このあとは、「ミッドナイトBOX」、「双海亜美の"深夜にMY進"!!」をお送りいたします。
ブーブーエスラジオが、2時をお知らせします。



ピッピッピッポーン



亜美「おはおは~。亜美だよ~」

亜美「先週の放送はキレイさっぱり忘れて、新たな気持ちでやるぜぃ」

亜美「今日はトクベツに懐かしのコーナーをやっちゃうかんね、よろよろ~」

亜美「このラジオ番組が新体制になって初めてのゲストが来てくれてるよん、自己紹介をどうぞ!!」



雪歩「レイディオ」

亜美「え?」

雪歩「レイディオ」

亜美「いや、いいじゃん。亜美の番組だし」

雪歩「………」

亜美「……今回のレイディオのゲストです、自己紹介を」

雪歩「皆さん、こんばんは。萩原雪歩です。今日はよろしくお願いします」



亜美「さ、ということでゆきぴょんが「亜美ちゃん」」

雪歩「レイディオ復活おめでとう」

亜美「あ、ども」

雪歩「ちょっと前の放送で、私を紹介してくれてたんだよね」

亜美「そーそー、おもしろかったよー。ゆきぴょんも色々言ってきたんだね」

雪歩「それはもういいんだけどね、あずといって何?」

亜美「……いや、亜美も知りたいよ」

雪歩「この前、ミニライブやらしてもらった時のトークパートでね、ファンの人が言ってたのが聞こえてきたの」

亜美「うん」

雪歩「『かわいー』でも、百歩譲って『あざとーい』でもなくて、『あずとーい』って」

亜美「うん」

雪歩「レイディオの中だけならいいの、でも普段の仕事に影響が出たら困るわけ」

亜美「はい」

雪歩「で、この前勝手にゲストに来た春香ちゃんに聞いたら、『亜美が最初に言ってたよ』だって」

亜美「ちょいちょいちょい! 亜美は原稿読んだだけだかんね!」

雪歩「多分、春香ちゃんがいろんな所で広めてるんだけどね。私にその枠を押しつけようとして」

亜美「あー、はるるんはあざといからなー」

雪歩「まあでもね、発端は亜美ちゃんだから、正式な謝罪を要求します」

亜美「ごみんごみん」

雪歩「許す」

亜美「かるっ!! いや、亜美でもショージキこれはないかなーって思っ「亜美ちゃん」」

雪歩「さっきからカンペ出てるよ」

亜美「長い…って亜美のせいじゃ「亜美ちゃん」」

亜美「……双海亜美の"深夜にMY進"!!」



OP曲『YOU往MY進!』



亜美「改めましてこんばんは~。竜宮小町の切り込み隊長、双海姉妹のマトモな方、双海亜美だよー」

雪歩「こんばんは。ゲストの萩原雪歩ですぅ」

亜美「リスナーの兄ちゃん姉ちゃん、今日も楽しんでいってね~、早速懐かしのコーナーいっちゃうよ」

亜美「『ふぁぼれ!やよいっちbot』ー!!はくしゅー!!」パチパチ

亜美「このコーナーでは、やよいっちが絶対言わなそうなことを亜美がモノマネしていっちゃうコーナーだよ」

亜美「ゲストの『ふぁぼ』掛け声の数で、最優秀つぶやきが決まるからねん」

亜美「ゆきぴょん、たくさん『ふぁぼ』って言ってね。よろよろ~」



雪歩「ふーん」

亜美「いやいや、もうちょっとノッてよーゆきぴょん」

雪歩「今日の仕事は頭で終わったから」

亜美「やりきった感出すなー!! 亜美の番組を潰す気かー!!」

雪歩「ごめんごめん」

亜美「許す」

雪歩「じゃ、早くコーナーやろ」

亜美「おいwww せっかくかぶせたのにwww ちくしょーwww」ハハハ

雪歩「ごめんwww」



亜美「んじゃ気を取り直して一つ目いくよー。ラジオネームホーリーの姉ちゃん」



ζ*'ヮ')ζ『世の中は、金さえあれば、何だってできれぅー』



雪歩「へぇへぇへぇ」

亜美「3へぇですね、ってちっがーう!! 別番組だし古いわっ!!」ハハハ

雪歩「古いかな?」

亜美「亜美はトリビアの泉好きだったよ、ってそっちの話題を広げるんじゃなーいっ!!」

雪歩「www」




雪歩「まあ、やよいちゃんはそんなこと言わないよね」

亜美「うん、だからさ、言って欲しいかなーって」

雪歩「何を?」

亜美「ちょーい! ゆきぴょん説明聞いてたよね、わざとっしょー!」

雪歩「?」

亜美「うあうあー、ホントに聞いてなかったの? 亜美の時間を返せー!!」

雪歩「亜美ちゃんドンマイ、ふぁぼ」

亜美「……ということで1ふぁぼです。残念でした」

雪歩「残念でした、また送ってください」

亜美「いやいや、そこはへぇの分と合わせて4ふぁ「亜美ちゃん」」

雪歩「曲とCMだって」

亜美「うあうあーーもーー!! 萩原雪歩で『ねがいひとつ』」キセツカーン!!

雪歩「ひぅっ」

亜美「お、ゆきぴょんかわ」プツッ


♪~


ーーーーーCMーーーーー

みきいお「『星井美希と水瀬伊織のWe're Super Girl!』」

美希「VIPデコちゃんのVIP伝説」

伊織「おにぎり大好き美希のおにぎりBAR」

美希「スーパープロデューサーミキではデコ☆ひかりちゃんが大活躍」

伊織「サイコロジストDr.伊織では美希とゲストの本性が明らかに」

美希「毎週×曜21時から放送なの」

ひかり「よろしくおねがいします"ぴゅん"」

ーーーーーーーーーーー



亜美「亜美とゆきぴょんがシンマイをお送りしています。ゆきぴょん、さっきはかわいかったね」

雪歩「びっくりして素が出ちゃいました」

亜美「そーいうことにしとくよー」



亜美「ふぁぼれ!やよいっち、二つ目いくよー。ラジオネーム徹夜はいわねーよの兄ちゃん」



ζ*'ヮ')ζ『うっうー。下ネタしか思いつかないかなーって』



雪歩「あげぇあげぇあげぇ」

亜美「何だよそれ!! シュリビアじゃねぇよ!! ゆきぴょんいくつだよ!!」

雪歩「よかった。拾ってくれなかったらどうしようと思った」

亜美「あーそっか、そっちが正解だったか、じゃなーい!!」ハハハ

雪歩「www」

亜美「まあ、亜美もゆきぴょんもこの前事務所の空き時間で、同じ動画を見たからね」

亜美「リスナーの兄ちゃん姉ちゃん、このネタわかんなかったら某動画サイトで検索してみてね~」



雪歩「ところで、下ネタって《ボエー》とか、《ヒヒン》とか、《パオン》とか?」

亜美「ゆきぴょん、急に何言ってんの?」

雪歩「今の全部ピー音入れてくれるって、亜美ちゃんのいない時にした打ち合わせでやったから」

亜美「え、今の下ネタでも何でもないじゃん?」

雪歩「そっか亜美ちゃんにはそう聞こえるんだ、まだまだ子どもだね」

亜美「いやいや、どー考えても焼肉の「亜美ちゃん」」

雪歩「最後、巻きでって、ふぁぼ」

亜美「……また1ふぁぼです、残念でした」

雪歩「まだ暫定一位ですから、優勝のチャンスはありますよ」



亜美「最後はゆきぴょんがそっこーで考えてモノマネ込みで言ってね、亜美がふぁぼっちゃうよ」

雪歩「え、ちょっと待って」

亜美「じゃあカウントダウンいくよ~「ちょっと」3、2、1、どうぞ!!」



ζ*'ヮ')ζ(雪歩)『最近は、亜美ちゃんより真美ちゃんの方が、マトモにアイドルしてるかなーって』



亜美「………」

雪歩「あ、『うっうー』」

亜美「いや、それ以前にやよいっちは亜美と真美のこと呼び捨てだから」

雪歩「そうかじゃあもう一回」

亜美「やらんでいいっ!! 焦ってたのは演技かっ!! モノマネも結構うまいしっ!! これ用意してたでしょっ、もー!!」ハハハ

雪歩「www」



亜美「……では最優秀つぶやきを決定してください」

雪歩「今回は一番頑張ってくれた亜美ちゃんに、この『伊織ちゃんクリリンTシャツ』を差し上げます」

亜美「わーありがとー。おでこのとこに無意味なボタンが6つ付いててとってもかわいいよ(棒)」

雪歩「以上、『ふぁぼれ!やよいっちbot』のコーナーでした」

亜美「うあうあーパーソナリティーは亜美なのにー」



ED曲『トリプルAngel』



亜美「全国14局に亜美とゆきぴょんのせくちーボイスをお届けしました」

亜美「あ、さっきのTシャツはホーリーさんに差し上げます、おめでとー」

亜美「次回はまた『765アイドルラジオのめ→げん』のコーナーをやるよん。次のターゲットはクリ…いおりん!!」

亜美「ということで、水瀬伊織の過去のラジオでの発言大募集~。いつもの宛先に送ってね。」

亜美「他のコーナーへのお便りも引き続き募集しちゃうよ、そのうちやるかんね」

亜美「最後にゆきぴょん、宣伝ある?」

雪歩「7月8日に私のアルバムが出ます。『あの日のナミダ』他5曲です。皆さん、是非買ってくださいね」

亜美「同時発売は千早おねーちゃんと、真美の予定だから、兄ちゃん姉ちゃんは全部買ってね!!」



亜美「ラジオの宣伝はいいの?」

雪歩「レイディオの宣伝はいいや」

亜美「いいんかい!! そこまで呼び方にこだわっておいて!!」ハハハ

雪歩「ところでさ、亜美ちゃん」

亜美「どったの?」

雪歩「この構成ってさ、先週までのと何が違うの? 過去の発言かリスナーの考えた投稿かの違いだけだよね」

亜美「………」

雪歩「………」

亜美「来週も聞いてね、じゃあね~「え」」





関連アフターSS:亜美「シンマイアフター 優しい世界?」

関連SS次作:春香「天海春香のSweet Chiffon Cake♪」真美「大人」