このあとは、「ミッドナイトBOX」、「双海亜美の"深夜にMY進"!!」をお送りいたします。
ブーブーエスラジオが、2時をお知らせします。



ピッピッピッポーン



亜美「シンマイ、ここにふっかーつ!!」

亜美「全国の兄ちゃん、姉ちゃん、久しぶりー。双海亜美だよー」

亜美「一瞬番組表から消えてびっくりさせちゃったかもね」

亜美「亜美も改変期でさ、元の放送枠から移動になった、って話は聞いてたけどさ」

亜美「その後しばらく収録の仕事がないの、そこで気づいたわけよ」

亜美「あれ? これシンマイ終わっちゃったんじゃない? 最終回スペシャルもやってないのに」

亜美「それをりっちゃんに聞いたら、大人のジジョーでちょっと休養だって」

亜美「いやー、亜美は子どもだけど、このパターンは確実に打ち切りだと思ったよー」ハハハ



亜美「もうこればっかりはショーが無いなーって諦めてたら、新Dの兄ちゃんが決定して、是非シンマイを継ぎたいと」

亜美「んっふっふー。新Dの兄ちゃんは亜美のミリキにメロメロですなー」

亜美「ま、こんな感じでブジまたみんなの前に現れることが出来て亜美もうれしーよ」

亜美「放送時間と放送局はちょっと少なくなっちゃったけど、その分濃いぃ内容をお届けするつもりだよ」

亜美「ということで、タイトルいくよー」

亜美「双海亜美の"深夜にMY進"!! NEO!!」



OP曲『YOU往MY進』



亜美「改めましてこんばんはー。竜宮小町の次期エース、双海姉妹のキュート担当、双海亜美だよー」

亜美「あ、タイトルなんだけど、前と一緒だから、新聞とか見てもNEOとか書いてないかんね」

亜美「新しい気持ちでやりたいっていう亜美と、新Dの兄ちゃんの意向だから」

亜美「毎回気分によって何か勝手に付けていこうと思うんで、これからもよろよろー」



亜美「んじゃ、スタッフ考案の新コーナーをやるよん」

亜美「題して『765アイドルラジオのめ→げん』のコーナー!!はくしゅー!!」パチパチ

亜美「このコーナーはこれまでやってきたラジオの名言や迷言をスタッフが作ったランキングで振り返っちゃうコーナーだよー」

亜美「毎回765プロから1人のアイドルにスポットをあてて、実際にラジオで言った一言をセレクト」

亜美「ちなみに、その一言はこの双海亜美がモノマネしちゃうから、何も借りなくてよし」

亜美「番宣もしながら、ラジオでのキャラもわかる、イッセキニチョーのコーナーだよ」

亜美「初めての人はラジオを聞く時の参考に、昔からのファンは懐かしんで聞いてね」



亜美「ここで問題!!」

亜美「来週から、リスナーの兄ちゃん姉ちゃんはどんな一言が入ってるか予想して、お便り送ってね」

亜美「一位から三位のどれかにその一言が入ってたら、見事正解!」

亜美「抽選で1名様に豪華賞品!!」

亜美「ガムを一個あげるよ~……じゃなくて番組特製グッズをプレゼント。次回までにじゃんじゃん送ってね!!」



亜美「記念すべき第一回のアイドルはこちら」ババン

亜美「ババン!双海真美ー!!」

亜美「亜美とは双子で、今は『天海春香のSweet Chiffon Cake♪』という他局の番組でアシスタントをやってるよん」

亜美「最近はやよいっちとひびきんとの新ユニット結成の話もあって事務所イチオシのアイドルの1人」

亜美「以前は『TOKYO…あ、これは読まなくていいや」ハハハ

亜美「いや、実はね、亜美はこのコーナーにほぼぶっつけ本番で挑んでるんですよ」

亜美「目の前にiPadがあって、そこに順番に原稿が流れきてそれを読んだりもしちゃってるんですよ」

亜美「んで、このコーナーも読む直前にその一言が出てきて、それを即興でモノマネするようになってるんですよ」

亜美「だからね、このコーナーやるって聞かされたんで、スタッフに涙目でお願いしたんですよ、あの番組には触れるなと」ハハハ

亜美「もしあの番組のが入ってたら、亜美はそれ以降はモクヒケンを使うかんね」

亜美「もっかい確認するけど、ないよね? この番組名だけ? わかった、じゃあやる」

亜美「気を取り直していきましょー。SCC、2014年12月20日放送から第三位!」ババン



真美(亜美)『はるるん、真美のこと嫌いなの…?』(エコー)



亜美「……これ、今思ったんだけど、モノマネしてるの伝わってんのかな」

亜美「ショージキわかんなかったスタッフの兄ちゃんは手ぇ挙げて…おお、意外と伝わってんだね」

亜美「んっふっふー亜美にかかれば真美のモノマネなんてあさめしさいさい…あれ?なんだっけ、まあいっか」

亜美「そうだ、紹介しなきゃ。これ、亜美知ってるよ」

亜美「たしかねぃ、真美がボケたのをはるるんが軽く流そうとしたとこだよね」

亜美「…やったね、正解じゃん。何かちょうだい? そういうコーナーじゃない? いいじゃんいいじゃん、今回だけ!」

亜美「ジュースおごってくれんの? やったね、言ってみるもんですなー」

亜美「いやぁ、真美はSCCに行って大成功ですなー。りっちゃんさまさまー」

亜美「すっかり更生した真美の次回作にご期待ください、てことで曲行ってCM行くよー」

亜美「カバー曲だよ、双海亜美・真美で『雪國』」キセツカーン

亜美「おお、びっくりした。いおりんがゲストの時のツッ」プツッ


♪~


ーーーーーCMーーーーー

真「ただ一言、あなたに聴いてほしい」(エコー)

雪歩「……」

真「…雪歩?」

雪歩「真ちゃんのアドリブにびっくり」

真「ぅおい! 雪歩が言えって」

雪歩「『雪歩と真のオールナイト765』毎週×曜日深夜1時50分から放送中です」

真「き、聴いてね!」

ーーーーーーーーーーー



亜美「お送りしています、シンマイ、ランキングの続きだよー」

亜美「次は、AN7…え、これってあの番組のノリの時じゃん、ヤだよ」

亜美「たしかにこっちは言わなかったけどさ……見てから言うか決めていいの? ヘンなのだったらしゃべんないかんね」

亜美「AN7、2014年3月9日放送から第二位」ババン

亜美「っ何これw 知らないんだけどw ひっひっひ。これなら言うけどw ひひひ。ふー」

亜美「どのテンションで言えばいいんだろう。改めて第二位!」ババン



真美(亜美)「マイルドチャイルドまみまみれ!!!!!」



亜美「これ何だろうね? ギャグかなんか? ゆきぴょんの無茶ぶり?」

亜美「ゆきぴょんやまこちんも絶対フォローとかしないし、現場はヘンな空気になったんだろうなw」

亜美「ショージキ、この頃の真美のことはあんまし聞かれてもわからないんだ、ガチで嫌いだったし」

亜美「だから、今ね、iPadに書かれてるのを読むのは、やりたくないかなーって」

亜美「真美のイメージダウンにつながるので読まない、亜美ってなんて姉思いないいコなんでしょう」ハハハ

亜美「笑ってくれてるみたいだし、補足だけ読むよん、この日はメディシン飲んでイクの歌詞発表の日でした」

亜美「まこちんごめんねー。ランキングに戻るよん」



亜美「第一位もそっち系だったら嫌だな。お、今年のSCCじゃん、よかった」

亜美「注意書きがあるね、このセリフはスピード感が命!文字が出たらすぐ読んでね、だってさ」

亜美「オーケー任せときな、SCC、2015年1月24日放送から第一位!」ババン



真美(亜美)「『ちんk』ってちょっと待てー!!」ハハハ



亜美「ハハハじゃないよ!! これマジで言ったの? 放送事故じゃん!! TMNならまだしもホントにこいつ何してんの?」

亜美「選ぶ方もひどいけど、真昼間から何言ってんだよ!! うあうあーもーサイアクだよ」

亜美「ん?説明?」

亜美「あー……なるほど、これは真美悪くないね」

亜美「えっとね、これはゲストの紹介を『お姫ちんこと四条貴音』と言っただけだと」

亜美「なんでそこだけ取るんだろうね、悪意しか感じないよ」

亜美「……というわけで、最近の真美はマジメにアイドルをやってるのでした」

亜美「焦げではちょっとはしゃいでるけど、TMNに比べたら大したことないから大目に見てあげてね」

亜美「以上、『765アイドルラジオのめ→げん』第一回は双海真美でした」

亜美「……アレ考えた兄ちゃん、後で覚えとけよ」



ED曲『トリプルAngel』



亜美「全国14局に双海亜美のせくちーぼいすをお届けしました」

亜美「『765アイドルラジオのめ→げん』次回はゆきぴょん!!」

亜美「萩原雪歩のラジオでの過去のめ→げんを紹介するよ」

亜美「リスナーの兄ちゃん姉ちゃんは、どんな一言が入ってるのか、予想してちょーだいね」

亜美「1つでも入ってたら正解! 正解者から抽選で1名様に番組特製グッズをプレゼント」

亜美「メールとかでじゃんじゃん送ってね~」

亜美「他のコーナーもそのうちやってくかんね、そっちの方もよろよろ~」



亜美「いやあ、久しぶりだったけど、これから毎週楽しみだねぃ」

亜美「そういえば、今日は他局が多かったな…ま、局のカキネをこえて仲良くやっていきましょーということで」

亜美「ちなみに、最後のアレを考えた新Dの兄ちゃんは、おにぐんそーモードのりっちゃんの説教が今決定したのでご報告します」ハハハ

亜美「んじゃね~また来週~」






ーーーーーあとがきーーーーーー
初めまして?はるるんのファンやります略して、はるファです。
過去のラジオSS懐古のため、しばらくシンマイをお借りします。過去のシンマイのコーナーもまたやります。
亜美は(表向きは)TMNが嫌いという設定です。私はTMNであん速を知り、それ以来の大ファンです。
原作者並びに他作者の方々には温かい目で見て貰えると、読者の方々は一緒に懐かしんで貰えると幸いです。