このあとは、「ミッドナイトBOX」、「双海亜美の"深夜にMY進"!!」をお送りいたします。
ブーブーエスラジオが、2時をお知らせします。



ピッピッピッポーン



亜美「うあうあー。もーどーでもいーよー」

亜美「始まってるの? 亜美だよ。そんなことよりみんな聞いてよー」

亜美「前回のコーナーの最後に、下ネタの方がマシみたいなことを言ったらさ、スタッフの兄ちゃんが満面の笑みでさ」


スタッフ(亜美)「『ピー音以外にもいろいろ取り揃えておきました、これで何でも言えますね』…じゃねえよっ」ハハハ


亜美「今のモノマネが似てないことは認めるよ、でもね、問題はそこじゃない」

亜美「それで、さっきまでいろいろ聞かされてたんだけどね、ホラ貝とか馬とか象とか」

亜美「もう、ね。亜美はカクゴを決めたわけよ、腹くくってきたわけよ、何でも来いと」

亜美「前回みたいに亜美が直接ダメージを受けなければもうそれだけでいい、ということでタイトル行くよー」

亜美「双海亜美の"深夜にMY進"!! ツー!!」



OP曲『YOU往MY進!』



亜美「改めましてこんばんは。ここから先、何があってもキレイなアイドル、双海亜美です」ハハハ

亜美「まずは前回の放送についてのお便りをたっくさん紹介したいと思います」

亜美「ラジオネームアミーゴガンバレの兄ちゃん『ドンマイ』」

亜美「他いろいろありが…え、読むのこれだけ?」

亜美「こめじるし。亜美さんがお便りを読んでコーナーの時間を潰そうとすると思ったので少なめにしました。スタッフより」

亜美「……ばれてたか」ハハハ

亜美「あわよくばランキング一個減らそうと思ったのにー、もー」




亜美「んじゃ、もう行くよ、はいさい、行けばいいんでしょ」

亜美「『765アイドルラジオのめ→げん』のコーナー!! はくしゅー」パチパチ

亜美「このコーナーはこれまでやってきたラジオの名言や迷言をスタッフが作ったランキングで振り返っちゃうコーナーだよ」

亜美「毎回765プロから1人のアイドルにスポットをあてて、実際にラジオで言った一言を亜美がモノマネするよ」

亜美「番宣もしながら、ラジオでのキャラもわかって、イッセキニチョー」

亜美「リスナーの兄ちゃん姉ちゃんはその一言を予想してもらって、正解者の中から抽選で1名様に番組特製グッズをプレゼントしちゃうよん」



亜美「もうこうなったらヤケだ、最後まで一気に突っ走る!!こいつだー」ババン

亜美「今日は亜美が苦労するぜ、ババン、我那覇響ー!!」

亜美「普段はいろんな意味でカンペキな、褐色系うみんちゅ、ひびきん」

亜美「響チャレンジでのいっしょけんめーな姿はファンに感動と笑いを与え、動物番組ではいやしを与えるなど、マルチな才能を発揮」

亜美「この度、やよいっちと真美との新ユニットのメンバーに選出、765プロ一押しの1人」

亜美「とあるゲームでは多くのプレーヤーに支持され、採用率ナンバーワンとのウワサも」

亜美「おまけにダンスは765プロでまこちんとツートップ…おお、改めて並べるとすごいよー、ひびきん」

亜美「一方」

亜美「ちょっと前にもう終了してしまった『TOKYO MIDNIGHT!』っていう番組でのパーソナリティー」

亜美「そこでいろいろやってたせいで、ラジオ業界やディズニー関連から苦笑いで敬遠されるシマツ」

亜美「しかし、『秋月律子のゲームは1日24時間』のアシスタントでついにラジオ復帰」

亜美「りっちゃんと一緒なら大丈夫とタカをくくってた制作者サイドも、今は苦笑いをすることになってるのでした」



亜美「……ひびきんはラジオも普段のままのキャラで良かったんじゃないかな」

亜美「どうしてあんな感じになっちゃったんだろーね、ふちぎ」

亜美「なんだろう、ラジオアレルギーでおかしくなっちゃう、みたいな」ハハハ

亜美「あ、でもそれなら納得じゃない? SCCの反省コメントも録音だったじゃん」

亜美「そーか、じゃあここのゲストにはもー呼ばない」

亜美「もし来ることになっても、ひびきんには収録日をウソついて、亜美のモノマネで最後まで乗り切るから」ハハハ

亜美「あるいは、真美を呼んでモノマネさせるか…今の、SCCの真美なら大丈夫なはずだ」

亜美「……AMラジオアレルギーだったらどーしよー」ハハハ



亜美「今日は亜美がひびきんのモノマネで過去の一言を振り返ります」

亜美「大事なコトだしもっかい言うよ。あくまで、モ ノ マ ネ だかんね」

亜美「亜美は仕方なく言わされてるだけだから、お仕事だから仕方ないの、わかってね」

亜美「よし、じゃあいくよ。TMN、2014年4月10日放送から、第三位!!」ババン



響(亜美)『やよいありがとう、目からうん《ボエ》w』



亜美「うあうあー、目からうろこ、だよー。これが三位? ショッパナからキツイなー」

亜美「何? ホラ貝にしときます? いや、そこはどれでもいーからちゃんと消しといてよ」

亜美「もうね、やよいっちが来てるのにこれってね、だから嫌なんだよ」

亜美「説明。この回では伝説の、おしゃぶり泡姫が誕生しました」

亜美「…これ以上はシマイカンケーが危うくなりそうなので曲行きます」ハハハ

亜美「我那覇響と双海真美で『I'm Your Sunshine』」

亜美「ああ、TMNの」プツッ



♪~



ーーーーーCMーーーーー

北斗「チャオ☆ エンジェルちゃんたち。ラジオSSの良心、伊集院北斗だよ」

北斗「おっとメタ発言はNGだったかな」

北斗「『伊集院北斗の今夜もZUKKON!』 毎週×曜日○時オンエア」

北斗「7月最初のゲストはジュピターメンバーの御手洗翔太が来てくれるよ」

北斗「その翔太から皆さんにご挨拶。どうぞ」

翔太「ラジオSS初セリフがこれって…」

北斗「メタはダメ」

ーーーーーーーーーーー



亜美「双海亜美がひびきんのモノマネをお送りしています」

亜美「良い曲なんだけどなー。なぜか素直に認められないよ」

亜美「ランキングに戻るよ。続いては新番組。『秋月律子のゲームは1日24時間』略して秋月24時からだね」

亜美「うちのDはゲームの話題は不得意だけど、毎回楽しんで聴いてるってさ」

亜美「亜美はゲームは得意だけど、ね。うん、あとはサッシてちょーだい」ハハハ

亜美「秋月24時、2015年3月22日放送から、第二位!」ババン



響(亜美)『オ《ヒヒーン》ニーって連発しててさすがの自分でもドン引きした』



亜美「うわぁ……」

亜美「ひびきん、ドン引きなのはこっちですよー」ハハハ

亜美「わざわざ触れなくても良いのにね、だから苦笑いとかされるの、わかろうね」

亜美「ちなみに、リスナーの兄ちゃん姉ちゃんはわかってると思うけど、おハニーです。はるるんのカツゼツがどうであれ、おハニーです」

亜美「ラジオひびきんの頭が下ネタに汚染されてるから、こーいう発想になるってこと、わかってちょーだい」




亜美「……さて、第一位はスタッフも自信ありだそうです」

亜美「亜美もね、見当はついてんの。アレだよね。だからどーにか一個減らそうとしたんだけどなぁ」

亜美「わざわざムシをカエさなくてもいーのに、ひびきんかわいそー」

亜美「……いや、ひびきんはジゴージトクだった。かわいそーなのはどー考えても亜美だよ」ハハハ

亜美「はいさい、もうやるよ。TMN、2014年3月9日放送から、第一位」ババン



響(亜美)「セ《パオォ》は外でしろ、そして凍《ォン》ね!」



亜美「………」

亜美「スタッフより、象を前後にわけて挟みます、とのことです」

亜美「…そだね、よろしくたのむよ」

亜美「最後だし、締まらないので説明を読みます」

亜美「これは新橋オールスタンディング処刑--クリスマスイブ絶滅市民集会--での発言です」

亜美「本来なら幻の音源になるところを、一周年記念の温泉回でオヒロメになりました」

亜美「その後、はるるんと真美にたしなめられ、ヤケ酒をしそうになるひびきんでした」

亜美「ちなみに、数ある下ネタ発言から、スタッフ満場一致の一位選出だったそうです」

亜美「……こういう時は棒読みに限るね」

亜美「ラジオアレルギーでおかしくなってる、ひびきんでした」

亜美「SCCの誕生日記念があれば、再び録音にすることをこの双海亜美が自信を持っておススメします」ハハハ

亜美「キレイなひびきんを求めてる人は、CDを買うなりTVを見るなりしてね」

亜美「以上『765アイドルラジオのめ→げん』第四回は我那覇響でした」



ED曲『トリプルAngel』



亜美「全国14局に亜美のせくちーボイスをお届けしました」

亜美「コーナーの予想的中者、今回はけっこういるみたいですね、そうですか」

亜美「では、ひきますね、はいコレで」

亜美「ラジオネーム中国ち…何とかさん、おめでとう」

亜美「第一位的中、ということであずさおねーちゃんの威圧笑顔マグネットをプレゼントします」



亜美「……終わりかな? よし今日のことは忘れるっ」ハハハ

亜美「次回の放送はなんとゲストを呼んじゃって懐かしのコーナーをやってくよん」

亜美「ゲストはこれまでに紹介したアイドルのうちの誰かだよ~期待しといてね!!」

亜美「…え、これってひびきんのかのーせーあるの?」

亜美「やめて、さすがに一人二役で素とモノマネを交互にするのは厳しいよ」ハハハ

亜美「まるでピヨ…うっ頭が…」



亜美「おちまいだよ、ばいば~い」




関連SS次作:春香「天海春香のSweet Chiffon Cake♪」真美「濡れ衣だ!!」