765アイドル出演ラジオ番組表:SS一覧




………このあとは秋月律子のゲームは1日24時間!です



ブーブーエスが23時をお知らせします。


ティッティッティッティーンと来た!





律子「はじめは不愉快だったこの時報も5回も聴けば慣れてくるものね。皆さんこんばんは、秋月律子のゲームは1日24時間!メインパーソナリティーの秋月律子です!」


響「不愉快ってww仮にも上司だろwwアシスタントの我那覇響です!この番組はゲーム好きの二人がゲストを招いてただダラダラゲームする番組です」


律子「にしてもそろそろこの時報みんなもうウケないわよ」


響「まぁな。初回は自分も面食らったけど正直もう慣れたw」


律子「でしょ?wだからそろそろ新しくできないかしらね」


響「うちもAN7みたいに春香にボイスレコーダー持たせるかw」


律子「あ~何個か録らせてローテで回すとか?」


響「それでもいいし何個か録ったやつラジオで流してリスナーに決めさせるとか」


律子「じゃあ追々決めとくとして。でね、話は変わるんだけど、他の子のラジオだと略称みたいのあるじゃない?」


響「あぁ、TMNとかAN7とかすぱがーまよららとかな」


律子「うちの番組もね、何かそういう略称作れないかなと思ったのよ」


響「短くすれば覚えてもらえやすいしいいんじゃないか?」


律子「それで結局思いついたのが秋月24時しか思いつかなかったのよね・・・」


響「アレだなwwよくテレビでやってる警察24時とかそういうアレみたいだなw」


律子「そうなのよね~wwやっぱりそれ思い浮かべるわよねw他に何か無いかしらね」


響「う~ん・・・無いなw」


律子「じゃあもう略称秋月24時でw」


響「激録!秋月密着24時!事務所で事務員が隠し持っていたものとは!?みたいなの作れるなw」


律子「音無さん何か隠してるの?w」


響「これ絶対自分と律子の2人だけの秘密だけど机の一番下に薄い本隠してるのとパソコンの隠しフォルダにPCゲーム入れてるの見えたからな。他の人には言っちゃダメだからな!w」


律子「あんた絶対わざとやってるでしょ!wとりあえず音無さん明日ガサ入れ入りますから覚悟しといてくださいね~」


響「ちなみにこの番組若干時空の歪みが生じてるから明日ピヨ子は抜き打ちで何もわからずガサ入れされるだろうなw。かわいそうにw」


律子「何がかわいそうによwそんな事思ってないでしょあんたw」


響「面白くなりそうだしいいかなってwそれじゃそろそろタイトルコール行くぞ!秋月律子のゲームは1日24時間!」


律子「ゲームスタート!」


(OP曲)


律子「改めまして秋月律子です!」


響「我那覇響です!そういやSCCで涼の事話してたけどさ、あれって何で女装アイドルなんてすることになったんだ?」


律子「涼がいきなりアイドルやりたいなんて言ってきてね。それでその時たまたま876の石川社長が候補生探してるって聞いたから今までに無い女装アイドルとして売ったら売れますよって売り込んだらドンピシャだったわけよ。でも涼のおかげで876から紹介料も貰ったしあの頃は事務所も火の車だったから助かったわ」


響「え?w金貰ったの?」


律子「そりゃそうよ。売れるってわかってる候補生ただで売り込むわけないじゃない」


響「鬼だなw」


律子「ビジネスよ。ビジネス。ところで響もよく涼が男って気付いたわね」


響「いやぁ・・・ライブの衣装って結構タイトじゃん?w」


律子「あ~・・・うんうん・・・w見えちゃった?」


響「見えてないけどさw涼の涼ちんの部分がさ、不自然に盛り上がってるのがわかるわけさw」


律子「涼の涼ちんってwwwちょっとww」


響「ちゃんとぼかしたろ!wあとたまにステージ袖の脇で密かにチンポジ直してるのも自分知ってるからなw」


律子「もうやめてwwwあの子の名誉のためにもうやめてあげてwww」


響「そうだな。もう男って公表したんだしもうステージ上で堂々とチンポジ直せばいいさ」


律子「あんたもなかなかの鬼だわw」


響「じゃあもうこんなこと言ったあとだけどやよいを呼ぼうwそれじゃその前に一曲聴いて貰うぞ!ときめきメモリアルから根性ばっかし言ってるあの人のテーマ」


https://www.youtube.com/watch?v=qpShpyr95Cw


律子「それじゃ登場してもらいましょう!ゲストの高槻やよいです!」


やよい「皆さんこんにちはー!高槻やよいですっ!今日はよろしくお願いしまーす!」ガルーン


響「相変わらずラジオでもガルウィングやってるんだなw」


律子「やよいとはおしゃべりアワーでいつも一緒だけどこうやって違うラジオで話すのも新鮮でいいわね」


やよい「今日は律子さんといつもよりもっとお話できるって聞いてと~っても楽しみだったんですよ!」


律子「ほんとやよいは天使ね。自分が何でOPトークであんなバカな話してたか謎だと思えるくらい心が浄化されそうだわ」


やよい「そうだ響さん」


響「ん?どうしたやよい」


やよい「チンポジって何ですか?」


響「は!?」


律子「wwwwww」


やよい「聞いた事ない言葉だったので何かな~って」


響「あ~チンポジ?つまりチンポジっていうのは・・・え?これ教えなきゃダメ?w」


律子「あんたが責任持ってどうにかしなさいよwwwもう知らないわwww」


響「まぁあるポジションを直すんだけどな、そこら辺うちの事務所だと真が多分よく知ってるだろうから真に聞いてみると良いぞ。多分あいつも付いてるだろw」


やよい「響さんもわからないんですか?」


響「うんw自分付いてないしw」


やよい「?」


律子「響あんた絶対真にはっ倒されるわよwそれじゃふつおた読んでいきましょうか。今回のテーマは『はじめて自分で買ったゲームは?』ってことだけどやよいは初めて買ったゲームって覚えてる?」


やよい「う~・・・うちゲームとかって買っちゃうと取り合いになるから買った事無いんですよ」


響「あ~兄弟多いとそうなるよな。そういえばSCCで貰った3DSとスパロボってどうしてるんだ?」


やよい「うち持って帰っちゃうと弟たちもやりたくなっちゃうから事務所に置かせてもらってるんです。それで事務所で空き時間のときにたまにやってるんですが難しくて・・」


律子「はじめてのゲームがスパロボもなかなかハードル高いわよね。じゃあ今度時間が空いたら手伝ってあげるから一緒にやりましょ」


やよい「うっうー!ありがとうございます!」


律子「じゃあまず1通目からラジオネーム『右にプーチン、左にオバマ」ああもういいわ。とりあえず伊織から」


響「あいつ何だかんだ言ってプーチンネタ美味しいと思ってんだろw」


律子「『やよい、しゅわしゅわ~。ちゃんと生きてる? メガネと沖縄に泣かされてない?
メガネは保護者なんだから、ちゃんとやよいの面倒見なさいよね? あんたのプライベートのネット回線、切断するわよ?
それと、沖縄! やよいに変な事吹き込んだら、スパガーでおにぎり食べさせるから。

ちなみに、お兄様はシムシティとA列車でいこうを買ってたわね。 』いや~ひっどいわw」


響「もうさ、雪歩も伊織も隠す気無いなら名前で送って来いよw」


やよい「ダメだよ伊織ちゃん!律子さんと響さんのこと変な風に呼んじゃ!」


響「そうだそうだ!いいぞやよい!もっと言ってやれ!」


やよい「響さんも律子さんもあんまりラジオでひどい事言ってたらダメですよ!」


律子、響「す、すいませんでしたぁ!」


響「しかしはじめて買ったゲームがA列車とシムシティってすごいな。ちなみにざっと説明するとこの二つはしょぼくれた町を株式投資とか何か色々やって町を開発させていって都市にしていくってゲームな」


やよい「う~ん・・・何か難しそうですね」


律子「そうね。私もこの手のゲームやるけど初めてのゲームがこの二つってのはなかなかハードル高いわね」


響「じゃあ次にメール行くぞ。ラジオネーム【KSK】さんから。『やよいちゃん、律子さん、しゅわしゅわ~&ひびきん、はいさ~い。』はいさーい!」


律子・やよい「しゅわしゅわ~」


響「『自分のお金で買ったのであれば、スーパーファミコンのキャブテン翼4です。ミランがクソ強かった。
買ってもらったのであれば、■ボタンのファミコンとソフトはポパイ、ドンキーコング、ベースボールです。 』キャプ翼かぁ。ネットでボールにセグウェイみたいに乗ってるシーン見て相変わらず地球の力みたいの無視してるなぁって思ったくらいであまり知らないんだよな。やよい知ってる?」


やよい「名前くらいなら。ボールは友達!って台詞ありますよね」



律子「その友達を蹴るのは~なんてお決まりは置いておいて発想がすごいわよね。日向君がタイガーショット打って森崎君が止めたと思ったら森崎君ごとふき飛ばして翼君がすぐに森崎君の足掴んで阻止しようとしたらそのままひきずられてゴールするとか普通の発想力じゃ絶対に思いつかないわよね」


響「だからあの発想力も才能なんだろうな。はい、じゃあやよい次のメール」


やよい「はい!ラジオネーム【デリヘルの正式名称はデリシャスヘルス】さんから頂きました!『秋月りすさん、我那ハマーンさん、TAKATSUKINGやよいさんしゅわしゅわ~。』しゅわしゅわ~!」


響「誰がハマーンだコラw」


律子「私に至っては秋月は秋月でもこれ漫画家の方だからねw私がいつOL進化論書いたのよw」



やよい「『やよいちゃんはオセロが得意とのことですが、オセロの他にボードゲームは何かやりますか?僕は弱いですが将棋を打つのが好きでよくおじいちゃんと将棋をしています。
テーマのはじめて買ったゲームはドラクエⅤです。三人はビアンカとフローラどっち派ですか?
それでは~ 』うちにあるのはオセロだけで将棋とかは駒がどこに進むかぐらいかは知ってるぐらいです~」


響「自分もそれくらいだな。あれどこから動かしたらいいのかイマイチわからないよな」


律子「角が動けるように角の右上の歩から動かすのがセオリーらしいわね。あとは飛車の前にある歩を動かしたり」


やよい「そうなんですねー!さすが律子さんです!」


響「自分もはじめて知ったぞ」


律子「私も知ってるのそれくらいよ。で、ついにこのラジオでもこの話題が来たわね。ビアンカとフローラどっちかってことだけど。とりあえずまずはやよいはドラクエ知ってるかしら?」


やよい「名前は知ってますよ。色々出てますよね!」


響「たくさん出てるぞ。自分たちも把握し切れてないくらいwそれで簡単に説明しちゃうとドラクエⅤってゲームの中で主人公が2人の女の子から1人結婚相手を選ばなくちゃいけないんだ。それで20年以上ずっと決着が付かずに未だに揉めてる事があるんだけどなw」


やよい「そ、そんなに長く決まってないんですか!?」


律子「きのこ、たけのこ論争みたいなものよwあと100年経っても決まらないと思うわよ。私もゲームの進行だけ考えれば水の羽衣とかイオナズンとか持ってるフローラの方が得だけど心情的にはやっぱりビアンカよね」


響「これはここだけで話するよりビアンカフローラ論争だけで枠作ってやったほうが絶対にいいぞ」


律子「765プロ討論大会みたいな?w」


響「そんな感じでwやよいには自分がPS2本体とソフト貸してあげるから」


やよい「そんな悪いですよ!」


響「じゃあ事務所に持ってくるから今度自分とやろう。そうすれば他のみんなともやれるしいいだろ。多分貴音もやってないだろうしその方が丁度いいよ」


やよい「それならいいですよ!楽しみにしてますね!」


律子「みなさんふつおたありがとうございました!それじゃそろそろ曲に行きましょう。ゼルダの伝説時のオカリナのダークリンク戦とかの曲」

(BGM)
  
https://www.youtube.com/watch?v=6PYD19vcMKw





律子「はい、じゃあ今回は1999年にプレイステーションで発売された俺の料理をプレイしていくわよ。このゲームはデュアルショックのアナログスティックを使用して料理を作っていくゲームね。左右のアナログスティックの両方を活用する専用のゲームとしては初のタイトルとのことらしいわ」


響「一応話もあって、カエルのコックが3回出た料理大会で2位と準優勝と銀メダルだったと。今までは自分が一位だったのにこの主人公が現れてから勝てなくなったから偽の料理大会を開いておびき寄せて、二度と料理できないようにしてやろうと。それで主人公は暇だからとりあえず参加してみるって話らしい」


やよい「暇だからw」


律子「暇だからってのも適当すぎよねwじゃあ始めていくわよ」
 
https://www.youtube.com/watch?v=Snl1AzKp2Xo


響「絵も適当だなw底料理大会で優勝どころか料理出来るかすら怪しいぞこれw」


やよい「定食屋さんで料理大会やるんですか?」


響「なのかな。それでまさおは料理大会ほっぽり出して店の手伝いするみたいだぞ。結局ここじゃないみたいだな」


律子「じゃあここからはやよいが操作に自信が無いってことだから私と響でやっていくわよ」


やよい「律子さん響さんよろしくお願いします!」


響「任せとけやよい!どっちからやる?」


律子「響からでいいわよ」


響「じゃあやっていくぞ」

\ビールハイッタヨ/
\イラッシャイマセ/
\ラーメンツクッテ/


響「このおばちゃん命令ばっかししてきてるけど自分は何の仕事してるんだよw」


やよい「レジをやってるんじゃないですか?」


響「にしてもビールとか飲み物って厨房じゃない人が持ってきてくれるイメージあるんだけど違うのかな?」


律子「そういえばプロデューサーとか小鳥さんと食事に行った時は飲み物はホールの人が作ってたわね」


やよい「あ、ラーメンにたまねぎ入れるんですね!」


響「八王子ラーメンがそうみたいだぞ」


やよい「そうなんですね!はじめて知りました!」


響「貴音にたまに付き合わされるからな。というか八王子ラーメンは連れて行かれた」


律子「あぁなるほどねwそれで味はどうだったの?」


響「美味しかったぞ。ただな、朝の5時にいきなり家来て八王子までラーメン食べに行こうって言われて快諾できると思うか?w」



律子「wwwブレないわねぇ貴音もww」


\リョウガエリョウガエ/


響「両替こそレジの仕事だろ!wこのおばちゃんの仕事って何なんだよ!w」


やよい「会計とかお皿下げたりとかでしょうか?」


響「それなら両替ぐらいこのおばちゃんやってくれたらいいのになw」


\テレビニデテタエライヒトガキタワヨ!/


律子「お店入った瞬間にこんなこと言われたら回れ右してお店出るわねw二人はお店でこういう経験ある?」


響「仕事増えてきてからたまに店員さんに声かけられるようにはなったな。なんくるないさーの人ですよねとかwあとマングースさんですよねとかなw」


律子「意外とそれ浸透してるのねw」


やよい「私も最近はお仕事が増えてよく声かけられるようになってきました!この間もプロデューサーぐらいの年の男の人に一緒にお茶行きませんかー?って言われたり」


律子「ちょ!ちょちょちょっと待ってやよい!?」


響「やよい、それアカンやつや」


律子「付いて行ったりとかしてないわよね?」


やよい「いきなりご馳走してもらうのは悪いかなーって思ってお断りしちゃったんですけどやっぱりダメでしたか?」


律子「OK。やよいそれでいいのよ。いい?知らない人がご馳走してくれるって言っても付いて行ったらダメよ。わかった?」


やよい「??わかりました!」


\ヨシ!マサオ!!コレデステージクリアダゾイ!!/


響「お、クリアできたみたいだぞ」


\コレカラワシトオヌシガショウブシテワシニカッタラステージクリアダッタワイ/


律子「結局料理対決するみたいね?」


やよい「このおじいさんがカエルのコックさんだったんですか?」


響「さすがにそれはないんじゃないか?部下・・・とか?とりあえず律子パス」


律子「はいはい。これ矢印の方向にスティック動かせばいいのよね?」


響「そうそう」


\ラーメンツクッテ/
\イラッシャイマセ/


律子「今なると見て思い出したけど、最近なるとが入ったラーメンって見ないわね」


響「そういえばそうだな。最近は煮卵とか大きいチャーシューとか山盛りの野菜とかそんなんばっかな気がするぞ。やよいはラーメンの具で好きなのあるか?」


やよい「もy


響「もやし以外で」


やよい「え~っと・・・やっぱりもやしです!」


律子「目から汗が出てきてモニターがよく見えないわ」


響「今度自分がラーメンご馳走してやるからな。一緒に行こうな。一蘭」


やよい「響さんありがとうございます!」ガルーン


律子「あんた今日所々発言が鬼よねwどうしたの?w」



響「いやまた貴音とラーメン食べに行った話なんだけどさ、初めて一蘭連れて行ってもらって席に仕切りがしてあったから貴音に『これじゃ一緒に食べられないじゃないか!』って言ったら貴音が『この仕切りは、外せるのです」ってドヤ顔で仕切り外してさwおぉ!って確かに感動はしたんだけど、それと同時にこいつわかっててここ連れてきたなと思ったらちょっとムカついてなw自分も誰かにしたくなったw」


律子「なるほどねぇ。でもそれ言っちゃっていいの?wやよいいるのにw」


響「あー!しまった!やよい聞いてた!?聞いてたよね!?」



やよい「??」


響「よかったw大丈夫みたいだぞ。ゲームの方は結構順調みたいだな」


律子「そうねぇ。節々でまさおが攻撃だって言いながらおじいさんに突撃するのがちょっと気になるけどw」


やよい「お料理中に邪魔したら危ないですよ!」


響「これで今まで勝ってたならそりゃカエルもブチギレるよなw」


律子「そうねwお前それで何が一位だってなるわよねw」


\アンタハツヨイノォ/


響「お、ステージクリアみたいだぞ」


やよい「やりました~!これやりましょう!はいた~っち!」


律子、響、やよい「いぇい!」


律子「さて、話の続きを見ましょ」


\ヨクゾ・・・ヨクゾココマデウデヲアゲタナ・・・ワシャウレシクテタマランゾイ/
\マサオヨ、コレカラフタリデコノミセヲモリアゲテイクゾイ!!/


やよい「いい話になってきました!」


響「この二人だけいいと思うぞ。レジのおばちゃん全然働いてないし」


律子「あんたよっぽど嫌いなのねw」


\アー、オモシロカッタ・・・/
\ジャーネ、オジイサン/


やよい「え?」


響「は?w」


律子「えぇ・・・w」


\ツイデニイッテオクケド・・・/
\ボクマサオジャナイヨ~~~/


響「お前まさおじゃないのかよ!!!www」


やよい「びっくりです。この人はまさおさんじゃなかったんですね。一体誰なんですか?」


律子「それが気になる人はプレイステーションアーカイブスにて俺の料理617円で好評販売中だから買ってみるといいわねw」


響「何だよその宣伝みたいのw自分も続きは気になるけど意地でも買いませんwそれじゃ一曲聴いてもらうぞ。聖剣伝説 LEGEND OF MANA から港町ポルポタのBGM」


(BGM)
 
https://www.youtube.com/watch?v=oh_a9avDVLM




律子「秋月律子のゲームは1日24時間!今回もエンディングの時間となりました」


響「やよい今回どうだった?見てるだけでちょっと退屈だったかもしれないけど」


やよい「そんなことないですよ!人がゲームやってるとこってあまり見れないし見てるだけでもと~っても楽しかったですよ!」


律子「やよいはほんといい子ね。ほら、ここにあるお菓子全部持って帰りなさい。何も気にしなくていいのよ。全部ブーブーエスのだから」


響「いやいやwそんなこと言われたらもっと気にするだろwそれじゃ次回は秋月律子誕生日回ということでスペシャルゲストに来てもらうぞ!」


律子「876プロから私の従兄弟の秋月涼が来てくれるらしいわよ?」


響「なぜ疑問系w」


律子「涼がこのラジオ出るの嫌がってるのよwそれでOPトークであんたがあんな事言っちゃったでしょ?wもうほぼ来るわけないじゃないw」


やよい「チンポジですか?」


響「やよい!ダメダメダメ!wわかった!自分が悪かった!w詳しく知りたかったら真か涼に聞いてみるんだw」


やよい「?わかりました。明日誠さんに聞いてみます」


律子「あんたもほんっと懲りないわねw」


響「それじゃ次回のふつおたのテーマは冒頭で話した新しい時報何がいいかにしようか』


律子「そうね。やよいは何か良いの思いつく?」


やよい「ハム蔵にやらせてみたら面白いんじゃないかな~って思いますよ!」


響「それもわりと有りだな。それじゃ律子へのバースデーメッセージ、来るかもしれない涼への質問、今回のテーマの『新しい時報』に私はビアンカ派だ!いやフローラ派だ!とかどしどしメール待ってるぞ!採用された人には番組特製ステッカーを送るからな!ブーブーエスラジオ『秋月律子のゲームは1日24時間!』宛までに郵便番号、住所、名前を添えて送ってくるんだぞ!」


律子「次やよいが来たときはやよいが好きな野球の話をパワプロとかファミスタとかやりながらしたいわね」


やよい「わ~!楽しみです~!」


響「野球といえば最近美希の目が日に日に死んで行ってるんだけどさw」


律子「あの子ベイスターズファンだからまぁねぇ・・・w」


響「面白いくらい落ちていったもんな」


やよい「美希さん5月までは元気だったのに可愛そうです・・・」


律子「このままだと仕事にも支障出そうだしベイスターズには頑張って欲しいわね。というわけで次回もお楽しみに!この時間は好きな外国人助っ人はアンディ・シーツの秋月律子と」


響「好きな外国人助っ人はドミンゴ・グスマンの我那覇響と」


やよい「え、え~っと好きな外国人助っ人はボーリック選手の高槻やよいがお送りしました!」


律子、響、やよい「ばいばーい」







響「やよいよくボーリックって知ってるな」


やよい「左右どっちからでもホームラン打てるすごいバッターなんですよ!」


律子「パワプロで強かったわね」