やよい「今日もピッカピカにできました!」

?「嬢ちゃん、なってないな~」

やよい「えっ?」

?「ほら、ここ。なってへんやん。ちょいと貸せや。こうやってここでこう使って……ちょちょいのちょいやで! じゃあ、ほな」


JOYKUN


ーーーーーーーーーーーーーーーー



やよい「さっきの人誰だったんだろ~」

真美「やよいっちーさっきのって誰?」

やよい「お掃除してる時に変な人がいたんですよ~」

真美「なーに~? やっちまったな~やよいっち! それ不審者だよー!!」

やよい「えぇー!? でもお掃除手伝ってくれたよ~? なんか液体出して……」

真美「ほんとに痴漢だよやよいっち!!」


社長「ごぉっほん! 君達、静かにしたまえ。今日は君達にとって良い報告があるんだ」


やよい「良い報告ってなんだろ~?」

真美「どうせまたしょうもない事しょー」


社長「いやいや、今日は本当に良い報告だよ! 君達に新しいプロデューサーがやってきたんだ! さぁ、入りたまえ」


?「なんやこの事務所、ぼろっちぃなぁ。しかもなんやこのガングロ社長にロリロリアイドル。おまけにオバハン事務員。おまえらてっぺんとる気あるんか? まぁまぁええわ。今日からワイがお前らのプロデューサーや」


やよい「あぁー!! さっきの不審者さんですぅー!!!!」

真美「下がってやよいっち! この無敵でラブリーな真美ちゃんが相手になってやる!!」

?「ちょい待ちーな! ワイは不審者ちゃう。ジョイ君って立派な名前があるんやで。このクソガキしょんべんアイドルが!!」
真美「なんだとー! このエセ関西怪獣め!」


社長「はっはっはっ! すっかり打ち解けたようだね。ちょっとトゲがある男だがきっと君達の力になるよ」

ジョイ君「どこが打ち解けてんねや。まぁ、そんな調子やからよろしく頼むわ」



ーーーーーーーーーーーーーーーー



真美「いやー最近ハードだよね……」

やよい「そうかなー? 私は結構楽しいよ?」

真美「プロデューサーとは思えないっしょ」


ジョイ君「まーたワイの悪口いいながらサボッとったか。ちょいとワイのダンス見ときや」


キラメキラリ~♪


真美「げげっ……真美達よりもダンスも歌も上手いよ……」

やよい「凄いですプロデューサー!!」

ジョイ君「せやろか? お前達も良い線いっとるで。しゃーない、今日はワイあがりやけど手伝ったるわ」

真美「しょうがないな~。真美も付き合ってあげる」

ジョイ君「なにが付き合ってあげるや。ほな音楽流すぞ。ワイの後ろから真似して踊ってみ」


キラメキラリ~♪


真美「はぁ……真美よりスタミナあるって凄すぎ……」

やよい「うっう~……」

ジョイ君「なにバテてんねん。まぁ、ワイに付いて来れただけでも良いセンスしとるわ。せや、明日から早速仕事やから頑張ろうなー」



ーーーーーーーーーーーーーーーー



真美「真美達の初めての仕事がミニライブって……全然練習できてないよ兄ちゃん!」

やよい「流石に落ち着かない……。緊張で動けないよ真美……」

ジョイ君「馬鹿やなーお前達。このワイのダンスに付いて来れたんやで? 自信持ちーな」

真美「そんな事言われてもいきなり過ぎて混乱しちゃうっしょ!!」

やよい「そうですよプロデューサー!」


スタッフ「次、765ジョイスターズの皆さん出番ですよ」


ジョイ君「この一週間ぽっち、誰かも分からんワイの練習に耐えてきたんやで? しゃーない、おまじないしたるわ。こんな不安、ちょちょいのちょいやで!! ほら言ってみ!」

真美「……なるようになるか!!」

やよい「うん! もう目の前だし頑張る!!」

真美「せー」

やよい「の!!」

やよい&真美「ちょちょいのちょいやで!!」


キラメキラリ~♪


ジョイ君「初めてにしては客呼べとるやんけ。ふぅ、これが第一歩、アイツら……いや765ジョイスターズの第一歩や!! よしワイが写真や! 写真撮るんがワイの仕事やー!!」

小鳥「楽しそうですね」

ジョイ君「馬鹿野郎! 当たり前やんけ!! アイドルが踊っとるんぞ!!」

小鳥「ふふっ、それをあの子達に言ってあげたらどうですか?」

ジョイ君「余計なお世話やねんオバハン」

小鳥「はいはい、液体窒素さん」



やよい「プロデューサー!!」

真美「やったよ兄ちゃん!! お客さん喜んでくれたよ!」

ジョイ君「ふん、お前達まだまだやな。でもな、最高の一歩やったで。えぇ笑顔しとるわ。これからもワイに付き合ってくれるか?」


真美「ちょっとウザイけど、付いていってあげる!」

やよい「うっうー!!」



?「弱小プロダクションに相応しい舞台だったよ!! 滑稽滑稽、見事な程に滑稽だったよ!!」

ジョイ君「はーん、懐かしいし声に腹立たしい喋り方……久し振りやな黒井。相変わらず汚れてるやん!!」

黒井「はぁーん、貴様が絡んでいたか。噂には聞いていたが本当に貴様が戻っていたとはな。謎の白い液体を出してアイドルを引退させたこの変態プロデューサーめが!!」

ジョイ君「昔の事や。まぁ、ええわ。今に見とけや。ワイの765ジョイスターズがお前を倒したる」

黒井「ふん、今に見ておけ! この低俗共が!!」


ジョイ君「やよい、真美。ワイが絶対守ってやるからな……」



ーーーーーーーーーーーーーーーー

 
やよい「今日もお仕事楽しかった~!」

真美「確かに前よりお仕事増えたけどさ、目立った仕事は来ないね」

やよい「そうかなー?」

ジョイ君「なんや目立ちたいんかいな」

真美「そりゃーアイドルだし当然しょ!」

ジョイ君「せやろか? ショボい仕事こなしてトップに近付いていくんやで。だからお前達もちょっとずつ頑張りーや」

やよい「そうですよね! 頑張ります!」

真美「ところで兄ちゃん」

ジョイ君「なんや? ワイに惚れたか?」

真美「兄ちゃんに惚れるのは油汚れに苦しむおばちゃんぐらいだよー。そうそう、真美は兄ちゃんの昔話が聞きたいな~」

やよい「あっ、私も気になってました」

ジョイ「昔話? せやなーワイも昔は子役タレントやったんやで」

やよい「そうだったんですか!?」

ジョイ君「せやせや。ワイが六歳ぐらいの時にな、兄貴とお笑い始めてん。そっから人気絶好調! お笑いもして、ドラマも出演して……でもCMが一番思い出に残っとる。ワイは洗剤メーカーのマスコットキャラに選ばれたんや」

真美「マスコットも凄いけど、ドラマとかお笑いとか真美達より凄い……。そんでそんで!どうなったの!」

ジョイ君「そっからは……地獄の始まりやったで」

やよい「地獄? なにがあったんですか?」

ジョイ君「一躍スターやった。お笑いにマスコットキャラ、全部上手くいっとった。でもなアイツ、アイツのせいで全て壊された。転落人生。ありもしないスキャンダル記事、妄言ばっかりの情報。六歳の子供を落とすには十分過ぎる素材や」

やよい&真美「えっ……?」

ジョイ君「そのせいで兄貴とも喧嘩続き、お互い罪の擦り合い、それにスキャンダル記事のせいでワシらのコンビも解散。マスコットの話も取り下げ、学校に行き始めても過去のせいでいじめられた。ワイは……ワイはアイツを、真っ黒なアイツをアイツに従っとるアイドルを真っ白に浄化せなアカンねや」

真美「チャラチャラしてる偉そうな兄ちゃんだと思ったけど、真美も手伝うよ!」

やよい「あの時のおじさんですよね? 許せないです! 私もお手伝いします!」

真美「その為にもいっぱい仕事頑張って有名にならないとね! 大きい仕事頼んだよ兄ちゃん!」

ジョイ君「お前達……ありがとうな。せや、まだ何もされてへんけど、何かあったらワシに報告、相談しろよ? 仕事の基本はほうれん草やからな!」



ーーーーーーーーーーーーーーーー



やよい「小鳥さーん!」

真美「ぴよちゃーん!」


小鳥「あら、どうしたの二人共? 今日はもうお仕事終わりじゃない?」


やよい「お願いがあるんです」

真美「兄ちゃんの事教えてー」

小鳥「プロデューサーさんの事?」

真美「兄ちゃんが昔テレビに出てた事とかさ。ほら、ビデオとか持ってるっしょ! ほら白状しろ!」


小鳥「うーん、私は何もデータ持ってないけど……そうだ、検索したら昔の動画とか出てくるかも」

やよい「やっぱり小鳥さんは頼りになります!」

小鳥「そうねー……あったあった! 昔の動画があるみたいよ」

真美「兄ちゃんの漫才映像! どれどれ……」

やよい「……なんか凄く楽しそうですね」

真美「話してる時の兄ちゃんと全然違う。兄ちゃん、悲しそうだったもんね」

やよい「そういえばプロデューサー、あのおじさんに何か言われてなかったっけ?」

真美「変態……そうだ、兄ちゃんに直接聞きにいこうよやよいっち!」

やよい「そうだね!」


小鳥「あっ、待って二人共……行っちゃった……」




真美「兄ちゃーん!」

やよい「プロデューサー!!」


ジョイ君「なんやお前らやんか。なんや?」

真美「ミニライブの時に言われてた変態って何の事? 教えてよ兄ちゃん!」

やよい「ずーっと気になってたんです!」


ジョイ君「……今日はもう遅い。帰りや」

真美「でも……」


ジョイ君「でもやないて」


やよい「私達の前の人と……」


ジョイ君「うっさいねん!! はよ帰れ言うとんねや!! 昔のアイドルなんてお前らに何の関係もないやろうが!!!!」


真美「……わかったよ。真美が悪かった」

やよい「ごめんなさい……」



ジョイ君「あっ……ちょい……。行ってもうたか。流石に言い過ぎたか」

小鳥「やっぱりまだあの事、気にしてるんですね」

ジョイ君「所詮過去に囚われた情けない男なんやワイは。いつも陽気なワイでも触れてほしくない所もあんねや。悪いとは思っとる。ごめんな……」



ーーーーーーーーーーーーーーーー
ジョイ君「二人共、今回の仕事はゴールデンタイムの歌番組に出て歌えるで! いやぁ、ほんま長かったわ」

やよい「お仕事頑張ってきたからです!」

真美「…………」

ジョイ君「この仕事に漕ぎ着けたんはワイのお手柄やけど、そのオーディションに合格したんはお前達の実力やで! 初の全国テレビやし気合い入れていきや」

やよい「はい!」

真美「うん、真美も頑張るよ」

ジョイ君「なんや嬉しそうやないなー。全国やで? もっと笑顔や! スマイルスマイル!!」

真美「…………」

やよい「真美?」

ジョイ君「どないしたんや」

真美「兄ちゃん、真美は嬉しいよ? だって全国で真美とやよいっちのちょー美しい姿を見せられるんだ」

ジョイ君「せやな」

真美「うん、それだけ……じゃあ真美帰るね」

やよい「真美!」

ジョイ君「風邪に気いつけや」

やよい「プロデューサー……」

ジョイ君「分かっとるで。大丈夫やからやよいもはよ帰れや。明日が本番やで」

やよい「分かりました……」



小鳥「真実ちゃん、ちょっと心配ですね……」

ジョイ君「分かっとるで。あん時の事が引っ掛かっとるんは分かっとる。でもな、流石のワイもあの事だけは言いたくないんや」

小鳥「心配してるんですよ」

ジョイ君「せやろか? 隠しときたいけど言い訳してもすぐバレるやろし、うーむ、どうしろって言うんや」

小鳥「確かに難しいですよね」

ジョイ君「昔のワイを語るのは簡単や。でもな、やっぱりあの事件だけはアカン。折角プロデューサーとして戻ったのに全部崩れるのはほんま勘弁やで」

小鳥「一番最初は765プロでプロデューサーをしていた事、そしてまた一時期は876プロダクション……事件が起きた時は346プロダクション。こんだけ凄い人なんですよ? いずれ知られると思います」

ジョイ君「やっぱりアカン、バレる未来しか見えへん。しかし、そう聞くとワイも長い事プロデューサーやっとるわな。またここに戻って来るとは思わへんかったわ」

社長「私も君が戻って来るとは思わなかったよ。というより途方に暮れている君を見付けた私のお節介だったかもしれないけどね」

小鳥「社長!」

ジョイ君「いや、ほんま感謝してますわ。あれからワイがまたプロデューサーとしてアイドル育成出来るとは思わへんかったし」

社長「黒井もまた君と接触するとは思わなかっただろうね。きっとまた何かしら手を出してくるとは思うけど、負けずに頑張っていこう!」

ジョイ君「ふっ、負けるわけないで! あんな悪党もちょちょいのちょいやで! さっ、明日は二人の全国デビューや、張り切っていくで!!」



ーーーーーーーーーーーーーーーー



やよい「うわー……緊張します……」

真美「全国ってなるとやっぱり違うね。でも真美とやよいっちなら大丈夫っしょ!」

やよい「そうだよね! 私達なら大丈夫だよね!」


ジョイ君「よし、そんだけ元気なら大丈夫やろな。あんまり緊張すんなや、いつもと同じ、スマイルと元気を見せればそれでええんやで」

真美「兄ちゃんが心配しなくても真美達は大丈夫だから、ミスもしないから見ててね」

ジョイ君「はっ、生意気な口叩けるんなら心配いらんな。よっしゃ真美、やよい……行ってこい!!」


真美&やよい「おー!!」




『次は番組初、駆け出しアイドルユニット765ジョイスターズでキラメキラリです!!!!』




ジョイ君「……やよいはいつも通り、真美は明らかにワイに嫌悪感出しとったな。大丈夫やろか……いや大丈夫、プロデューサーのワイが信じんで誰が信じるんやって話や」


黒井「おやおや、低俗プロダクションの三流プロデューサーじゃないか。全国テレビで恥を晒しに来たのかな?」

ジョイ君「まーたうっさい奴が来たか……。静かに歌も聴けんわ。相変わらず暇そうやなオッサン」

黒井「ふん! 貴様のアイドルがどんだけ低レベルか見に来てやったんだ! 低俗なパフォーマンスが終わった後に私のアイドル達のパフォーマンスが貴様のアイドルを粉砕するけどな……ダンスが終わった後にはプレゼントも用意してある……楽しみにしていろ!!」

ジョイ君「プレゼントってなんやねん……。まぁまぁええわ。しかしやっぱダンスもキレキレ、歌声もええ感じやん。真美も心配しとったけど、今までで一番ええやんけ……おっ、ミスなく終われた。ええやん、盛り上げられとるやん……うん? なんやこの声援……ちょっと待て、なんかさっきより凄い!」




『次は今大注目、大人気、神話級ボーイズアイドルユニット……ジュピターでオーバーマスターです!!!!!!』




ジョイ君「こっ、これが黒井の言いよった961プロのアイドルっていうんか!! 大人気、大注目言われとったけど確かに凄いわ……ダンスのキレも歌唱力も全然ちゃう、流石黒井としか言えんわ……!! でもなんやろな、おもんないな、なんというか、あれはやらされとるって感じやな。楽しそうやないわ」

ーーーーーーーーーーーーーーーー




やよい「プロデューサー!」

ジョイ君「良かったで!」

真美「ふぇ……」

ジョイ君「二人共ほんま良かったで!」


?「おい、邪魔なんだよ」


ジョイ君「うん? なんやお前……黒井んとこのアイドルユニットやないか!!」


?「ジュピターだ! ふん、俺は天ヶ瀬 冬馬」

ジョイ君「あだ名はあまとう君やな」

?「チャオ☆ 俺のダンス見ててくれた? そう、華麗なるダンスでパーフェクトな歌声……俺がジュピターのリーダー、伊集院 北斗!」

冬馬「俺がリーダーだよ!」

?「ははっ、誰がリーダーでもいいじゃん! 僕は二人とダンスできて楽しいし。あっ、僕は御手洗 翔太。翔太でいいよ」

ジョイ君「あまとうにナルシストにショタって……キャラ濃いなジュピター」

北斗「派手な方が好きだよ!」

冬馬「いや、派手とかって意味じゃないだろ」

ジョイ君「ほんで、ジュピターが濃い事は分かったわ。めっちゃ上手かったで歌もダンスも。でもな、ワイのアイドル達も負けとらんで」

冬馬「はん、どうだか。俺達の足元にも及ばないぜ。それに、とんだ変態プロデューサーの元だ、報われないぜ」


真美「また変態って……!」

やよい「プロデューサー……」


ジョイ君「黒井に何を吹き込まれたんかは知らんが、ワイは負けへんぞ。ワイのジョイスターズが木星なんか木っ端微塵や」

翔太「面白い事言ってくれるじゃん」

北斗「まっ、勝つのは俺達だけどね」

冬馬「じゃ、俺達は行くから」

北斗「次また会おうね可愛い子ちゃん達! チャオ☆」

翔太「ばいば~い」



ジョイ君「なんや、変な奴らやったな」

真美「やっぱり兄ちゃん、何か隠してる! なんで教えてくれないの? 色んな人から変態って、兄ちゃん本当に変態さん!?」

やよい「真美!」

真美「やよいっちには分からないよ! 兄ちゃんが変態変態って、真美はそんな風に呼ばれてる兄ちゃんを助けたいよ!! でも何も話してくれないから真美は悲しいよ……だってもっと兄ちゃんの事知りたい……プロデューサーとして……仲間として……」

やよい「プロデューサー……教えてください。本当の事を知っていた方がやっぱりいいかなーって」

ジョイ君「……分かった。じゃあ、一旦場所を変えるで、事務所で話たるわ」


真美「約束だよ?」

ジョイ君「当たり前や」

やよい「先に荷物とってきまーす!」


ジョイ君「あっ、せやせや。荷物と一緒にプレゼントがあるはずやからそれも持ってこい。多分雑誌かなんかや」

やよい「ん? わっ、分かりました」

真美「じゃあ待っててね兄ちゃん」

ジョイ君「へい」




ーーーーーーーーーーーーーーーー




真美「これ兄ちゃんの事が書いてある……」


やよい「すっごく酷い事ばっかりですぅ!」

ジョイ君「予想通り、黒井の言うプレゼントはこの雑誌の事やったんやな。あぁ、そこに書いてある事は嘘っぱちやから信じたらアカンで」

真美「でもこれだけ見ると確かに変態みたい。兄ちゃん本当の所どうなの? 本物の変態さん?」

やよい「失礼だよ真美! プロデューサーさんは優しくていい人、変態さんじゃないよ!」

ジョイ君「ありがとうなやよい。真美、後で裏こいや。どついたるわ」

真美「裏でエッチな事するんでしょ! 兄ちゃんの変態!!」

ジョイ君「ほんま怒るぞ!」

真美「冗談だって!」

ジョイ君「まぁ、ええわ。ちゃんと話したる。その記事だけ見ると確かに変態や」

やよい「アイドルの衣装に白い液体をぶっかけて天井見上げて達成感に浸っている某アイドルのプロデューサー……これはどういう意味なんですか?」

真美「げげっ! やよいっち、これはねアイドルの所有物とかを物色して変な事してるって意味だよ。例えばやよいっちの歯ブラシを勝手に使って歯を磨くような感じ……」

やよい「えぇー!? プロデューサーさんそんな……歯ブラシないなら相談してください……。私、歯ブラシなら……」

ジョイ君「って何の話やねん!! 歯ブラシ全く関係ないやろ!!」

真美「んっふっふ~兄ちゃんも悪よのう!」
ジョイ君「真美、後でケツバットやな」

真美「冗談だってば!」

ジョイ君「簡単に言えば大きなライブの前に黒井連中が衣装汚しよったからキレイキレイでちょちょいのちょいやねんってしてたらこうなってもうた」

やよい「酷い話です……」

ジョイ君「ほんまあの時はもうプロデューサー続けられへん思ったわ」

真美「その後は?」

ジョイ君「引退や。耐えられんくなってな、ワイのせいで引退させてもうたんや」

やよい「大丈夫です、私はぜーったいやめませんから! 負けません!」

ジョイ君「やよい……」

真美「ごめんね兄ちゃん、真美は兄ちゃんの事全然知らないのに冷たい態度とって……。でもね、兄ちゃんの事分かったから真美も961プロなんかに負けないよ!」

ジョイ君「真美……」

やよい「だから私達を信じてください!」

真美「うむ、信じるがいいよ!」

ジョイ君「よーし、ワイも頑張って仕事探してくるわ! せやせや、今からメシでも行くで!!」

やよい「うっうー! 嬉しいですぅ!!」

真美「んっふふふ~! じゃあ回らない寿司屋かステーキだね!」

ジョイ君「真美、ケツバット」




ーーーーーーーーーーーーーーーー


ジョイ君「おい、集合やー」

やよい「はーい!」

ジョイ君「やよい、真美、今日は何の日か覚えてるやろな?」

真美「当たり前っしょ!」

ジョイ君「ほな、言うてみ」

真美「今日はジョイスターズ新曲披露のライブ。初めてライブした時思い出すね」

やよい「プロデューサーが一緒にレッスンしてくれて、私達よりも上手くて……」

ジョイ君「せやったな。でもあん時とはちゃうで。ワイよりも上手くなってる、もうとっくに越えてるんやで」

真美「あたり前田のクラッカーってね! やよいっち、いこっか!」

やよい「うっうー! 頑張りまーす!」

ジョイ君「よっしゃ、行ってこい!!」




やよい『みなさーん! 今日はありがとうございま~す!!』

真美『みんな大好き765ジョイスターズだよー!! ファンの兄ちゃん、姉ちゃん、今日はね、お知らせがあるんだ!』

やよい『実は……今日、この日の為に新曲を隠してました! 今日は新曲を発表するから応援してほしいかなーって!』

真美『でも、その前にいつもの曲いっちゃうよーん!』

やよい&真美『カビキラメキラリ!!』



ジョイ君「うーん、いつ聞いてもええな。最近安定感も出てきて進化していってる」


冬馬 「チッ、また765プロと一緒かよ」

ジョイ君「なんや、あまとう君やないか。何でここにおるんや? どついたろうか?」

冬馬「冬馬だ! 今日俺達もここでライブするんだよ。またズルい事ばっかりしてここに来たんだろ」

ジョイ君「あまとう君……真実を知らんでワイやアイドルを下に見て楽しいか? 汗水垂らしながらレッスンして仕事して小さい小さい一歩ずつやけど徐々に徐々にファンが増えて人気が出てきて、やっとライブが出来るようになる。君は底辺から上を掴む苦労が分かるか?」

冬馬「なんだよ、説教かよ。俺だってここまで来るのに相当な時間が掛かった。底辺から上を掴む苦労、そんなものずっと前から知っている。だから俺達の今がある」

ジョイ君「それが間違った前進だと知っていても嬉しいんか? ワイはそんなの嫌やで。確かに世間ではワイが変態変態言われとるけど間違った真実やからワイは負けずまたプロデューサーをやっとる。君はもっと知るべきやで自分の居場所ってやつ」

冬馬「……俺はまだ上を目指す。間違った前進なんかとも思わないし努力した結果だと思っている。だからこそ今日のライブも俺達の方が盛り上げられるという事を見せてやる」

ジョイ君「そうか、まぁワイにとってはどうでもええねん。自分のアイドル達がどれだけ成長してどれだけ足りない部分があるのか見れる事が出来たらそれでええねん。まぁ、あまとう君も頑張りや。どうせ追い付かれるから」

冬馬「ふん、言ってろよ。圧倒的な差を見せ付けてやるから」

ジョイ君「ほな」


やよい『お待たせしましたー!』

真美「次は待ちに待った新曲だよ~ん!」

やよい&真美『洗剤よ大志を抱け!!』


ジョイ君「やっと新曲やな。しかしなんやワイが発案して作った曲やけど悪くないやん、いけるやん! 黒井なんかには絶対負けへんからな」


洗剤よ大志を抱け~♪


ジョイ君「いやしかしほんまに完成度高いわ。仕事増えてあんまりレッスン見てやれへんかったけど心配いらんな……」

やよい「プロデューサー! どうでした?」

真美「最高だったしょ?」

ジョイ君「ほんま感動したわ。いつの間にあんなに上手くなったんや?」

真美「そりゃ~寝る間も惜しんで特訓特訓、仕事の合間も練習したよ」

やよい「すっごーく大変でしたけど特訓も楽しかったです!」

ジョイ君「成長したなぁ……感動したわ! あっ、忘れるとこやったわ。さっきあまとう君に会ったで」

やよい「えっ、ほんとですか!? 何もされてないですよね!?」

真美「兄ちゃん……いい奴だったよ……。兄ちゃんの仇はこの双美真美が必ずとる! ピヨピヨの名にかけて!!」

ジョイ君「死んどらんわ!! やよい、心配せんでも何もされてへんわ。次のステージ、ジュピターが出るみたいやで」

真美「やよいっち」

やよい「うん、真美」

真美「この目でしっかり見てやる!」




ーーーーーーーーーーーーーーーー




ジョイ君「ふぅ、疲れたわ」

小鳥「お疲れ様です」

ジョイ君「なんやまだ残っとったんか」

小鳥「あの子達のスケジュール、まとめてたんです。新曲ライブ以降また仕事が増えて知名度も上がりましたからね」

ジョイ君「でも同じくジュピターも張り合ってきよる。しかも元々人気があるせいであの時のライブも凄い盛り上がりやったわ」

小鳥「負けられないですね」

ジョイ君「負けるわけない二人なら絶対勝てる。あのライブも実際勝ってるも同じや」

小鳥「ふふっ、やっぱり二人が好きなんですね!」

ジョイ君「ほんま一言余計や。それよりまだ何も起きてへんのがワイは怖い。そろそろ……そろそろ仕掛けてくるんとちゃうか?」

小鳥「黒井社長ですか」

ジョイ君「せや。このままトップ行ければええんやけどな……」

小鳥「きっと大丈夫ですよ!」

ジョイ君「せやな! よし、二人にはワイが言っとくから心配せんでええ」

小鳥「あの子達も負けずに頑張ってほしいです」
ジョイ君「せやな。頑張ってくれ真美、やよい」



ーーーーーーーーーーーーーーーー



やよい「うわぁ! 綺麗です~!!」

真美「兄ちゃん、兄ちゃん」

ジョイ君「なんや」

真美「こーんな海で何の仕事?」

ジョイ君「今日は次の新曲PVの撮影と午後ここで海ライブやるんやで。って昨日説明したやろが」

真美「そうだっけ?」

やよい「ちょっと大変そう」

真美「でも今の私達なら全然余裕っしょ!」


ジョイ君「海ライブというか毎年やってる海フェスやで。新曲のPV撮った後にフェスで新曲披露。今日はハードな仕事やけど頑張れや」

真美「余裕だよね!」


やよい「うん!」

ジョイ君「よっしゃ、さっそくPV撮影するで」

やよい&真美「はい!」



ジョイ君「しっかしいい天気や。二人もえぇ笑顔してるやん。楽しそうやなぁ」


?「久し振りね」

ジョイ君「懐かしい声やな」

?「あれ以来かしら」

ジョイ君「せやな。あん時はすまへん」

?「今もプロデューサーやってるんだ」

ジョイ君「おかげさんでな。アンタも引退言うてもキレイママとかで未だ活躍してるやんけ」

?「儀礼条 真間(キレイジョウ ママ)……あの時の私は死んだ。でもあの時の白い液体のおかげでキレイママとして人気も出せたわ。白い液体を洗い流したキレイキレイとしてね」

ジョイ君「真間……ワイを恨んどるか?」

真間「ぜーんぜん。真相を知っているから全然恨んでなかんかいない。むしろ感謝してるわよ。あの子達もさ、しっかり育てなさい」

ジョイ君「せやな。あっ、午後の海フェスでワイのユニット出るんや。見らへんか?」

真間「気が向いたら行くわ」

ジョイ君「まぁ、気が向いたらでええわ」



ーーーーーーーーーーーーーーーー



ジョイ君「えぇPVになりそうやな」

やよい「楽しかったです!」

ジョイ君「次は待ちに待ったライブやで」

真美「あまとうは出るのかねー」

やよい「そういえばそうですね」

ジョイ君「出るやろな。せや黒井には気ぃつけや」

真美「あっ! もう始まってるよ!」



冬馬『みんな盛り上がっていこうぜ!』

北斗『ちゃお、エンジェルちゃん達! 俺の魅力で熱くしちゃうよ!』

翔太『楽しもうね~!』



ジョイ君「早速おるやんけ」

やよい「盛り上がってます……!」



翔太『今日は僕達の新曲発表するよ』

北斗『俺達の新曲……』

冬馬『Alice or Guilty……!!』



真美「うわ、会場が揺れてる!」

やよい「すごいです……」

ジョイ君「やっぱりジュピターは凄いわ……でも見ときや。今から二人が倒す相手なんやで」

真美「うん、前よりも進化してる」

やよい「でも私達も進化してるよ」

ジョイ君「せやで、頑張るんやで」

真美「やよいっち私達がどう勝つか……だよね」

やよい「うん、そうだね真美。今回こそ私達が勝つよ。そしてプロデューサーさんにごめんなさいって言わせる」

ジョイ君「……アホ。ワイの為やない、自分達の為にいってくるんや」

真美「ちぇっ」

ジョイ君「でもな、ありがとさん」

やよい「プロデューサー……」

ジョイ君「よーし、準備はできたか?」

やよい&真美「はい!」


スタッフ「すいません、765プロさん!」

ジョイ君「おっ、出番か」

スタッフ「機材に問題が発生して楽曲データが消えてしまいました……」

ジョイ君「なんやて!? ちょっ、ちょい待てや。リハの時は大丈夫やったやろが!!」

スタッフ「突然トラブルが発生しまして……」

真美「兄ちゃん、真美達歌えないの?」

やよい「大丈夫じゃないですよね……」

ジョイ君「でも大事なファンを待たせる訳にはいかへん。せや、音楽のデータはワイが持ってきてる。これでなんとかなるやろが」

スタッフ「データを取り入れるまでに時間が掛かるかもしれせん……」

ジョイ君「やってみん事には分からへんやろ!! やよい、真美……ファンを退屈させるのはアカン事や。少しでもパフォーマンスして場を繋がんといかんのや。できるか?」

やよい「プロデューサー、もう何をするかは決まってます」

真美「こんな事もあろうかと音楽が流れていない時でも歌えるようにしてたんだ!」

ジョイ君「アカペラ……でもそれは……」

やよい「大丈夫です! だって私達はプロデューサーに育ててもらったんですよ。少しでも早く私達の歌を贈りたいです!」

真美「それにさ、ファンを退屈させちゃダメっしょ?」

ジョイ君「よっぽど自信があるようやな。まったく……誰がこんな風にプロデュースしたんやろな……。よーし分かった! 行ってこい、やよい、真美、765ジョイスターズの音楽を届けてこい!! 音楽はワイがどうにかする!」

真美「ありがとう兄ちゃん!」

やよい「行ってきます、プロデューサー! ほら行くよ真美!」

真美「ラジャー!」



ーーーーーーーーーーーーーーーー

真美『ファンの兄ちゃん、姉ちゃん!』

やよい『今日は私達も歌います!』

真美『いつもの曲だけじゃなくて、今回は新曲もあるよん! でーもその前に』

やよい『最初はいつもと違うバージョンで歌います!』


やよい&真美『カビキラメキラリ!!』



「あれ、音楽流れてなくね?」

「アカペラじゃね」

「おっ二人共声綺麗だなー」



ジョイ君「おい、まだアカンか?」

スタッフ「やっぱり時間が……」

ジョイ君「ほんま頼むで……」

スタッフ「はい……」



翔太「あれ、音楽流さないんだ」

北斗「音楽流れてなくても元気で透き通る歌声、気持ちがワクワクする」

翔太「あははっ、何言ってるの」

冬馬「なんかおかしくないか」

北斗「おかしいって?」

冬馬「リハではちゃんと流れてた」

翔太「確かに……でも演出でそうしてるとかじゃないのかな?」

北斗「演出? いつもと違うせいか少し焦ってる様にも見える」

翔太「ほんとだ。あっ、思い出した。さっき黒ちゃんがヘッドホンしたスタッフと話してたよ」

冬馬「黒井のおっさんが……嘘だろ? なんでそんな小細工!! まさかあの765プロの洗剤野郎が言ってた……少し行ってくる」

北斗「おい、行くってどこに?」

冬馬「おっさんの所だよ!!」

北斗「待てって冬馬、少し落ち着いて」

翔太「そうだよ。今はライブ中だしまだ我慢しようよ。黒ちゃんの事、もっと早く言えば……」

冬馬「くそっ……! なんでだよ……!!」



真美『みんなどうかな? 真美達のいつもと違うバージョン! いつもより綺麗っしょ!』



「なんかおかしくね?」

「全然音楽流れてくる気配ないんだけど」

「大丈夫かよ」



やよい『次は洗剤よ大志を抱け!!』



ジョイ君「二曲目突入……どうにもならへんか?」

スタッフ「うーん……」

ジョイ君「二人共動きが悪い、いつもと慣れへん事してるからやろうけど。ファンも動揺しとるわ」

スタッフ「今やってるんですけどやっぱり難しそうです。多分次のも……」

ジョイ君「なんやて……!」



真美『洗剤よ大志を抱いて!』



「いつもの元気がないよね」

「さっきスタッフが言ってるの聞いたけどやっぱ音楽データ壊れたとかなんとか」

「うせやろ? そんなんないやろ」



ジョイ君「アカン!! 会場の空気とプレッシャーでやられよる……! 頑張ってくれ……!!」



やよい(真美、もう少しだけ頑張って……!)


真美(やよいっち……この歌で音楽なしはキツすぎるよ! どうしたらいいの……)

やよい(一曲目に比べるとやっぱりダメダメ……私がしっかりして真美をサポートしないと!)

真美(やよいっちの足を引っ張りたくない。もっと私が元気に動かないと!)



ジョイ君「お互い支えようと頑張ってるけど二人の気持ちが変な所で行き違いよる。ダンスはバラバラ、崩れかけてる……」



真美『レベルアーップ!』

やよい『レベルアップ!』


真美(やよいっちとズレた……。あれれん? 次ってなんだっけ……? あぅ……あっ……)

やよい(ここはズレないで二人で歌う所なのに……! はっ、早く次の動作を……あれ頭の中が混乱して……)



ジョイ君「アカン……完全に止まってもうた。真美、やよい、こんな中状況でようやったわ……」



?『洗剤よ大志を抱いて!!』



ジョイ君「待てや……この声」



?『さぁ、二人共スペシャルゲストの登場よ!』


真美(そっか……兄ちゃんの)

やよい(私達の前のアイドル)



ジョイ「なんでおんねんアイツ……ほんま良い所に来てくれたは真間……ちゃう、今はキレイママやな」

スタッフ「こんな事しても意味がない……。次から音楽流して、もうこんな事やめです!」

ジョイ君「なんでこんな事になったんかはこの際聞かへんわ。ありがとさん」



真美『ラストスパートいっちゃうよーん!』

やよい『いぇーい!!』


真間『ワン、ツー、スリー!!』


やよい&真美『洗剤よ大志を抱け!』

やよい『油汚れにジョーイ使っちゃえ!』

やよい&真美『洗剤よ大志を抱け!!』

真美『怒られカビキラそーだんかい!』

やよい&真美『洗剤よ大志を抱け!!』

真間『ジョイも洗剤なんだよ、たーちーあがれ洗剤諸君!!』

やよい&真美『いぇーい!!』



ジョイ君「えぇやん……。会場もアイツらも笑顔や。でも最後に新曲、頑張れ」


冬馬「おい!」

ジョイ君「……なんや」

冬馬「あのよ、その」

ジョイ君「何も言うなや。ワイには分かるで、まだまだ上を目指す言うててもな種類があるんや。その中でも、ジュピターは被害者やと思っとる」

冬馬「はっ、何言ってんだよ。被害者? 俺達が利用して踏み台にしたんだよ」

ジョイ君「そういう事にしといたるわ」

冬馬「あのよ」

北斗「悪かったってさ」

冬馬「おっ、おい!」

翔太「素直じゃないんだから」

ジョイ君「別に謝らへんでもええわ。これからどないするんやジュピターは。その様子やといく宛もなさそうやな」

冬馬「ジュピターは駒に過ぎない……ってさ。今度は俺達の事を分かってくれる事務所に行く」

ジョイ君「せやったらワイの所に来いや。これでもアイドルの事はよく理解してよく見とるつもりやで?」

北斗「確かに面白そう」

翔太「僕達が来たらもっと楽しくなるよ!」

ジョイ君「せやろせやろ?」

冬馬「まぁ、考えとく。じゃあ俺は行くぜ。負けられないからな」

北斗「やる気だね冬馬」

翔太「じゃあねー」

ジョイ君「ほな、また」


やよい&真美『自分REST@RT!!』


ーーーーーーーーーーーーーーーー


やよい「やりました!」

真美「うぅ、泣けちゃう……」

ジョイ君「ほんまようやってくれたわ……。すまんな、ワイの責任や。」

やよい「そんな事ないです!」

真美「兄ちゃんが最後まで真美達の事を信じてくれたから頑張れたんだよ」

ジョイ君「今までで一番最高のパフォーマンスやったで……。トップになれたんやなって、ほんまワイの誇りやで!!」

真間「あら、私はどうかしら?」

ジョイ君「ワイは二人を信じとった、でもあの時は本当に終わってまうと思った。真間、感謝しとるで。ありがとう」

やよい&真美「ありがとうございます!」

ジョイ君「せやかて歌もダンスも上手く合わせよったな。どういうカラクリや?」

真間「あら私にそんな事聞くんだ」

ジョイ君「あぁ、忘れとったわ。こういう時は照れ隠ししとる時やったな。それに加えて天才的なセンスの持ち主やったわ」

真間「ちょっと、照れ隠しなんて。全くアナタも変わってないわね」

ジョイ君「あの時と変わっとらんのはお互い様やで。まぁ、真間も頑張れや」

真間「ありがとう。アナタ達も頑張って」

やよい&真美「はい!」

真美「真美達、ジュピターより良かった?」

ジョイ君「良かったで。ジュピターもライバルとして負けられへん言っとったわ。でもワイの中では765ジョイスターズこそが一番、一番星やで」

やよい「じゃあもっと上に行って輝かないといけないかなーって!」

真美「うん、今日のあれは試練だったんだよ! それを乗り越えた真美達なら余裕でてっぺん取れるっしょ!」

ジョイ君「よう言うた! それでこそアイドルや!! これからまた忙しくなるやろうけど頑張っていこうな。よーし、今日はワイの奢りや美味いもんでも食い行くで!!」

やよい「嬉しいです!」

真美「じゃあ、じゃあ! 焼肉でも行こうよ!」

やよい「やっ、焼肉……!」

ジョイ君「せやな、せやな。焼肉でも行こか!」

真美「やったー!」

やよい「うっうー! 楽しみですー!!」


ーーーーーーーーーーーーーーーー


小鳥「あれから961プロから何もありませんね」

ジョイ君「実際ありがたいわ。あのライブ以降二人はまた大きくなれた。もう立派に輝いとるで」

小鳥「そうですね、来てすぐに比べると見違える程輝いています」

ジョイ君「せやな、二人は最高の原石やったで。磨きがいがあったわ」

社長「それで君はこれからどうするんだい?」

ジョイ君「なんの話か分からんわ」

社長「君は約束通り彼女達をトップアイドルにしてみせた。君の敵でもある961プロとも一段落ついた」

ジョイ君「せやな、確かに色々果たしてしもうたな。でもワイはこれからも二人を見ていくつもりやで? 輝いた言うてもワイはまだまだこれからやと思ってるし、ワイから見たら赤子同然や。ワイがこれからも面倒見る、見させてもらうで」

社長「うんうん、その言葉が聞きたかったよ! 使命を果たした君はまた他を行くものかと思っていたよ。でも安心したよ!」

ジョイ君「最初はそのつもりやったけどワイは二人の可能性をまだ見ていたい。そして最後までやり遂げたい。惹かれてるんや765ジョイスターズってアイドルに。だから最後までワイが面倒を見る」

社長「よろしく頼むよ!」

ジョイ君「もちろんや!」

真美「兄ちゃん、兄ちゃん!」

やよい「プロデューサー!」

ジョイ君「なんや騒々しいわ」

真美「今のぜーったいだよ?」

やよい「ずっと私達のプロデューサーでいて下さいね?」

ジョイ君「守れるかも分からん約束をワイはせーへん。でもこれだけは言える……去る時は一緒やで」

真美「それって」

やよい「やめる時までって事?」

ジョイ君「さぁ、どないやろうな。おっ、そろそろ仕事の時間やな。急ぐで」

真美「おうよ!」

やよい「でもその前にいつもの」

ジョイ君「今日も行くで!」

真美「せー」

やよい「の!!」

ジョイ君&やよい&真美「ちょちょいのちょいやで!!」


END