春香「おハニー!」

真美「『悲しかった事ってそんなにないんですが、せいぜい、親が飼育してた熱帯魚が全滅しちゃった事でしょうか。
で、まみまみが慰めてくれるんであれば、是非、これを言ってもらいたい。そう、TMNの罰ゲームであった、

「……兄ちゃん? 寂しいの? こっちおいで、抱っこしてあげる♡」(エコー)

リハビリ終わったまみまみなら、照れる事なく言ってくれる事を信じてます。はるるん、まみまみにお手本を見せてやってください。』 はーいあんがとー!」

春香「……どうしたの真美? にやにやしちゃって」

真美「もう言ったから言わなくていいよねっ! それはさておき、熱帯魚全滅って、何があったのさ……」

春香「寿命とかですかね……」

真美「お魚は気を抜くとすーぐ死んじゃうからねぇ」

春香「ですね……そんな『KSK』さんには、真美から慰めの言葉です」

真美「兄ちゃん、悲しかったんだね……こっちおいで、なでなでしたげる」(エコー)

春香「もしまた飼う機会があったら、もっと長生きしてくれる事を願ってます!」

―――――

春香「続いてのお便りはラジオネーム『koi』さんからです!」

真美「『はるるん、まみまみ、おハニー!』 おハニー!」

春香「おハニー!」

真美「『最近あった悲しい事…財布落とした事でしょうか。アイマスVISAカードも買ったばかりの6か月定期も再発行になってしまいましたorz』 うわっ……え、うわっ……」

春香「これは……本当に辛いですね……クレジットカードを落とすって凄い怖い事ですし……」

真美「そんな『koi』さんにははるるんから慰めてもらえるから、よく聞くように」

春香「『koi』さん、どんまいです……でも、きっと良い事あります、ファイトですよっ!」(エコー)

真美「次は気を付けてね……」

―――――

春香「続いてのお便りですよ! ラジオネーム『深夜の空腹』さん!」

真美「『春香さん、真美ちゃん、おハニーです!初めてメールさせて頂きます。』 メールありがとー! おハニー!」

春香「おハニーです!」

真美「『少し前、友達の学校の学園祭に突撃しようとして、まず自転車で駅に向かったのですが、いつも使っている駐輪所が満車だったので少し離れた駐輪所まで行っていたら電車を真の前で逃してしまいました。』 まこちん?」

春香「目の前じゃないでしょうか、電車を目の前で逃した時のは辛いですよね……」

真美「『二十分ほど待ってやっと乗れた次の電車でうとうとしていたら友達の学校がある駅を乗り過ごし、なんと元の駅に戻っていたではありませんか。
その後さらに二十分待ち、やっと友達の学校にたどり着けたのですが、なんと友達は体調を崩して休んでいました。
踏んだり蹴ったりな私をどうか慰めてください!』 お便りあんがと、それにしてもすごい運がないね……」

春香「踏んだり蹴ったりってまさにこの事ですよね……そんな『深夜の空腹』さんには真美から慰めの言葉です、お聞き下さい」

真美「こんだけ運が悪かったんだから、次はきっと運が良くなるよ! だから、ファイトだよ!」(エコー)

春香「良い事あると良いですね!」

―――――

春香「では最後のお便りです! ラジオネーム『デザイン』さん!」

真美「『天海さん真美さんおハニーです』 おハニー!}

春香「おハニーです!」

真美「『最近あった悲しいことは日本人がノーベル賞を取ったことでアノ大学の倍率が上がって無事受験失敗しました!』」

春香「えええっ!!」

真美「『第二志望はどうにか受かったのでギリギリセーフといったところです…
ただ友人の話を聞くと滑り止めの大学の倍率も軒並み上がっていたみたいで
滑り止まらなかった友人も結構いたので俺は良い方だったのでしょうか?
そうだとしても悲しい!』」

春香「滑り止まらなかって……」

真美「『因みに自分が行きたかった学科の方識別の最大倍率は66.6倍、最低でも26.9倍でした
滑り止めの大学(理系)も例年の倍率の1.5~2倍近くになってたらしいです』 お、お便りあんがと……」

春香「ノーベル賞効果って凄いですね……・」

真美「ホントね……最大で66.6倍って悪魔の数字だよ……そりゃ難関っしょ……。そんな『デザイン』さん、はるるんが慰めてくれるっぽいよ」

春香「その、すごく悲しいと思うんですけど、これから良い事があるように願ってますからね!」(エコー)

真美「さすがのはるるんもコメントに困ってたみたいですな」

春香「あはは……他にも沢山のお便り、ありがとうございました!」


―ED曲・世界でいちばん頑張ってる君に―


春香「さて、本日もお別れの時間がやってきました。パーソナリティ天海春香と」

真美「アシスタントの双海真美で!」

春香「皆さんへお届け致しました。『天海春香のSweet Chiffon Cake♪』」

春香「真美、来週のお題はどうしようか?」

真美「来週は、『身近なハッピー、お教えします』、だよ!」

春香「みんなの幸せな出来事、教えてくださいね!」

春香「もちろんふつおたも募集していますので、お気軽にお便りくださいね!」

春香「お便りが採用された方には番組特製マグネットをプレゼント!」

春香「お便りに住所、氏名、電話番号をお書き添えの上、番組宛にお手紙を送るか、番組HPからメールで送ってくださいね!」

―――――

春香「さて!この後は『ミディヌーヴェル』、お昼のニュースをお伝えします!」

春香「CHIYODA FMのアーススタジオからお届けしました『天海春香のSweet Chiffon Cake♪』」

春香「来週もまた聞いてくださいね♪ それでは、See you next week!」

真美「まったね~ん!」











この番組は、株式会社GAOの提供でお送り致しました。
この後は、ミディヌーヴェルをお届け致します。



関連SS次作:春香「天海春香のSweet Chiffon Cake♪」真美「嬉しいね!」